ジャミルバイパー イラスト。 【人力ツイステ】ブ/リ/キ/ノ/ダ/ン/ス1番だけ【ジャミル】 [ニコニコあっぷる]

ジャミル・バイパー (じゃみるばいぱー)とは【ピクシブ百科事典】

ジャミルバイパー イラスト

「」 プロフィール 年齢 30歳 身長 180cm 体重 74kg CV 概要 主人公が乗る陸上戦艦「フリーデン」の艦長を務めている男。 特徴はそのグラサンと立派なモミアゲ。 バルチャー、つまり戦前の工場跡などでMSや希少となった戦前テクノロジー製品などを漁って商売人ではあるが、他のバルチャーとは違いその日暮らしの金稼ぎや暴力的な私掠強奪ではなくニュータイプの保護を主目的としている。 来歴 元々は第7次宇宙戦争時の旧連邦におけるエースパイロット。 高いニュータイプ能力を持ち当時は少年ながらを駆り、著しい戦果を挙げる。 旧革命軍のエースパイロットとはライバル関係であり、幾度も激闘を繰り広げた。 同じニュータイプ部隊に属す女性教育士官に恋心を抱いていた。 しかし、彼の放ったの存在が勝利を焦った宇宙革命軍の作戦を強行させる事になってしまい、多くの命が失われることとなった。 それが切っ掛けで「コクピット恐怖症」となり、以降長期に渡りMSの操縦が不可能となってしまう。 同時に能力も殆ど失い、後にGXDVに乗り込んだ際にはルチルの補助を受けなければフラッシュシステムを起動する事が出来ない程能力は衰えていた。 しかしエースパイロットとしてのMS操縦技術の方は健在でコクピット恐怖症を乗り越えGXDV搭乗後は劇中でまともな被弾を一度もしない凄まじい強さを誇り、フリーデンチームの指揮官として多数のMSを撃破する活躍を見せる。 第7次宇宙大戦終結後、廃棄されたMSなどを売り捌き行商する「」チーム「」のリーダーとなる一方で、を始めとしたNT(ニュータイプ)の保護に務める。 そんな中がアルタネイティブ社より、ティファ・アディールの奪還の依頼を受け、フリーデンに侵入した事により彼の運命が大きく動く事になる……。 また、かつての乗機だったGXのGコンを所持しており、これがガロードに盗まれた事が15年の歳月を経てガンダムXが歴史の表舞台に立つきっかけとなる。 本編における裏主人公的存在であり、第7次宇宙戦争時当時の彼はガロードと瓜二つの容姿をしている(この時の年齢も本編開始時のガロードと同じ15歳であった)。 また、彼が慕っていたルチルはティファに似ている。 戦時中のガンダムパイロットというキャラクター性はにおけるのそれに近いが、戦後の立ち位置はむしろにおける(=)に近い。 第8次宇宙戦争停戦後は新連邦軍に復帰、宇宙革命軍との和平交渉に赴いている。 ガンダム史上最悪の風評被害者 21世紀に入り、ジャミルは非常に不名誉な形でその名が広まってしまう。 ちょうど世間では就学も就労もしない、いわゆる「」が社会問題となっている頃であった。 時期を同じくしてガンダムXがに参戦。 この作品でガンダムXを知った人たちから、「なんだよニートって」と名前が原因となりジャミルはNEET扱いを受けるように(なお放映当時~21世紀でのNEETの概念の浸透までは名前のジャミルで呼ばれることがほとんどであり苗字で呼ばれることは全くと言ってよいほど無かった)。 しかもその前に発売されたではの、の、のとの親交があるが、彼ら三人はパイロットとして使用可能なのに対しジャミル自身は序盤で フリーデンがフロスト兄弟によって撃沈されてしまったために、フリーデンクルー共々またはに乗りこんでいるが、後でを手に入れても ガンダムXに搭乗することが無いためにさらに追い打ちをかける羽目になってしまった。 (その前に出ていた、では中盤で乗換可能になるが) 確かに元パイロットでありながらコクピット恐怖症によりMS操縦が出来なくなっていたが、少なくとも廃棄されたMSやパーツを売り捌く「バルチャー」稼業(宇宙世紀で言う所のジャンク屋稼業相当)で生計を立てており、またフリーデンの艦長として指揮を取っているので、就労していないどころか就労の意志すらないNEETとは全く違う(強いていうならば自営業) その上、宇宙に上がれないフリーデンも彼の能力のおかげで、月光号共々 【避ける戦艦】としてスパロボでは名を馳せている。 近年になってこの扱いはギャグとしての側面を持つ様になって来てはいるが、この扱いに不快感を覚える人が多少なりともいることをご留意願いたい。 なお、彼の名前のつづりは Jamil Neateである。 ちなみに、このNeateという姓は、英語圏で現実に存在するものだったりする。 搭乗機 GX-9900 ・・・ジャミルが搭乗したのは2号機(NT-002)。 ガンダムDXの製造の為に解析されサテライトシステム周りのデータはコピー(クローン)された。 GX-9900-DV ガンダムXディバイダー・・・ガロードが入手したガンダムXの1号機の改修機。 たびたび使用していたが、恐怖症克服後は専用乗機となる。 ・・・修復されたカリス機を一度だけ応急的に使用。 関連タグ :似てる部分が多く、スパロボでは絡みが多い 関連記事 親記事.

次の

Twoucan

ジャミルバイパー イラスト

ジャミルのバトルボイス台詞 バトル開始 「心配するな。 すべて上手くいく」 キャラ選択時• 始めようか• 考えたな• 正解だ• 俺もそうする• 秘策をとろう 効果発動時• お前は俺の手の内だ(ダメージDOWN) 攻撃時• いくか• そらっ!• こんなものだろう• さあ、どうだ?• たわいないな• 心が痛む• 踊らせてやろう• 俺を見ろ• 加減はなしだ• 上手くいったな• かわせるか?• 見せてやろう• とっておきだ• 俺が先にいく」 カリム「頼りにしてるぜ、ジャミル」 デュオ魔法攻撃時• 大人しくしてろ• 俺から逃げられると?• 冷静になれ• 俺の力、思い知れ! ジャミルのバトル以外のセリフも別記事にまとめています。 ツイステッドワンダーランド関連記事一覧 アイテム関連• ストーリー関連• カード・育成・バトル関連• 授業・試験関連• イベント関連• 世界観・キャラクターなど• グッズ関連•

次の

Twoucan

ジャミルバイパー イラスト

「」 プロフィール 年齢 30歳 身長 180cm 体重 74kg CV 概要 主人公が乗る陸上戦艦「フリーデン」の艦長を務めている男。 特徴はそのグラサンと立派なモミアゲ。 バルチャー、つまり戦前の工場跡などでMSや希少となった戦前テクノロジー製品などを漁って商売人ではあるが、他のバルチャーとは違いその日暮らしの金稼ぎや暴力的な私掠強奪ではなくニュータイプの保護を主目的としている。 来歴 元々は第7次宇宙戦争時の旧連邦におけるエースパイロット。 高いニュータイプ能力を持ち当時は少年ながらを駆り、著しい戦果を挙げる。 旧革命軍のエースパイロットとはライバル関係であり、幾度も激闘を繰り広げた。 同じニュータイプ部隊に属す女性教育士官に恋心を抱いていた。 しかし、彼の放ったの存在が勝利を焦った宇宙革命軍の作戦を強行させる事になってしまい、多くの命が失われることとなった。 それが切っ掛けで「コクピット恐怖症」となり、以降長期に渡りMSの操縦が不可能となってしまう。 同時に能力も殆ど失い、後にGXDVに乗り込んだ際にはルチルの補助を受けなければフラッシュシステムを起動する事が出来ない程能力は衰えていた。 しかしエースパイロットとしてのMS操縦技術の方は健在でコクピット恐怖症を乗り越えGXDV搭乗後は劇中でまともな被弾を一度もしない凄まじい強さを誇り、フリーデンチームの指揮官として多数のMSを撃破する活躍を見せる。 第7次宇宙大戦終結後、廃棄されたMSなどを売り捌き行商する「」チーム「」のリーダーとなる一方で、を始めとしたNT(ニュータイプ)の保護に務める。 そんな中がアルタネイティブ社より、ティファ・アディールの奪還の依頼を受け、フリーデンに侵入した事により彼の運命が大きく動く事になる……。 また、かつての乗機だったGXのGコンを所持しており、これがガロードに盗まれた事が15年の歳月を経てガンダムXが歴史の表舞台に立つきっかけとなる。 本編における裏主人公的存在であり、第7次宇宙戦争時当時の彼はガロードと瓜二つの容姿をしている(この時の年齢も本編開始時のガロードと同じ15歳であった)。 また、彼が慕っていたルチルはティファに似ている。 戦時中のガンダムパイロットというキャラクター性はにおけるのそれに近いが、戦後の立ち位置はむしろにおける(=)に近い。 第8次宇宙戦争停戦後は新連邦軍に復帰、宇宙革命軍との和平交渉に赴いている。 ガンダム史上最悪の風評被害者 21世紀に入り、ジャミルは非常に不名誉な形でその名が広まってしまう。 ちょうど世間では就学も就労もしない、いわゆる「」が社会問題となっている頃であった。 時期を同じくしてガンダムXがに参戦。 この作品でガンダムXを知った人たちから、「なんだよニートって」と名前が原因となりジャミルはNEET扱いを受けるように(なお放映当時~21世紀でのNEETの概念の浸透までは名前のジャミルで呼ばれることがほとんどであり苗字で呼ばれることは全くと言ってよいほど無かった)。 しかもその前に発売されたではの、の、のとの親交があるが、彼ら三人はパイロットとして使用可能なのに対しジャミル自身は序盤で フリーデンがフロスト兄弟によって撃沈されてしまったために、フリーデンクルー共々またはに乗りこんでいるが、後でを手に入れても ガンダムXに搭乗することが無いためにさらに追い打ちをかける羽目になってしまった。 (その前に出ていた、では中盤で乗換可能になるが) 確かに元パイロットでありながらコクピット恐怖症によりMS操縦が出来なくなっていたが、少なくとも廃棄されたMSやパーツを売り捌く「バルチャー」稼業(宇宙世紀で言う所のジャンク屋稼業相当)で生計を立てており、またフリーデンの艦長として指揮を取っているので、就労していないどころか就労の意志すらないNEETとは全く違う(強いていうならば自営業) その上、宇宙に上がれないフリーデンも彼の能力のおかげで、月光号共々 【避ける戦艦】としてスパロボでは名を馳せている。 近年になってこの扱いはギャグとしての側面を持つ様になって来てはいるが、この扱いに不快感を覚える人が多少なりともいることをご留意願いたい。 なお、彼の名前のつづりは Jamil Neateである。 ちなみに、このNeateという姓は、英語圏で現実に存在するものだったりする。 搭乗機 GX-9900 ・・・ジャミルが搭乗したのは2号機(NT-002)。 ガンダムDXの製造の為に解析されサテライトシステム周りのデータはコピー(クローン)された。 GX-9900-DV ガンダムXディバイダー・・・ガロードが入手したガンダムXの1号機の改修機。 たびたび使用していたが、恐怖症克服後は専用乗機となる。 ・・・修復されたカリス機を一度だけ応急的に使用。 関連タグ :似てる部分が多く、スパロボでは絡みが多い 関連記事 親記事.

次の