バレンシアガ。 【バレンシアガ】 服の建築家 クリストバル・バレンシアガ

バレンシアガ(BALENCIAGA)中古通販|「質」の大黒屋(公式)

バレンシアガ

1 バレンシアガは1914年にスペイン人のデザイナーによって設立されたファッションブランドであり、設立から既に100年を経過している老舗人気ブランドです。 バレンシアガでは主に女性用のアパレルを中心に、靴やバッグなどのレザーアイテムやアクセサリーなどのラインナップがあります。 日本では大きめのバッグが働く女性を中心に支持を集めています。 特にスタッズなどを付けた比較的カジュアルなアイテムはコーディネートのしやすさから幅広い年代から人気をえています。 靴やバッグなどのレザーグッズ以外にも、宝飾品や時計、香水、ボディローションなどの商品も展開されています。 大黒屋の公式通販サイトではバレンシアガのバッグや財布などを新品から中古品まで多数取り揃えています。 ザ・シティ、パドロックラインなど人気のラインも数多くご用意しております。 取り扱われているバレンシアガのアイテムは大黒屋の鑑定スタッフが責任を持って鑑定しておりますので、安心してご購入ください。 大黒屋は1947年に質屋として創業した老舗の中古ブランド品取り扱い業者です。 関東、関西、中部、九州に実店舗を営業しております。 大黒屋ではバレンシアをはじめ、中古ブランド商品を多数取り扱っております。 ぜひ大黒屋公式通販サイトでのショッピングをお楽しみください。

次の

【バレンシアガ】 バレンシアガの歴史①「モード界の革命」

バレンシアガ

概要 [ ] 1914年創業。 当初はに本店を構えたが、1930年代にの影響でパリに本店を移転し、それ以来を本拠地としている。 20世紀前半の界では「クチュール界の建築家」と評され、1950年代にはと肩を並べる名門に成長した。 1970年代に一度倒産の危機を迎えるが、その後復活。 1998年からグループに属し、を本拠地とする流通会社(元Pinault-Printemps-Redoute)、2013年以降ケリンググループの所有となっている。 婦人服を中心に、靴・バッグなどのレザーグッズ、宝飾品・時計、香水・ボディローションなどの商品を展開している。 非対称な5角形の断面をもつ香水ボトルや、スタッズ装飾のあるバッグ・財布などがブランドアイコンとされる。 、、等を股にかけたの ()が上顧客で知られ、現在のデザインにもインスピレーションを与えている。 ・などと並び、女優のスナップ写真でよく見かけられるのひとつである。 現在のデザイナーは。 の後任として2015年秋冬コレクションからクリエイティブチームの指揮を執っている。 歴史 [ ] 創業初期• 1914年 - クリストバル・バレンシアガの手により、クチュールハウスとしてスペインに創業。 1930年代 - パリに移転。 1968年 - クリストバル死去。 1998年 - に買収される。 ニコラ・ゲスキエールがチーフデザイナーに就任。 2000年代以降• 2010年 - ニコラ就任後初めて香水シリーズの新作が登場。 香水シリーズの新作は、これ以降、年に1回のペースで発表されている。 2011年 - グッチ・グループが解散し、PPRラグジュアリー・グループの保有会社となる。 2013年 - 新たなデザイナーにアレキサンダー・ワンが就任。 また、傘下企業となる。 2015年 - が新任アーティスティックディレクターに就任。 日本での展開 [ ] 日本法人であるバレンシアガ・ジャパンは2006年設立。 それまで本ブランド製品の輸入販売を主に担ってきたリステアグループと、グッチグループの出資によって設立され、2008年以降全株式をグッチグループ、のちにPPRへの統合を経て、2013年6月の企業組織改編後はケリングジャパンが保有している。 ファッションアイテム(服・バッグ・小物・宝飾品など)のほとんどを日本法人が取り扱っているが、セレクトショップへ流通している商品も数多い。 サングラス・メガネフレーム類はヴィジョナイズ、香水・コスメなどの商品はブルーベル・ジャパンおよびコティ・プレステージ・ジャパンが取り扱っている。 長らく一部のデパートのみの出店で路面店はなかったが、2014年に日本初の路面店・旗艦店として青山店がオープンしている。 2019年には有楽町阪急メンズ(リニューアル)や新宿伊勢丹などに大規模な売り場ができ店舗は増えている。 日本では、中央部にジッパーポケットを配置し、その下と下側の2角にベルトをスタッズで固定したルックスのバッグ・財布などが有名で、20代~30代の女性を中心に人気を集めている。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

Chevron

バレンシアガ

伝説的なブランドとまで言われるバレンシアガ(BALENCIAGA)。 その歴史はどのように現代まで続いてきたのか? 時代を追いながら迫ってみたいと思います。 世界を魅了したバレンシアガのスタイル バレンシアガの設立は、1919年にクリストフ・バレンシアガがスペインのサン・セバスチャンに最初の店を開いたことから始まります。 この最初の店舗からすでにスペイン王家の御用達となるほどバレンシアガの名声は高まっていました。 1933年にはマドリードに、そして1935年にはバルセロナに店をオープンし、スペインに3店舗を構えるまでになります。 しかし、戦争によって店舗は閉鎖、パリに移り、ジョルジュ・サンク通りに店を開き、初のパリ・コレクションを開いたのが大きな転機になったのです。 元々スペイン時代からバレンシアガの名声というのは広まってはいましたが、このコレクションによってパリのバイヤーから一気に注目を浴び、ファッション業界で大きな話題を呼んだのです。 パリの店舗をオープンした翌年にはスペインの店も再開したのですが、店舗を閉めていた数ヶ月の間にもバレンシアガの名声は全く衰えることはなく、それどころか逆に上がっているくらいでした。 1946年には、最初の香水である「ル・ディス(Le Dix)」を発表します。 これは最初のアトリエの住所がジョルジュ・サンク・アベニュー10番地であったことから名付けられました。 香水に関してもオートクチュールコレクションと同様に高い評価を獲得します。 翌年にはクリスチャン・ディオールがを発表します。 ディオールのニュールックは世の中に一大センセーションを巻き起こすほどになりましたが、そんな中でもバレンシアガの名声を脅かすことはありませんでした。 というのもディオール自身がバレンシアガを崇拝し、「われわれ全員の師」と呼んだほどで、ニュールックでさえもバレンシアガのシンプルで簡潔な構成がその前身にあったのです。 1960年代に入ると他の追随をゆるさない高い技術は芸術の域に入り、モードの世界でバレンシアガに並ぶものはいないといほどになります。 クレージュ、エマニュエル・ウンガロ、フレデリック・カステットといった人物もバレンシアガの元で育っていきました。 支柱を失いブランドの価値は地に落ちる (最後にデザインしたエールフランス航空の制服) しかし、時代の流れというものは残酷です。 1968年、フランス5月革命が起こった年、バレンシアガはもはや贅沢や優雅というものに居場所がないということを実感し、この年のコレクションが彼の最後のコレクションとなりました。 さすがにこの時すでに74歳になっており、「プレタポルテを始めるには年をとりすぎた」という名言を残し、オートクチュールから引退しました。 そして、スペインの3店舗と他の店も全て閉鎖することになります。 このバレンシアガの閉鎖というのは、ファッション業界で「モードが完全に変わる」と言われるほどとても大きなインパクトのあるものでした。 その後1972年にクリストバル・バレンシアガはスペインのハベアでその生涯を閉じることになります。 「クチュール界の建築家」とも呼ばれ、「全てを1人でこなすことのできる唯一のクチュリエ」であったクリストバル・バレンシアガの引退によって、バレンシアガというブランドは倒産の危機に追い込まれます。 バレンシアガの死後はジャック・ボガートによって所有されることになり、1986年までは香水ブランドとして存続し、プレタポルテが1987年にスタートすることになりました。 1992年からジョセフュス・メルキオール・ティミスター(Josephus Melchior Thimister)がデザイナーとなりましたが、あまり評判はよくなくバレンシアガは勝手の栄光から完全に凋落していったのです。 こんな状態を救ったのが若き天才デザイナーでした。

次の