ルーキーズ キャスト。 ROOKIES

【画像付】漫画”ルーキーズ”の実写ドラマ・映画キャスト比較!あらすじと名言画像集も!

ルーキーズ キャスト

DVDで鑑賞。 原作は未読ですが、連続ドラマを観ていました。 一度は挫折したヤンキーたちが、熱血教師・川藤幸一に導かれて再起し、甲子園を目指すという胸熱な感動ストーリーにどハマりでした。 GReeeeNの歌う主題歌「キセキ」も作品にピッタリで、今でも好きなドラマのひとつです。 本作はドラマの続編という形を取っているので、連ドラを観た後で鑑賞する方がより楽しめると思います。 熱い絆にも涙が…。 いつの間にか、彼らの勝利を我がことのように喜んでしまうほど、感情移入している自分がいました。 主題歌の「遥か」が本作の感動を否応無しに高めてくれました。 まさにGReeeeNは青春の代弁者だな、と。 作品にピッタリと寄り添った歌をつくるのが上手いなとつくづく思いました。 ネタバレ! クリックして本文を読む 森田まさのり先生の作品にハマり、最近ルーキーズを完読した者です(ドラマ視聴済)。 結論から言うと、すごく良かった。 あの独特の清々しいまでのクサい演出も、見ててこっちが疲れちゃうような俳優陣のパワー全開の演技も、全部全部大好きです。 特に試合終盤の阿仁屋の号泣シーンと、ニコガクメンバーが川藤先生に最後の挨拶をするシーン。 どちらも原作にないオリジナルの演出ですが、あれは何回観ても泣くなと思いました。 ただ、内容はドラマの延長線上なので、見る人によっては助長的で物足りなく感じるかもしれません。 相手チームの選手との精神的な駆け引きや、技術面での攻防にもあまり重点は置かれていないので、映画としての見応えを感じないという意見があるのもある種納得できます。 しかし、「熱血青春もの大好き!」「ドラマ大好き!」な人は、十二分に楽しめる作品に仕上がっていると思います。 少なくとも私は、DVD買ってよかった〜〜〜と思いました。 何回でも観たくなる、観る度熱くなる、そんな作品です。 こんな青春、おくってみたかったな。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

ドラマ、ルーキーズ登場人物まとめ

ルーキーズ キャスト

本作の面白さは、なんといってもそれぞれのキャラクター。 ひとりひとりの個性がしっかり描かれており、彼らが一生懸命野球に取り組む姿は、その熱気や気持ちが伝わってきて、思わずこちらまでアツくなるもの。 はじめは野球からはほど遠かったヤンキーたちが、さまざまな経験を得て成長していきます。 また、本作は2008年にドラマ化もされました。 主演は佐藤隆太で、ほかにも豪華キャストが揃っていて、本作最大の魅力であるキャラクターに主眼を置いていることが伝わってくるクオリティーの高いドラマです。 部員全員野球経験があること、野球部部員が1年生ではなく2年生であること、出演者の利き手に合わせているため、登場人物によっては原作と利き手が異なるなどの細かい違いはありますが、原作と同じくらい楽しめる内容です。 ここからは、ドラマ化されたことでも話題の本作のキャラクターたちをご紹介していきましょう。 二子玉川学園高校に赴任してきてから、ヤンキーのたまり場となっていた野球部の顧問を任されます。 野球のルールすら知らない状態だったものの、生徒に負けないスピードでルールを覚え、頼りになる存在へと成長していきます。 さらにすごいのは、全生徒の名前と顔を覚えており、対戦校の選手についても名前や顔を覚えているのです。 これが野球の試合の際にはとても役立ちます。 彼の魅力は、生徒に夢を持ってほしいというアツい考え。 夢を持っている生徒は応援し、持っていない生徒には本当の気持ちに気づけるようサポートする場面も……熱血過ぎる、まっすぐすぎると呆れられる面もありますが、なんだかんだまわりから親しまれているキャラクターです。 そんな川藤のストーリー完結後の様子を、作者の森田まさのりがテレビ番組で特別に明かしていました。 二子玉川学園に残るものの、野球部顧問ではなく、今度は問題児だらけの美術部を立て直していたのです。 そして美術部の生徒たちと全国高等学校総合文化祭に向けてともに歩んでいるのです。 そんな彼らしい名言は、こちら。 「20歳になろうが30になろうが、 何かを始めるのに遅すぎるということは絶対にないんだ」 (『ROOKIES(ルーキーズ)』1巻より引用) ストーリー序盤で川藤が生徒たちに訴えるセリフです。 ちょっと臭いセリフにも思えるかもしれませんが、何かと年齢のせいで夢をあきらめてしまいがちな人たちに勇気を与えてくれます。 漫画『ROOKIES(ルーキーズ)』キャラ&キャスト:関川 秀太(中尾明慶) その後すぐには野球部に合流しなかったものの、用賀第一高校野球部との練習試合の最終局面でバッターボックスに立つことに。 そして日々の地道なトレーニングの成果によって、とうとうスラッガーとして開花します。 ピンチのときには仲間を叱咤激励し、流れを変えることも多いです。 新庄はストーリーのその後、教師として活躍しています。 一度就職しますが、会社員が合わず教員採用試験を受け教師の道を進んでいきます。 そんな彼の名言はこちら。 「おまえ一人が痛てーんじゃねーんだよ。 それは俺たちニコガクのキズだ。 みんなが痛てーんだよ」 (『ROOKIES(ルーキーズ)』第18巻より引用) 指を骨折し、無理してでも試合に入ろうとする若菜に対し、退場を命じる際に放ったセリフです。 自分一人ですべての責任を持とうとする若菜の気持ちを理解していたからこそかけられた言葉ではないでしょうか。 新庄の不器用な心遣いが垣間見られるセリフです。 彼も野球部にすぐには合流しませんでした。 川藤が甲子園に行くと口にしたことが軽々しく見えて反発した安仁屋は、現実はそう簡単にはいかないことを知らしめるため、バッティング対決を申し出て、川藤に野球を教える資格があるかを試します。 その勝負の後から野球部に合流することになりました。 中学時代は外野手でしたが、肩の強さを活かすためピッチャーに転向。 はじめはワンマンで勝負するところがありましたが、周囲が成長していく過程でチームプレイの大切さも見出せるようになりました。 安仁屋のその後についてですが、高校野球を引退した年のドラフト会議で阪神タイガースからドラフト1位指名をもらうこととなります。 その年の阪神は、彼の活躍もあり、リーグ10連覇の快挙を成し遂げるなど好成績を収めます。 安仁屋の名言はこちら。 「一生つまんねー人生過ごしてやんよ」 (『ROOKIES(ルーキーズ)』2巻より引用) 野球をやろうと必死に説得を試みる川藤に対し、少し悲しげに放ったセリフ。 本当は野球のことが大好きなのだということが言外に感じられる、安仁屋の悔しそうな表情が印象的です。 そして彼はこの時の思いをバネに、野球部のエースになっていくのです。 漫画『ROOKIES(ルーキーズ)』キャラ&キャスト:湯舟 哲郎(五十嵐隼士) 教師である真弓りえに思いを寄せていると同時に信頼をしています。 それでいてイケメンで容姿がよいことから、女子生徒から人気があり、何ともうらやましいキャラです。 湯舟のストーリー完結後ですが、結婚して子供が産まれています。 奥さんの会社に就職して、夫そして父として頑張っています。 そんな湯舟の名言といえば、やはりこちらでしょう。 「にゃーーーーっ」 (『ROOKIES(ルーキーズ)』13巻より引用) 湯舟が必殺技をくり出した際に叫んでしまうセリフです。 力を込めて打とうとすると、感極まって「うおおおお」と声が出てしまうことがありますが、湯舟の場合は猫になるのだそう。 ちょっと笑ってしまいますが、このときの打ち方が本当にすごいので、あなどれません。 漫画『ROOKIES(ルーキーズ)』キャラ&キャスト:御子柴 徹(小出恵介) いっときは野球をやめようとも考えていましたが、川藤からキャプテンを任されるなどチームのメンバーとして貢献。 キャプテンとして野球部をうまくまとめ、野球部が謹慎処分を受けた時も、授業に出席するなど真面目な面を見せます。 感動したときはすぐ泣く情熱的な面もあり、本作のなかでも分かりやすい、いいヤツです。 御子柴は完結からのその後、大学進学への推薦を蹴ってプロ志願届を出します。 しかしドラフト指名はされず、野球選手としての道をあきらめかけていました。 しかしそこで川藤にはげまされ、一般受験で大学へ進学。 そこで野球を続け、卒業の年にドラフト会議で阪神に入団できましら。 安仁屋とチームメイトになり、プロのセカンド選手として活躍しています。 そんな彼の名言はこちら。 「一所懸命やって…何が悪いんだよ…」 (『ROOKIES(ルーキーズ)』4巻より引用) 野球なんてくだらないとバカにしていた安仁屋に対し、御子柴が泣きながら叫んだセリフです。 川藤のおかげで生まれ変わった自分たちをバカにされて、本気で起こった御子柴。 今まで弱い立場だった彼がちゃんと言い返し、自分の芯を通した瞬間です。 漫画『ROOKIES(ルーキーズ)』キャラ&キャスト:平塚 平(桐谷健太) ストーリー完結後は、プロ志願届を出すもののドラフトでは指名されず、その後「ピコっち」という名前で、ユーチューバーになっています。 そんな彼の天真爛漫な性格が伺えるセリフがこちら。 「ぅあ~~~……冷てーっ!! なんだこりゃーっ!? 」 (『ROOKIES(ルーキーズ)』15巻より引用) 自販機であったかいコーンスープを買った際に、思わずの冷たさに叫んでしまった際のセリフです。 あったかいと思っていたコーンスープを頬にあてた直後の表情、その後コーンスープにひたすらキレる平塚の様子にほっこりしてしまいます。 ストーリーでもお笑い展開に起用されることが多く、物語の緩急をつけてくれるキャラです。 漫画『ROOKIES(ルーキーズ)』キャラ&キャスト:岡田 優也(佐藤健).

次の

ROOKIES

ルーキーズ キャスト

本作の面白さは、なんといってもそれぞれのキャラクター。 ひとりひとりの個性がしっかり描かれており、彼らが一生懸命野球に取り組む姿は、その熱気や気持ちが伝わってきて、思わずこちらまでアツくなるもの。 はじめは野球からはほど遠かったヤンキーたちが、さまざまな経験を得て成長していきます。 また、本作は2008年にドラマ化もされました。 主演は佐藤隆太で、ほかにも豪華キャストが揃っていて、本作最大の魅力であるキャラクターに主眼を置いていることが伝わってくるクオリティーの高いドラマです。 部員全員野球経験があること、野球部部員が1年生ではなく2年生であること、出演者の利き手に合わせているため、登場人物によっては原作と利き手が異なるなどの細かい違いはありますが、原作と同じくらい楽しめる内容です。 ここからは、ドラマ化されたことでも話題の本作のキャラクターたちをご紹介していきましょう。 二子玉川学園高校に赴任してきてから、ヤンキーのたまり場となっていた野球部の顧問を任されます。 野球のルールすら知らない状態だったものの、生徒に負けないスピードでルールを覚え、頼りになる存在へと成長していきます。 さらにすごいのは、全生徒の名前と顔を覚えており、対戦校の選手についても名前や顔を覚えているのです。 これが野球の試合の際にはとても役立ちます。 彼の魅力は、生徒に夢を持ってほしいというアツい考え。 夢を持っている生徒は応援し、持っていない生徒には本当の気持ちに気づけるようサポートする場面も……熱血過ぎる、まっすぐすぎると呆れられる面もありますが、なんだかんだまわりから親しまれているキャラクターです。 そんな川藤のストーリー完結後の様子を、作者の森田まさのりがテレビ番組で特別に明かしていました。 二子玉川学園に残るものの、野球部顧問ではなく、今度は問題児だらけの美術部を立て直していたのです。 そして美術部の生徒たちと全国高等学校総合文化祭に向けてともに歩んでいるのです。 そんな彼らしい名言は、こちら。 「20歳になろうが30になろうが、 何かを始めるのに遅すぎるということは絶対にないんだ」 (『ROOKIES(ルーキーズ)』1巻より引用) ストーリー序盤で川藤が生徒たちに訴えるセリフです。 ちょっと臭いセリフにも思えるかもしれませんが、何かと年齢のせいで夢をあきらめてしまいがちな人たちに勇気を与えてくれます。 漫画『ROOKIES(ルーキーズ)』キャラ&キャスト:関川 秀太(中尾明慶) その後すぐには野球部に合流しなかったものの、用賀第一高校野球部との練習試合の最終局面でバッターボックスに立つことに。 そして日々の地道なトレーニングの成果によって、とうとうスラッガーとして開花します。 ピンチのときには仲間を叱咤激励し、流れを変えることも多いです。 新庄はストーリーのその後、教師として活躍しています。 一度就職しますが、会社員が合わず教員採用試験を受け教師の道を進んでいきます。 そんな彼の名言はこちら。 「おまえ一人が痛てーんじゃねーんだよ。 それは俺たちニコガクのキズだ。 みんなが痛てーんだよ」 (『ROOKIES(ルーキーズ)』第18巻より引用) 指を骨折し、無理してでも試合に入ろうとする若菜に対し、退場を命じる際に放ったセリフです。 自分一人ですべての責任を持とうとする若菜の気持ちを理解していたからこそかけられた言葉ではないでしょうか。 新庄の不器用な心遣いが垣間見られるセリフです。 彼も野球部にすぐには合流しませんでした。 川藤が甲子園に行くと口にしたことが軽々しく見えて反発した安仁屋は、現実はそう簡単にはいかないことを知らしめるため、バッティング対決を申し出て、川藤に野球を教える資格があるかを試します。 その勝負の後から野球部に合流することになりました。 中学時代は外野手でしたが、肩の強さを活かすためピッチャーに転向。 はじめはワンマンで勝負するところがありましたが、周囲が成長していく過程でチームプレイの大切さも見出せるようになりました。 安仁屋のその後についてですが、高校野球を引退した年のドラフト会議で阪神タイガースからドラフト1位指名をもらうこととなります。 その年の阪神は、彼の活躍もあり、リーグ10連覇の快挙を成し遂げるなど好成績を収めます。 安仁屋の名言はこちら。 「一生つまんねー人生過ごしてやんよ」 (『ROOKIES(ルーキーズ)』2巻より引用) 野球をやろうと必死に説得を試みる川藤に対し、少し悲しげに放ったセリフ。 本当は野球のことが大好きなのだということが言外に感じられる、安仁屋の悔しそうな表情が印象的です。 そして彼はこの時の思いをバネに、野球部のエースになっていくのです。 漫画『ROOKIES(ルーキーズ)』キャラ&キャスト:湯舟 哲郎(五十嵐隼士) 教師である真弓りえに思いを寄せていると同時に信頼をしています。 それでいてイケメンで容姿がよいことから、女子生徒から人気があり、何ともうらやましいキャラです。 湯舟のストーリー完結後ですが、結婚して子供が産まれています。 奥さんの会社に就職して、夫そして父として頑張っています。 そんな湯舟の名言といえば、やはりこちらでしょう。 「にゃーーーーっ」 (『ROOKIES(ルーキーズ)』13巻より引用) 湯舟が必殺技をくり出した際に叫んでしまうセリフです。 力を込めて打とうとすると、感極まって「うおおおお」と声が出てしまうことがありますが、湯舟の場合は猫になるのだそう。 ちょっと笑ってしまいますが、このときの打ち方が本当にすごいので、あなどれません。 漫画『ROOKIES(ルーキーズ)』キャラ&キャスト:御子柴 徹(小出恵介) いっときは野球をやめようとも考えていましたが、川藤からキャプテンを任されるなどチームのメンバーとして貢献。 キャプテンとして野球部をうまくまとめ、野球部が謹慎処分を受けた時も、授業に出席するなど真面目な面を見せます。 感動したときはすぐ泣く情熱的な面もあり、本作のなかでも分かりやすい、いいヤツです。 御子柴は完結からのその後、大学進学への推薦を蹴ってプロ志願届を出します。 しかしドラフト指名はされず、野球選手としての道をあきらめかけていました。 しかしそこで川藤にはげまされ、一般受験で大学へ進学。 そこで野球を続け、卒業の年にドラフト会議で阪神に入団できましら。 安仁屋とチームメイトになり、プロのセカンド選手として活躍しています。 そんな彼の名言はこちら。 「一所懸命やって…何が悪いんだよ…」 (『ROOKIES(ルーキーズ)』4巻より引用) 野球なんてくだらないとバカにしていた安仁屋に対し、御子柴が泣きながら叫んだセリフです。 川藤のおかげで生まれ変わった自分たちをバカにされて、本気で起こった御子柴。 今まで弱い立場だった彼がちゃんと言い返し、自分の芯を通した瞬間です。 漫画『ROOKIES(ルーキーズ)』キャラ&キャスト:平塚 平(桐谷健太) ストーリー完結後は、プロ志願届を出すもののドラフトでは指名されず、その後「ピコっち」という名前で、ユーチューバーになっています。 そんな彼の天真爛漫な性格が伺えるセリフがこちら。 「ぅあ~~~……冷てーっ!! なんだこりゃーっ!? 」 (『ROOKIES(ルーキーズ)』15巻より引用) 自販機であったかいコーンスープを買った際に、思わずの冷たさに叫んでしまった際のセリフです。 あったかいと思っていたコーンスープを頬にあてた直後の表情、その後コーンスープにひたすらキレる平塚の様子にほっこりしてしまいます。 ストーリーでもお笑い展開に起用されることが多く、物語の緩急をつけてくれるキャラです。 漫画『ROOKIES(ルーキーズ)』キャラ&キャスト:岡田 優也(佐藤健).

次の