ドコモ光 安くなる。 【光回線の料金が安くなりますよ】電話勧誘に騙されてはダメ!!悪質詐欺業者の勧誘のうまい断り方について

ドコモの料金を少しでも安くする方法

ドコモ光 安くなる

ドコモ光の月額料金は なにもオプションを付けなければ戸建て5,200円、マンション4,000円です。 光電話 500円 を契約する人が多いので、ナンバーディスプレイ 400円 のオプションをつけて、月々の支払いが下記の金額ならドコモ光の適正な料金です。 ドコモ光の適正料金 戸建て 6,100円 マンション 4,900円 ひかりTVなどを契約すれば、もう少し高くなりますが、ネット+電話だけの契約なのに、 上記の金額をオーバーしているような場合は、間違いなく不要なオプションに加入しています。 納得いったうえで付けているオプションなら良いですが、不要なもの、意味が分からないものはすべて解約しましょう。 【光電話も不要なら思い切って外そう!】 ドコモ光の場合、auひかりやソフトバンク光と違い、 光電話を契約しなくてもスマホとのセット割が使えます。 今の時代、固定電話の必要性も薄れてきているので、不要な人は光電話も付けなくて良いでしょう。 この記事では余計な支払いをしないための、料金プランの選び方から、初期費用、その他雑費(周辺機器の設置など)を出来るだけ少なくする方法を一挙にまとめています。 ドコモ光はプランや、オプションが複雑に組み合わさっているので、この記事を読んで、必要最低限の契約で快適にネットを使えるようにして下さいね。 この記事の目次• 通信速度は十分に残しつつ、最安の料金で契約できる組み合わせをご紹介していきます。 1基本料金 ドコモ光の基本料金はタイプAとタイプBがあります。 タイプAとタイプBでは選べるプロバイダーが違います。 それぞれの基本料金と選べるプロバイダーの一覧です。 ドコモ光の基本料金(プロバイダー料込み) タイプA 戸建て:5,200円 マンション:4,000円 タイプB 戸建て:5,400円 マンション:4,200円 タイプAのプロバイダー タイプBのプロバイダー 1. 2プロバイダーの選び方 プロバイダーは料金が安いタイプAから選びましょう。 料金が高いからといって、タイプBのプロバイダーが優れているわけではありません。 タイプAだけで、19社もプロバイダーがあるので何を基準に選択すればいいのか迷うと思います。 そこで おすすめの選び方は、「通信品質」と「キャンペーン」で選ぶことです。 タイプAで通信速度が速いプロバイダー2社 タイプAの中で通信品質が優れているのは、v6プラス対応の「 GMOとくとくBB」かv6オプション対応の「 BIGLOBE」です。 この2社は通信速度が他に比べて速いです。 ドコモ光の回線契約が1Gbpsであれば、常に100Mbps~300Mbps程度の安定した高速通信が可能です。 逆に、それ以外のプロバイダーだと、夜間帯に1Mbps~20Mbpsしか出ないことがよくあります。 キャンペーンが最も良いプロバイダー 次に、キャンペーンが一番良いプロバイダーを選びましょう。 一番キャンペーンの条件が良いのは「 GMOとくとくBB」です。 GMOとくとくBBのキャンペーンを紹介します。 地域限定dポイントプレゼント 対象エリア 関西エリア 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、和歌山県、奈良県 東海エリア 静岡県、愛知県、岐阜県、三重県 九州エリア 福岡県、佐賀県、熊本県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県 中国エリア 広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県 四国エリア 香川県、愛媛県、高知県、徳島県 GMOとくとくBBのキャンペーンでは、現金キャッシュバックや15,000円相当の高機能ルーターの無料レンタルなど、他社窓口で申し込んでは手に入らない特典が付いています。 なので、契約条件としても最も良い窓口です。 速度・キャンペーンの2つを満たすのは「GMOとくとくBB」のみ これまで紹介した点をまとめると… ドコモ光で最もおすすめなプロバイダーは 「タイプAで基本料金が安い」、「v6プラスで通信速度が速い」、「キャンペーンでお得」すべての条件を満たしたGMOとくとくBBです。 実際に最近はGMOとくとくBBを利用している方が非常に増えている状況です。 申し込む場合は、GMOのキャンペーンサイトを利用することを忘れないようにしておきましょう。 ドコモ光の最新キャンペーンについてより詳しく知りたい方は「」の記事を確認してみてくださいね。 3適用される割引 ネットとスマホをまとめると、ドコモ光パックでスマホ料金が安くなります。 ドコモスマホを使っている場合は、他社の光回線を使うよりも、ドコモ光にしたほうがスマホとトータルコストが安くなります。 たとえば、ビッグローブ光は4,980円 戸建 なので、ドコモ光の5,200円より220円安いです。 ドコモ光パックを計算に入れると、一番安い割引額だったとしても-500円なので、スマホとまとめるとドコモ光が4,700円と同じことになるので、ビッグローブ光よりも280円お得になります。 ドコモ光パックの料金割引については、記事後半で詳しくご紹介します。 4初期費用 ドコモ光を開通するにあたり、最初に必要な費用について説明します。 1初期工事費 開通には工事費がかかります。 工事パターンによって下記のように料金が異なります。 2事務手数料 事務手数料はどのような開通パターンでも一律3,000円です。 転用で工事無しでも発生します。 3他社回線の解約金(乗り換えの場合) ドコモ光へ乗り換え時に他社回線を解約しますが、解約違約金が発生する場合があります。 ドコモ光では他社解約違約金を還元してくれるようなキャンペーンが無いので、これらの料金が初期費用としてかかることに注意しましょう。 解約違約金は会社ごとに違うので一例を挙げます。 主要な光回線の解約料金 フレッツ光 ドコモ光に乗り換える場合は解約気なし ソフトバンク光 2年更新プラン:9,500円 5年更新プラン:15,000円 auひかり ギガ得:9,500円 ずっとギガ得:15,000円 マンションお得プランA:7,000円 マンション標準プラン:なし OCN光 11,000円 ドコモと同じNTT系列会社のフレッツ光からの乗り換えは「転用」手続きを使えば解約違約金は発生しません。 5ドコモ光の解約料金 将来、ドコモ光を解約するときに発生する解約費用についても説明します。 解約時に発生する費用には解約違約金と工事費分割払いの残高があります。 ドコモ光の契約期間は2年です。 2年経過すると自動で更新されます。 この更新のタイミングで解約すれば解約違約金が発生しませんが、それ以外の月に解約すると違約金が発生します。 具体的なタイミングは、契約満了月の翌月と翌々月に解約すれば解約違約金は発生しません。 2年更新なので、24ヶ月目が契約満了月になり、翌月25カ月目と翌々月26カ月目は解約違約金がかからない月です。 以降49カ月目、50カ月目、73カ月目、74カ月目…となります。 それと、 解約時に工事料金分割払いの残債がある場合は、解約の翌月に一括で請求されます。 ドコモ光の工事料金分割払いは60回なので、5年以内の解約だと工事料金分割払いの残債がある状態です。 6オプションサービス ドコモ光には様々なオプションがありますが、ほとんど不要だと思われます。 オプションを付けると月々の料金が高くなってしまうので要らないものは解約しましょう。 1光パックの割引金額 ドコモ光パックは、ドコモ携帯・スマホ1回線のみペア回線として登録し割引が受けられます。 ドコモ光の場合は、セット割の適用に関してオプション加入条件などはありません。 (auひかりやソフトバンク光は、光電話オプション(月500円)をつけるのがセット割の条件) ドコモ光とドコモをセットで契約すればOKです。 割引金額は下記の通りです。 1人向けデータパックの場合・・・ データパックの場合の割引金額 データSパック 2GB パケット定額料:3,500円 光パックの割引金額:-500円 最大1年間のみ データMパック 5GB パケット定額料:5,000円 光パックの割引金額:-800円 ウルトラデータLパック 20GB パケット定額料:6,000円 光パックの割引金額:-900円 ウルトラデータLLパック 30GB パケット定額料:8,000円 光パックの割引金額:-1,100円 家族で使うシェアパックの場合… シェアパックの場合の割引金額 シェアパック5 5GB パケット定額料:6,500円 光パックの割引金額:-800円 シェアパック10 10GB パケット定額料:9,500円 光パックの割引金額:-1,200円 シェアパック15 15GB パケット定額料:12,500円 光パックの割引金額:-1,800円 ウルトラシェアパック30 30GB パケット定額料:13,500円 光パックの割引金額:-2,000円 ウルトラシェアパック50 50GB パケット定額料:16,000円 光パックの割引金額 戸建ての場合:-2,500円 マンションの場合:-2,400円 ウルトラシェアパック100 100GB パケット定額料:25,000円 光パックの割引金額 戸建ての場合:-3,200円 マンションの場合:-3,000円 2. 2併用できるスマホ割引 光パック以外にも、「ずっとドコモ割」が併用して適用されるとさらに安くなります。 ずっとドコモ割は、契約期間に応じて割引額が増えるサービスです。 自動で適用されるので、特に申し込み等は不要です。 1シェアパック シェアパックとは、ドコモのデータ量を家族内で分け合うことができるプランです。 1人向けデータパックとシェアパックの月額料金を比較すると、シェアパックのほうが安いことが分かります。 光パックの割引額もデータMパックが-800円、シェアパック15が-1,800円です。 そのため 光パックを適用させる場合も、シェアパックで契約した回線をドコモ光のペア回線として登録したほうがお得なのです。 2その他割引 ドコモ携帯・スマホのその他の割引サービスは以下の通りです。 1料金比較 ドコモ光以外に人気の回線、フレッツ光やauひかりと料金を比べてみます。 契約回線は1Gbpsで比較します。 フレッツ光はプロバイダーで料金が変わってしまうので、もっともシェア率の高いプロバイダーOCNで比較します。 3回線ともWi-Fiルーター込みの料金です ドコモ光はGMOとくとくBBの無料Wi-Fiルーター、auひかりはauスマートバリュー適用で無料。 その他の料金割引 ドコモ光 戸建:5,200円 マンション:4,000円 セット割に必要なオプション:なし auひかり 戸建:5,200円 マンション:4,050円 セット割に必要なオプション:光電話(500円) 更新ありがとうポイント 戸建て(西日本):5,260円 マンション(西日本):4,090円戸建て(東日本):5,800円 マンション(東日本):4,250円セット割無し 基本的にフレッツ光の料金は高いので選択肢から外して良いでしょう。 ドコモ光とauひかりの料金はおおよそ同じですが、 スマホとのセット割を利用するためのオプションが無い分ドコモ光が安いです。 まとめ ドコモ光は、光電話を付けなくてもセット割が使えるので、ドコモスマホを利用かつ光電話が要らない家庭におすすめします。 いずれにしても家族内でドコモスマホの利用人数が多い場合はドコモ光にしたほうがドコモ光パックで安くなります。 たとえば、5人家族でウルトラシェアパック50に入れば毎月2,500円の割引になるので、年間3万円の節約になります。 このように光パックを計算に入れると他社回線と比べても断然安くなるのです。 プロバイダーは。 「速度」「料金」「申込み特典」の3点を考慮して、GMOとくとくBBをに選ぶこと、そしてキャンペーンサイトから申し込みをすることをおすすめします。 他社を使うと、IPv6プラスが使えず、速度が遅くなります。 さらに契約特典だけで10,000円近く損することになるので、気を付けましょう。

次の

ドコモ光に乗り換える場合の固定電話はどうなるの!?光電話で料金は安くなる?

ドコモ光 安くなる

インターネット接続にドコモ光を検討している人もいることでしょう。 ドコモ光ですがドコモの携帯電話を契約している人は携帯電話でもメリットがあるので利用を検討している人もいることでしょう。 ドコモは地方でも電波状況が良く人気の回線です。 ドコモのエリアについては国内最大級で過疎地でも安心して利用できます。 ドコモ光ですが料金についてはどうなのでしょうか?他社より高いのか、それともメリットがあるのか?その点も気になるところです。 ドコモの携帯を持っている人はとりあえずドコモ光にしようといった人いることでしょう。 これは悪くありませんがコスト的には本当にお得なのでしょうか?通信費については毎月のことなので最小限で済むよう調べることが大事です。 また速度にこだわるなら光回線ですが、そこまでこだわらずひとまずインターネットが利用できればいいといったユーザーはポケットWIFIも悪くないかと思います。 ポケットWIFIは外出先はもちろん自宅でも利用できます。 普通にインターネットができればいいといったレベルであればポケットWIFIでも十分な速度を楽しめます。 それはさておきここではドコモ光の料金について検証していきたいと思います。 他のキャリア系auひかりやソフトバンク光と料金を比較 携帯電話についてはドコモやソフトバンク、AUなどのキャリアを使っている人が多いことでしょう。 携帯電話についても欠かせないアイテムです。 最近は携帯電話と合わせてインターネット契約するユーザーが増えています。 携帯電話合わせたインターネットとなるとAUを利用している人であればAU光、ソフトバンクを利用している人ならソフトバンク光、ドコモを利用している人ならドコモ光となります。 これらの料金はどのくらいなのでしょうか? ・ドコモ光 戸建てタイプ 5200円 マンションタイプ 4000円 ・AU光 戸建てタイプ 5100円 マンションタイプ 3800円 他のキャリア系auひかりやソフトバンク光と料金を比較 戸建てタイプ 5200円 マンションタイプ 3800円 このように若干差はありますがそこまで大きな差とはなっていません。 また携帯電話とともに契約するとセット割などもありお得になっています。 それであれば他社で契約するよりも自分が今利用している携帯会社を利用することで料金面でもお得になるケースが多々ある可能性があります。 通信費については毎月かかる固定料金の1つであり料金についてもかかって当然と思っている人も多いことでしょう。 確かにそうなのですが毎月かかるものだからこそ料金を見直すことが大事なのです。 毎月200円高い料金を払い続けていると年間で2400円の損となります。 そうしたことを考えると節約できる部分は節約するよう工夫することが大事です。 ドコモ光ですがAU光やソフトバンク光と比較するとそこまで料金が高いわけではありませんが、若干割高となっていることがわかります。 多少の差ですがこれも一応覚えておきましょう。 ここでポイントとなるのがドコモユーザーであればドコモの携帯と合わせてどのくらい安くなるか?といった点です。 また通信費を本気で下げたい人はドコモをやめて格安SIMに乗り換えるといった手もあります。 通信費については利用エリアにもよりますがやり方によっては半額近くなるなど経費はかなり違ってくるのでコストを考えてみるといいでしょう。 インターネット接続を選ぶ際はどこにしようか迷う人もいればとりあえず身近なものに加入しようといった人もいることでしょう。 例えばドコモ光ならドコモユーザーであれば請求書を1本にすることもできますし、何かと融通が利くイメージを持っていることでしょう。 いくつかの会社に分けるよりも1本化する方がわかりやすいといった理由もあるかと思います。 このように選択するには自分のやりやすい方法ということが前提になっていることも少なくありません。 ドコモ光についてはそこまで安く、また非常におすすめの回線というわけではないというのが結論です。 価格もそこそこ、性能もそこそこといったところでしょうか。 関東、関西、東海ならばNURO光を契約するのも手段 光回線についてはさまざまな会社から提供されています。 特に最近は光コラボレーションを手掛ける企業が増えており、インターネット接続業者の数は爆発的に増えました。 また契約にあたり代理店を利用している人も多いことでしょう。 代理店の利用はキャッシュバック率が高いことから人気となっています。 代理店や光コラボレーション業者などあまりにも会社の数が多くてどこで契約すればいいのかわからないといったユーザーが非常に多いのも現実です。 5社から1社を選ぶのと500社から1社を選ぶのとではまるで違う話になるわけで、これは当然のことです。 とは言え、どこかのインターネット接続会社と契約をしたいといった人は多いかと思います。 インターネットは自宅でも必須アイテムです。 家族みんなでタブレットやスマホ、パソコンを利用している家庭も多いことでしょう。 そうなると当然ながら複数人で利用できる高速回線を選択する人が多いことでしょう。 人数が多いと回線に負荷もかかりますし、速度が速い回線を利用したいというのは当然のことです。 そこでおすすめしたいのがNURO光です。 NURO光は今、インターネット上でも話題沸騰中の回線です。 提供ですがソニーグループが手掛けています。 NTTやAU、ドコモと比較するとネームバリューが弱いイメージを受けるかもしれません。 とはいえ世界のソニーです。 技術的にも申し分ありません。 NURO光がなぜおすすめか?というと 最速2ギガほど出るためです。 他社の場合、最速1ギガとなっており光回線でもNURO光は倍の速度となっています。 高速速度を求めるユーザーにとって最適な回線となっています。 しかもNURO光は低価格提供でも有名です。 低価格でサポート体制についても定評があります。 さらに日本最速の回線であり、これにしない手はないというわけです。 NURO光ですが関東を中心にエリア展開しています。 その他のエリアの人も評判を聞いて「早く開通しないかな」と心待ちにしているユーザーも多いことでしょう。 しかしなかなか開通せずいまだに利用できるのは関東周辺のエリアのみとなっています。 NURO光はダークファイバーを利用している回線です。 つまり未使用の光ファイバーが必要となります。 そうなると通常は使用ずみの光ファイバーを利用しているわけであり、未使用のものとなると経費もかかりますし対策も必要です。 設備面でそれなりの準備が必要となるわけです。 関東についてはユーザー数も多く、加入者が増えれば費用回収も心配ないのですがユーザーの絶対数が少ないエリアだとNURO光の場合費用回収が進まないケースもあります。 NURO光はユーザーが求める一流回線である一方、設備投資の面からなかなか関東以外にエリア拡大が進んでいないのが現状です。 しかしいよいよ2018年はエリア拡大が始まります!エリアの拡大ですが関西、東海のエリアに進出します。 エリアが該当するところはNURO光への乗り換えを検討するのも良いでしょう。 2018年にさらにエリア拡大し、ユーザー数が増えることが見込まれています。 北海道や東北、九州などのエリアではNURO光のエリア拡大が待ち遠しいところですね。 ADSLとフレッツについては2023年にサービス終了のアナウンスが流されています。 時代とともに回線の状況も変化します。 タイミングを見計らって乗り換えを検討してみるといいでしょう。 タイミングですが更新月がおすすめです。 まずは更新月を確認してみましょう。 自分で覚えていない人はサポートセンターに確認するのが1番です。 更新月といつまでに解約を申し出ればいいのか、その2点を確認しましょう。 解約ですが違約金などもかかります。 これが更新月であればかかりません。 費用面でもメリットがあるのでぜひ確認してみることをおすすめします。 NURO光についてよくわからないユーザーはインターネットの口コミをあわせて調べてみるといいでしょう。 利用ユーザーの満足度が伝わってくると思います。 他の回線と比較してもおすすめの回線です。 そうですね。 いよいよNURO光もエリア拡大になります。 関西や東海のユーザーはぜひ加入を検討してみるといいでしょう。 評判もいいですし高速回線を自宅で気軽に楽しめることでしょう。 ドコモ光など光コラボについて 光コラボに興味がある人も多いことでしょう。 フレッツ光などを比較すると料金も安くお得なプランが盛りだくさんです。 ドコモだけではなくAUやソフトバンクなどもそうした商品を打ち出しています。 ソフトバンクであればソフトバンク光です。 こちらも人気商品です。 タブレットやパソコンなど複数台所有している人もいることでしょう。 家族で利用するとなるとさらに台数は増えることと思います。 携帯電話などは外でも利用しますし、自宅以外でも通信料金はかかるかと思います。 料金については毎月のことなので少しでも低コストになるよう工夫したいところです。 シェアパックなども良いでしょう。 光回線についてもうまく利用したいところです。 NURO光については国内最速2ギガを誇る回線となっており、人気沸騰中です。 早い速度を求めるユーザーにとってこんな素晴らしい回線はなかなかないかと思います。 更新月に更新されないのであればNURO光への乗り換えを検討するのも良いでしょう。 ドコモなどではセット割についても実施しています。 パケットプランなども家族全体で見直してみるといいでしょう。 光回線料金比較など便利なサイトもあるのでこちらの利用もおすすめです。 スマホセット割なども活用したいところです。 特に複数台契約している家庭ではスマホ複数台の料金を見直すことができるかもしれません。 複数台スマホとなると月額もけっこうな料金になるかと思います。 大手携帯キャリアを利用しているユーザーはお得な格安SIMを検討するのも1つの手段です。 各社の評判についても要チェックです。 評判は気になるところです。 やはり評判がいいところは利用についても良いといった声が多いですし、良くないところは不満が多いです。 契約時には工事費などもかかります。 割引になっているかどうか?も確認しましょう。 利用者に向けてプラン紹介やキャンペーンを盛んに実施しているケースも少なくありません。 auひかりについても人気のプランです。 こちらも光コラボレーション商品となっています。 料金を確認して利用を検討するのも良いでしょう。 ソフトバンクでもお得な月額料金となっています。 ソフトバンクユーザーも必見です。 料金比較ですが価格コムなどでもわかりやすく解説しています。 いくつかの情報サイトを見た上で検討するといいでしょう。 料金についてはまちまちですが今後さらにクオリティが上がって料金が下がる傾向は続くことが予想されます。 ユーザーにとってもこれはうれしい話ですね。 ドコモのスマホを使っている人もNUROやauひかり、ソフトバンク光を使った方が安い? インターネット接続はどこの会社を利用したらいいのか?といった悩みを抱えている人は実に多く迷っているユーザーも少なくありません。 何しろフレッツ光などNTTの回線や電力系回線、ケーブルテレビさらに最近では光コラボレーションもあり、利用できる回線の選択がさらに広がっています。 もう何が何だかわからないといった声が多いほどです。 ここまで多数の回線があると選ぶ側もわからないですし、正直案内する側もどれを案内するのがベストか迷いが生じるほどです。 それぞれメリットデメリットがありますし、コストで選ぶか品質重視にするかも迷うところです。 はっきりしているのが業界人ですら迷うといったことです。 またキャンペーンなども時期によって異なりますし、キャンペーンを基準に選ぶのも悪くはありません。 最近多くみられる傾向として携帯電話とインターネット接続の割引を活用したいといったものです。 例えばドコモユーザーならドコモの携帯と連携しているインターネット接続を利用すれば携帯の料金が安くなるなどメリットがあります。 AUやソフトバンクでも同じことをしており、AUならAUひかり、ソフトバンクならソフトバンク光を利用することによってさらに料金プランが安くなることも多く大変お得です。 その他格安SIMの利用の場合もインターネット接続に提携している業者がある場合、割引の対象となりさらに格安で利用できるようになっています。 このように 携帯+インターネット接続でさらにお得に利用できるというわけです。 ドコモのユーザーであればドコモ光がお得となるわけですがドコモ光についてはそこまでお得感がないので他社を使うのも悪くはありません。 例えばNURO光です。 NURO光は回線利用が安い料金でさらに2ギガと国内最速となっています。 NURO光を利用したいユーザーはNURO光にしてみるのもおすすめです。 NURO光が提供されているエリアであれば個人的にダントツNURO光が良いかと思います。 料金の安さもさることながら、評判がとても良くユーザーからも好評だからです。 例えばオンラインゲームを楽しみたいユーザーにもおすすめです。 オンラインゲームは速度はもちろん、PING値も重要です。 この2つを見事にクリアし夜間も快適に利用できるのがNURO光です。 夜間はユーザーのアクセスが集中する時間帯で利用者が増えるのが特徴です。 利用者が増えると当然ながらインターネットの接続が混雑してつながりにくくなります。 光回線と接続しているプロバイダに付加がかかりプロバイダのサーバー側で処理しきれなくなって、速度が低下するといった現象が起きます。 プロバイダの設備などでもこの状況は左右されるわけですが、NURO光については他社よりも強力な設備投資をしており、まさしくプロバイダとしても最強と言えます。 このようにメリットが高いことからNURO光はおすすめの回線なのです。 他の光コラボレーションですが、大手でもプロバイダの都合で夜間規制やオンラインゲームの規制がかけられているところがけっこうあることやプロバイダの設備の関係で速度が遅くなりがちなどデメリットも多く、そんな中でもNURO光は速度も安定しており、評判もうなぎのぼりです。 そんなNURO光なので関東でのユーザー数拡大はもちろんですが、他のエリアでもエリア拡大を望む声が後を絶たない状況でした。 しかしNURO光は設備投資に費用がかかることもありなかなかエリア拡大は実現しない状況でした。 ようやく2018年に東海や関西でエリアでようやく開通します。 東海や関西でエリアの人で現在ドコモの携帯を利用している人はドコモ光からNURO光への乗り換えを検討するのもおすすめです。 またソフトバンク光やAU光についても話題になっています。 ドコモ光よりソフトバンク光やAU光を利用した方が良いのか?と考えている方もいますが、こちらについては料金を見て検討するといいでしょう。 特にいいといった評判や悪いといった評判は耳にしないのでそれこそドコモ光と同レベルで利用できることが予想されます。 速度やコストの面でもNURO光は特化していますが、その他についてはどこを利用しても同じというのが定評です。 料金についてはそれぞれなので比較してみるしかないですね。 あとは内容ですね。 ドコモ光の料金が安くない、高い理由の背景を考える インターネット接続は自宅でも欠かせないといったユーザーも多いことでしょう。 自宅でも光回線をひいている家庭は珍しくない時代です。 むしろインターネットなしで生活している人を探す方が大変な時代ではないでしょうか。 インターネット接続ですが最近ではスマホとの利用でさらに安く利用できるプランも出ています。 例えばソフトバンクの携帯をお持ちの方なら、ソフトバンク光を利用することでさらに割引があります。 AUをお持ちの方なら、AU光を利用することでメリットがあるというわけです。 そうした事情からソフトバンク光やAU光に乗り換えるユーザーが増えています。 ではドコモの場合ドコモ光となるわけですが、ドコモ光については「あまり安くない」といった声が上がっているようです。 なぜドコモ光は他社と比べてお得感がないのでしょうか? ドコモ光を利用する場合、 ドコモ割りが適用になるかどうか?といったところがキーポイントです。 ドコモ割りですが、5年以上ドコモを利用しているかどうか?が1つのポイントとなります。 まずはこの条件に自分があてはまるか確認してみましょう。 ドコモ割りですが利用年数によって割引率がさらにかわります。 つまりドコモを長く利用しているユーザーなら割引のメリットがあるわけですが、そうではないユーザーだとさほどメリットはあるとは言えないのがドコモ光の特徴です。 ドコモについては地方は特に電波状況がよく、逆にドコモでないと利用できないといった場所もあります。 このようにインフラは最強ですが料金については強気で安いとは言えない状況です。 その点も踏まえて携帯とインターネットの利用を見直すのも1つの手段です。 以前は明らかにドコモとAU、ソフトバンクの電波などクオリティの差がありましたが最近は他社のクオリティが上がっておりそんなに差はありません。 特にインターネット接続はNTTの光回線を借りた状態で利用しており、条件は一緒です。 NTTやドコモにも共通して言えますが、商品の価格を下げてユーザーを獲得するといったやり方はしないのが会社の方針なのかもしれません。 それこそネームバリューである程度のユーザーが確保できますし、価格を下げることで品質価値を下げたくないといった狙いがあるのかもしれません。 その辺の事情はわかりませんが、基本的にドコモやNTTは料金値下げはそんなにないと考えて間違いありません。 老舗ですし設備投資もしっかりしているので商品提供も自信を持っているんだと思います。 NTTやドコモと聞くと安心感があるといったユーザーも多いでしょうしね。 インターネット回線の割引について 今やインターネット回線はどこもかしこも「割引」や「キャッシュバック」の文字が散乱しています。 あまりにも情報が多いですし、どこを利用すればいいのかわからなくなるユーザーも多いことでしょう。 いわゆる本家と言われる公式の企業と代理店企業が入り混じっており、もはや区別も難しくなっています。 特に〇〇〇の代理店と聞くと本家の〇〇〇の方だと思ってしまう人も多いほどです。 これは確かに紛らわしく、区別がつきにくいのはもっともな話です。 各社による割引ですが引き続き過酷な競争が繰り広げられています。 どういった競争が繰り広げられているのでしょうか。 プロバイダについては光コラボレーションの場合、セットになっています。 光回線とプロバイダが最初からセットになっており、利用についてもしやすいのではないでしょうか。 従来の契約だとNTTの光回線とどこかのプロバイダと契約することになり、2社との契約で初めてインターネット接続ができる状況でした。 それが光コラボレーションの場合、セットになっており1本化した形で契約できます。 そうなると当然請求も1本化され、整理が進むというわけです。 シェアパックなどのついても人気です。 こちらもチェックしてみるといいでしょう。 キャンペーンですがインターネット接続とあわせてスマホがセットになっているケースもあります。 スマホやソフトバンクやドコモ、AU、格安携帯など実にさまざまです。 工事費などもキャンペーンを実施しているときがあります。 できればこの時期を狙いたいところです。 フレッツからの乗り換えなどは工事費がかからないといったケースもありますし、さまざまです。 時期と内容をよく見てみましょう。 ポイントですが各社でルールがあります。 さらにクレジットカードで支払いをするとクレジットカードのポイントも加算されるのでお得です。 こちらについても可能性を吟味してみましょう。 キャッシュバックですが公式サイトよりも代理店の方が特典が豊富なケースが多いです。 このケースについても注目したいところですね。 プロバイダーについては違約金の対象になることもあります。 光回線の契約とともにプロバイダーの利用期間についても調べてみましょう。 月額料金はauひかりの場合、AUの携帯電話とセットだとさらにお得になります。 セットで利用できるかどうか?も考えてみるといいでしょう。 ドコモの場合は、ドコモ光とセットだとお得ではありますが、違う回線も調べてみるといいでしょう。 ネットはプランもまちまちで契約についてもいくつかあります。 複数の契約の中でもっともお得なものを利用するといいでしょう。 家族利用など人数がいる場合、速度についても考慮する必要があります。 複数人での利用や複数の機器の利用なら光回線の利用がおすすめです。 割引についても家族だとさらにお得になるケースがあります。 ソフトバンクの家族割もそうしたものの1つです。 格安SIMについては「声が聞こえにくい」といった話も耳にしますが、料金がお得なのでその他の面で利用を考えるのも良いでしょう。 音声通話が主体の人は不便さを感じるかもしれませんが、ラインやインターネットがメインなら格安SIMは上手に利用したい時代です。 格安SIMに興味がある人は現状の携帯を持ちつつ、利用を検討するのも悪くありません。 知識についてはインターネットの情報でも十分です。 良い情報が多いので読んでみるといいでしょう。 他社と比較して差を理解するとメリットもわかりやすいかと思います。 乗り換えや比較ですが理由についは人それぞれです。 興味本位で乗り換えするユーザーも多いですし、コスト重視で乗り換えるユーザーもいます。 状況にあわせて判断すると良いでしょう。 他の商品についても調べていくとよさがわかってきます。 違いについても把握した上で検討しましょう。 リサーチは大変かもしれませんが2年間くらいは利用することになるのでこの機会に調べてみるといいでしょう。 調べていくとけっこうおもしろい点もわかってくると思います。 ドコモ光は安いとは言えない ドコモ光ですがドコモの携帯を長期で利用している人はドコモ割りが適用になります。 こちらが適用になればある程度料金は安くなるものの、実際はあまりお得とは言えない状況です。 ドコモ光はソフトバンクユーザー向けのソフトバンク光やAU光に比べてお得度が低く、メリットはそこまで高くありません。 回線についてもドコモだからいいのかというとそういうわけではなく、ソフトバンク光やAU光とあまり変わらないクオリティだと考えてよいでしょう。 インターネット回線を選ぶ場合、自分の好みや料金、オプションなどさまざまな理由があると思います。 ドコモにそこまでこだわらないのであればドコモ光以外の回線を選ぶのもおすすめです。

次の

【保存版】ドコモの月額料金を安くするための4つの方法を解説

ドコモ光 安くなる

でも嘘や詐欺まがいの勧誘はダメですよね。 ブロードバンドサポートはNTTグループではない ブロードバンドサポートやブロードバンドナビなどの会社はNTTの商品を売っていることはあってもNTTの関連会社ではないので注意してください。 ただNTT(及びKDDIなど)の商品、サービスを販売しているだけの会社です。 いきなり電話してくる会社はすべて無視して大丈夫です。 乗り換えて安くなるは本当? 光コラボの勧誘電話の多くは、フレッツ光からコラボ光に乗り換えることで値段が安くなる、という内容ですが 実際に安くなることはあまりありません。 何故ならフレッツ光が他社に比べて特別高いわけではないので単に他社回線に乗り換えてもそこまで下げることはできないからです。 そもそも光コラボレーションに限っては回線業者がフレッツを購入して再販しているわけですから極端に安く提供できるわけがありませんよね… むしろ、乗り換えることで料金が高くなったり、フレッツ光への解約手数料などが発生して余計なお金を払うことになったりすることがあります。 ただし、フレッツ光から乗り換えることで スマホセット割が適用される場合は月額料金が大幅に安くなります。 auユーザーがauひかりに加入するのも同じだね。 安くなるケースはスマホセット割 スマホセット割とは大手携帯電話会社が実施しているサービスで、 スマホとインターネットの両方を同じ会社でまとめて契約することで月額料金が安くなるというものです。 スマホセット割はドコモが提供している、ソフトバンクが提供している、auが提供している等があります。 例えば現在ドコモのスマホを利用している場合はフレッツ光から ドコモ光に転用すると「セット割」が適用されます。 セット割ならプランにもよりますがスマホの 月額料金が最大で3,200円も安くなります。 このように、光コラボはスマホとのセット割引を含めて初めてお得になります。 勧誘電話などでよく言う 「乗り換えるだけで安くなる」というのは厳密には間違いで、ほとんどの場合はむしろ損をしてしまいます。 乗り換える場合は必ず本当に安くなるかどうかを調べてから検討しましょう。 勧誘電話の甘い言葉に乗せられてはいけません。 高額キャッシュバックは大半が嘘 光回線の勧誘電話ではよく 「高額のキャッシュバックが貰える」などと言われることがあります。 しかしこれは勧誘するために言っているだけで、実際にはキャッシュバックを貰うのに厳しい条件を満たさないといけなかったり、そもそもキャッシュバックを行っていないのに嘘をついていたりすることもあります。 光回線市場の約4割で使われているサービスですしね。 各事業者がそれぞれフレッツ光にはない独自のサービスを行っており、スマホセット割のようにフレッツ光から乗り換えることで実際に安くなることもあります。 注意しなければならないのは強引に加入させようとする悪徳な代理店です。 光コラボレーション自体はとても良いサービスですし、代理店の中にも優良なお店はたくさんあります。 フレッツ光から光コラボレーションに乗り換える場合は、悪徳な代理店は利用せず、しっかりとした代理店を選ぶことが大事です。 So-net光プラスは安くてお得 光コラボレーション事業者の一例として、を紹介します。 So-net光プラスはプロバイダー会社として有名なSo-netが提供している光回線で、auと提携しているためauスマホの割引、 auスマートバリューが適用できるのが特徴です。 IPv6プラスで高速通信• キャッシュバック20,000円• dポイント2,000円分• フレッツからの乗り換えは工事不要 (それ以外の乗り換えは工事費無料)• ドコモスマホ、携帯とセットで割引 ドコモ光はドコモとセットで割引される唯一の光回線です。 ドコモを利用している方は圧倒的にお得に利用出来ます。 光回線乗り換え等の電話勧誘を断るとっておきの一言(参考) ここからは代理店業者が二度と電話を掛けて来なくなるとっておきの一言を紹介します。 どこでこの番号を知ったんですか? 電話を掛けて来るということは当然あなたの電話番号を知っていて掛けています。 おそらく回線契約時に記入したはずなので顧客リストとして情報が残っているわけですが、勧誘する業者はそのリストを参照し電話しています。 なので例えばフレッツ光を契約して、NTTやその時に契約したプロバイダ会社は当然あなたの電話番号を知っているわけです。 が、以外の身に覚えのない業者からの電話だったらその業者はどこからか知らないけど顧客リストを不当に入手しています。 これは本当によくあることです。 つまり電話主は違法行為を行っているわけなんですね。 そこで、 「どこでこの番号を知ったんですか?」 という問いかけをされると当然相手はビビります。 違法に入手した自覚がある業者なら即電話を切って二度と掛けてくることはないでしょう。 さらにこの一言は正当に顧客情報を入手したNTTやプロバイダ会社にも効果はあります。 何故なら契約時の個人情報は 本来の目的外のことで使用することが禁じられているからです。 つまり顧客管理のためや工事の日時調整、緊急連絡等以外の 勧誘行為等で使用することは禁止されているはずです。 なので、 「入手した番号は勧誘行為に使用して良いんですかね?」 と言ってあげるとそのことを知っている人であればビビります。 「有益な情報を伝えるためです。 」 と上手い逃げ道を言ってくるかも知れないけど、「必要ありません」と返してあげれば一筋縄ではいかないと思い、すぐにあきらめるでしょう。 あなたお名前なんて言うんですか? 電話勧誘業者も電話している人はただの人間です。 特に悪質な業者は会社名しか名乗りません。 何故なら悪いことをやっている自分を知られたくないからです。 なので、 「あなたの名前はなんて言うんですか?」 と聞くとビビって切ることが多いです。 名前をフルネームで聞いて生年月日まで聞かれると、自分が特定されるのではないかと不安になります。 正当で正しい行為をしていると思っている勘違い野郎には効き目がありませんが普通の神経をしている人は、やはりどこかで後ろめたい感情があるはずです。 まあこれもまともじゃない人には効果が薄いかも知れませんが、 「いい加減にしないと警察に訴えますよ!」 と言う前にこの一言を言ってあげると効果があると思います。 まとめ ここまで光回線の電話勧誘に関して解説してきました。 基本的に電話による光回線への勧誘は悪質なことがほとんどなので、すべて断るべきです。 とくにNTTやKDDIを名乗り、光コラボレーションへの乗り換えをすすめてくる電話には注意が必要です。 そういった電話はたいてい代理店が勝手にNTTなどを名乗り、強引に勧誘しようとしているからです。 光コラボレーション自体は悪い物ではないので、乗り換えをする場合は本当に安くなるかを自分でしっかりと調べ、インターネットなどで優良な代理店を探してトラブルなどを起こさないようにしましょう。 そういった勧誘についての質問とその回答をまとめました。

次の