メルカリ コメント 例文。 メルカリで使える例文!出品者必見のコメント例と活用方法

メルカリのお礼状やメッセージカードのコメント例文や書くポイントは?

メルカリ コメント 例文

メルカリのコメントで購入希望が必要な場合はコチラ!? メルカリのコメントで購入希望を伝える方法が広まったのは、即買後の取り引きでトラブルが多かったため、出品者が事前に相手を確認したいという理由があるようです。 ただ、メルカリの公式ガイドではそのような方法は認めていませんし、コメントで伝えずに即購入したからといって、キャンセルされることは殆ど無いそうです。 逆に、即買いしてほしい出品者の場合には、コメントでの購入希望を煩わしく思っている人も多いので、プロフィール欄を確認して不要な場合は即購入しても大丈夫です。 メルカリのコメントで購入希望のときに使えるおすすめ例文はコチラ!? メルカリのプロフィール欄に「購入する前にコメントで連絡してください」「即買い禁止です」と書かれた商品を購入する場合は、コメント欄で購入希望を伝えます。 特別難しいことは書く必要がなく、「購入希望です。 」「商品を購入したいです。 宜しくお願いします。 」などでOKです。 ただ、出品者がコメントでの購入希望を求めるのは、信頼できる相手か評価等で確認したいためですので、初めての取り引きで評価がゼロの人は要注意です。 その場合は「初めての取り引きですが、すぐに入金できます」「すぐに返信できます」などと、相手を安心させるコメントを残した方が良いみたいです。 また、値下げを交渉したい場合には、「購入希望です。 支払いはすぐに行います。 」といったように具体的な金額をコメントします。 すると、そのコメントに出品者から返信が来ますので、そこで合意がとれれば購入手続きに進むことになります。 ただ、コメントで購入希望を伝える方法はあくまで独自ルールなので、返信を待っている間に他の人に購入されてしまうケースも多いようです。 そして、そこからトラブルに発展することもあるらしく、メルカリ事務局ではこの独自ルールを認めていないのですが、現状では頻繁に見かけますし解決策は出ていないみたいですね。 スポンサーリンク メルカリのコメントで購入希望を伝えた後の注意点はコチラ!? メルカリのコメントで購入希望を伝えた後は、なるべく迅速に出品者とやり取りをして、購入手続きを済ませる必要があります。 なぜなら、メルカリでは値下げ交渉などのやり取りをしている間に、他の人に商品をあっさり横取りされてしまう可能性が多いにあるからです。 なので、コメントで購入希望を伝えたあとは、こまめにスマホをチェックしてほしいのですが、アプリの設定でも気を付けて欲しい点があります。 それは、コメントのプッシュ通知を「ON」にしておくことなのですが、そうしておかないと、逐一メルカリを開いて確認しなければなりません。 その設定方法ですが、メニューの「設定」をタッチして、「その他設定」から「お知らせ設定」を選び、プッシュ通知の項目で「コメント」の箇所を緑色に変更するとONになります。 その下にある「取引関連」も、購入した後に使用することになりますのでONにしておいた方が良いでしょう。 おそらく初期設定では、これらの箇所は元々ONになっていますので変更していない人は大丈夫かと思います。 ただ、スマホでは様々なアプリの通知があるので鬱陶しくて通知を消してしまった人もいるかもしれませんので、メルカリのコメントで購入希望を出した際には変更しておいてくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、メルカリのコメントで購入希望のときに使えるおすすめ例文をご紹介いたしました。 メルカリでは、必ずしもコメントで購入希望を伝える必要はありませんし、いつもの習慣で購入希望を伝えていると、逆に相手を不快にさせることもあるようです。 なので、出品者が明記している情報を確認しながら、購入希望を伝えるべきかどうか適切に判断してくださいね。 そして、購入希望を伝える際には「信頼できる相手かどうか」を見られていますので、乱暴な文章ではなく、丁寧なコメントを送るようにしていきましょう。 スポンサーリンク (関連記事1:) (関連記事2:) (関連記事3:) この記事の読者が合わせて読んでいる記事はコチラ!?

次の

メルカリで使える例文!出品者必見のコメント例と活用方法

メルカリ コメント 例文

メルカリで評価をする時の基準やどういったコメントを書けばいいのか悩む人も多いだろう。 今回はメルカリで評価をする時のコメントで参考になる例文をまとめていく。 どうやって評価をしたらいいのかイマイチ分からない人は参考にしてほしい。 併せて良い評価以外のふつう、悪い評価のケースも掲載するので併せて参考にしてほしい。 メルカリでは相互に評価を付けて取引が完了となる メルカリの評価機能はとても大事なシステムだ。 これは全てのフリマアプリにも言えることだが、 お互いの評価が今後の取引に大きく左右する。 これは出品者、購入者双方に言える話しだ。 これもフリマアプリの醍醐味だと思う。 なお、取引中のメッセージテンプレはこちらの記事で紹介しているので参考にしてほしい。 購入者側:メルカリの評価コメント例文 それでは、さっそく 購入者側のメルカリ評価の例文を見ていこう。 受取り評価のテンプレ文を紹介していく。 「商品受け取りました。 この度は迅速なご対応ありがとうございました。 また機会がありましたら、よろしくお願いします」 「商品受け取りました。 梱包も丁寧で商品も説明通りで大変満足しております。 また機会がありましたら、よろしくお願いします」 「商品受け取りました。 丁寧なご対応で最後まで安心して取引をすることができました。 また機会がありましたら、よろしくお願いします」 出品者側:メルカリの評価コメント例文 次に出品者側が行うメルカリの評価コメントの例文を見ていこう。 「この度は購入ありがとうございました。 スムーズに取引することができました。 また機会がありましたら、よろしくお願いします」 「この度は購入ありがとうございました。 支払い対応や返信など迅速に対応いただき、終始安心して取引をすることができました。 また機会がありましたら、よろしくお願いします。 」 「ふつう」や「悪い」など低評価を付けるケースは? ここまではお互いに良い評価を付ける前提でコメント例文を紹介した。 しかし、良い評価以外の評価を付ける場合もあれば、付けられる場合もあるだろう。 これは出品者か購入者かで理由は異なってくるので、双方でふつうや悪い評価が付く場合について紹介する。 出品者で「ふつう」や「悪い」評価が付けられるケース メルカリは全体的に評価に対してシビアではないと思うが、もちろんミスをしたり対応が悪ければ悪い評価が付く。 出品者が良い評価以外をもらうケースは以下の通りだ。 梱包が雑で商品に傷が付いていた• 発送が約束した期日より遅い• コメントに対する返信が遅い• 商品が説明と食い違っていた いずれも、出品者側に落ち度がある理由ばかりだ。 商品の梱包は手間かもしれないが、できるだけプチプチに包むなどして対策しよう。 時々、何も梱包せずに厚紙を巻いた状態で定形外で届くことがある。 雨で濡れたりするとどうするのだろう?と思うが、これは問題外だ。 それ以外にも「取引連絡が全くなくて不安だった」という評価もよく見かける 悪い評価は今後の取引にも影響を及ぼすので、手厚い対応を心がけ1つでも多くの良い評価をもらおう。 これだけで今後の取引成立に大きく関わってくる。 出品者で「ふつう」や「悪い」評価が付けられるケース 購入者の場合、ふつうや悪いの評価が付けられるケースは出品者ほどない。 挙げられる理由としては以下のようなものがあるだろう。 取引後、出品者の連絡に対して何も返信がない• 勘違いによるクレームを送った• 受け取り評価をずっとせず、出品者の入金が遅れた• 支払い対応を期日にしなかった 購入者が忘れてはいけないのが、 評価されるのは出品者だけではないということ。 購入者も評価の対象を忘れずに。 ちなみに購入者が悪い評価を付けられると、今後の取引に関わる。 出品者によっては良い評価以外の評価がある人とは取引を考えます、というユーザーもいる。 自分もあまりに評価が悪い購入者からの取引はお断りしたこともあった。 注意しよう。 悪い評価を付けると報復評価されない? その昔、ヤフオクなどでは報復評価という風習があった。 これは悪い評価を付けられた腹いせに、悪い評価を付けるというもの。 しかし、メルカリではこの報復評価は起こりえない。 なぜなら、 お互いの評価はお互いが評価を付けあった後に初めて公開されるからだ。 取引に違和感を覚えた、不安があったなど後続のユーザーのためにもハッキリと低評価をつけて僕は問題ないと思う。

次の

メルカリの評価コメント用の例文!購入・出品者側でテンプレを紹介!

メルカリ コメント 例文

コメントありがとうございます。 〇〇円にお値下げいたしましたので、よろしければご購入にお進みくださいませ。 このようにコメント返信すると、相手が商品を購入してくれます。 そのまま取引を進めていきましょう。 礼儀正しくはないが、常識の範囲内での値下げ交渉だった ちょっと悩んでしまうのがこのパターン。 〇〇円に値下げできますか?• 〇〇円ならすぐ買います。 など、本題だけコメントされるケースです。 挨拶の一言もないのでちょっとムッとしてしまいますが、値下げ幅は想定の範囲内なので、どうしようかなと悩んでしまいます。 こんな時、私は相手の評価をチェックします。 礼儀正しくないユーザーの場合、過去の取引でトラブルを起こして『 悪い』の評価がついている可能性があるからです。 評価を見て問題がなさそうであれば、値下げ交渉に応じます。 値下げ交渉に応じる場合 値下げ交渉に応じる場合は、値下げしてこのようにコメントします。 コメントありがとうございます。 今のところは値下げを考えておりません。 ご期待に沿えず申し訳ありません。 このように、値下げはしないとはっきり書いてしまって大丈夫です。 しばらくしたら、このコメントは削除してしまいましょう。 後から見た人に『 ああ、値下げ交渉はできないんだな』と思われてしまい、売れるチャンスを逃してしまうかもしれません。 礼儀正しいが、大幅すぎる値下げ交渉だった これも対応が難しいケースですね。 購入を検討しているのですが、〇〇円にお値下げいただくことは可能でしょうか?• 難しいとは思いますが、〇〇円で購入させていただくことはできますか? など、きちんとした言葉遣いでの値引き交渉なのですが、値引き額が大きすぎて『ここまでの値下げはしたくないな』というパターンです。 こういう場合は、 ズバッと断ってしまうのはもったいありません。 相手方もダメ元で値段を提示している可能性がありますし、礼儀正しい方であれば取引自体はスムーズに進む可能性があるからです。 まずはこちらから納得できる金額を提示し、相手の反応をうかがいましょう。 コメントありがとうございます。 申し訳ありませんが、〇〇円までのお値下げは難しいです。 〇〇円まででしたらお値下げできますので、よろしければご検討ください。 このように、ここまでは値下げできますよという価格をはっきりコメントに書きます。 すると• ではその価格でお願いします。 予算オーバーなので、今回は諦めます。 のように、相手方から買うか買わないかの回答がきます。 相手と合意できたらそのままお取引を続ければいいですし、合意に至らなかったらご縁がなかったということで新しい買い手がつくのを待ちましょう。 礼儀正しくなく、大幅すぎる値下げ交渉だった メルカリで結構多いのがこのパターンです。 半額にしてください。 〇〇円なら買います。 など、いきなり常識外れの値下げ交渉を挨拶なしでコメントしてくる方が結構多いのです。 このような場合、私は以下の2つの理由からきっぱりと断っています。 値下げしすぎると手数料と送料だけで赤字になってしまう• 常識外れの提案をしてくる人や安く買いたたこうとしてくる人は、取引を進める上で何かしらのトラブルを起こすケースが多い メルカリは利用者が多いので、無茶な値下げ交渉を泣く泣く飲まなくても、待っていればまともな買い手が現れる可能性が非常に高いです! ですので無茶な値下げ交渉は断ってしまいましょう。 コメントありがとうございます。 今のところは値下げを考えておりません。 ご期待に沿えず申し訳ありません。 値下げしたくないなと思ったら、はっきり断りのコメントを入れましょう。 しばらくしたら、このコメントは削除してくださいね。 後から見た人に『ああ、値下げ交渉はできないんだな』と思われてしまい、売れるチャンスを逃してしまうかもしれません。 値下げに応じたのになかなか購入されない場合 コメントのやりとりで値下げ交渉に合意し、値下げ後の価格に変更して再出品したにもかかわらず、なぜかなかなか購入してもらえないことがあります。 こういった場合は• 専用出品にしているので、他の人に購入してもらえる可能性が限りなく低い• できれば値下げ前の価格で売りたいが、値下げ後の価格で長期間出品し続けることになる この2つの理由で困ってしまうことになります。 待つ期間は、最低でも値下げしてから24時間は設けましょう。 期限が短すぎると『これから手続きするつもりだったのに!』というクレームがつきます。 値下げ交渉中に第三者が横入りしてきた場合 値下げ交渉のやりとりをしている時に、別の第三者がコメントを入れてくることがあります。 第三者の主張や横入りのタイミングによって、対処法が異なります。 私は大体次のように対応しています。 値下げ前の価格でいいから買わせてほしい 他に同じ商品を出品している人がいない場合などに起こるパターンです。 値下げ交渉を申し入れてきたAさんと『 〇〇円までなら値下げできます』などのやりとりをしている最中に、Bさんから『 値下げ前の価格で買いたいです!』と言ってこられることがあります。 出品者としては、もちろん少しでも高く売れた方が嬉しいですよね! Bさん、コメントありがとうございます。 せっかくのお申し出ですが、今回は先にお声がけいただいたAさんとお取引をしたく思います。 またご縁がありましたら、よろしくお願いいたします。 このように、角が立たないコメントを入れておきましょう。 値下げ後になかなか購入されないようだから自分に買わせてほしい 値下げ交渉が成立して値下げをしたのに、なかなか購入されないパターンについて先述しました。 購入されるのを待っている間、第三者から• 値下げ交渉した方がなかなか買わないようだから、自分に買わせてもらえないでしょうか? というコメントがつくことがあります。 こういった場合、すぐにOKしてしまうと、元の購入希望者からクレームがつく可能性があります。 コメントありがとうございます。 Aさん(元の購入希望者)から本日中にご連絡をいただけない場合、Bさん(横入りしてきた方)にご購入をお願いしたく思います。 日付が変わっても購入されておらず、コメントもついていなければ、ご購入いただいて大丈夫です。 どうぞよろしくお願いいたします。 はっきり期限を設け、期限内にAさんからのアクションがなければ、Bさんが購入してもいいですよと明記しておきましょう。 こうしておけば、のちにAさんから何か言われても『 こちらはある程度の期限を設けて待ちました』という言い訳ができます。 コメントなしで値下げ前の価格で購入された 値下げの交渉中、何のコメントもなく元々の設定価格で購入されることがあります。 値下げ前の価格でいいからとにかく急いで買いたい!絶対買いたい!という方が購入してくれるケースです。 メルカリは一度購入されると、取引のキャンセルがとても面倒です。 それに元々の値段で購入されたのであれば、出品者としてはありがたいですよね。 ですので、こういった場合はそのまま取引を進めてしまいましょう。 値下げ交渉をしていた人から何かクレームがついた場合は 値下げ交渉中でも、最初の設定価格で購入してくださる方がいらっしゃった場合は、そちらを優先させていただきます。 ご了承ください。 と記載しておくといいですね。 値下げ交渉する人よりも、値下げ交渉せずに購入してくれる人を優先するのは当然のことですから、このようにはっきり記載しておけば責められることもなくなります。 出品時にしておくとよい値下げ交渉対策 ここまでは様々な値下げ交渉への対処法をお伝えしました。 ですができれば面倒な値下げ交渉は避けることができれば一番ありがたいですよね。 実は出品時にも、ある程度の 値下げ交渉対策をとっておくことができます。 プロフィールに値下げするかどうか記載しておく メルカリにもラクマにも、出品者のプロフィール欄がありますよね。 ここに値下げ交渉に対するスタンスをあらかじめ書き込んでおくことで、無茶な値下げ交渉をある程度は避けることができます。 値下げ交渉に応じるスタンスの場合は 説明にも書いてある通り、お値下げには応じられませんのでご了承ください。 と返信すればOKです。 あらかじめ値下げ交渉を想定して高めの価格で出品する これが私が一番よく実践している方法です。 商品の定価とメルカリやラクマでの売れ筋価格を踏まえ、『 この商品は1,200円で売りたい』と決めたとします。 そして、実際には 1,300円で出品するんです。 そうすると値下げ交渉が来た時に『 1,200円までは値下げ可能です』と気持ちよく値下げができますし、万が一1,300円で売れれば万々歳です! もちろん値下げ交渉してくる方にとっても、『 値下げしてもらえた!』という達成感があるので、お互いにメリットのある方法ですよね。 ギリギリの価格ではなく、ある程度高めに価格を設定しておくと、値下げ交渉が来た時に応じるかどうか悩まなくて済むのでラクですよ。 まとめ メルカリやラクマを利用していると、びっくりするようなコメントや値下げ交渉がくることがあります。 もちろん飲める条件であれば受け入れればいいですし、なんだか嫌だなあと思ったら断ってしまって問題ありません。 どう返答していいか迷った場合は、ぜひこの記事のコメント例を参考にしてみてくださいね。 上手に値下げ交渉に応じつつ、フリマアプリでのお小遣いを楽しんでみてください。

次の