足の臭い 体調不良。 足の臭いの原因は内臓?盲点となる臭いの原因と対策を解説|足の臭い女性の原因と対策や正しい対策グッズの選び方まとめ

春は体調不良になりやすい?5つの原因と解消法まとめ!

足の臭い 体調不良

ストレスと体臭の関係性 緊張や疲労、睡眠不足などでストレスが蓄積されていくと「自律神経」のバランスが崩れます。 自律神経は、緊張状態をつくりだす「交感神経」とリラックス状態をつくりだす「副交感神経」に分けられますが、頻繁にストレスを受けることで交感神経が過敏に反応して優位になる為に、カラダ本来の機能が損なわれて体調不良などの様々な問題が引き起こされます。 ストレスは内臓機能を低下させる ストレスにより自律神経が乱れると、胃腸や肝臓、腎臓などの内臓機能が低下して、本来体内で上手く処理されるはずの老廃物やニオイ物質などが溜まっていきます。 そして、それらが血液に溶け出して全身に行き渡ることで、呼気や汗・皮脂などと一緒に体外へ排出されて、独特な臭いを放つ体臭や口臭の原因になります。 内臓機能の低下による体臭 内臓機能が低下することで発生する体臭や口臭は「特有の臭い」を発します。 胃からくる体臭 胃の役割 胃は食べ物を消化する為の第一段階の臓器です。 食道から送られてきた食物を溜めて胃液でゆっくりと粥状になるまで溶かしていきます。 栄養の吸収はほとんど行われずに、水や糖分、アルコールなどのごく一部の吸収を行うのみです。 また、食物と共に侵入してきた細菌を胃酸で殺菌する働きもあります。 胃とストレス ストレスが原因で胃の機能が衰えると「消化不良」を起こすようになります。 消化不良によって、食べ物が通常通りに消化されない場合、そのまま胃に滞留して発酵することで、「卵の腐ったような臭い(硫黄臭)」が発生して、体臭や口臭の原因となります。 腸からくる体臭 腸の役割 腸は第二の脳と呼ばれるほど重要な臓器です。 唯一脳から独立して働き、消化により分解された栄養素や水分を体内に吸収して、最終的に食べかすなどを便として排泄させる役割があります。 また、人体の最大の免疫器官でもあり、外部から侵入した病原菌などの異物からカラダを守ってくれています。 腸とストレス 腸は数多くの神経や血管が集中しており、ストレスの影響を受けやすい場所です。 腸の機能が低下すると、大腸のコントロールが効かなくなり「便秘」の原因になります。 慢性的な便秘により、便が腐敗・発酵されてニオイ物質が発生することで、アンモニア臭などの便の臭いに似た体臭や口臭を引き起こします。 肝臓からくる体臭 肝臓の役割 肝臓は代謝・解毒などを担う臓器です。 食べ物から得た糖分やタンパク質、脂肪などをカラダが吸収しやすい物質に加工して貯蔵します。 また、アルコールや老廃物などの有害物質を分解して無害化する解毒作用もあります。 肝臓は痛みや体調不良を感じにくく機能低下の自覚症状がない為に、「沈黙の臓器」と呼ばれています。 肝臓とストレス ストレス等で肝機能が低下すると、毒素であるアンモニアを尿素に分解できなくなり、アンモニア臭を発する「」と呼ばれる体臭・口臭の原因になります。 また、稀に分解酵素が作用せずにトリメチルアミンという物質がカラダに残ることで、「魚の腐ったような臭い」が呼気や汗に混ざる場合もあります。 腎臓からくる体臭 腎臓の役割 腎臓は老廃物を排出する役割があります。 全身を巡ってきた血液をろ過して、カラダに必要のない老廃物などを尿として体外に排泄してくれます。 また、血圧の調整や血液の成分である赤血球の産生、ビタミンDを活性化させてカルシウムの吸収により骨を強くします。 腎臓とストレス 腎機能が衰えると、尿とともに排泄されるはずの老廃物(アンモニアなど)がカラダに蓄積されてしまい、肝臓の衰えと同様にアンモニア臭を伴った体臭や口臭として現れます。 また、肝機能低下により毒素を無毒化できない為に腎臓に負担がかかり、さらに機能が低下する事も考えられます。 内臓にうれしい食べ物 ストレスが原因となる体臭では、何よりもストレスを解消して溜め込まない事が大切です。 とはいえ、すぐにリフレッシュできる趣味をもったり、くつろげる時間をとったりする事はなかなか難しいものですので、まずは毎日の食生活に内臓機能を助けてくれる食べ物を一品加えてみてはいかがでしょうか。 消化不良を助ける食品 キャベツや長芋は、胃の粘膜を保護して消化吸収を助けてくれます。 また、大根には消化を助ける酵素が豊富に含まれており、大根おろしにして食べることで消化不良や胃もたれの改善に役立ちます。 便秘解消には食物繊維 食物繊維はには欠かせない栄養素です。 ごぼうやレンコン、豆類や海藻類に多く含まれており、大腸の活動を活発化させて腸内の毒素を便と一緒に排出してくれます。 ただし、胃が弱っている場合は、消化不良などの原因になるので注意しましょう。 抗酸化作用のあるビタミン 緑黄色野菜やフルーツなどに含まれる「」は、肝臓・腎臓の機能を正常化するだけでなく、その他の体臭対策においても重要な栄養素です。 特に、酸素を多く使用する肝臓や腎臓は活性酸素が発生しやすい為、抗酸化ビタミンが含まれた食品は進んで摂りましょう。 しじみ汁で肝臓・腎臓の働きを改善 しじみには、アミノ酸の一種である「オルニチン」という成分が含まれています。 オルニチンは腸で吸収されて肝臓や腎臓へと運ばれることで、「オルニチンサイクル(尿素回路)」と呼ばれるアンモニアを解毒するプロセスを促進する作用があります。 また、ビタミンやミネラル、良質なタンパク質も豊富に含まれているので、肝臓・腎臓の機能向上に役立ちます。 ストレスと体臭 まとめ ストレスは、内臓機能の低下だけでなく汗や皮脂の過剰分泌や唾液量の低下、血行不良など様々な体臭や口臭の原因と繋がっています。 仕事や育児などで忙しい中でも、臭いケアは怠っていないのに「なぜか臭い」と悩んでいる方や、独特な臭いを発する体臭や口臭が気になるという方は、ストレスによる内臓の衰えも疑ってみて下さい。

次の

足が臭いのはなぜ!? 足が臭う原因と対処法6つを徹底紹介

足の臭い 体調不良

Contents• 納豆の臭いの正体とは? 足の納豆の臭いの原因はズバリ、 「イソ吉草酸」です。 汗をかく夏、汗腺機能が衰える春、ブーツでムレやすい秋冬、足の臭いの悩みは年中ありますが、靴の中がムレて汗や垢が雑菌・バクテリアによって分解されることによってこのイソ吉草酸という物質ができて足が納豆やチーズのような臭いになってしまいます。 イソ吉草酸(3-メチルブタン酸)は、まさに納豆の発酵過程でおこる化学反応によって生じる成分の脂肪酸の一種です。 なんと悪臭防止法によって規制されているほど 不快感のあるニオイなのです。 男性だけではありません! 足が臭いといえば中年男性のイメージがありますが、あるテレビ番組でブーツを履く女性の足の臭いを調査したところ、納豆レベルが600~700、チーズレベルが500~600、不快に感じるレベルが400~500であるのに対して、半分以上が400以上、30%が500以上の値となり、 自分では臭いという自覚があまりないという人でもかなり強烈なニオイとなってしまっていることが判明しました。 納豆の臭いを消すには? 足の納豆臭を改善するには、靴の消臭と足の消臭の両方を意識する必要があります。 靴の消臭 靴はムレないようにすることがまず大事で、替え用の靴下を持っておいたり、こまめに足を拭くようにして足をできるだけ乾燥させましょう。 また、納豆臭のイソ吉草酸は酸性ですから、この臭いを中和する方法として弱アルカリ性の重曹を使うという方法があります。 足の消臭 足の消臭としては、汗を抑えることと、菌を殺菌することが大事で、爪も短くして清潔に保つようにしましょう。 制汗も殺菌もできるデオドラントクリームがおすすめです。 まとめ いかがだったでしょうか?足の納豆臭の悩みは男性だけでなく、女性にもあり、特にムレやすいブーツ、パンプス、革靴を履く場合には要注意です。 座敷などで周りのを気にしてしまわないようにしっかりと対策をしていきましょう。

次の

春は体調不良になりやすい?5つの原因と解消法まとめ!

足の臭い 体調不良

靴が原因 ニオイの原因菌は、高温多湿の環境でより繁殖するため、湿気の多い夏場は注意が必要です。 通気性の悪い靴を長時間履くことで、ニオイが強くなってしまう場合があります。 革靴や足が全部おおわれたタイプの靴(パンプスやスニーカーなど)は注意してください。 同じ靴ばかり履く人や、朝から夜まで同じ靴を履きっぱなしの人も気をつけましょう。 また、サイズの合っていない靴を履くこともニオイの原因になります。 サイズが小さい場合も大きい場合も、足にとってストレスなので、発汗を促すことも。 その結果、足が臭くなります。 靴下が原因 寝るまで同じ靴下を履いたままという人も、同じ靴を履きっぱなしでいるのと同じ。 靴下で足が密閉状態になることで、雑菌の繁殖しやすい環境をつくってしまっています。 ストレスが原因 ストレスがあると、自律神経が乱れて、足の裏に大量の汗をかき、雑菌が繁殖します。 また、足の角質などをエサとする常在菌が増えて、ニオイの原因に。 ほかにも、ストレスにより活性酸素が増加すると、ますます雑菌が繁殖しやすくなります。 病気の可能性も……!? 「白癬菌」という菌は、汗などをエサに繁殖し、老廃物を排出します。 これが、足のニオイの原因です。 白癬菌が皮膚の角質層に侵入して繁殖することで、いわゆる「水虫」になります。 皮膚に白癬菌が付着するだけでは水虫にはなりませんが、足を不潔にしておくと、汗や古い角質が足の裏に溜まってきて、白癬菌の繁殖環境をつくってしまいます。 また、傷ついた皮膚から白癬菌が侵入しやすくなります。 いよいよ12月に入り、今年も残すところあとわずか……。 寒さと気ぜわしさで、心も体もガチガチになっていませんか? 第23回の今日は、体をのびのびと広げることで、足のむくみや冷えまで緩和する「ピラミッドのポーズ」を紹介します。 その名の通り、開脚しながら前屈を行い、ピラミッドのような三角形をつくることで、日ごろあまり使わない、足の裏側の筋肉を伸ばします。 このストレッチ効果によって、滞りやすい血液やリンパの流れを促進し、足のむくみや冷えの緩和にも効果を発揮! また、ポーズの仕上げに両手を組み、頭上に引き上げることで肩甲骨まわりがほぐれ、肩こりのケアにも役立ちます。 心地よい刺激を楽しみながら、深い呼吸と一緒に、寒さと疲れで縮こまった体を大きく広げるようなイメージでポーズを行いましょう。 両手を腰に置き、背筋を伸ばしつつ、両足の裏をしっかりと床に根付かせる。 (2)背筋をまっすぐに保ったまま、息を吐きながら、腰の辺りから上半身を前に倒す。 (3)足裏で床を踏みしめ、座骨を天井に持ち上げながら頭頂は床の方向に。 頭の重さを感じながら、首の力を抜く。 (4)両手を背中で組み、肩甲骨を寄せながら天井方向に引き上げる。 このままの姿勢で3~5呼吸キープ。 ポーズを解くときは、両手を腰に戻し、頭が最後に持ち上がるようにゆっくりと上体を戻して、ひと息リラックス。 かかとから親指の付け根まで均等に、足の裏全体で床を踏みしめましょう。 年の瀬の慌ただしい時期だからこそ、ヨガでメンテナンスを行いながら、心機一転、新しい年を向かえる準備をはじめましょう! (監修・文:村上華子、撮影:masaco).

次の