菅原 一 秀。 年齢確認

菅原 秀(東北楽天ゴールデンイーグルス)

菅原 一 秀

週刊文春 「保育園落ちた」ブログ問題の国会質疑で「匿名だよ、匿名」とヤジを飛ばし注目を集めた自民党の菅原一秀(すがわらいっしゅう)議員。 その菅原一秀議員が、2015年に国会をズル休みし、愛人とハワイ旅行に行っていたことが週刊文春によって明らかにされました。 菅原一秀ってどんな人? 菅原 一秀(すがわら いっしゅう) 生年月日 1962年1月7日(54歳) 出生地 東京都練馬区 出身校 早稲田大学社会科学部、政治経済学部 前職 日商岩井 所属政党 自由民主党 自民党議員の菅原一秀(すがわらいっしゅう)は、現職の議員であり、過去に財務副大臣を務めていたことも。 元々野球少年だった菅原一秀は、早稲田大学進学後に「全日本ディスコダンス選手権」に参加。 そして、当時ダンスユニットを組んでいたのが、TRFのSAMだったことは有名な話で、自民党チャリティーライブでSAMとのダンスを披露していました。 まあなんとも、SAMと比べると見てられるレベルではありませんが、確かにダンスをやっていたということは分かります。 興味のある方は動画もアップされています。 愛人"A子"さんからズル休みを暴露される 「バレないように飛行機は別々で、現地で落ち合いました。 連日ゴルフ三昧で、4泊6日で四ラウンドもしていた。 副大臣なのに、自由に旅行して大丈夫なのかと心配する女性に、『嘘を申請したから大丈夫』と語っていたそうです」 A子さんの知人 週刊文春 菅原一秀は週刊文春の取材に対し、ハワイに行ったことは認めたが、ハワイに同行した愛人"A子さん"とハワイでゴルフ三昧だったことは否定。 一方、愛人のA子さんはというと、「ハワイでは連日早朝からゴルフをして、寝る前までほとんど一緒だった」と答えているとのこと。 さらに、当時のメールのやり取りを公開しているなど、菅原一秀の弱みを確実に握っていそうな今回の事案。 菅原一秀はひとまず強気に出ているようですが、今後の展開を期待したいものです。 ネット上では「自民舐めすぎ」の声 ジミン、ちょっと国民ナメ過ぎ。 どないしたら、これだけモラハラ議員集められるのか。 呆れるのを通り越して素朴に疑問。 自民党のイメージダウンはいつまで続くのでしょうか。

次の

“保育園ヤジ議員”菅原一秀ってどんな人?文春に国会ズル休み⇒愛人とハワイ旅行をバラされる。

菅原 一 秀

経歴 プロ入り前 時代はサッカー部に所属していたが、股関節の怪我を機に、への進学後から野球に転向した。 への進学後は、2年時の秋からベンチ入りを果たすと、3年時の夏にエースとして選手権福井大会に出場。 準決勝で擁するを破る と、との決勝では、延長11回13奪三振の力投でチームを優勝に導いた。 その後のでは、との開幕戦に登板。 9回を投げて10奪三振2失点という内容で勝利した。 との2回戦では、2回を投げたが8与四死球7失点の乱調で、チームも敗れた。 この大会では、通算で2試合に登板。 通算投球イニングは11回で、12奪三振、防御率6. 55を記録した。 への進学後は、1年時からの秋季リーグ戦に登板。 4年時には、春季リーグ戦に先発で活躍した。 続く秋季リーグ戦では、5勝0敗、防御率2. 06という好成績でMVPと最優秀投手のタイトルを獲得し、チームのリーグ優勝に貢献。 では、のらとの投げ合いで2試合の登板で18回を投げて30奪三振を記録する とともに、チームを出場に導いた。 明治神宮大会では、との初戦に先発で9回2失点と好投するが、チームは延長の末に敗れた。 で、から4巡目で指名。 契約金4,000万円、年俸800万円(金額は推定)という条件で入団した。 背番号は 45。 楽天時代 、同期入団の・と共に開幕一軍入り。 4月2日の(、開幕カード第3戦)では救援で公式戦デビューを果たした。 7回裏の登板で場内が盛り上がっていたため、場内アナウンスで名前を紹介されないハプニングに見舞われたが、1イニングを無失点に抑えた。 5月4日のオリックス戦()では、5回表2死満塁で登板、を3球で凡退させて降板したが、チームが後に勝ち越し、公式戦初勝利を挙げた。 6月2日の対戦()では8回裏2死1・2塁からNPB一軍公式戦史上15人目(公式戦では史上9人目)の1イニング3暴投で2点を献上した。 6月上旬までは全て救援で防御率は2点台の後半と、チームの首位独走に貢献していたが、同月中旬以降は不調で一軍と二軍を往復。 10月は一軍で迎えたが、チームのレギュラーシーズン3位で臨んだでは登板の機会がなかった。 シーズンを通して、一軍公式戦29試合に登板。 1勝1ホールド、防御率は5. 02だった。 公式戦では、13試合の登板で1勝1セーブ、防御率1. 54をマーク。 シーズンの終了後には、でのに、NPBイースタン選抜の一員として出場 、ウインターリーグでは先発にも挑戦し、翌年から先発へ転向するプランも浮上した。 、前年に続いて、レギュラーシーズンの開幕を一軍を迎え、ロングリリーフを中心に登板を重ねた。 4月には防御率を3点台にとどめていたが、5月に入ってから制球が定まらず、17日に出場選手登録を抹消。 9月に一軍へ復帰したが、シーズンを通じて勝敗は付かず、防御率も7. 33に達した。 、3年連続で開幕一軍入りを果たしたが、救援で1試合に登板しただけで、4月11日に出場選手登録を抹消。 6月25日の対戦()で一軍に復帰し、一軍公式戦における先発デビューを果たした。 の先発が予告されていた7月15日の対オリックス戦()では、塩見が試合前の練習中に腰の張りを訴えて登板を回避したことを受けて試合開始の1時間前に先発を告げられ、オリックス側の承諾を得たうえで登板した。 2回裏の投球中にの打球が右膝を直撃するハプニングに見舞われたが、5回を2失点で凌ぎ、一軍公式戦での先発初勝利を挙げた。 8月3日の対ロッテ戦(楽天生命パーク)では、勝敗はつかなかったが、一軍公式戦では自己最長の6回を投げ、無失点と好投した。 レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦9試合に登板。 一軍への復帰後に登板した8試合はすべて先発で、シーズン通算防御率は4. 08であった。 詳細情報 年度別投手成績 29 0 0 0 0 1 0 0 1 1. 000 136 28. 2 33 2 17 0 1 26 5 0 17 16 5. 02 1. 74 16 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 101 23. 1 22 5 13 0 0 17 0 0 20 19 7. 33 1. 50 9 8 0 0 0 1 3 0 0. 250 160 35. 1 35 1 20 0 4 21 2 1 19 16 4. 08 1. 56 通算:3年 54 8 0 0 0 2 3 0 1. 400 397 87. 1 90 8 50 0 5 64 7 1 56 51 5. 26 1. 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 年 度 球 団 試 合 2017 楽天 29 4 4 1 0. 889 2018 16 3 2 0 0 1. 000 2019 9 0 5 1 0. 833 通算 54 7 11 2 0. 900• 2019年度シーズン終了時 記録 投手記録 初記録• 初登板:2017年4月2日、対3回戦()、7回裏に4番手で救援登板、1回無失点• 初奪三振:同上、7回裏にから空振り三振• 初ホールド:2017年4月21日、対4回戦()、10回裏に7番手で救援登板、2回無失点• 初先発勝利:2019年7月15日、対オリックス・バファローズ16回戦(京セラドーム大阪)、5回2失点 その他の記録• 45 (2017年 - ) 代表歴• :NPBイースタン選抜• 日刊スポーツ. 2019年12月12日閲覧。 福井新聞 2012年7月30日配信• 福井新聞 2012年7月30日配信• デイリースポーツ 2016年11月12日配信• スポーツ報知 2017年4月2日配信• 日刊スポーツ 2017年5月4日配信• 読売オンライン 2017年5月4日配信• 2017年6月2日. 2017年12月14日閲覧。 2017年11月17日. 2017年11月19日閲覧。 2017年12月22日. 2017年12月25日閲覧。 スポーツニッポン 2019年7月16日配信• スポーツニッポン 2019年8月3日配信• 2017年11月9日. 2017年12月15日時点のよりアーカイブ。 2017年12月14日閲覧。 河北新報 2017年5月16日配信.

次の

菅原前経済産業相を公職選挙法違反の疑いで刑事告発

菅原 一 秀

経歴 [編集 ] プロ入り前 [編集 ] 時代はサッカー部に所属していたが、股関節の怪我を機に、への進学後から野球に転向した。 への進学後は、2年時の秋からベンチ入りを果たすと、3年時の夏にエースとして選手権福井大会に出場。 準決勝で擁するを破る と、との決勝では、延長11回13奪三振の力投でチームを優勝に導いた。 その後のでは、との開幕戦に登板。 9回を投げて10奪三振2失点という内容で勝利した。 との2回戦では、2回を投げたが8与四死球7失点の乱調で、チームも敗れた。 この大会では、通算で2試合に登板。 通算投球イニングは11回で、12奪三振、防御率6. 55を記録した。 への進学後は、1年時からの秋季リーグ戦に登板。 4年時には、春季リーグ戦に先発で活躍した。 続く秋季リーグ戦では、5勝0敗、防御率2. 06という好成績でMVPと最優秀投手のタイトルを獲得し、チームのリーグ優勝に貢献。 では、のらとの投げ合いで2試合の登板で18回を投げて30奪三振を記録する とともに、チームを出場に導いた。 明治神宮大会では、との初戦に先発で9回2失点と好投するが、チームは延長の末に敗れた。 で、から4巡目で指名。 契約金4,000万円、年俸800万円(金額は推定)という条件で入団した。 背番号は 45。 楽天時代 [編集 ] 、同期入団の・と共に開幕一軍入り。 4月2日の(、開幕カード第3戦)では救援で公式戦デビューを果たした。 7回裏の登板で場内が盛り上がっていたため、場内アナウンスで名前を紹介されないハプニングに見舞われたが、1イニングを無失点に抑えた。 5月4日のオリックス戦()では、5回表2死満塁で登板、を3球で凡退させて降板したが、チームが後に勝ち越し、公式戦初勝利を挙げた。 6月2日の対戦()では8回裏2死1・2塁からNPB一軍公式戦史上15人目(公式戦では史上9人目)の1イニング3暴投で2点を献上した。 6月上旬までは全て救援で防御率は2点台の後半と、チームの首位独走に貢献していたが、同月中旬以降は不調で一軍と二軍を往復。 10月は一軍で迎えたが、チームのレギュラーシーズン3位で臨んだでは登板の機会がなかった。 シーズンを通して、一軍公式戦29試合に登板。 1勝1ホールド、防御率は5. 02だった。 公式戦では、13試合の登板で1勝1セーブ、防御率1. 54をマーク。 シーズンの終了後には、でのに、NPBイースタン選抜の一員として出場 、ウインターリーグでは先発にも挑戦し、翌年から先発へ転向するプランも浮上した。 、前年に続いて、レギュラーシーズンの開幕を一軍を迎え、ロングリリーフを中心に登板を重ねた。 4月には防御率を3点台にとどめていたが、5月に入ってから制球が定まらず、17日に出場選手登録を抹消。 9月に一軍へ復帰したが、シーズンを通じて勝敗は付かず、防御率も7. 33に達した。 、3年連続で開幕一軍入りを果たしたが、救援で1試合に登板しただけで、4月11日に出場選手登録を抹消。 6月25日の対戦()で一軍に復帰し、一軍公式戦における先発デビューを果たした。 の先発が予告されていた7月15日の対オリックス戦()では、塩見が試合前の練習中に腰の張りを訴えて登板を回避したことを受けて試合開始の1時間前に先発を告げられ、オリックス側の承諾を得たうえで登板した。 2回裏の投球中にの打球が右膝を直撃するハプニングに見舞われたが、5回を2失点で凌ぎ、一軍公式戦での先発初勝利を挙げた。 8月3日の対ロッテ戦(楽天生命パーク)では、勝敗はつかなかったが、一軍公式戦では自己最長の6回を投げ、無失点と好投した。 レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦9試合に登板。 一軍への復帰後に登板した8試合はすべて先発で、シーズン通算防御率は4. 08であった。 楽天への入団後はストレートとスライダーだけで勝負していたが、1年目の夏場から調子を崩したため、シーズン終了後の秋季キャンプから高校時代に駆使していたの解禁との習得に踏み切っている。 人物 [編集 ] 日常生活はだが、野球を始めた時に兄が使ってたグラブが右利き用だったことから、右投げになった。 またサインは自身の名前である「秀」を崩したものであり、普段の利き手である左で書くと崩れずしっかりとした字体となるため、サインは右で書くが日付や漢字などを書く時はペンを左手に持ち替えている。 詳細情報 [編集 ] 年度別投手成績 [編集 ] 29 0 0 0 0 1 0 0 1 1. 000 136 28. 2 33 2 17 0 1 26 5 0 17 16 5. 02 1. 74 16 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 101 23. 1 22 5 13 0 0 17 0 0 20 19 7. 33 1. 50 9 8 0 0 0 1 3 0 0. 250 160 35. 1 35 1 20 0 4 21 2 1 19 16 4. 08 1. 56 通算:3年 54 8 0 0 0 2 3 0 1. 400 397 87. 1 90 8 50 0 5 64 7 1 56 51 5. 26 1. 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 [編集 ] 年 度 球 団 試 合 2017 楽天 29 4 4 1 0. 889 2018 16 3 2 0 0 1. 000 2019 9 0 5 1 0. 833 通算 54 7 11 2 0. 900• 2019年度シーズン終了時 記録 [編集 ] 投手記録 初記録• 初登板:2017年4月2日、対3回戦()、7回裏に4番手で救援登板、1回無失点• 初奪三振:同上、7回裏にから空振り三振• 初ホールド:2017年4月21日、対4回戦()、10回裏に7番手で救援登板、2回無失点• 初先発勝利:2019年7月15日、対オリックス・バファローズ16回戦(京セラドーム大阪)、5回2失点 その他の記録• 45 (2017年 - ) 代表歴 [編集 ]• :NPBイースタン選抜 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ] []• 日刊スポーツ. 2019年12月12日閲覧。 福井新聞 2012年7月30日配信• 福井新聞 2012年7月30日配信• デイリースポーツ 2016年11月12日配信• スポーツ報知 2017年4月2日配信• 日刊スポーツ 2017年5月4日配信• 読売オンライン 2017年5月4日配信• 2017年6月2日. 2017年12月14日閲覧。 2017年11月17日. 2017年11月19日閲覧。 2017年12月22日. 2017年12月25日閲覧。 スポーツニッポン 2019年7月16日配信• スポーツニッポン 2019年8月3日配信• 2017年11月9日. 2017年12月15日時点のよりアーカイブ。 2017年12月14日閲覧。 河北新報 2017年5月16日配信 外部リンク [編集 ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、.

次の