エタノール で 作る 消毒 液。 【消毒用エタノールの作り方】無水エタノールと精製水で消毒液を作る方法

無水エタノールで手指の消毒液(?)を作ろうと思ってるんですけど、水で...

エタノール で 作る 消毒 液

Contents• そもそも「エタノール」ってなに? 多くの人が「エタノール」と聞いて思い浮かべるのは、傷口などに塗布する 「消毒用のエタノール」ではないでしょうか? ですが、実は「エタノール」と一言でいっても1種類ではありません。 そもそも、エタノールというのは国際科学命名法の呼び名で、慣用名は「エチルアルコール」と呼ばれる アルコールのことです。 さて、そんなエタノールはアルコール濃度の高い順に以下の3種類があります。 無水エタノール・・・99. エタノール・・・95. 1~96. 消毒用エタノール・・・76. 9~81. つまり、 無水エタノールがもっともアルコール濃度が高いことが分かります。 ここで、勘違いしやすいのが 「消毒にも使われるアルコールの濃度が高いなら殺菌・消毒にも効果がある!」という考え方です。 残念ながら、アルコール濃度が高いはずの無水エタノールでは、一部の特殊なウイルスを除いて私達のまわりにいる菌やウイルスを殺菌・消毒することができません。 そもそも、最もアルコール濃度が低いエタノールに「消毒用」と書かれている点からみても、分かっていただけるのではないでしょうか? 無水エタノールのメリット・デメリット そもそも、無水エタノールは水分をほぼ含まない純度の高いエタノールで、洗浄力も抜群です。 ただし、良くも悪くも、 あっという間に蒸発してしまう特徴があります。 メリット• 水拭きができない電気製品などの掃除• 1本あれば、必要に応じて精製水で薄めることで消毒用エタノールを作ることができる。 デメリット• 刺激が強い• 肌に直接付くと水分を奪う。 瞬時に蒸発するため消毒には向かない• 火気厳禁! 無水エタノールには、こういった特徴があります。 つまり、精製水と混ぜて使うエタノールは、普段私達が使用している消毒用エタノールではなく、 おそらく一般の人はほとんど使ったことがない「無水エタノール」を購入する必要があります。 それでは、ここからが本題です。 なぜ、精製水がなくなったのでしょうか? なぜ、精製水がなくなったの? 単純に、「消毒液が作れると報道されたから、多くの人が買いに走ったんだろう?」と思いますよね。 確かにそうなんですが、もう一つ情報の受け手の問題が大きく影響してしまったようです。 勘違いが多発! 無水エタノールは、そもそも一般の人が基本的には使ったことがない薬品です。 しかも、それを薄めるということは「調合する」ということです。 によれば、昭和製薬の担当者より・・・• 消毒用アルコールと精製水を間違って購入するケースが相次いでいる。 さらに、「消毒用アルコールと精製水を購入したがどうすればいいか?」とった相談がある。 こんな相談が毎日200件近くきているようです。 さらに、薬剤師が常駐していないドラッグストアなどで、 知識のない店員が消毒用エタノールと精製水を一緒に進めている可能性まで示唆されています。 他にはどんな相談があるの? エタノールを販売している昭和製薬だけで・・・• どうやって薄めたらいいか?• 店員に勧められて買ってしまったがどうすればいいか? こんな電話対応に追われているようです。 このように、どんなにテレビやネットで正しい情報を伝えていたとしても、受け取り側しだいでデマが拡散されたような状態になってしまっています。 その結果、使われない精製水が「保管」されるか、「よくわからない使い方」をされるか、「捨てられる」といった経過をたどることになります。 それでは、精製水がなくなることでなにが起こると思いますか? 精製水は命の水! そもそも、精製水は水道水を沸騰させただけではなく、水道水に含まれる塩素やミネラルなどの不純物を一切取り除いた水のことです。 そのため、もちろん飲料水としても使用できますが基本的には医療用と工業用に分けられています。 医療用:薬品の溶解水・医療用器具の洗浄水・化学分析用水・その他医療用水など。 工業用:薬品の溶解水・科学分析用水・バッテリー補充液・洗浄水・原料用水など。 さて、そんな精製水は例えば、コンタクトレンズの洗浄用の水としても有名ですよね。 ただし、場合によっては精製水が買えないと命に関わる場合もあります。 在宅医療 例えば、在宅医療を続けている患者さんの場合、吸引器(気道ケア)や人工呼吸器の加温加湿器などに精製水が使われています。 水道水でも使えるようですが、免疫力が低下しているなど そもそも感染症のリスクにさらされているため、 わざわざリスクをとる人はいないですよね・・・ 少なくとも、 「精製水は医療用だ!」と自覚する必要があります。 こんな時節ですので、買いだめしたくなる気持ちは分かりますが、医療用品の場合は特に使わない分まで買ってしまうと、命に関わる人がいることを覚えておく必要があります。 最後に これまで、「デマ情報におどらされないために!」ということで情報をお伝えしてきました。 ただ、 「正しい情報でも受け取り手によって誤情報に変えられてしまう」。 そんな一例として、今回の記事を取り上げました。 どうしても、上辺だけの情報で肝心の中身まで確認せずに、買ってしまっている現状があります。 「日本人は騙されやすい」とよく言われますが、今回のように真実の情報であっても、そもそもあやふやな状態で行動してしまっていることが多いのではないでしょうか? 最後になりましたが、「無水エタノール」と「精製水」を使って「消毒用エタノール」を作る場合はこの分量になります。

次の

無水エタノールを使った「アルコール除菌スプレー」の作り方!手指に使える消毒液!

エタノール で 作る 消毒 液

無水エタノールは引火の恐れがあるので作る時は火の側で作業しないように注意しましょう! 精製水と水道水の違い 無水エタノールで消毒液を作るには 精製水と水道水どっちでもOK。 肌につけるならできれば精製水がいいです。 私は家に精製水があったので精製水で作りました。 息子は難病で呼吸器を装着しないと生きれない 付属の加湿器に入れる精製水がどこにも売っていない 今日は朝から薬局など7店梯子してやっと2本手に入れた 消毒液作るのなら普通の水道水で薄めれば良いのでは 呼吸器の必要な患者の命に関わる精製水の買い占めとかやめて欲しい — ナーコ nakosan37 精製水と水の違いは? 精製水とは水道水を逆浸透膜( RO膜)処理した 有機物やイオン成分を除去した水です。 精製水には水道水に含まれてる塩素や 不純物がないので、主にコンタクトレンズの洗浄液や医療面で使われています。 精製水は不純物が含まれてないからいろんな手作りに使えます。 敏感肌の人が化粧水を手作りする時に• 手作りのアロマオイルを作る時に• ハッカ油スプレーを作る時に など ただ、精製水は 塩素がない分、開封したら雑菌が増えやすい面があります。 デリケートな液体ですね。 経口摂取はもちろん、皮膚からも吸収されて健康被害を生じます。 消毒用エタノール• 消毒用エタノール(IPA添加).

次の

70%エタノールで除菌!効き目の強い消毒液の作り方は?手指の正しい消毒方法は?

エタノール で 作る 消毒 液

エタノールや無水エタノールとは? 手の消毒液の作り方を紹介する前に、「エタノール」や「無水エタノール」を理解しておく必要があります。 どちらも薬局やドラッグストアに売っているものです。 普段の生活で馴染みがないもののため、詳細を理解しておきましょう。 エタノール・無水エタノールはアルコール エタノール、無水エタノール、どちらもアルコールの一種です。 エチルアルコールとも呼ばれています。 使用ニーズとしては、電子機器の拭き掃除があります。 自作パソコンを持っている方なら、家庭にエタノールまたは無水エタノールがあるはずです。 エタノールや無水エタノールが薬局に売られているのは、希釈すると消毒液として使えるためです。 通常、手を消毒する場合は、手ピカジェルなど専用のものを使います。 お店に手ピカジェルがない場合は、エタノールまた無水エタノールで代用できます。 エタノールと無水エタノールは濃度の違い エタノール、無水エタノールの違いは、アルコール濃度の違いだけです。 「無水」と名前が付いているように、無水エタノールは水を加えていません。 無水エタノールのアルコール濃度は、99. 一方でエタノールのアルコール濃度は、76. 9~81. 精密機器の清掃には無水エタノールが適しているのですが、手の消毒にはエタノールが向いています。 アルコール濃度が高すぎると、揮発性が高いため、水で薄めたものを消毒液として使うためです。 エタノールを使った手の消毒液の作り方 今回は、エタノールを使った消毒液の作り方です。 無水エタノールを使いたい場合は、アルコール濃度を調節しましょう。 調節の仕方は後で説明します。 消毒液の材料 手の消毒薬を作る材料は• エタノール• 精製水 のみです。 別途あるといいのは、抗菌に使える精油です。 香りを付けたい方はティーツリーなどを用意してください。 エタノール・精製水、どちらも薬局や薬店で買えます。 精製水を買うのが面倒なときは、水道水でも代用が可能です。 ただし水道水は不純物が混じっているため、劣化しやすいです。 長期保管したいときは、精製水を使ってください。 精製水とは、水道水やミネラルウォーターからミネラルや細菌などを取り除いたものです。 スーパーに設置されている純水と似たものですが、お店にあるものは雑菌が入りやすいため、厳密には精製水とは違います。 エタノールが薬局やドラッグストアで見つからないときは、ネットショップの利用がおすすめです。 手作りコスメ材料サイトなどで、少量のエタノールや無水エタノールを販売していることがあります。 リンク: エタノールを使った作り方 エタノールの消毒液の作り方は、消毒液で薄めるだけです。 消毒液として使えるのは、アルコール濃度70%~80%前後のときです。 アルコールの濃度が高すぎると、揮発するのがはやく、しっかり除菌できません。 無水エタノール・・・80ml• 精製水で薄めて合計100ml 合計で100mlとしているのは、エタノールと精製水を混ぜると量が変わるためです。 100mlの容器に、83mlのエタノールを入れてから、精製水を加えて合計100mlに調節しましょう。 厳密に作るのが面倒なときは、精製水をやや多めにするのがおすすめです。 エタノールや無水エタノールは、水と混ざると収縮し量が少なくなります。 計量カップで作るときは、先にエタノール83ml測ります。 エタノールに精製水を加えるときは、約17mlです。 やや多めに測ると、合計で100mlになります。 量が多少変わってもアルコール濃度が大幅に変わるわけではないため、だいたいの量でOKです。 エタノール、精製水を混ぜ合わせたら、精油を好みで加えます。 香りを付ける程度なので、数滴でも十分香りますよ。 できあがった消毒液は、手に塗り広げて使います。 消毒液は少し多めかな?と思うくらいたっぷりの量を手に付けて、指の間にもよくすりこんでください。 アルコールが高濃度で入っているため、取扱いに注意してください。 詳しい取扱い方は、日本薬局方や健栄製薬に掲載されている注意事項を確認しましょう。 リンク: リンク: 引火しやすい場所で作業しない、粘膜に使用しない、小さな子どもがいる家庭は保管場所に注意するなどの注意点です。 アルコールで手を除菌できる仕組みとは? エタノールを使った消毒液は、なぜ除菌できるのか気になりますよね。 菌を減らす働きがあるからこそ、消毒液として使うことができます。 エタノールが菌を減らす 消毒液は、手に付着した菌を減らす意味があります。 手に付着していると、手で口や目などに触れて、菌が体内に入り込んでしまうため注意が必要です。 濃度の濃いお酒に除菌効果はなし 濃度の高いお酒でも消毒液として使えるように思いますが、エタノールの濃度が高くなく、消毒液としては使えません。 消毒液の代用になるもの 消毒液がお店で手に入りにくい場合は、代用できるものを購入しましょう。 いろいろな方法を組み合わせることで、対策できます。 石鹸で手を洗う 基本の予防策は、石鹸での手洗いです。 石鹸に含まれる界面活性剤でも、同じような効果が期待できます。 エタノールの消毒液だけでは万全ではなく、手洗いしてからでないと意味がありません。 2つを併用して効果が高まります。 消毒液がなければ、石鹸での手洗いだけでもいいでしょう。 次亜塩素酸ナトリウムによる消毒液 エタノールの消毒液の代わりとして使えるのが、次亜塩素酸ナトリウムです。 いわゆるキッチンハイターと呼ばれるものです。 石鹸、エタノールと同様に、たんぱく質を分解するために使います。 キッチンハイターを水で薄めたら、ドアノブや子どものおもちゃなどを拭き取ります。 物限定です。 家庭で消毒液を使うときの注意点 家庭で消毒液を使うときは、手荒れに注意しましょう。 肌が弱い方や、小さな子どもがいる家庭では、肌に優しいものを使いたいですよね。 アルコールは手荒れしやすいため注意が必要 エタノールの消毒液は、何度も繰り返し使うと、手荒れしやすいです。 手にあるたんぱく質まで分解してしまうためです。 手荒れしやすい方は、基本は石鹸での手洗いに留めましょう。 1日1回など回数を少なくして、エタノールの消毒液を使えば、手荒れは気にならないと思います。 次亜塩素酸ナトリウムの消毒液は手に使えない 次亜塩素酸ナトリウムによる消毒液は、手に使うことができません。 手荒れしやすいため、物を拭き取るときに使ってください。 スプレー容器はアルコール対応のものを用意する エタノールの消毒液を容器に移し替えるときは、アルコール対応のスプレーを選びます。 100均で売っているスプレー容器でも、アルコール対応のものはあります。 どれがいいのか迷ったら、ガラス容器がおすすめです。 ガラスの容器であれば、容器の変質を防げます。 まとめ エタノールや無水エタノールは、腐るものではないため、家庭に1本常備しておくといいですよ。 お店で売り切れのときは、焦らず入荷を待つか、ネットで探してみてください。 消毒方法は、石鹸で洗うやり方もあります。 神経質になりすぎず、家庭で対策してみましょう。

次の