退職 メール 返信。 退職の挨拶メールへの返信例文とマナー

【例文コピペOK】退職挨拶メール(社長・上司・社内・社外)の書き方

退職 メール 返信

例文1つめは「上司の退職理由が不明」な場合の例文です。 通常のメールを書くように「〇〇さま」という宛先や「お疲れ様です」の様な定型部分は除いて例文を紹介します。 実際には紹介する例文に定型句を入れて返信するようにしましょう。 お忙しい中、退職のご連絡をいただきありがとうございます。 〇〇さんとご一緒させていただくようになったのは、私が入社してすぐの時からでした。 同じチームで一緒に仕事をさせていただき、〇〇さんにはいつも親切に、時に厳しく指導いただきました。 ご指導のおかげで、何とか恥をかかずに済んでいます。 本当にありがとうございました。 〇〇さんなら次の職場でもきっと素晴らしい活躍をされることと確信しています。 今後の素晴らしい活躍を祈念いたします。 今まで本当にお世話になりました。 ありがとうございました。 続いては「上司が結婚・出産で退職」する場合の例文です。 こちらも定型句は除いて紹介しますので、例文に定型句を加えて返信してください。 ご多用のところ、退職のご挨拶をいただきありがとうございました。 〇〇さんには、時に厳しくもあたたかな指導をしていただき感謝しております。 仕事の悩みだけでなく、プライベートな悩みも黙って話を聞いていただきアドバイスをいただいたこと、本当に感謝しています。 出産で退職されるのは聞いていましたが、改めて残念な気持ちで一杯です。 退職後はお体にはくれぐれもお気をつけいただき、無事に元気なお子さんをご出産されるようお祈りいたします。 今までお世話になりました。 ありがとうございました。

次の

退職の挨拶メール……返信する時のポイントと例文 [ビジネスマナー] All About

退職 メール 返信

退職のあいさつのメールを返信するときのマナーとは? ここでは、退職のあいさつのメールを返信するときのマナーについてご紹介します。 退職のあいさつのメールが部署や会社宛てのものでも返信する 退職のあいさつのメールということでも、個人に送るときと取引先の部署や会社宛てに送るときがあります。 個人に届いたメールに返信するだけでなく、部署の全ての担当者に届いたメールでも必ず返信しましょう。 退職のあいさつのメールを送った取引先の人と偶然どこかで出会ったり、取引先に転職したりすることもあります。 感謝の気持ちはお世話になった人にはしっかりと伝えておきましょう。 返信メールを送る時期 基本的に、メールが届いたときは、返信メールをその日にするのがおすすめです。 一般的に、取引先に退職のあいさつのメールを送るときは、退職する日から数日前に送ります。 というのは、専用の取引先のメールアドレスのときは、退職するとともに利用できなくなることもあるので、返信メールを早めに行いましょう。 返事を書くときに注意すること 取引先の担当者と親しいときは、職場の労働環境や対人関係についての不満を相手から聞いたことがあるでしょう。 しかし、メールの文章に「いい労働環境の会社に決まって良かったですね」「退職することになって良かったですね」などと書かないようにしましょう。 退職する人のメールアドレスは、しばらくは別の社員が使うこともあります。 自社を批判するような内容が取引先の担当者のメールにあることがわかれば、トラブルの要因になります。 そのため、メールには常識的なものを書きましょう。 返信メールの構成 基本的に、返信メールの構成としては、最初のあいさつ、退職のあいさつのメールのお礼、お世話になったことに対する感謝、これからの活躍を期待、最後のあいさつ、というようにしましょう。 また、文章が定型的なもののみであればメールが味気ないものになります。 そのため、お礼の気持ちを退職する方に伝えるときは、エピソードも添えるといいでしょう。 退職するためお会いできないのが残念であることを伝えれば、退職する方もより嬉しくなるでしょう。 最後は、「今からのご活躍をお祈りします」などでまとめましょう。 退職のあいさつのメールを返信するときに注意することとは? 退職のあいさつのメールが届いたときは、可能な限り早く返信するのがおすすめです。 というのは、退職のメールを最後に出社する日に送るときもあるので、返信が遅れると相手が見てくれないことがあるためです。 また、退職する方は退職のメールを送った後にあいさつ回りや仕事の引き継ぎなどで、席にいないときがよくあります。 相手の都合がいい退職する準備の合間などに、返信のメールを見てくれる可能性があるので、早めに返信するのがおすすめです。 なお、退職のあいさつのメールが個人宛に届いたときは、基本のマナーは返信することですが、一斉に送ったあいさつのメールのときは、返信が必要ないときがあります。 例えば、名刺を何年も前に交換したがそれから一回もやりとりしていない相手のときは、返信しなくてもマナー違反にはなりません。 退職のあいさつのメールの返信に書く内容とは? 退職のあいさつのメールに返信したいが、どのようなことを書くといいか迷うのではないでしょうか。 ここでは、退職のあいさつのメールの返信に書く内容についてご紹介します。 退職する人に対するお礼と退職を残念に思う気持ち 非常にお世話になった方のときは、簡単にエピソードの具体的なものなどにも触れながら、感謝の気持ちやお礼を書きましょう。 また、相手が退職することで、今から一緒に仕事ができなくて残念であることを率直に書いても問題ありません。 将来の健康や活躍を願う気持ち 退職する理由に関係なく、新しい生活を応援する感じで、簡単に退職する方の将来の健康や活躍を願う気持ちを書きましょう。 退職する方が見ると嬉しくなるように、返信メールの最後の締めを十分に気配りした内容で書くのがおすすめです。 退職のあいさつのメールの返信で止めるべき内容とは? 退職する人によってはいろいろな都合や事情があるため、詳しく退職する理由などを知らせたくないこともあります。 そのため、届いたあいさつのメールに記載されていないことについて、返信メールで聞くことは駄目であると思っておきましょう。 ここでは、退職のメールの返信で止めるべき内容についてご紹介します。 転職する理由は聞かない 転職する理由について、「一身上の都合」などというように記載されているときは、これ以上のことを返信のメールで聞かないようにしましょう。 転職先は聞かない 返信のメールでは、就職先を聞くことも止める方がいいでしょう。 退職する人の立場からすると、勤め先の法令遵守に違反することもあるので、次の仕事の詳細を退職のあいさつのメールには記載できないこともあります。 プライベートの結婚や出産などはあまり聞かない どの程度退職する人と親しいかによっても違いますが、プライベートな届いたメールにないようなことはあまり聞かないようにしましょう。 特に、プライベートな結婚や出産などについては、デリケートなことであると人によっては考えることもあるため、相手に気配りする必要があります。

次の

退職の挨拶メールの返信方法・例文・書き方・いつ送るのか|社外

退職 メール 返信

退職メールが来たときどうするべき?「退職メール」へのギモン まずは「退職の挨拶メール」が来たときに「ここはどうすればいい?」と悩むポイントについて、疑問を解決していきましょう。 ポイントを知っておけば、メールの返信での失敗もぐっと減らせるはずです! 「退職メールは必ず返信すべき?」相手によってはしなくて問題ないことも 大きな会社であればあるほど、「ほとんど知らない」という人からも退職の挨拶メールが届くことがあり、返信すべきか悩むこともありますよね。 退職の挨拶メールには、必ずしも返信しなければならない、というわけではありません。 しかし、次のいずれかの場合は返信しておきましょう。 自分個人あてにメールが届いた場合• 同じ部署や同僚など、自分と親しい人の場合• 取引先など、退職者の退職後も自社と関係が続く人が退職した場合 もちろん、自分が返信したいと思えば相手が誰でも返信してあげてくださいね。 取引先や同じ会社など、関わりのある人なら間接的でも何らかの世話にはなっているものです。 「お世話になりました」を使うのは不自然ではありません。 退職メールに返信するタイミングって? メールの返信そのものは「メールを読んだらできるだけ早く」しましょう。 これは一般的なメールと同じマナーです。 特に「退職」というデリケートな内容なので、早ければ早いほど、感謝やねぎらい、残念な気持ちも伝わりますし、相手の印象もよくなります。 送った本人も、誰からも返信がなかなか届かないと居心地の悪さや不安を感じてしまうでしょう。 また、送られてきたのが退職日当日の場合、早く返信しないと時間的に間に合わず、せっかく返信したメールを読んでもらえない可能性も高いです。 退職メールに書くべきことは、「ねぎらい」や「感謝の気持ち」です。 凝った文章や模範的な文章でなくても、「お世話になりました、ありがとうございました」という気持ちが伝われば十分です。 逆に、特別親しい間柄ではない場合、次のような話題は避けましょう。 退職理由について• 転職先について• その他プライベートなことについて 退職理由にはデリケートな事情もあり得るので「なぜ退職されてしまうんですか?」などダイレクトに聞いてしまうのはNGです。 理由を伝えたければ、その返信にでも相手が入れてくれるはず。 自分からは聞かないのがマナーです。 退職するという事実に対して残念な気持ちを書くだけにとどめておきましょう。 また、転職が理由で退職するとわかっている場合でも、転職先の企業名などを尋ねるのはNGです。 デリカシーのない人、失礼な人だと思われかねません。 プライベートなことについては、相手との関わり方にもよりますが、退職事情を根掘り葉掘り聞いたり、相手が人に知られたくないようなことを書くのは避けるべし。 それに会社のメールは、社内のPC管理担当者などに見られるおそれもあるのです。 プライベートの深い話は、社内アドレスを使わずプライベートでやりとりするのが無難です。 また、いきなり知らされたとしても「驚きました」くらいにとどめ、「水くさい」「なぜ教えてくれなかったのか」などと書くのもやめましょう。 では、実際にどう書けばいいのか、次の章から例文を紹介していきます。 取引先など「社外の人が退職する場合」の返信メールはこう書こう! もっとも難しいのは、社外の人に対するメールですよね。 何より礼儀やマナーをわきまえた内容でなくてはなりません。 取引先など社外の人から退職メールが届いた場合の返信メールの例文を、ポイントとともに見ていきましょう。 「定年退職する人」への例文と、「それ以外(一般的)の人」の2パターンを用意しました。 まずは一般的な例から。 社外向け:転職など自己都合の退職でオールマイティに使える例文 目上の人や取引先の人には、次のような文面にするのがおすすめです。 〇〇株式会社 〇〇様 平素より大変お世話になっております。 このたびは、お忙しい中ご丁寧なご挨拶をいただき、誠にありがとうございました。 ご退職なされるとのこと、はじめてお伺いし、大変驚いている次第です。 〇〇様にはこれまで本当にお世話になりました。 トラブルが起きたときにはいつも助けていただきましたし、ご無理を聞いてくださったことも多く、感謝の言葉もありません。 ご一緒にお仕事ができなくなるのは誠に残念ではございますが、 〇〇様の今後のさらなるご活躍を、心よりお祈り申し上げます。 またお目にかかる機会がありましたらうれしく存じます。 寒い日が続きますが、どうぞご自愛ください。 ———————— 署名 ———————— 仕事上の具体的なエピソードを加えると、より親しみが出て喜んでもらえますが、相手のところには多数の返信メールが届く可能性が高いです。 長くなりすぎないように気をつけてください。 退職理由を聞いている場合は、「新天地でもきっとご活躍されると確信しています(転職の場合)」「しばらくはゆっくりご静養なさってください(体調不良の場合)」など、軽く触れてもよいでしょう。 〇〇株式会社 〇〇様 平素より大変お世話になっております。 この度は無事ご定年の日を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。 お忙しい中、私にまでご挨拶を頂きありがとうございました。 〇〇様には仕事に対する考え方や人との接し方など沢山の事を教えていただきました。 他社の人間である私にまでご厚情を賜りましたこと、 いくら感謝してもしきれない程でございます。 ご退職は大変寂しくもございますが、今後も充実した日々をお過ごしになることと存じます。 ますますのご健勝をお祈りいたしております。 まだ寒い日が続きそうですので、くれぐれもご自愛くださいませ。 ありがとうございました。 ———————— 署名 ———————— こちらも「この知識が役立った」「勉強になった」「お世話になった」などの具体的なエピソードがあれば加えていきましょう。 退職後の健康を気づかう文章を入れることは大切なポイントですが、「年寄り扱い」と受け取られることのないように気をつけてください。 「ご苦労さまでした」「頑張ってください」なども、年下や目下からでは失礼に受け取られますので避けましょう。 定年を迎える年齢の人には、これまでの功績を称えるような内容と感謝の気持ちを伝えるのがおすすめ。 プライドを傷つけるような文言は厳禁です。 同僚など「社内の人が退職する場合」の返信メールはこう書こう! 続いて、社内での退職メールへの返信の例文を見ていきましょう。 基本的には社外の方への返信と大きく変わる部分はありませんが、同じ会社の人間ということで、やや「身内」のような感覚もあるでしょう。 ですから、社外向けよりは少しくだけた文章でも問題ありません。 退職理由が転職・結婚など一般的に使える返信メール例文 社内で上司から部下に退職挨拶メールを送るケースはあまりないと思うので、ここではより具体的に、離れた部署にいる先輩社員に返すメールの例文を載せておきます。 退職理由は転職と仮定します。 以前から伺ってはいましたが、今日でご退職とのこと、なんだかあっという間だった気がします。 これまで本当におつかれさまでした。 直接お会いする機会はなくて残念でしたが、電話ではいつもお世話になりました。 お忙しいときでも丁寧に対応してくださって、とてもありがたかったです。 新しい会社に行かれても、どうかお元気で、ますますご活躍ください。 本当にありがとうございました。 ———————— 署名 ———————— 仲のよかった人なら、「とうとうこの日が来てしまったんですね」「寂しいです」「残念です」となどの言葉を盛り込んでもOKです。 退職を知らされていなかった場合は、「退職されるなんて今日まで知らなくて、正直まだ実感が湧きません・・・。 」など正直に書いてもかまいません。 ただ「責める」ことにならないよう気をつけましょう。 ただし、結婚や出産を控えている人へのメールには、言葉を選ぶ必要があります。 結婚する女性がすべて出産を望んでいる、または可能なわけではありませんし、妊婦さんでも出産への不安などから神経質になってしまう人がいるからです。 結婚で退職する人に「早く赤ちゃんを」と言うのは、言われる本人にとって精神的な苦痛や大きなプレッシャーとなることも。 妊娠中の人にも「健康な赤ちゃんを」ではなく「元気な赤ちゃんを」としたり、「がんばって」を避けたりといった配慮をしてください。 退職理由が定年退職の人に送る返信メール例文 続いては、社内で定年退職となった人に送るメールの例文です。 目上の人なので敬語など丁寧に書くことは必須ですが、「お仲間」としての親しみも込めるのがおすすめ。 相手によっては、馴れ馴れしい=失礼と感じる人もいるので、普段の関係性に合わせた文面にしましょう。 ここでは、より親しみのある相手への例を挙げておきます。 〇〇さん 〇〇さん、この度ご定年を迎えられたこと、心よりお祝い申し上げます。 長い間、本当におつかれさまでした。 〇〇さんが今年で定年退職されるということは知ってはいたものの、 いざその日が来てしまうと、やはり寂しい気持ちでいっぱいです。 いつもご親切にしていただき、またご指導をいただき、誠にありがとうございました。 飲みの席にもよく連れて行ってくださって、楽しかったですし、いろいろと勉強にもなりました。 ご退職後は趣味のご旅行を満喫されるのでしょうか? 〇〇さんのことですから、新たなご活躍の場もいくらでもありそうです。 よろしければ、またオフィスへも遊びにいらしてください。 寒い日が続きますが、お身体にはくれぐれもお気をつけくださいね。 ありがとうございました。 ———————— 署名 ———————— 親しい間柄なら、プライベートな話題を出したり、退職後の付き合いについて触れたりするのもよいでしょう。 気をつけるべき言い回しや、退職する人に贈るメッセージについては、こちらの記事もせひ参考にしてください。

次の