マンション 騒音 警察。 マンションの騒音トラブルを法律的に考えてみる

騒音で夜中にマンションに警察を呼ばれました。

マンション 騒音 警察

マンションの住民トラブルで最も多いのが騒音問題です。 国土交通省が2013年に行った「マンション総合調査」によると、 居住者間の行為・マナーで多いトラブルランキングで、トップは「生活音」の34. 3%となっています(2位は違法駐車の24. 7%、3位はペット飼育の22. 7%)。 集合住宅であるが故、多少の生活音は仕方ないですが、中には真夜中に音楽を大音量で鳴らしたり、友達と飲み会を開いてバカ騒ぎをする、といった非常識な人も存在します。 こうした住民に対して、直接クレームを言いに行く事はリスクが高いです。 騒音に無頓着な人は、周囲の迷惑を全く気にかけない無神経な輩なので、注意しても聞く耳を持たないどころか、逆上されて傷害事件などに発展する危険性もあります。 かといって、大家や管理組合・管理会社に連絡しても、問題解決される可能性はまず無いです。 大家やマンションの管理組合は、誰もが基本的に事なかれ主義なので、他人同士の争いに口出しするのは避けようとします。 しかし、既に買ってしまった場合、他に選択肢が無く仕方なく済んだ場合などは、このような「そもそも論」を言っても不毛です。 よって、こうした 騒音トラブルで最も有効な裏技は、実は『110番通報して警察を呼ぶ事』です。 警察は本来「民事不介入」の原則があるので、マンションの住人同士のトラブルには関与しない事が基本ですが、あまりに酷い騒音の場合は警察へ通報しても良いのです。 環境省が定める基準では、騒音と扱われる音量は「昼は55デシベル以上」「夜は45デシベル以上」となっています。 例えば、エアコンの室外機は40〜50デシベル、テレビは50〜70デシベル、掃除機や洗濯機は60〜75デシベル、ステレオの音は70〜85デシベル程度です。 この基準からすると、エアコンの音程度で通報するのは過剰ですが、 夜中に洗濯機やステレオを頻繁に使っていた場合は、十分に騒音の問題行為だと認められます。 110番に電話を掛け、騒音トラブルがある旨と住所を告げれば、警察が騒音元の部屋にまで直接注意しに来てくれます。 その際、 自分の名前は匿名で通報する裏技を併用すれば、騒音元の住民は誰からクレームがあったのか分からず、後に報復されるリスクは軽減されます。 警察から注意を受ければ、非常識な人でない限り、騒音に気を付けるようになるはずです。 騒音リスクはゼロには出来ない=引っ越せる賃貸が有利? 問題は、通報しても騒音が止まるのは一時的なケースもある事です。 それどころか、逆恨みして通報前よりもわざと騒音を立てるサイコパス住民だと、非常に厄介です。 また、前述のように 通報は匿名で行えるものの、実際はクレームを入れたのが隣や上下の家庭である事は見当が付くので、トラブルに発展するリスクはゼロではありません。 また騒音問題で民事裁判を起こしても、やはり意味はありません。 裁判には時間が掛かりますし、仮に判決が出ても相手が聞く耳を持たないケースもあるからです。 かつてテレビのワイドショーで有名になった 「騒音おばさん」のような狂った人間には、合法的に排除する事はかなり困難なのです。 隣近所に迷惑住民が沸いてしまうと、最終的にはこちらが引越しして難を逃れるしかないような状況もありえます。 ネットでは「賃貸と分譲の生涯コストはほぼ同じになる」という口コミが支配的ですが、実際にはこのような騒音トラブル含め、周辺環境の不運に見舞われる可能性もある訳です。 賃貸なら簡単に引越しできますが、住宅ローンを抱えた分譲では不可能です。 マンションにせよ一戸建てにせよ、 家を買う行為は、転居の自由を失う(金融用語で「流動性リスク」が高い)というデメリットを考慮すべきです。 まともな経済の専門家なら、家を買うべきか借りるべきか?の質問に、必ずこのリスクを交えて答えているはずです。 マンションの騒音問題で警察を呼ぶ裏技まとめ ・騒音元の住民に直接クレームを言うのは逆恨みリスクが高い ・マンションの管理組合に言ってもまず解決する事はない ・騒音問題は匿名で警察に通報する裏技が有効! 近年は、外国人観光客をターゲットにマンションで民泊を行う人間も増えています。 大抵のマンションは、管理組合で民泊を禁止しているでしょうが、そうでない場合にはマナーの悪い中国人に悩まされるケースも増えているようです。 マンションの騒音問題は、今後も増えていく事が予想されるので 「騒音が酷い場合は警察を呼んでも良い」事はぜひ覚えておきましょう。 一度警察に通報しても騒音を繰り返すサイコパス相手には、何度でも警察に通報して、また他の住民とも協力して、徹底的に排除に当たるしかありません。 そういうリスクが嫌なら、文章マンションは諦めて、何時でも引っ越せる賃貸住宅にすべきです。

次の

【夜中の騒音通報】マンションの騒音問題で警察に通報した体験談

マンション 騒音 警察

目次はこちら• 警察を呼ぶほどのアパートの騒音被害とは… 全ての騒音が規制対象ではない 人が生活するうえで全く音を出さないということは不可能です。 しかしだからと言ってどんな音を出しても良いわけではありません。 受忍限度を超える(つまり耐え難い騒音)に関しては各種法律や条例で制限されています。 受忍限度とは定性的には「社会生活を営む上で、我慢するべき限度」のことです。 逆に言えば受忍限度を超えていない騒音に関しては我慢しなくてはならないということを示しています。 受忍限度を超える騒音 受忍限度の例として例えば横浜市の「生活環境の保全などに関する条例」では下記のように騒音の規制基準が設けられています。 例えば「第一種低層住宅専用地域」では午前8時から6時までの時間帯における基準は50db、午後11時から午前6時までの時間帯における基準は40dbとなっています。 40dbとは一般的に図書館の館内の騒音値と言われています。 つまり、夜の時間帯においては図書館よりもうるさければ耐え難い(我慢しがたい)騒音、すなわち受忍限度を超えている可能性が高いと判断することが出来ます。 引用元- アパートの騒音被害で警察を呼ぶ時は証拠を集めておこう! 音や映像で残す 携帯電話でも簡単に映像が残せるようになりましたので、記録自体は難しくないと思います。 しかし、記録した物では実際に聞こえている騒音より小さく聞こえる可能性もありますので、映像の中に比較となる物を入れると効果的でしょう。 比較の仕方として、テレビの音量を映す事が比較的簡単です。 テレビの音量はテレビ画面に表示されますので、聞こえてくる隣人の音とテレビの音の大きさから、おおよその見当はつくと思います。 時間を残す 普段では我慢できる大きさであっても、深夜では我慢できないケースは多々あります。 そんな時は映像と一緒に時計を映すなど、その時の時間を確認できるようにすると良いでしょう。 また、騒音が長く続く時などはメモを残しておくだけでも問題はないでしょう。 騒音計を使う 騒音計を用意できるのであれば、証言により説得性が増すでしょう。 騒音計とは、『音の大きさを騒音レベルとして数値化する装置』です。 騒音レベルの目安としては、掃除機やキータイプの音は『うるさい』と言われる70dB(デシベル)。 図書館の音量で40dBとされています。 なお、深夜では40dB程度でもうるさいと感じる事が多いようです。 引用元- アパートの騒音被害に警察は不介入? ネット上で騒音問題について調べると、「警察は民事不介入の姿勢を崩さずに何もしてくれない」という記載が多いです。 僕も経験しました。 でも、同じ警察署でも担当部署によっては対応が異なることも経験しました。 5月19日には東京都で騒音トラブルが原因で1階に住む70代男性が上の階の50代男性を拳銃で射殺するという事件がおきましたが、殺人に至らないまでも騒音が原因で刑事事件に発展するケースも少なからず発生していますので、騒音トラブルに対する警察の態度も更に変わっていくと思います。 民事不介入は変わらなくても、刑事事件が起きかねない場合には介入する余地が十分にあります。 検索に検索を重ねてこの記事に辿り着いた方、心中お察しします。 警察に相談しようと考えても、ネット上に 「警察は何もしてくれない。 」 という意見が余りにも多くて絶望されたかも知れませんが、必ずしもそうではありませんし、また現在そうであっても状況は変わり得ると思いますので、希望を捨てずに相談してみてください。 引用元- 実際にアパートの騒音被害で警察が出動したケース 騒音で警察に相談したことがあります。 私はマンション住人、騒音の発生源はマンション向かいの戸建て住宅です。 その家はうちのマンションから数十メートル離れていますが、幾度となくその騒音は発生しました。 高校生の息子さんのエレキギターです。 その日は窓全開、音量最大級。 部屋の中で上半身裸でギターを引くバカ息子。 その音はちょっとやそっとの騒音ではありませんでした。 大音響、という表現がまさにぴったりの状態でした。 で、警察を呼んだのですが警察が来たときにはもう、自己陶酔の世界は終わっていました。 警察は何もせずに帰ってしまい、その後も大音響の自己陶酔を何度か聞かされるはめに。 引用元- 騒音主は大学生でした。 朝早くから大音量の音楽。 真夜中の重低音。 騒音主は一階下だったので、音が直にうちの部屋に! サラウンド状態でした。 初めは手紙を書いて、それも下手に優しく丁寧に時間帯を 考えて欲しいと書いたのですが。。。 何通か書いたのですが 全く改善されず、仕事のストレスと 当時の気の強さが出てしまい、かなり脅し気味の手紙を 書いてしまったのですが、それでもダメだったので、 管理人に電話で何回も注意してもらいましたが、ダメでした。 なので警察に通報しました。 トータル2回。 来てくれましたよ、2回とも注意して頂きました。 引用元- アパートの騒音被害で警察を呼ぶのは最終手段! 警察を呼ぶ前にに一度できることを考える 警察を呼ぶことは決して悪いことではありません。 警察の方は騒音による通報に慣れていますし、守秘義務もしっかり守ってくれるので、逆恨みされる心配もありません。 しかし、もし他に何かできることがあるのなら勇気を持って行動をしてみましょう。 相手も自分が出している音がうるさく思われていると気づいていないかもしれません。 騒音対策の定番としては「管理人に連絡をする」「手紙などの書類をポストに入れる、貼り付ける」「管理人に連絡する」などあります。 私の場合、一度直接文句を言いに行きました。 「夜も遅いのでなるべく静かにしてください」と直接インターホンを鳴らして言いました。 しかし、軽くあしらわれた上、みんなで大爆笑。 その後も収まる気配が無かったため、やむなく警察を呼びました。 *直接文句を言った後、その日に警察を呼ぶと誰が警察を呼んだかがわかってしまうため、注意しましょう。 1kに2人暮らしだったりと色々?です。 喚き声や騒音で同じアパートの人が気の毒です。 — BONBON Gilkuma どこの警察も一緒なんだなぁ。。 怖いな。 東4ホールセ30a epftcz 昨日深夜の隣アパートからの騒音のせいで、朝からブルー。 警察が注意に来ても動じないって凄いわ 苦笑 — 空 kobayashisora となりのアパートの103号室ついに警察来たよ。 騒音で。 — かすい ver 1. 2 zyenerarukill.

次の

マンションの騒音問題で警察を呼ぶ裏技

マンション 騒音 警察

現在のマンションに引っ越して約3ヶ月程たったんですが、引っ越して一週間で管理会社から深夜に爆音で音楽やTVの音が聞こえるとのクレームがあったんですが身に覚えはありますかと電話連絡があり、引っ越してからほぼTVをつけていない事、時々PCでYouTubeを見る程度で、音量も30%程度で小さい音でしかPCも使っていない旨を説明しました。 その管理会社からの連絡があった更に一週間後、夜中の3時にいきなり玄関のチャイムが鳴り、50代とみられるすっぴんの女性がドアの外に立っていました。 夜中3時の見知らぬ50代女性の訪問者。 不気味なのでインターフォンで姿は確認しましたが、その時は居留守を使って玄関には出ませんでした。 ひとり暮らし歴10年以上で、物件もアパート・マンション合わせて4軒住んできましたが、騒音のクレームをつけられた事は今までに一度もなく驚いてしまって、元々家でTVを見ない人ですし、たまにPCでYouTube動画を見る程度でも昼夜問わず凄くビクビクして生活するようになりました。 今のマンションというのが、家賃の安い激安物件で築30年以上の古いおんぼろマンションです。 家賃が激安という事もあり、玄関のドアを閉めても機密性が低くすきま風や虫も入ってきてしまうような物件で、正直家賃の安さからいっても「それなり」の物件で高い防音を求められるような建物ではありません・・。 実際私も生活していて、お隣が掃除機をかける音や上下階のお部屋でブラインドを上げ下げする音、お隣のイビキなど、こちら側が無音の状態でいると聞こえてくる音はたくさんありますが、「それなり」の激安おんぼろマンションですし、まぁ聞こえるよねーという感じです。 私はその点理解してここに住んでいますが、お隣の女性は私の生活音全てが耐えられないのだとおもいますが、家でTVやPCも音の出る物を使うと「爆音で見ている、うるさい」とすぐにクレームをつけられます・・。 今まで他の物件で騒音クレームを受けた事はありませんでしたが、ここに引っ越して管理会社を通して騒音クレームを数回聞いてからは、洗濯機・ドライヤー・玄関の戸の開け閉め等ビクビク気を使って生活しています。 引越しから最初の一ヶ月で数回お隣さんが私の部屋がうるさいと管理会社にクレームを入れた後は、約1ヶ月半とくに何の連絡もなく過ごしていましたが、今日の夜中にいきなり警察が部屋に来ました。 その時私はもう寝る前で、もう部屋の電気も消してPCでYouTubeを見ているだけでした。 (PCの音量は30%、動画自体もかなり音は小さくして見ていました) 警察官は2人来て、「ちょっとTVの音やドアの開け閉めの音がうるさいと110番がきたので~・・ちょっと確認のために来たんです・・」と申し訳なさそうな感じで言われ、私ももうパジャマで寝る前の格好でいきなりの事でびっくりしていて、とりあえず名前と生年月日と電話番号だけ聞かれて、「もしかしたらここのお部屋からではないかもしれないんですが、部屋番号も指定しての110番だったので、一応来てみただけなのですが、そういう連絡があったという事だけ頭にいれていただいて~・・」と1~2分ですぐ帰って行きました。 部屋番号を指定して という事からも、私は何度も管理会社にクレームを入れたお隣のおばさんだろうなと思っています。 ですが、元々TVも見ない、時々PCでYouTubeを小さい音で見るだけの生活で、110番されはっきり言ってこれ以上もっとビクビクした生活・無音の生活を送るのは無理です。 夜の時間帯は音に気をつけるという常識はもちろんわかっていますし、正直このレベルの音量で110番するのはお隣が異常だと思うくらい、小さい音しか室内で鳴らしていません。 ドアの開け閉めの音がうるさいから110番・・そんなに強くドアを閉めたりしていません・・。 この場合、私は今後も何度も通報されなければならないのでしょうか? お隣に対し、どう対応していけばよいのでしょうか 補足 管理会社から初回の騒音クレームの連絡を受けた時は、「常識の範囲内で生活してますしTVもほとんど見ませんが、もっと音には気をつけますね」と答えましたが、その次からの騒音の連絡には「あれから更に音に気を使って生活しているし、大音量や爆音で何か音を出したりしていません」とハッキリ管理会社には伝えました。 おそらく、隣人のおばさんもそのように管理会社から説明を受け、管理会社に自分の言い分が通らないと思って今度は警察に110番したのでは・・と今日になって思うようになりました。 警察署に今日電話で確認してみたんですが、今後も同じような内容で110番されてしまうようならば、警官にその都度、そういった爆音での生活はしていない旨を説明してもらえれば、以後同一人物からの110番が続いた時にその内容をお話しますとは言われましたが・・正直我慢合戦で、お隣のおばさんが引っ越すか私がストレスで引っ越すかになりそうですね。 泣 今の自分の状況に近く、コメントさせて頂きます。 わかりやすいよう、こちらの状況も詳しく書きたいのですが、全て書こうとするとかなり長くなるので一つ思ったことを…。 ナイス: 2 引っ越して来て初めの頃だったら、騒音?騒音なのかな?でも、気を付けるか〜って思うけど。 それからも、何回も管理会社からからクレームが来たりして、今回みたいに警察まで来たら。 何なん!と思うので、騒音には注意するけど、別にお隣さんにビクビクしながらなんて生活する気はないので普通に生活して、また、管理会社からクレームが来たら。 悪いけど、私が出しているのが、クレームを付けるくらいの騒音なのか?証拠は?と言いますね。 それと、役所によるそれが騒音になるものなのかの判定で、役所からのこれは騒音になりますと言う判定の文章を持って来るように。 こっちも何回もクレームを付けられて、精神的に苦痛を受けてんの!さらには、騒音が酷いと警察が部屋まで来てんの! 証拠も、何回もクレームを付けるくらいな酷い騒音だと言う役所の判定もないなら、こっちにも考えがあると言って下さいと言う。 ナイス: 0 騒音トラブルは人によっても感じ方が違うし、そのうち感情的になり事件に発展する場合もあり、非常に難しい問題です。 住宅地の場合、日中は55dB以下、夜間は45dBという基準が一応設けられています(環境省) テレビをあまり観ないと言うようですが、そのPCから出ている音がどれくらいか分かりませんが、さほど出ていないんでしょうね……。 たぶん隣人はかなり神経質な方だと思います。 念の為、1週間ほど窮屈ですがイヤホンで生活してみてはどうでしょう? それでその間に苦情が入れば抗弁はできます。 または音量をモニタリングして数値化して管理会社などに提出して反論してみるのもいいかもしれません。 しかし、いずれにしても肩身の狭い生活を強いられるくらいなら気力体力ともに滅入ってしまうので、生活環境(引越し)変えてみるのもひとつの策かもしれません。 ナイス: 1.

次の