アイス ボーン テンタクル。 ネロミェールの属性加速と真・属性加速の上昇量判明!

『アイスボーン』狩りカワコーデ! 最新防具のEXテンタクルγシリーズを使ったコーディネート

アイス ボーン テンタクル

ストーリークリアまでの弓装備の記事で紹介した装備から、導きの地で新たに素材が手に入ったので装備更新をしました。 ネロミェールの属性加速とイヴェルカーナの会心撃【属性】のシリーズスキル発動を中心にした構成です。 各2部位で発動するので好きなスキル構成が組めるように部位を調整可能ですが、イャンガルルガの足を組み合わせて会心率を上げると火力が安定するのでおすすめです。 ちなみに巷では「ネカカネガ」と言うそうです。 カ?ってどちら様かなと思ったのですが、イヴェル「カ」ーナのカなんですねぇ。 バレカバレといいこういう語呂を思いつく人はすごい。 僕が命名してたら「ネイイネガ」になるところでした。 すごく扱いやすいので弓のテンプレ装備に最適だと思います。 装備構成と特徴 特徴 ネカカネガの名前の通りネロミェール、イヴェルカーナ、イャンガルルガで防具を構成します。 この装備の特徴はとにかく 扱いやすいということですね。 弓の必須スキルは組み込みつつ、体力増強も無理なく積めます。 体術をLv5まで積んでネコの体術用のお食事券や強走薬の節約装備としても使えます。 地味に良い仕事をするのが納刀術とひるみ軽減です。 無印時代の弓は基本的に抜刀状態での戦闘時間が長く、納刀速度はあまり気になりませんでした。 アイスボーンではスリンガーを拾う機会が大幅に増えたので、納刀が速いとストレスフリーです。 ひるみ軽減は無駄では?と思うかもしれませんが、マルチでモンスターがダウンした際などに効果的です。 剛射はなるべく弱点部位に全弾当てたいので接近して撃つと思うのですが、味方の攻撃でキャンセルされがちなんですよね。 ひるみ軽減があれば気を使わずにソロと同じ感覚で撃てるので快適です。 構成例 4スロットの装飾品次第でどこまでスキルを上乗せ出来るかが決まりますが、今ある装飾品で構成例を載せておきます。 武器スロ1と属性攻撃護石で属性攻撃強化をLv6にして、弱点特効をLv3まで積みます。 体術はLv5まで積んでネコ体術、強走薬いらずにしておくのがおすすめ。 後は見切りで会心率を上げられるだけ上げました。 フルチャージは手軽に火力アップ出来るので採用しました。 防具・装飾品• 武器スロ|各属性攻撃強化珠• 各属性攻撃強化Lv6• 見切りLv5• 体術Lv5• 体力増強Lv3• 弱点特攻Lv3• 納刀術Lv3• スタミナ急速回復Lv2• フルチャージLv1 装衣装着時Lv3• 渾身Lv1• ひるみ軽減Lv1• 弓溜め段階解放Lv1 シリーズスキル• 溟龍の神秘【2】属性加速• 理由は• マイナス会心がないので1クエスト通してダメージが安定している。 武器スロ1と属性護石で属性値Lv6にしたい。 以上の2点です。 属性値をフル強化すると目に見えて火力が上がるので、優先して進めると良いと思います。 まとめ クリア後の弓のおすすめ装備を紹介させて頂きました。 ネカカネガはガルルガ足さえ作ればクリア後すぐに使えるので、クリア後装備に迷っている方は1度は使って欲しい構成です。 次のステップはシルバーソルに乗り換えるか、体術のLvを落としてネコ飯か強走薬でLv5相当にする。 そして空いたスロット分で火力を盛る形になると思います。 キズがつくと強弾珠や散弾珠で物理ダメージが結構伸びるのですが、3スロなので付けづらいんですよね… そうなると会心系装備と親和性の高い超会心になってくるのかなと思います。 まぁその辺はお好みでということで。 少しでも参考になれば幸いです。 関連記事.

次の

アイスボーン攻略ガイド

アイス ボーン テンタクル

男物の画像しか無くてすまんのだけど、めちゃくちゃカッコいい!!!! 特に頭や脚装備が個人的にグッド!!! ただ、今のところこのシリーズの重ね着は存在しないのが残念だが…。 【性能】• 火耐性:ー15• 水耐性:20• 雷耐性:15• 氷耐性:0• 龍耐性:ー10 【シリーズスキル】 溟龍の神秘[ 2 ] 属性加速• 継続してモンスターに攻撃を当てると一定時間、属性解放/装填拡張Lv2が発動。 属性攻撃力が少し上昇。 溟龍の神秘[ 4 ]真 ・属性加速• 継続してモンスターに攻撃を当てると一定時間、属性解放/装填拡張Lv3が発動。 属性攻撃力が上昇。 【発動スキル】• 体術 Lv. 回避性能 Lv. ランナー Lv. スタミナ急速回復 Lv. 回避距離UP Lv. 回復速度 Lv. 水属性攻撃強化 Lv. 雷属性攻撃強化 Lv. 属性やられ耐性 Lv. 整備 Lv. 1 カテゴリー• 最近の投稿• アーカイブ• メタ情報•

次の

【MHWアイスボーン】ネロミェール装備(EXテンタクル)の性能【モンハンワールド】|ゲームエイト

アイス ボーン テンタクル

はじめに 本記事では弓のテンプレ装備「ネカカネガ」と「ネカカネガ」を構成する「EXラヴィーナ」「EXテンタクル」装備について考察します。 「ネカカネガ」 「ネカカネガ」のスキル及びスロット ネカカネガの装飾品及び護石無しの状態のスキル及びスロットは上記画像のようになります。 「属性会心」「属性加速」のシリーズスキルが発生し、弓装備に重要な「体術」が3「スタミナ急速回復」が1 ガルルガ足で「属性会心」と相性の良い「見切り2」が発生します。 また何気に重宝するのが「納刀術」と「ひるみ軽減」です。 「納刀術」により、素早く回復へ移行が可能になります。 また、弓はガンナーとは言えども、剛射や千々矢のためにモンスターに接近することもあるので「ひるみ軽減」が生きる場面も多々あるでしょう。 この素の状態から装飾品等でスキルを構成する場合、まず、ガルルガ足の2スロットに弓の必須スキルである「弓溜め段階開放」が必須。 護石については、スタミナ管理系や会心率上昇系のものは少し持て余してしまう感じがあるので、属性攻撃強化が良いと思われます。 あとは持っている装飾品との相談になりますが、優先順位としては「弱点特効」が最優先であとは「体術」「スタミナ急速回復」「見切り」あたりをバランスよく上げるのが良いでしょう。 1スロも3個あるので、「体力増強」や「見切り」なども入れやすく、装飾品が揃ってなくても、それなりにスキル発動させられる点もこの装備の良いところだと思います。 スキル構成例 「EXラヴィーナ」「EXテンタクル」 「ネカカネガ」のポイントは「EXラヴィーナ」2か所で発動する「属性会心」と「EXテンタクル」2か所で発動する「属性加速」及び「EXテンタクル」が「体術」+「スタミナ急速回復」のスキルを持っており、これらが弓にとって有効なスキルである点です。 これらのことから「ネカカネガ」以外の弓装備を考える場合においても、「EXラヴィーナ」と「EXテンタクル」は採用する価値がある装備だと言えるでしょう。 EXラヴィーナ まず、「EXラヴィーナ」ですが、正直に言って弓にとって有効なスキルはあまりありません。 特に脚の抜刀術は手数武器の弓での有効性は低く、採用する必要はあまりないでしょう。 他の部位の装備の兼ね合いで「頭胴腕腰」の中から2つを採用するのが良いと思います。 EXテンタクル 次に、「EXテンタクル」です。 「頭腰」で体術 「腰脚」でスタミナ急速回復が発生します。 特に腰が「体術」「スタミナ急速回復」の両方が発動し、1スロが2つある点も使いやすく採用しやすいかと思います。 「胴腕」はやや使いづらいかもしれません。 まとめ 弓のテンプレ装備「ネカカネガ」及び「EXラヴィーナ」「EXテンタクル」についての考察でした。 今回紹介したもの以外では「真・属性会心」が発動する「EXシルバーソル」や先日実装されたラージャンの素材から作成できる「EX金色」の頭・腰が弱点特効が発動するので弓にとって有効な装備かと思います。 また後日それらの装備についても記事を書きたいと思います。 (思います…が、アイスボーン面白くてブログを書く時間がもったいない(笑)) YUU8o.

次の