辛いもの 腹痛 下痢。 辛いものを食べた後の胃痛、腹痛予防や対処法 効果のある胃薬や漢方は?

つらい下痢の時、食べて良いものダメなもの

辛いもの 腹痛 下痢

真っ黒な便が長期間続く場合は一度検査をしてみるほうが良いでしょう。 下痢の続いている期間 下痢の続いている状態はどれぐらいなのか、期間を把握しましょう。 体調や個人差があるので、一概には言えませんが、食あたりなどの一過性のものであれば、1日、2日程度で治まることが多いです。 またウィルス性の疾患などでは、1、2週間ほど続くときもありますので、どの程度続いているのかを医療機関で説明できるようにしましょう。 また下痢が3週間以上続いている場合は慢性下痢と言います。 ウィルス性などの原因でなくとも生活習慣が原因で慢性的に下痢の症状が続く可能性もあります。 特に下痢の期間はいつから続いているのかが曖昧になりがちなので可能であれば便の状態の管理を普段から行っておくと良いでしょう。 下痢以外の症状の有無 下痢とともに他の症状があるか確認しましょう。 下痢は腹痛と共に起こっているのか、発熱や嘔吐などのほかの症状が出ているか?など把握することで診断も早くなります。 さらに症状以外にも、急激な体重の減少があるか?激しい下痢で脱水症状を起こしていないか?などを知ることで急激な症状の悪化にも対応できます。 特に下痢の症状と胃痛の症状が現れる場合は特に症状が辛くなるので病院に行かなくては辛い状態になるでしょう。 また併発する症状で考えられる病気の可能性も変わってきます。 正しい処置を行い改善していきましょう。 下痢の症状 下痢には、2つのタイプがあります。 このタイプの下痢は、ストレスやウィルス性の疾患、お腹が冷えたなどの原因で起こることがあります。 少しの食生活の乱れや環境の変化や水が変わるだけでもこの症状は起こるため、安静にしていれば問題なく症状は収まっていくでしょう。 気をつけたいのは、3週間以上続く慢性下痢で、他に発熱や腹痛、嘔吐などのほかの症状を伴う場合です。 腸やその他の臓器への疾患の可能性があります。 中でも胃痛の症状が併発する場合などは危険レベルが上がります。 また下痢が血便の場合は症状の急変の可能性がありすぐに医療機関に受診することをオススメします。 この場合は症状の程度によってはそのまま入院の可能性もありますので、準備をしてから病院に向かいましょう。 下痢が続く原因 下痢が続くときの原因を考えてみましょう。 普段の生活の中でこのようなことはありませんか? 冷たいものの食べすぎ 冷たいものの食べすぎは腸の刺激になり、ぜんどう運動がきちんと働かなくなります。 すると腸で水分を吸収できずに下痢になります。 特に夏場などに冷たいものなどを摂りすぎたなど、冬場に腹を出して寝ていたなどの状況がある場合はそれらの事が原因になって症状が現れる可能性があります。 冷たいものの過剰摂取は腸の他にも胃にも大きな負担を掛けてしまうので消化不良を引き起こす原因にもなってそれが下痢の症状を引き起こす場合もあります。 食べすぎ 食べすぎで消化不良になり、下痢になる場合は、多くが体調不良や寝不足などの症状と共に起こっています。 そのような状態は、胃がきちんと機能できず、腸でも水分を吸収できずに下痢になります。 特に食べすぎた後にすぐに寝た場合や食べてすぐに運動をする場合でも下痢の症状が引き起こりやすくなります。 ごちそうを食べる日でついつい食べすぎてしまう場合は種類を増やして量を少なくするか、胃腸薬などを飲んであらかじめ対策しておくといいでしょう。 食べ過ぎによる下痢は、の記事を参考にしてください。 ストレス ストレスが原因で下痢になることもあります。 過剰なストレスから下痢になり、また下痢になるというストレスから症状を繰り返すということで慢性的な疾患につながります。 また、ストレスが多く溜まっている場合では下痢と便秘の症状を繰り返す場合もあります。 もしかすると過敏性腸症候群という病気の可能性があります。 油分を多く含む食事や香辛料の多い食事 油分は消化しにくいので、食べ過ぎると下痢の原因になります。 また唐辛子などの香辛料の多い食事は腸を刺激します。 刺激を受けると腸のぜんどう運動がきちんと働かず、下痢の原因になります。 普段から辛いものや脂ぎった食事をしている場合でも体調によって下痢の症状が出る場合もあります。 海外での食事 食べなれない外国での食事や水などが原因で下痢になることがあります。 環境の変化でも簡単に下痢の症状が現れる可能性はあります。 特に普段食べ慣れない食事は胃や腸で上手く消化吸収が出来ない場合があるので、慣れるまでは症状が続くことがあります。 牛乳 体質として乳糖を分解する酵素を持っていない人は下痢の原因になります。 特にアジア圏の人に多いといわれています。 稀なケースでは牛乳に含まれるタンパク質に免疫作用が過剰防衛反応を働き、アレルギー症状を発症する可能性もあります。 アレルギーの反応はその症状には個人差がありますが、症状がひどい場合は命に関わる症状を起こす場合があります。 アルコール アルコールは香辛料と同じで腸にとっては刺激物になります。 また過度な飲酒は腸の粘膜を傷つけることもあるので、注意が必要です。 また、過剰に飲んだ場合は腸や膀胱での水分の処理が追いつかず便でそのまま水分が排出されます。 よって必然的に下痢になってしまいます。 詳しくは、の記事を参考にしてください。 薬の副作用 抗生物質など、薬の副作用で下痢になることがあります。 もし心当たりがあるなら、担当医に相談しましょう。 抗生物質の下痢については、を読んでおきましょう。 下痢が続くときの対処法 では、下痢が続くときはどのような対策をとればよいのでしょうか? まず第一に医療機関への受診です。 下痢はほおっておくと身体の水分を失い、脱水症状を起こす可能性があります。 まず医療機関に受診しましょう。 受診前に出来ることは、 水分補給 下痢は身体の水分を必要以上に体外に出してしまいます。 脱水症状にならないように適度な水分補給をしましょう。 ただし、冷たい水や塩分の多いもの、香辛料の入ったものは腸への刺激になりますので、スポーツドリンクや体内吸収のよい水分を積極的に摂るように心がけてください。 もちろんアルコールやコーヒーなどの嗜好品は刺激物になります。 避けましょう。 栄養補給 食べられる状態であれば、きちんと栄養を補給しましょう。 ただし腸への刺激になったり、消化の良くない油っぽい食事や塩分の多い食事は避け、消化の良いものおかゆや煮た野菜、バナナなどの水溶性の食物繊維などを摂りましょう。 もちろん肉や魚介類、香辛料などは消化に時間がかかり腸への負担になります。 避けましょう。 これらのことに気をつけて早めに医療機関に受診しましょう。 日常生活で気をつけたいこと。 下痢はとても辛いですよね。 出来るだけ腸内の環境を良くして下痢を緩和したいものです。 どのようなことが腸内環境に良いのでしょう? 感染症などの一時的なもの以外では腸内環境を良くすることで下痢の症状を緩和することが可能です。 ビフィズス菌や乳酸菌などヨーグルトに含まれる善玉菌といわれている菌を腸内で増やしましょう。 ヨーグルトを積極的に食べるほか、善玉菌の栄養素であるオリゴ糖などの摂取、また水溶性の食物繊維を積極的に摂ることで腸内の環境を整え、便通をスムーズに促すことが出来ます。 免疫力は腸内環境に比例するといわれています。 腸内環境を整えることで、免疫力も強化され、強い身体になれるでしょう。 日頃から食生活や生活習慣を意識して過ごすとよいでしょう。

次の

つらい下痢の時、食べて良いものダメなもの

辛いもの 腹痛 下痢

今食べたものが便になるまでには、通常24時間かかります。 しかし、何かを食べてすぐに下痢になってしまうことがあります。 食べてすぐに下痢になった場合、直前に食べたものを疑ってしまいますが、必ずしも直前に食べたものが原因であるとは限りません。 いつ食べたものが原因か?というのは、ウイルスや細菌などによって大きく異るため、可能性がいくつも考えられます。 下痢の詳しいメカニズムについて知りたい場合は、も一緒に読んでみてください。 消化不良が原因の下痢 脂っこいものや冷たいものをたくさん食べたり、暴飲暴食、乳糖不耐症なのに牛乳を飲んだりというケースは、消化不良による下痢にあたります。 この場合、 早くて3時間、平均して6時間くらい前に食べたものが原因となっていることが多いです。 消化不良というのは、胃に負担が掛かっているということです。 暴飲暴食や油物は消化しにくく、辛いものなどの刺激物は胃酸分泌を乱れさせます。 これにより、満足に消化されないまま、食べたものが腸まで運ばれます。 腸は、栄養や水分を吸収し、便を作るところです。 便を固形化させるのも腸なのですが、消化されていない食べ物がそのまま運ばれると、腸の負担が大きくなり、炎症を起こしてしまいます。 すると、腸の働きが弱くなり、便を固めることができず、下痢や軟便になってしまうのです。 冒頭にも書きましたが、食べたものが胃から腸に運ばれ、さらに便となるまでに通常は24時間かかります。 日本人は腸が長いので、人によっては2日ほどかかります。 消化不良が起こると、便が固形化されず、通常よりも早いスピードで食べたものが運ばれるので、6時間後ぐらいに下痢として排泄されます。 乳糖不耐症の場合も同じです。 牛乳を飲んで数時間後にお腹がゴロゴロ・・・。 そしてひどい下痢というのは、牛乳に含まれる乳糖を分解できなかったために、下痢になってしまうのです。 食べてすぐ下痢をするのは? 消化不良の場合、下痢になるまでに少し時間がかかるのが特徴的なのですが、食べてすぐに下痢をする場合もあります。 食べて10分後~1時間後にお腹を壊す場合、 過敏性腸症候群の可能性が高いです。 食べるとすぐに便意が起こるというのは、実はとても健康的な証拠です。 この反応を 胃・大腸反射といい、人間の体は胃の中に食べ物や飲み物が入ることで腸がぜん動運動を始め、便意を催す仕組みになっています。 ですが、食べてすぐに下痢になるのは良くありません。 栄養がしっかり吸収されませんし、腸内環境も悪化します。 過敏性腸症候群になると、腸が刺激にとても弱くなります。 胃・大腸反射にも強く反応し、必要以上にぜん動運動が活発化してしまい、下痢になるのです。 また、脂肪分が多い食べ物にも注意しなければなりません。 脂っこい食べ物は、胃・大腸反射を活発にさせる効果があります。 食べてすぐに下痢になってしまう場合、できるだけ油物は避けたほうが良いでしょう。 とはいえ、 脂肪分を一切食べない生活はほぼ不可能です。 下痢のために食事を我慢するのはとてもストレスですし、そのストレスが積み重なって過敏性腸症候群が更に悪化してしまいます。 過敏性腸症候群を改善していくには、 下痢の原因となっているストレスを取り除くことと、腸内環境の改善が最優先です。 腸内環境を改善するためには、善玉菌を増やすことです。 下痢が続くと善玉菌が減り、悪玉菌が増えるので、余計に下痢しやすくなります。 乳酸菌を積極的にとって、善玉菌を増やしていきましょう。 ウイルスや細菌が原因の下痢 ウイルスや細菌が原因の場合、症状が出るまでの時間が大きく異なります。 早いものだと食べてすぐに症状が出ますし、潜伏期間が長いものだと9日間も症状が出ません。 原因 潜伏期間 ノロウイルス 1日~2日 黄色ブドウ球菌 1時間~5時間 腸炎ビブリオ 8時間~24時間 カンピロバクター 2日~7日 ウェルシュ菌 6時間~18時間 腸管出血性大腸菌(O-157など) 2日~9日 自然毒(フグや毒キノコ) 食べてすぐ~12時間 化学物質(香料、農薬、タバコなど) 食べてすぐ~15時間 このように、食中毒の場合は食べたものが下痢などの症状として現れるまでにかなりの時間を要するものもあります。 暴飲暴食や冷たいものの食べ過ぎによる下痢なら、原因を特定するのも簡単です。 しかし、ウイルスや細菌が原因となると、いつ食べたものが原因で下痢になっているのかが分かりづらいです。 1回の下痢では症状が治まらなかったり、水下痢が続く、血便や色がおかしい下痢が出たなど、 普通とは違うな?と感じた時は、すぐに医師の診断を受けるようにしてください。

次の

水っぽい下痢と腹痛の症状があり!早くどうにかしたい…こうすれば!?

辛いもの 腹痛 下痢

下痢の症状 便の水分量が70~80%以上の場合、下痢といいます。 見た目としては、 泥のような軟便と、水に浮いてバラバラになる下痢便の2種類があります。 このページではずっと下痢が続くケースについての記載ですが、最初に下痢の種類について触れておきたいと思います。 次の2つの種類があります。 長くても1~2週間で治ります。 急性下痢には大きく分類すると非感染性下痢と感染性下痢の2種類があります。 非感染性下痢は暴飲暴食や寝冷え、冷たい物の摂り過ぎ、食物アレルギー、精神的ストレスなどが原因で起こります。 ノロウイルスに関しては次のページをご参照ください。 いわゆるずっと下痢が続くケースです。 種類としては 病気を伴っていない機能性下痢と病気を伴って起きる下痢の2種類があります。 下痢が続く場合があれば、便秘と下痢を繰り返すケースもあります。 便秘や胃腸の症状に関しては次のページもご参考にしてみてください。 ずっと下痢が続く原因 画像出典: 機能性下痢における原因の多くはストレスです。 ストレスを受けると脳の大脳新皮質が受け止めます。 その刺激に応じた神経伝達物質が分泌され、視床下部というところが受け取ります。 視床下部は自律神経をコントロールしており、自律神経の交感神経が優位に働きます。 これは正常な流れなのですが、 ストレスがかかり続けると、交感神経ばかりが働きがちになります。 大腸を始めとした内蔵は副交感神経が優位の時にしっかり働きます。 つまりストレスを受け続けると、内蔵がしっかり働かなくなるので、その影響が出てきます。 その影響として 大腸の働きが悪くなり下痢が起こる場合あります。 慢性的にストレスがかかり続けると、下痢は続きやすくなります。 大腸の働きが悪くなることで、便秘になることもあります。 ですので、便秘と下痢を繰り返すタイプの人もいます。 この機能性下痢では過敏性腸症候群であることも多く見られます。 また抗生剤などの薬剤によって下痢が引き起こされる場合もあります。 過敏性腸症候群につきましては次のページをご参照下さい。 風邪に関しましては次のページを参考にしてください。 ずっと下痢が続く病気 ここではずっと下痢が続く場合に考えられる病気についていくつか触れたいと思います。 生命に関わる場合もありますので、念のために検査をしておくのが良いでしょう。 次のような疾患がある場合があります。 このことで、お腹が痛くなったり、 頻繁に下痢をしたり、場合によっては粘膜から出血して血便が見られたりします。 この病変によって、腹痛や下痢、血便、体重減少などが生じたりします。 「がん」に関しましては次のページをご参照ください。 ピロリ菌に感染していると腹痛や下痢をおこしやすいと言われています。 ピロリ菌に関しましては次のページをご参照ください。 糖尿病により高血糖状態が続くと、神経に病変が起こり、主に末梢神経と自律神経に症状が出ます。 先に記載していますが、自律神経は内臓をコントロールしており、 自律神経の働きが乱れると、大腸の働きが悪くなり下痢や便秘が起こったりします。 糖尿病につきましては次のページをご参照ください。 Sponsored Link 下痢が続く場合は病院に行った方がいい?何科に行く? 下痢はそこそこ発生する症状なので、ちょっとした下痢の場合は放置する人も多いでしょうが、ずっと続くようになってしまった場合は病院に行くでしょうし、腹痛を伴ってかなりしんどい思いをしているのなら早期回復を望んで病院に行く人もいるでしょう。 結論から説明すると、 下痢がひどい場合は内科・胃腸科・消化器科・一般外科あたりに行くのが良いでしょう。 子供の場合は小児科でもいいでしょう。 ある程度小さなクリニックや病院でもOKですが、可能なら内視鏡検査の可能な病院を選びましょう。 仮にガンの可能性が示唆された場合でもそのままスムーズな検診に移れますので、わざわざ病院を変える必要性が発生しないからです。 ずっと続く下痢の治し方 病気を伴って起こっている下痢の場合は、その病気を治さなければなりません。 ここでは病気以外の機能性下痢の治し方について記載したいと思います。 既に記載していますように 機能性下痢の原因の多くはストレスです。 従いまして いかにストレスを取り除くかが重要になってきます。 ストレスとは不安・恐怖、怒り、悲しみ、焦り、妬みといった負の感情を持っている状態を言い、このストレスは短時間であればそれほど問題はありませんが、 長時間、あるいは頻繁に感じていると自律神経が乱れてしまい下痢・腹痛といった症状に繋がります。 治し方としては次のようなものがあります。 常に何かやるべきことを作り、 そのことに意識を向ける時間を多く作ると効果的です。 理想は好きなことをするのが良いですので、許す限り好きなことをする時間を作るといいでしょう。 このような施設の施術を受けるのも1つの選択肢です。 認知療法では この捉え方を前向きにする訓練を行なうことで、心を軽くしていきます。 手順としては「自動的に沸いてくる負の感情に照準を合わせ、その感情と何故その感情が出てくるのかを書き出します。 そして書き出したものに対して、客観的で前向きな考えに置き換えます。 」 例えば負の感情として「不安が出てくる」理由は「仕事で大失敗をしてしまって、周りの人に手伝ってもらって迷惑をかけてしまったので、みんなに嫌われたのではなか」と書き出し、 「大失敗したけど、私が失敗したから皆も学びになり、他の人が私より先に失敗していやな思いをしなくて良くなったな。 また私を手伝ってくれたみんなは、人助けをしたという満足感を得ているに違いない。 」 といった感じです。 強いストレスがかかり続けると「うつ病」にもなりかねませんので、注意が必要です。 「うつ病」に関しましては次のページをご参照ください。 下痢の時の食事 下痢の時には腸への刺激が少なく消化の良い食べ物がいいです。 お勧めとしては、おかゆや軟らかい御飯、軟らかいうどん、軟らかく煮込んだキャベツや人参、バナナ、リンゴなどです。 反対に肉類など 脂の多いもの、玄米やそば、ごぼう、きのこ類、ねぎ、たけのこ、さつまいも、貝類、など 食物繊維の多いものは極力控えましょう。 下痢に関しましては次のページも参考にしてください。 下痢に関しましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。 最後に 下痢の便は泥のような軟便と、水に浮いてバラバラになる便を言います。 下痢には急性下痢と慢性下痢があり、3週間以上続くような下痢は慢性下痢と言えます。 慢性下痢であるずっと下痢が続く原因としては病気以外の機能性下痢と言われるケースと病気の場合があります。 機能性下痢の原因の多くはストレスによって自律神経の働きが乱れるためです。 従いまして機能性下痢の解消法は自律神経の働きを整えるということになります。 自律神経の働きを整える方法として、日頃から明るい気持ちでいるよう心掛けたり、常に何かに集中するよう心掛けたり、リラックスできる時間を設けたり、自律神経の働きが整うような生活習慣を取り入れたり、施術を受けたり、認知療法を取り入れたりといった方法があります。 カテゴリー•

次の