離乳食小松菜。 【離乳初期~後期】小松菜の離乳食レシピ 3品とポイント

小松菜の茹で方。茹で時間は何分?おひたしや離乳食に活用

離乳食小松菜

ご覧いただきありがとうございます。 このブログでは、2歳0歳の乳幼児を育てる管理人が、主にヘルシオウォーターオーブンを活用し、キッチンに立つ時間を削減しながら夕食を作る研究を記事にしています。 ちなみに、この記事を書いている現在、0歳児の離乳食を進めておる最中です。 離乳食では生後7ヵ月ころからヘルシオを活用し始め、現在は9ヶ月に入ったところです。 せっかくの機会ですから、数回に分けて、面倒くさがりな私が編み出した、ヘルシオを使った簡単な離乳作り方をいくつか紹介しています。 管理人はキッチン家電を増やさないという主義の下、ハンドブレンダーやミキサー、フードプロセッサーの類を所持しておりません。 そして、コープデリ(生協)の冷凍キューブの離乳食も多用しています。 5~6ヶ月の離乳食は、うらごしが大変なので、うらごしをしたくない私はほぼコープデリのキューブで賄いました。 特に、ハンドブレンダー等が無い御家庭であれば、葉物野菜の不可能に近いと思います。 ちなみに上の子が離乳食を食べている時は、ヘルシオ導入前です。 なので、ヘルシオを活用する離乳食づくりは今回が初めてです。 今回は、ヘルシオで蒸して作る【小松菜&ほうれん草編】です。 もくじ• ヘルシオ導入前は冷凍キューブor茹でていた ほうれん草や小松菜は、生後5か月から6ヶ月という離乳食初期にも推奨されている食材ですよね。 アレルギーになる確率も低く、ビタミンの摂取のためにも使っていきたいところです。 しかし、この葉物類のうらごしって超大変じゃないでしょうか? 実は何も知らなかった私は、果敢にも葉物のうらごしに挑んだことがあるのです。 上の子が離乳食を食べている時は、育休中で比較的手が空いているタイミングもあったので、意外にも楽しく離乳食を作っていました。 そんな時、葉物のうらごしがどんなに無理ゲーか知らず、愛用のエジソンの離乳食調理セットでうらごしを試みたのです。 エジソンの離乳食調理セットというのは、手動で離乳食を作ると決めた時に購入したのですが、これがあればほぼ何でもできるんです。 右上のオレンジ色のうらごしパーツに湯がいて刻んだほうれん草を置いて、付属のスプーンで上から押しつけてすりつぶす… できません… 1分もしないうちに断念しました。 というわけで、うらごしが必要な時期は、コープデリ(生協)の冷凍キューブを多用することで、ハンドブレンダーが無いというハンデをリカバリーしていました。 このように、冷凍で小さなキューブになって配送されます。 ちょっとだけ必要な時にも、小分けになっているので非常に便利です。 私は最初にパッケージからすべて取り出して、全部ジップロックに入れてから使っています。 同じ葉物では、小松菜とほうれん草のブレンドされたうらごしもあります。 この手の冷凍キューブ野菜は、離乳食後期になっても、スープにしたりおかゆに混ぜたり、いろいろと使い道があります。 それでも、9か月以降になると、湯がいた葉物を細かく刻んで、ジップロックに入れて冷凍して使う事もありました。 それでも結構面倒な作業ですよね。 エジソン離乳食調理セットは、ハンドブレンダー等が無くても工夫次第で月齢に合わせたサイズの離乳食を作るのに欠かせません。 また、離乳食後もそこそこ調理で使えるので、無駄にならず経済的です。 ヘルシオで蒸す葉物野菜 下の子の離乳食を進めている現在は、本当に気が向けば葉物を自宅で過熱していますが、ほぼキューブで賄っています。 というのも、ブレンダー等が無い私は、葉物を包丁で刻まなくてはいけませんので、非常に大変なんです。 なので、同じような方は、そんなに無理せず、葉物はベビーフードなども活用してもイイのではないか?と思っています。 1歳過ぎて全体に歯が生えれば、そんなに細かく刻む必要もなくなりますしね。 ヘルシオで葉物野菜を加熱する時は、角皿の上に焼き網を置いて、その上に野菜を置くというのが基本的な形です。 その時に、茎に十文字にカットを入れたほうがいいようです。 コレは小松菜を焼き網に並べたところです。 焼き網に乗せた小松菜やほうれん草はヘルシオメニューから【蒸し青野菜】を選択して調理します。 すると、ヘルシオが勝手にイイ感じで蒸してくれます。 終了後、取り出したら水に軽くさらしてアクを抜きます。 このように蒸し青野菜で蒸した小松菜やほうれん草は、胡麻和えやおひたしにしても絶品です。 アク抜き後、キッチンペーパー等で水気を絞ったら、後は月齢に合わせたサイズまで包丁で刻むのです。 もー、この作業ばかりは好きになれませんけど、やりました。 刻んだら、後はジップロックに入れて冷凍です。 このように冷凍しておけば、必要な分だけパキッと折って使えます。 過去には、リッチェルやエジソンの小分けトレイを活用して冷凍していたこともありますが、このほうが断然手間がかからず洗い物もないので、私はこのやり方で定着しました。 実際に使う時は、こんな感じで必要な分を小皿に入れて、レンジで解凍します。 左は小松菜、右は玉ねぎ あとは、おかゆに混ぜ込んでヨシ、出汁と合わせてスープにしてもヨシですね。 手作りの離乳食は、とにかく手間をかけずに作りたいんです。 例えば、大人用のみそ汁をお湯で薄めて混ぜて、赤ちゃん用のみそ汁にすることもあります。 コープデリを多用する私の離乳食 コープデリで販売されているキューブ状の冷凍うらごし野菜は、月齢では10ヶ月くらいまで使います。 それ以降は、大人の味噌汁の具を取り分けたり、とりわけ離乳食に移行していく感じです。 おかゆなどもたくさん作って冷凍しておくので、解凍する時に、冷凍うらごし野菜も一緒に解凍して混ぜ込んだりします。 この人参なんかは、スープにしたり、おかゆに混ぜたり、とにかく使います。 コレは、人参のキューブと玉ねぎとお湯を合わせて、和光堂の和風だしで味付けした、スープです。 パンとあわせて、おかゆが無い時に食べさせました。 このうらごしコーンも、おかゆに混ぜたりスープにしたり、結構使えるんです。 これも和風だしとうらごしコーンをお湯で溶いて、コーンスープを作ったところですね。 冷凍の玉ねぎなどを入れて具沢山スープにしています。 ちなみに、コープデリだと、葉物も月齢に合わせた大きさになって混ぜ込んである冷凍のおかゆも販売されています。 レトルト系の物よりおいしそうでしょ? コープデリの冷凍ベビーフードは国産の野菜が使用されていますし、産地の記載もありますので、安心して使っています。 お母さん業は離乳食以外もやることがいっぱいあるのです。 なので、離乳食にそこまで時間と労力を割けないという時は、遠慮なくベビーフード使っても大丈夫だと私は言いたいですね。 特に2人目3人目ともなれば、全部手作りなんて本当に大変な事ですよね。 もし、コープデリがお住まいのエリアの対象だったらとってもラッキーです。 私はキユーピーや和光堂のベビーフードなどもコープデリに配送してもらっています。 赤ちゃんがいると、買い物もままならないのですから、配送はとってもありがたいサービスですよね。 コープデリがお住まいのエリアの対象なのかは、下のリンクから確認してください。

次の

赤ちゃんの離乳食で切り干し大根はいつから?冷凍はできる?レシピもご紹介

離乳食小松菜

ご覧いただきありがとうございます。 このブログでは、2歳0歳の乳幼児を育てる管理人が、主にヘルシオウォーターオーブンを活用し、キッチンに立つ時間を削減しながら夕食を作る研究を記事にしています。 ちなみに、この記事を書いている現在、0歳児の離乳食を進めておる最中です。 離乳食では生後7ヵ月ころからヘルシオを活用し始め、現在は9ヶ月に入ったところです。 せっかくの機会ですから、数回に分けて、面倒くさがりな私が編み出した、ヘルシオを使った簡単な離乳作り方をいくつか紹介しています。 管理人はキッチン家電を増やさないという主義の下、ハンドブレンダーやミキサー、フードプロセッサーの類を所持しておりません。 そして、コープデリ(生協)の冷凍キューブの離乳食も多用しています。 5~6ヶ月の離乳食は、うらごしが大変なので、うらごしをしたくない私はほぼコープデリのキューブで賄いました。 特に、ハンドブレンダー等が無い御家庭であれば、葉物野菜の不可能に近いと思います。 ちなみに上の子が離乳食を食べている時は、ヘルシオ導入前です。 なので、ヘルシオを活用する離乳食づくりは今回が初めてです。 今回は、ヘルシオで蒸して作る【小松菜&ほうれん草編】です。 もくじ• ヘルシオ導入前は冷凍キューブor茹でていた ほうれん草や小松菜は、生後5か月から6ヶ月という離乳食初期にも推奨されている食材ですよね。 アレルギーになる確率も低く、ビタミンの摂取のためにも使っていきたいところです。 しかし、この葉物類のうらごしって超大変じゃないでしょうか? 実は何も知らなかった私は、果敢にも葉物のうらごしに挑んだことがあるのです。 上の子が離乳食を食べている時は、育休中で比較的手が空いているタイミングもあったので、意外にも楽しく離乳食を作っていました。 そんな時、葉物のうらごしがどんなに無理ゲーか知らず、愛用のエジソンの離乳食調理セットでうらごしを試みたのです。 エジソンの離乳食調理セットというのは、手動で離乳食を作ると決めた時に購入したのですが、これがあればほぼ何でもできるんです。 右上のオレンジ色のうらごしパーツに湯がいて刻んだほうれん草を置いて、付属のスプーンで上から押しつけてすりつぶす… できません… 1分もしないうちに断念しました。 というわけで、うらごしが必要な時期は、コープデリ(生協)の冷凍キューブを多用することで、ハンドブレンダーが無いというハンデをリカバリーしていました。 このように、冷凍で小さなキューブになって配送されます。 ちょっとだけ必要な時にも、小分けになっているので非常に便利です。 私は最初にパッケージからすべて取り出して、全部ジップロックに入れてから使っています。 同じ葉物では、小松菜とほうれん草のブレンドされたうらごしもあります。 この手の冷凍キューブ野菜は、離乳食後期になっても、スープにしたりおかゆに混ぜたり、いろいろと使い道があります。 それでも、9か月以降になると、湯がいた葉物を細かく刻んで、ジップロックに入れて冷凍して使う事もありました。 それでも結構面倒な作業ですよね。 エジソン離乳食調理セットは、ハンドブレンダー等が無くても工夫次第で月齢に合わせたサイズの離乳食を作るのに欠かせません。 また、離乳食後もそこそこ調理で使えるので、無駄にならず経済的です。 ヘルシオで蒸す葉物野菜 下の子の離乳食を進めている現在は、本当に気が向けば葉物を自宅で過熱していますが、ほぼキューブで賄っています。 というのも、ブレンダー等が無い私は、葉物を包丁で刻まなくてはいけませんので、非常に大変なんです。 なので、同じような方は、そんなに無理せず、葉物はベビーフードなども活用してもイイのではないか?と思っています。 1歳過ぎて全体に歯が生えれば、そんなに細かく刻む必要もなくなりますしね。 ヘルシオで葉物野菜を加熱する時は、角皿の上に焼き網を置いて、その上に野菜を置くというのが基本的な形です。 その時に、茎に十文字にカットを入れたほうがいいようです。 コレは小松菜を焼き網に並べたところです。 焼き網に乗せた小松菜やほうれん草はヘルシオメニューから【蒸し青野菜】を選択して調理します。 すると、ヘルシオが勝手にイイ感じで蒸してくれます。 終了後、取り出したら水に軽くさらしてアクを抜きます。 このように蒸し青野菜で蒸した小松菜やほうれん草は、胡麻和えやおひたしにしても絶品です。 アク抜き後、キッチンペーパー等で水気を絞ったら、後は月齢に合わせたサイズまで包丁で刻むのです。 もー、この作業ばかりは好きになれませんけど、やりました。 刻んだら、後はジップロックに入れて冷凍です。 このように冷凍しておけば、必要な分だけパキッと折って使えます。 過去には、リッチェルやエジソンの小分けトレイを活用して冷凍していたこともありますが、このほうが断然手間がかからず洗い物もないので、私はこのやり方で定着しました。 実際に使う時は、こんな感じで必要な分を小皿に入れて、レンジで解凍します。 左は小松菜、右は玉ねぎ あとは、おかゆに混ぜ込んでヨシ、出汁と合わせてスープにしてもヨシですね。 手作りの離乳食は、とにかく手間をかけずに作りたいんです。 例えば、大人用のみそ汁をお湯で薄めて混ぜて、赤ちゃん用のみそ汁にすることもあります。 コープデリを多用する私の離乳食 コープデリで販売されているキューブ状の冷凍うらごし野菜は、月齢では10ヶ月くらいまで使います。 それ以降は、大人の味噌汁の具を取り分けたり、とりわけ離乳食に移行していく感じです。 おかゆなどもたくさん作って冷凍しておくので、解凍する時に、冷凍うらごし野菜も一緒に解凍して混ぜ込んだりします。 この人参なんかは、スープにしたり、おかゆに混ぜたり、とにかく使います。 コレは、人参のキューブと玉ねぎとお湯を合わせて、和光堂の和風だしで味付けした、スープです。 パンとあわせて、おかゆが無い時に食べさせました。 このうらごしコーンも、おかゆに混ぜたりスープにしたり、結構使えるんです。 これも和風だしとうらごしコーンをお湯で溶いて、コーンスープを作ったところですね。 冷凍の玉ねぎなどを入れて具沢山スープにしています。 ちなみに、コープデリだと、葉物も月齢に合わせた大きさになって混ぜ込んである冷凍のおかゆも販売されています。 レトルト系の物よりおいしそうでしょ? コープデリの冷凍ベビーフードは国産の野菜が使用されていますし、産地の記載もありますので、安心して使っています。 お母さん業は離乳食以外もやることがいっぱいあるのです。 なので、離乳食にそこまで時間と労力を割けないという時は、遠慮なくベビーフード使っても大丈夫だと私は言いたいですね。 特に2人目3人目ともなれば、全部手作りなんて本当に大変な事ですよね。 もし、コープデリがお住まいのエリアの対象だったらとってもラッキーです。 私はキユーピーや和光堂のベビーフードなどもコープデリに配送してもらっています。 赤ちゃんがいると、買い物もままならないのですから、配送はとってもありがたいサービスですよね。 コープデリがお住まいのエリアの対象なのかは、下のリンクから確認してください。

次の

【離乳初期~後期】小松菜の離乳食レシピ 3品とポイント

離乳食小松菜

小松菜はいつから食べられる?葉と茎の使い方 離乳食の本などでは、 小松菜は生後5ヶ月・6ヶ月、離乳食初期から食べさせることができる食材として掲載されています。 確かにアレルギー等のリスクは低いのですが、小松菜には「葉」と「茎」があります。 赤ちゃんの発達にあわせて、食べさせる部位、食材のかたさや大きさには注意してあげましょう。 小松菜の「葉」は初期(5か月・6ヶ月)からOK!よく洗ってレンジ加熱が簡単 小松菜の葉は柔らかいので、離乳食初期から食べさせることができます。 消化機能が未熟な初期から中期にかけては下ごしらえとして必ず加熱処理しましょう。 加熱はアクが少ないので電子レンジで簡単に行えます。 小松菜を洗う時は、泥が残っている根本を中心に洗いますが、赤ちゃんに食べさせるときはいつも以上に葉もしっかり洗ってください!• 小松菜の根元に切り込みを入れ、流水でしっかり洗います。 葉と茎に切り分け, 葉をラップに包み1株分であれば電子レンジ600Wで30秒加熱します。 2を冷水に浸し、水気をしっかり切ります。 大量に作って冷凍保存するのならほうれん草同様ブレンダーが便利 初期(5か月・6ヶ月)や中期(7ヶ月・8カ月)に大量に小松菜のブレンダーを作りたいのなら、鍋で葉先の部分をまとめて茹でて、少し水に晒してからミキサーやブレンダーで適量の水とともに攪拌すると小松菜ペーストが完成します。 ほうれん草など葉物野菜は同様の方法でミキサー・ブレンダーを使えば簡単に大量のペーストができますので、冷凍ストックをまとめて作りたい人は購入を検討しても良いでしょう。 小松菜の「茎」は細かく刻めば離乳食後期(9カ月)からOK 小松菜の「茎」は、「葉」よりもクセが少ないので、味としては食べやすいのですが、やや固く、繊維質のため赤ちゃんの歯茎だけではなかなか噛み切れません。 加熱すると少し柔らかくなるので、歯茎がしっかりし始める後期以降から刻んで使うことができます。 茎の加熱方法は葉先と同様です。 小松菜を離乳食用に冷凍保存・フリージングする方法 小松菜は生のまま冷凍しても良いですし、加熱後に細かく刻んだり、ペーストにして冷凍することも可能です。 小松菜は生のまま冷凍すれば、凍ったまますり下ろすことも可能 アクが少ないのでよく洗って水気をしっかり切ったものを3~5cmの長さ切り、小分けしてラップに包んで冷凍保存できます。 解凍する際はこのままレンジで加熱しても良いですが、凍ったまますり下ろし、ペーストにすることもできます。 また、茎も同じように冷凍保存できます。 2週間を目安に使いましょう。 小松菜は加熱後に冷凍する場合は、細かく刻むか葉先を裏ごしする 加熱したものはしっかりと水気を切って小分けして冷凍できます。 葉先をすりつぶしたり、裏ごししたものはジップ付きの保存袋に薄くのばして入れて冷凍します。 使う時は必要分を割って電子レンジで再加熱し、加熱済みの場合も2週間程度で使い切るようにします。 赤ちゃんにもママにも嬉しい小松菜の栄養素 小松菜には、赤ちゃんにもママにも嬉しい栄養素がいっぱいです。 彩りも良いので、初期から積極的に使いましょう。 牛乳に匹敵!骨のもとになるカルシウム 小松菜には赤ちゃんの骨や歯の成長に欠かせない栄養素であるカルシウムがたくさん含まれています。 また、ほうれん草と比較すると、約3倍になります(注1,2)。 ほうれん草より豊富!貧血を予防する鉄分 小松菜は牛乳には含まれていない鉄分を多く含んでいるのも特徴です。 鉄分といえば「ほうれん草」というイメージもありますが、実は小松菜の鉄分含有量は、ほうれん草を上回っているんです!(注1,注3) 生後9ヶ月を過ぎ、離乳食後期になると、赤ちゃんは鉄欠乏性貧血の心配がでてきます。 貧血予防のために、離乳食では積極的に鉄分を補給してあげましょう。 ビタミンAが不足すると、皮膚や粘膜が乾燥して細菌やウィルスに対する抵抗力が弱まってしまう恐れがあります。 赤ちゃんを元気に成長させるために常に補給しておきたい栄養素です。 風邪予防にも!免疫力を高めるビタミンC 免疫力を高め鉄分の吸収を促進するビタミンCも小松菜には多く含まれています。 植物に含まれる鉄分は動物性の鉄分に比べて体内吸収率が低いのですが、ビタミンCを一緒に摂取することで吸収力を高めることができます。 生後6ヶ月を過ぎると赤ちゃんはママからもらった免疫が減り始め、体調を崩しやすくなります。 ビタミンCを補い、赤ちゃん自身の免疫力を高めてあげましょう。 離乳食初期(生後5ヶ月・6ヶ月)の小松菜レシピ 離乳食初期は、柔らかい葉先だけを使ったペーストにします。 使う小松菜によっては青臭ささが残り赤ちゃんが嫌がることがあります。 そのようなときは、お湯の代わりに昆布だしや調乳済みミルクを使って臭みを軽減させましょう。 出汁やミルクでのばせば完成!小松菜ペースト 材料:加熱した小松菜 5g お湯 小さじ1• 小松菜は細かく刻みます。 すり鉢に1を入れ、すりつぶしながらお湯でのばします。 小松菜ペーストはおかゆやバナナと混ぜてもおいしい! 出汁や粉ミルクで伸ばした小松菜ペーストは、おかゆに混ぜて「和風小松菜がゆ」「ミルク風小松菜がゆ」にしてもOK。 玉ねぎやじゃがいもなど、初期から使える他の野菜と混ぜても問題ありません。 小松菜ペーストとバナナを混ぜると、甘味があり、赤ちゃんもきっと喜んでくれます。 栄養価も高いので初期から使って小松菜の味に慣れさせておきましょう。 離乳食中期(生後7ヶ月・8カ月)の小松菜レシピ 生後7ヶ月・8カ月の離乳食中期も、初期に引き続き、葉先を加熱したものを使います。 小松菜はすりつぶしたものから、徐々に細かく刻んだものにしていき、他の食材と組み合わせます。 赤ちゃんがやや飲み込みづらそうにしているときは、 水溶き片栗粉でとろみをつけてあげても良いでしょう。 小松菜は加熱して刻みます。 耐熱容器に絹ごし豆腐を入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ600Wで20秒加熱します。 1と2を混ぜ合せます。 中期は消化に良いたんぱく質食材と組み合わせるのがオススメ 小松菜にあまり含まれていないたんぱく質の食材と組み合わせるのがおすすめです。 カレイやタラといった白身魚• しらす• 豆腐・納豆• 鶏肉(脂身は除く) 離乳食中期は味付けの必要はない 中期は調味料を使わず、小松菜の味やたんぱく質食材の旨味を活かして赤ちゃんの味覚を育ててあげましょう。 離乳食後期(生後9ヶ月~11ヶ月)の小松菜レシピ 後期になると小松菜の茎の部分も細かく刻んで使うことができます。 また、アクが少ない小松菜はそのまま刻んで加熱調理することもできます。 離乳食後期(9カ月以降)の「葉」のかたさ目安 離乳食後期(9カ月以降)の「茎」のかたさ目安 ご紹介する、「うどんおやき」は糖質・たんぱく質・ビタミン・ミネラルを含むので栄養価の高い一品です。 つかみ食べの練習や、持ち歩きの軽食にもピッタリですし、うどんをおかゆに変えてもOKです。 小松菜は細かく刻みます。 うどんは熱湯をかけて塩分を落とし小さく刻みます。 ボウルに小松菜、うどん、卵をいれて混ぜ合わせます。 テフロン加工したフライパンに薄くサラダ油を敷き、3を赤ちゃんの一口大に流し入れ、弱火で両面をしっかり焼きます。 食物アレルギーを持つ0歳児の6割、1歳児の4割以上が卵アレルギーという調査もあります。 卵そのものは、アレルギー体質でないのなら離乳食を開始して1~2ヶ月経過した生後7ヶ月、8か月ごろ、心配な場合は9ヶ月からでもよく、焦る必要はありません。 はじめて使用する際には、まずは卵を固ゆでし、黄身の部分を少量与えます。 徐々に量を増やし、卵黄にアレルギーがないことが確認できてから、固ゆでした少量の卵白を与えます。 問題のないようなら最後にしっかりと火が通った全卵を再び少しずつ与えください。 後期は鉄分豊富なたんぱく質食材と組み合わせるのがオススメ 後期になるとたんぱく質食材として、• 豚や牛の赤身(脂身を除く) などが使えるようなります。 これらの食材には鉄分が多く含まれるので、特に後期になると不足してくる鉄分補給につながります。 後期におすすめの小松菜の味付け・取り分けのコツ 小松菜に含まれるビタミンAは油脂によって体内への吸収力が高まります。 後期からは油脂も少量使えるようになるので、サラダ油などを少量使った炒め料理もお勧めです。 また、大人のおひたしから取り分けをして、細かく切り、しょうゆを少しつけて赤ちゃん用のおひたしにすることができます。 同じ料理を赤ちゃんとママが一緒に食べることは食育の一つになります。 おいしい小松菜の選び方 スーパーで1年中、購入可能な小松菜。 おいしく、新鮮な小松菜を選ぶポイントをご紹介します。 小松菜の旬は冬から早春にかけて 旬は冬から春先にかけてです。 寒さに耐えるために、葉に厚みがあり、甘みが増してます。 しかし、ハウス栽培も盛んなので、年中手に入れることが可能です。 葉に厚みがあり、ピンと伸びているものが新鮮 葉が緑色で厚みがあり、ピンとしているものは新鮮で甘みが強い証拠です。 また、茎が太くしっかりとしていて、長すぎず白っぽくないものを選びましょう。 冷蔵庫で保存する場合は、根本を下にして立てる 小松菜はいたみやすく1~2日程度でしなびていきます。 冷蔵庫に入れる場合は根元を下にして立てて、早めに使いましょう。 離乳食はもちろん、小松菜は家族みんなに嬉しい効果あり! 小松菜は手に入りやすく、栄養豊富で下ごしらえがとても簡単な食材です。 ちょっと緑色が足りないなという時にいろんな料理に加えれば、彩りだけでなく栄養バランスUPにも役立ちます。 小松菜は産後のママにとって必要な鉄分、骨粗しょう症予防のためのカルシウム、高血圧を予防するカリウムも含まれます。 離乳食だけでなく、日々の食卓にも小松菜を使い、赤ちゃんと一緒に家族みんなの健康につなげていきましょう。

次の