確定 申告 医療 費 控除 の 明細 書。 【医療費控除の確定申告】「必要書類」「明細書の作成」から提出方法まで手順を具体的に解説 | マネーの達人

医療費控除の確定申告書の書き方、必要書類、自動計算機付き!

確定 申告 医療 費 控除 の 明細 書

医療費控除を申告する手順は? 必要な書類は? 所定の医療費の支出が多いと、の確定申告をすることで還付金がもらえる、つまり払い過ぎた税金が戻ってきます。 特に2019年分確定申告(2020年3月期確定申告)からはスマホで確定申告できるパターンが大幅拡充され、医療費控除の記載例もスマホ対応のものが国税庁ホームページでも紹介されています。 なので、そちらの作成事例に則って、医療費控除の記載例を解説していきます。 おおまかな手順は以下のとおりです。 もし、医療費控除の内容で入力件数が多いのであれば、スマホではなくPCから申告するほうが早いと思います。 【医療費控除で還付金を受け取る手順】• 本人、マイナンバーの入力を行い申告書をデータ送信• 医療費控除の申告に必要な書類をそろえる 医療費控除の申告をするには、まず必要書類をそろえます。 サラリーマンやパート・アルバイトといった給与所得者が医療費控除を受ける場合、次の書類が必要です。 それぞれの書類の入手方法については「」をご覧ください。 医療費の明細書• 確定申告書A• 勤務先で配布される• 特に、勤務先から発行される源泉徴収票はパソコンで申告書を作成する場合も、スマホで確定申告書を作成する場合も、手書きで確定申告書を作成する場合も必須となります。 必要書類がそろったら、いよいよ申請書の作成。 ただしその前にやっておくべきことがあります。 1年分の医療費の領収書を整理しておく 納税者が医療費を支払った場合、医療費控除は、本人のものだけではなく、の家族(配偶者や子ども、その他親族)のものまでまとめて申告することができます。 この時、医療費控除の明細書には、領収書1枚ごとに個別に転記する必要はなく、まとめて転記します。 また、 2017年分の確定申告から、領収書の添付は必要ではなくなり、健康保険組合等が発行する医療費のお知らせがあれば 「まとめて転記」 も可能になりました。 それらの変更点も踏まえ、給与所得者が医療費控除の明細書へ記入する前にしておくべき手順は、次の通りです。 医療を受けた人ごとに、かかった病院別、薬局別に領収書をひとまとめにする• まとめた領収書をホチキスやクリップなどでばらけないようにまとめておく• まとめた領収書の単位で医療費の集計を出しておく• 令和元年分の源泉徴収票も手元に用意しておく• 健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」があれば、まとめて転記も可能なので、準備しておくと便利 ここまでの事前とりまとめの作業は、パソコンで申告書を作成する場合も、スマホで確定申告書を作成する場合も、手書きで確定申告書を作成する場合も同じです。 では、実際に「スマホで確定申告」の実例をみていきましょう。 作成前の確認事項&作成コーナーにアクセス スマホで確定申告できるパターンが大幅拡充されていますが、従来、「スマホで確定申告」というとID・パスワード方式だけであったものが、マイナンバーカード読み取り対応付きのスマホであれば、マイナンバーカード方式でも確定申告が可能になったことがあげられます。 どちらの方式で行うかを決めていただき、QRコード等から作成コーナーにアクセスしてみましょう。 給与所得控除額後の金額は「年収」を記載すると自動計算されるので、入力する必要はありません。 反対に年末調整時に「生命保険料控除を出し忘れた」「地震保険料控除を出し忘れた」というような場合にはひとつ手前の画面で• 医療費控除や寄附金控除の他に確定申告で追加する控除や年末調整の内容に変更がありますか という画面の「はい」を選択し、適宜、所得控除の追加入力を行っていただくこととなります。 なお、この入力事例では住宅ローン控除の記載についてはふれていませんが、住宅ローン控除の適用を受けている場合には• 住宅借入金等特別控除の額の記載 の「あり」 をクリックし、それに該当する項目を入力していくこととなります。 医療費控除の内容を入力 ようやく、ここで今回のポイントとなる医療費控除の入力です。 この入力事例では• セルフメディケーションではなく通常の医療費控除を利用する• 医療費の領収書から入力して、明細書を作成する といった前提条件で作成されています。 スマホで確定申告 データ保存画面のイメージ図 (出典:国税庁資料より) 7. 指定した口座へ還付金が振り込まれる このような手順を踏むと、申告書類を提出してから1カ月~1カ月半ほどで還付金が振り込まれます(場合によっては前後します)。 【参考】 以上、ここでは「スマホで確定申告」の作成事例を紹介しましたが、自動計算機能が充実しているため、「どのような仕組みで? いくら還付になるのか?」ということが人によってはわかりづらいかもしれません。 従来どおり• パソコンやタブレットから申告書を作成してプリントアウト あるいは• 手書きで申告書を作成 という方法ももちろん存在します。 ご自身の申告頻度や申告パターン、パソコンやタブレット、スマホの所有の有無などの状況に応じて、申告形態を選択すればいいのではないでしょうか。

次の

医療費控除の明細書と確定申告書(第二表)の書き方を図解しました

確定 申告 医療 費 控除 の 明細 書

身近な医療費控除 確定申告に関する質問や相談で一番多いのは、 医療費控除に関するもの。 それだけ国民に身近で、関心の高いもののだと思います。 この 医療費控除が平成29年分の確定申告から大きくかわります。 ひとつは、 従来の医療費控除とは別に、 セルフメディケーション税制という制度がスタートするという点。 もうひとつは、いずれの控除を受ける場合でも、確定申告書の提出の際に「 医療費控除に関する明細書」の添付が必要となり、これまでのように医療費の領収書の添付又は提示が必要でなくなります。 従来の医療費控除 OR セルフメディケーション税制 平成29年分以後の所得税の確定申告では、 従来の医療費控除との選択により、 セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用を選ぶことができるようになりました。 セルフメディケーション税制とは、個人が定期健康診断など一定の健康維持のための取り組みを行う場合で、スイッチOTC医薬品と呼ばれる医薬品を購入した際には、その購入費用について確定申告での所得控除をうけることができるもの。 この セルフメディケーション税制では、医薬品の購入費用が12,000円を超えると、12,000円を超える部分の金額が所得から控除される対象となるため、従来の医療費控除のように100,000円(又は年間所得の5%)超といった高額の医療費を支払ってなくても、適用が受けられます。 「医療費控除に関する明細書」の添付が必要に 平成29年度税制改正によりスタートする、 従来の医療費控除又は セルフメディケーション税制の選択。 それぞれの適用を受ける場合、確定申告書の提出の際に「 医療費控除に関する明細書」を添付することが必要になります。 平成28年分までの確定申告でも、 医療費の明細書を添付することはありましたが、義務ではなく、申告する人の医療費の集計の一環として用いられていた側面があります。 それが、平成29年度改正では、医療費や医薬品の領収書の添付等に変えて、「 医療費控除に関する明細書」を確定申告書の際に提出しなければならない、とされたことにより、明細書の様式案が投稿日(2017年8月3日)現在、国税庁のホームページで公表されています。 これによると「 医療費控除に関する明細書」(案)は、 従来の医療費控除用と セルフメディケーション税制による特例用に分けられています。 特筆すべきは、 従来の医療費控除で、健康保険組合などが発行する「 医療費のお知らせ」など医療費通知に記載された医療費の額を記入する欄が設けられている点です。 少し前の「 医療費のお知らせ」には、「これは医療費控除には使えません」という趣旨の内容の記載があったかと思うので、これは大変革です。 これまで「 医療費のお知らせ」はざっと見て処分していましたが、これからは保管が必要となりますね。 なお、これまで同様、医療費の領収書を添付等することで医療費控除を受けたいという方のために、平成29年分から31年分までの確定申告では、医療費や医薬品の領収書の添付又は提示による適用も可能としています。 相談や質問の多い医療費控除ですので、改正点もわかりやすく普及することを願います。

次の

平成30年提出分からの医療費控除に関する明細書

確定 申告 医療 費 控除 の 明細 書

医療費控除を申告する手順は? 必要な書類は? 所定の医療費の支出が多いと、の確定申告をすることで還付金がもらえる、つまり払い過ぎた税金が戻ってきます。 特に2019年分確定申告(2020年3月期確定申告)からはスマホで確定申告できるパターンが大幅拡充され、医療費控除の記載例もスマホ対応のものが国税庁ホームページでも紹介されています。 なので、そちらの作成事例に則って、医療費控除の記載例を解説していきます。 おおまかな手順は以下のとおりです。 もし、医療費控除の内容で入力件数が多いのであれば、スマホではなくPCから申告するほうが早いと思います。 【医療費控除で還付金を受け取る手順】• 本人、マイナンバーの入力を行い申告書をデータ送信• 医療費控除の申告に必要な書類をそろえる 医療費控除の申告をするには、まず必要書類をそろえます。 サラリーマンやパート・アルバイトといった給与所得者が医療費控除を受ける場合、次の書類が必要です。 それぞれの書類の入手方法については「」をご覧ください。 医療費の明細書• 確定申告書A• 勤務先で配布される• 特に、勤務先から発行される源泉徴収票はパソコンで申告書を作成する場合も、スマホで確定申告書を作成する場合も、手書きで確定申告書を作成する場合も必須となります。 必要書類がそろったら、いよいよ申請書の作成。 ただしその前にやっておくべきことがあります。 1年分の医療費の領収書を整理しておく 納税者が医療費を支払った場合、医療費控除は、本人のものだけではなく、の家族(配偶者や子ども、その他親族)のものまでまとめて申告することができます。 この時、医療費控除の明細書には、領収書1枚ごとに個別に転記する必要はなく、まとめて転記します。 また、 2017年分の確定申告から、領収書の添付は必要ではなくなり、健康保険組合等が発行する医療費のお知らせがあれば 「まとめて転記」 も可能になりました。 それらの変更点も踏まえ、給与所得者が医療費控除の明細書へ記入する前にしておくべき手順は、次の通りです。 医療を受けた人ごとに、かかった病院別、薬局別に領収書をひとまとめにする• まとめた領収書をホチキスやクリップなどでばらけないようにまとめておく• まとめた領収書の単位で医療費の集計を出しておく• 令和元年分の源泉徴収票も手元に用意しておく• 健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」があれば、まとめて転記も可能なので、準備しておくと便利 ここまでの事前とりまとめの作業は、パソコンで申告書を作成する場合も、スマホで確定申告書を作成する場合も、手書きで確定申告書を作成する場合も同じです。 では、実際に「スマホで確定申告」の実例をみていきましょう。 作成前の確認事項&作成コーナーにアクセス スマホで確定申告できるパターンが大幅拡充されていますが、従来、「スマホで確定申告」というとID・パスワード方式だけであったものが、マイナンバーカード読み取り対応付きのスマホであれば、マイナンバーカード方式でも確定申告が可能になったことがあげられます。 どちらの方式で行うかを決めていただき、QRコード等から作成コーナーにアクセスしてみましょう。 給与所得控除額後の金額は「年収」を記載すると自動計算されるので、入力する必要はありません。 反対に年末調整時に「生命保険料控除を出し忘れた」「地震保険料控除を出し忘れた」というような場合にはひとつ手前の画面で• 医療費控除や寄附金控除の他に確定申告で追加する控除や年末調整の内容に変更がありますか という画面の「はい」を選択し、適宜、所得控除の追加入力を行っていただくこととなります。 なお、この入力事例では住宅ローン控除の記載についてはふれていませんが、住宅ローン控除の適用を受けている場合には• 住宅借入金等特別控除の額の記載 の「あり」 をクリックし、それに該当する項目を入力していくこととなります。 医療費控除の内容を入力 ようやく、ここで今回のポイントとなる医療費控除の入力です。 この入力事例では• セルフメディケーションではなく通常の医療費控除を利用する• 医療費の領収書から入力して、明細書を作成する といった前提条件で作成されています。 スマホで確定申告 データ保存画面のイメージ図 (出典:国税庁資料より) 7. 指定した口座へ還付金が振り込まれる このような手順を踏むと、申告書類を提出してから1カ月~1カ月半ほどで還付金が振り込まれます(場合によっては前後します)。 【参考】 以上、ここでは「スマホで確定申告」の作成事例を紹介しましたが、自動計算機能が充実しているため、「どのような仕組みで? いくら還付になるのか?」ということが人によってはわかりづらいかもしれません。 従来どおり• パソコンやタブレットから申告書を作成してプリントアウト あるいは• 手書きで申告書を作成 という方法ももちろん存在します。 ご自身の申告頻度や申告パターン、パソコンやタブレット、スマホの所有の有無などの状況に応じて、申告形態を選択すればいいのではないでしょうか。

次の