ヒューマン ヘルス ケア。 HHCS◆高齢者介護事業の出版・セミナー

Public Health Human Care Science

ヒューマン ヘルス ケア

NEW TOPICS 2002. 21 2020. 27 2019. 6 2019. 15 2019. 5 2019. 15 2019. 5 2019. 17 2019. 15 2019. 15 2019. 21 2019. 15 2018. 4 2018. 15 2018. 9 2018. 6 2018. 27 2018. 17 2018. 15 2018. 18 2018. 15 2018. 6 2018. 2 2018. 15 2017. 19 2017. 13 2017. 13 2017. 8 2017. 15 2017. 29 2017. 28 2017. 27 2017. 3 2017. 27 2017. 20 2017. 15 2017. 15 2016. 27 2016. 22 2016. 15 2016. 14 2016. 2 2016. 17 2016. 18 2016. 13 2016. 7 2016. 7 2016. 3 2016. 29 2016. 14 2016. 13 2016. 8 2016. 8 2016. 11 2016. 29 2016. 24 2016. 16 2016. 1 2016. 15 2016. 6 2016. 28 2016. 26 2016年5月2日の書籍・雑誌のご注文受付はお休みさせていただきます。 5月6日より順次対応させていただきます。 2016. 25 申込締切日を5月15日まで延期しました 2016. 25 2016. 25 2016. 15 2016. 8 2016. 2 2016. 15 2016. 14 2015. 18 【年末年始のお知らせ】2015年12月26日~2016年1月3日までお休みとさせていただきます。 2015. 14 2015. 20 2015. 15 2015. 12 2015. 16 2015. 13 2015. 7 2015. 15 2015. 31 2015. 24 2015. 15 2015. 23 2015. 9 2015. 15 2015. 13 2015. 23 2015. 23 2015. 13 2015. 31 2015. 13 2015. 4 2015. 4 2015. 18 2015. 23 小社で取扱いをしておりました「奇跡の脱出-3. 11のマリンホーム-」は、完売いたしました。 2015. 15 2015. 13 2014. 12 2014. 8 2014. 14 2014. 12 2014. 23 2014. 23 ホームページをリニューアルしました。 2014.

次の

プログラム紹介 [ヒューマン・ケア科学の3年制博士課程]

ヒューマン ヘルス ケア

博士課程 ヒュ-マンヘルスケア学専攻 人間を科学的に理解し、健康生活の維持、促進を支援 ヒューマンヘルスケア学専攻では、人間を身体・心理・社会的側面から包括的に捉え、小児・青年・成人・高齢者の健康問題からの回復および健康生活の維持・促進を支援することを目的とするヒューマンヘルスケア学にふさわしい実践方法、研究方法、および教育活動の開発・構築に努め、看護学の発展に寄与する人材の育成を理念としています。 ヒューマンヘルスケア学専攻における授業は、看護学・医学・工学・教育人間科学の諸学の連携を基盤に、特論(生命倫理学・環境心理学、基礎看護学、臨床看護学、母子看護学、家族看護学、健康人間学、健康行動科学、家庭健康学、保健教育学、健康運動学、バリアフリーデザイン学、ユニバーサルデザイン学)、特別演習、特別研究とで構成されています。 各特論では、人間を科学的に理解するための知識を修得し、ヒューマンヘルスケア学演習では、諸学の研究について吟味し、ヒューマンヘルスケア学における研究方法を探究します。 ヒューマンヘルスケア学特別研究では、多様な健康レベルにある対象の健康、自律、自己実現を支援するための理論の構築、独創的な研究方法の開発・構築、看護実践方法の開発を目指しています。 特別研究の指導教員の研究領域は下記の通りです。 研究領域• 基礎看護学• 臨床看護学• 感染防御学• 小児看護学• 母性看護学• 遺伝看護学• 保健学• 認知神経科学• 精神保健看護学 大学院博士課程(ヒューマンヘルスケア学専攻)修了者の主な進路 平成28年度 人数 平成27年度 人数 平成26年度 人数 山梨県立大学看護学部 教員 1 山梨大学医学部 教員 1 西武文理大学看護学部 教員 1 山梨県立大学看護学部 教員 1 山梨県立大学看護学部 教員 1.

次の

花王

ヒューマン ヘルス ケア

プログラム紹介 [ヒューマン・ケア科学の3年制博士課程] 学位プログラムリーダー挨拶 [] 近年、少子高齢化や疾病構造の変化などに伴い、従来の疾病モデルだけでは対応できない保健医療福祉の問題が急増しつつあります。 健康の質やQOL(Quality of Life)が問われる中、「治療から予防へ・医療から保健福祉へ」、そして「キュアからケアへ」という潮流が生まれつつあります。 国際的にも「人へのケア」が重視されつつある中で、学際系専攻としてのヒューマン・ケア科学専攻が2001年に開設され、大学・研究機関等の社会の第一線で活躍する研究者や高度専門職業人など、多くの人材を育成してきました。 この伝統をふまえて、2020年から開設されたのが「ヒューマン・ケア科学学位プログラム」です。 教育学、心理学、体育学、保健学、医学、看護学など、人間に関わる多様な学問領域を融合させ、高度な専門的領域として「ケアの科学」の確立と社会貢献を目指しています。 ヒューマン・ケア科学学位プログラムリーダー 斎藤 環 授与する学位 博士(ヒューマン・ケア科学)〔Ph. in Human Care Science〕 目的 教育学、心理学、福祉学、医学、看護学、保健学、等の専門領域の学問融合の観点から総合的・学際的にヒューマン・ケアや人支援に関する課題を解明し、創造的に発展させる能力、実践的応用力を備えた大学教員、研究者、高度専門職業人、教育者を養成する。 養成する人材像 人々の抱える問題・課題に関する高度専門的知識を備え、課題解明に関する研究能力と技術、人へのケアと支援に関する方法・技術、その指導に関する高度専門的知識と技術を身につけた人材。 修了後の進路 国内外の大学および研究機関のヒューマン・ケア科学関連諸科学領域における専門教育研究者、国際機関の研究者、支援に関わる専門機関の指導者・実践者 ディプロマ・ポリシー• 知の創成力:未来の社会に貢献し得る新たな知を創成する能力• マネジメント能力:俯瞰的な視野から課題を発見し解決のための方策を計画し実行する能力• コミュニケーション能力:学術的成果の本質を積極的かつ分かりやすく伝える能力• リーダーシップ力:リーダーシップを発揮して目的を達成する能力• 国際性:国際的に活動し国際社会に貢献する高い意識と意欲• 研究力:ヒューマン・ケア科学分野における最新の専門知識に基づいて現代的・将来的な研究課題を設定し、自立して研究計画を遂行できる能力• 専門知識:ヒューマン・ケア科学分野の先端的かつ高度な専門知識、および関連する諸科学の学際的専門知識• 倫理観:ヒューマン・ケア科学分野の研究者にふさわしい倫理観と倫理知識、および専攻する特定の分野に関する深い倫理的知識• 学際的応用力:ヒューマン・ケア科学に係る学際的知識と技術を現代的・将来的課題の解決に応用する力 カリキュラム・ポリシー パブリックヘルス学位プログラムと共同して、人間系・体育系・医学医療系の多分野横断の教員によって、ヒューマン・ケア科学に関する学際融合の専門知識、高度な研究能力、倫理観、課題解決能力を養う教育・研究指導を行う。 アドミッション・ポリシー 求める人材 ヒューマン・ケア関連諸科学やその領域の問題に深い関心を持ち、その科学的解明、課題解決に学際的視点から意欲的に取り組む意識を有すること。 また高度な専門的知識と技術を通して様ざまな地球規模の課題解決をめざす人材、国内外で貢献する人材 入学者選抜方針 選抜は、研究・実践・国際連携の能力を中心に、専門および英語の筆記試験、研究計画に基づく口述試験が行われ、総合的に評価する。

次の