何か質問があったら遠慮なく言ってください 英語。 簡単な英訳の質問です・・。

何かあったら言ってね。は英語でどう言うの?

何か質問があったら遠慮なく言ってください 英語

「何かございましたら、ご連絡ください」は日本のビジネスでは結構よく使われている。 個人間なら「何かあったら、連絡して」あたりだろう。 どんなことでも気兼ねなく電話なり、メールをしてください、というメッセージだ。 日常語の決まり文句として定着しているからは、英語でメールするときでもわれわれはこの言い回しを結びに使おうとする。 これを直訳的に英語に直せば、 if something happensとなろう。 英語でもこの言い方はちゃんとあるのだが、これは、どちらかといえば非常にシリアスな文脈で使われている。 人の人命にかかわるような事故、事件などが起こる場合が念頭にあって使われる。 メールなどで気軽に「何かあれば」と呼びかけるような文脈で使うことばではない。 どんな時に使うのかがわかる例をひとつあげる。 そうすれば、何か起こっても、備えができています。 とはいえ、英語の世界でも、「何かあれば、ご連絡ください」という意味のことはよく言う。 メールなどの通信文の末尾にも使う。 そこは、日本語と同じだ。 ただし、「何かあれば」という表現法は用いない。 英語的言い方がいくつかある。 「何かあれば」というあいまいな言い方ではなく、具体的に言う。 そのひとつが、「質問があれば」という言い方だ。 If you have any questions, call xxxxx. 質問があればどのようなものでも、xxxに電話をください。 「何かございましたら」ではなく「お聞きになりたいことがあれば、電話ください」と表現する。 さらに、 Please feel free to contact me with any concerns or questions that you may have. ご質問や気になるところがあれば、お気軽に連絡ください とていねいにいうこともある。 「何かうまくいかないことがあれば」という意味で troubleも使う。 If you have any trouble with... , please contact... ~でお困りなら、 …にご連絡ください。 「何かがあった」場合、相手が求めるのは「手助け」だから、さき回りして helpが必要ならばと、次のように表現することも多い。 If you need any help, please feel free to call …. あるいは、 If there is anything I can be of assistance with, please do not hesitate to contact me. もしお手伝いできることがあれば、 お気兼ねなく、ご連絡ください。 後者は、どちらかといえば、対顧客とか会員同士とかなど、どちらかといえば、顔を知っている相手に使われている。 ちょっと踏み込んだ言い方のようだ。 「何かあれば」は日本語の曖昧な言い方だが、見方を変えれば、カバーする対象が広く、汎用性の高い言葉だし、英語の方は questionや trouble、 assistanceなどで状況を具体的にわかりやすく表現する。 これらからも、 英語は具体的にストレートに表現することを好む言葉であり、日本語はあいまいを好む言葉であることがよくわかる。 その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典 本体 ( www. waeijisho. net)をご覧ください。

次の

敬語について教えて下さい。

何か質問があったら遠慮なく言ってください 英語

こんちわ、saharan55さん。 ちょっと英語に自信がないようですので私の最も得意なKID英語を紹介しますね! ブロークンな英語でも笑顔で心から話をしていると絶対に相手はわかってくれます!! まずはやはり挨拶から。 「Hello nice to meet you, my name is XXX」 本来だったら僕は隣に住んでいて・・・っと付け加えたいですがこのさい無視 笑 「If you want any help, please let me know any time. 」が覚えられなかったら「If you want any help, please tell me. 」でも良しとしましょう! その後、外国人の方に英語で話しかけられた場合はもちろん 「Excuse me(I'm sorry でもOkですよ). I don't know english well」 う~~~ん、そうすると助けてあげたくっても難しいですね・・・。 だからその後に「Now,I study English」 うそも方便? 等といいながら笑顔で「see you」っと別れの挨拶。 簡単でも良いですからご自分の知っている範囲の英語をつなげて会話 コミニケーション を行ってください。 きっと彼らも喜んでくれると思います!!! 頑張ってください! I'll help you. "anytime" は接続詞的に用いられますが、文頭には来ないので、"contact me" の後ろに置きます。 If you have any problems in Japan, I'll help you. Please contact me anytime you want. If you have any problems in Japan, please call me at xxx-xxx-xxxx. I'll do whatever I can. できる限りのことはするよ。 Q 「私は旅行代理店で働いていました」という英文を作りたいと思っています。 そこで「~で働く」の「~で」は何を使えばいいのか「work」を調べたところ3つの例文がありました。 work on a ranch. 牧場で働く He works for a newspaper. 彼は新聞社に勤めている She works in the city. 彼女はその市で働いている と書いてありました。 私が書きたいことを英語にするなら、 I was working on a travel agency. I was working in the travel agency. I was working for a travel agency. どれになるのでしょうか?(英文自体が違っていたらご指摘お願いします) またそれぞれどのように違うのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。 A ベストアンサー 基本的に on グループとか何かの組織に属する時に使います。 in その人の仕事・職業を示す時に使います。 for 雇われている時に使います。 牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。 「私は旅行代理店で働いていました」 I worked in a travel agency. 私ならこういいます。 「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。 これがきちんとした会社名を書くのだったら I worked for 会社名). とします。 ご提示の例文は過去進行形になっていますが 進行形は一瞬の動作を表すのが基本ですから 私だったら過去形にします。 ただ 文脈によって 一時的に働いていたということを強調したい場合には使えます。 ところで ここのところ大変でしたね。 回答しようかと思ったのですが 見たときにはすでに多くの方のご回答が寄せられていましたので しゃしゃり出ることもないかなと思い回答しませんでした。 不愉快な思いもなさったことと思います。 気になさらないことです。 まああの件に関しましては ほっておかれたらよろしいかと思いますが・・勘違いオジサンは困ったものです。 余談ですが。 基本的に on グループとか何かの組織に属する時に使います。 in その人の仕事・職業を示す時に使います。 for 雇われている時に使います。 牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。 「私は旅行代理店で働いていました」 I worked in a travel agency. 私ならこういいます。 「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。 これがきちんとした会社名を書くのだったら I worked for 会社名... A ベストアンサー 他の方が回答されている内容でまったく問題ないと思いますが、あえて別の表現で。 You are very welcome always to visit Japan. こうすると「来てください」という命令形にならず「いつでも歓迎します」という感じになります。 具体的なスケジュールが決まっていないわけですからこの方がいい?かな... You'll be missed very much. これは We miss you very much. の受動態ですが私自身がアメリカから帰国する際に送っていただいた言葉で「なるほどそういう言い方もできるのか」と印象に残ったフレーズです。 他には定番ですが Keep in touch 「連絡くれよ」というのもありますね。 A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー アメリカに38年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 この「もしよろしければ・・・」と言う表現の意味合い・フィーリングをまず感じてください。 どういうフィーリングで言っていますか? あなたがそうしたいなら、時間があったら・出来たら、出来たら、出来るなら、お障りなかったら、と言うifを持ってきた場合、フィーリングが違いますね。 日本語では便利と言うか複雑と言うか、同じ表現でいろいろなフィーリングを表してしまうわけですね。 英語習得で大事なことはこのフィーリングによって英語の表現が変わらいと伝わらないと言うことを身をもって知る必要があるのです。 あなたがそれを好むなら(あなたさえよければ)、と言うフィーリングを時間的によろしければ(時間があれば)と言ったら相手はこちらが言いたいことを分かってくれるでしょうか。 つまり、ひとつの日本語表現がいろいろなフィーリングを持っているときにそれに気がつかなく、たんに、この表現はこういう表現があると羅列しただけでは結局このフィーリングを感じていないわけですから使えないのだろうなと思われても仕方ないですね。 事実相手が言いたいことも正確にわからないし、こちらが言いたいことも正確に伝える英語力がないと言うことなのですね。 英語をしゃべれない教師が存在しても大きな問題としていない日本の英語教育の拡張が英語に関してのプロは本当のプロの実力と誇りを持っているか、誇りや過信だけ持っていても英語が分かる人からは認識されないし英語圏のネイティブからしてみれば「おかしい」と思われてしまいますね。 と言うことで、忙しい人に、時間が出来たら、と言うフィーリングを強調して「よろしければ」と言いたいのであれば、When you are free, if you are free, when you have (some free)time, また、出来たら、と言うフィーリングでこの日本語表現を使うなら if possible, if you can, if it's all possible,などの表現が使えますし、あなたさえよろしければ、と言うフィーリングであれば、If it's ok with you, if you like, if you don't mindなどの表現が使えるわけですね。 そして、この日本語表現が使われている状況でそのまま使える英語表現にIf you pleaseがありますね。 しかしです、これらはすべて、 >「もしよろしければ・・・」はどういう言い方になりますか。 に対する表現なのです。 しかし、言いたいのが、 「もしよろしければ電話をください」 「もしよろしければメールをください」 であれば、ifとかwhenを使って言うべきか、それとも、この二つの文章の持っているフィーリングをよりクリアーに表現すべきか、と言う判断が必要となります。 ちょっと次元が違うのですが、敬語を使うべきか買い和文でいいかを決めるフィーリングを表現すると英文にものフィーリングが反映されてくるわけです。 つまり、この「もしよろしければ」と言う表現はただ丁寧に言って婉曲的に自分の願いを伝えようとしているか、そうでなく、もっと直接にフィーリングを伝えてもいいのか、ちょっと考えてください。 「もしよろしければ電話をください」をwhen you have some free time, if possible, if you canで表現したいのか、それとも、It will be nice if you call me. と直接的に言うか、It woud be so nice if you'd call me when you are free. と日本語の「よろしければ」の表現が持つ婉曲的な表現にももっていけますね。 そして、今も書いたように、ifやwhenを前に持ってきて、条件付けするのではなく、やって欲しいことをまずいって、それから、控えめに条件を持ってくるPlease call me if you have a chance. と自分の願いを先に相手に伝えることも出来ますね。 私はこの言い方のほうが好きです。 さらに、日本語の表現の中に、知り合いになってからそんなに時間がたっていないので丁寧な言い方をする傾向と言うか日本語文化がありますね。 しかし、これはこちらにはありません。 と「ないかもしれないけどあったら」と言う視点ではなく、「(出来るときは)いつでもいいから」と言うフィーリングを出してしまって、wheneverが使えることも覚えていてくださいね。 この表現を使うと、より、電話して欲しいんだ、と言うフィーリングが出ますよね。 表現はすべてフィーリングが元になっています。 そのフィーリングに基づいて、つまり、日本語表現ではなく、何を相手に伝えたいのか、この英語習得の「壁」ともいえる学校では教えてくれなかった事柄を克服すると、使える英語力は何倍にでも飛躍します。 この壁を打ち壊さないないまま試験勉強の知識を盾にしても「紙の盾」でしかないのですね。 (なぜ学校文法に当てはまらないとされる使われている英語がい毎日使われ、そして、ブロークンイングリッシュが通じるのか、はフィーリングがちゃんと伝わるからなのです。 ブロークンイングリッシュだったら毎日少しずつ「壊れているのを修正」すればいいのですね。 必要のない学校文法と言うカチンコチンになった頭は固まりすぎて修正が難しいようです。 <g>) 文法はしっかり身につけてくださいね。 いらないのは使えない学校文法です。 これでいかがでしょうか? 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに38年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 この「もしよろしければ・・・」と言う表現の意味合い・フィーリングをまず感じてください。 どういうフィーリングで言っていますか? あなたがそうしたいなら、時間があったら・出来たら、出来たら、出来るなら、お障りなかったら、と言うifを持ってきた場合、フィーリングが違いますね。 日本語では便利と言うか複雑と言うか、同じ表現でいろいろなフィーリングを表してしまうわけですね。 英語習得で大事なことはこのフィーリング... A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、 May happiness lead your life always. May your life be always fulfilled with Happiness. 最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ! と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います. そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、 I wish you be always filled with Happiness! アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う... 「go(to)」はなくても良いのでしょうか? 例1)I'm going to Yuki's house for dinner~ 例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt. Fuji~ このbe going to の後に「go to」は要りませんか? 他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。 英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 次の事例で説明してみます。 ---------------------- アメリカに行きます。 1 まず頭で考えます。 I will go to America. I am going to go to America. I am going to fly to America. I am going to leave Japan. I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。 I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。 次の事例で説明してみます。 ---------------------- アメリカに行きます。 1 まず頭で考えます。 I will go to America. I am going to go to America. I am going to fly to America. I am going to leave Japan. I am going to America. A ベストアンサー アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 聴いている、は、I am listening toですね。 また、asと言う単語も使えます。 >私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。 I was eating dinner yesterday while watching TV. I was eating dinner yesterday as I was watching TV. と言うような表現ですね。 また、~しながら、の持つ、同時にしている、と言うフィーリングを出す表現も良く使われます。 I was eating dinner and wataching TV at the same time. I am walking and listening to music at the same time. 直訳的には食べる事と見ることを同じ時にやっていた、となりますが、表現としては「~しながら」と全く同じ感覚でこの表現を使います。 つまり、日本語と英語との表現の仕方が違うだけで同じ感覚で言っているのですね。 ただ、この表現ですと、見ながら食べているのか食べながら見ているのか、表現の焦点がなくなります。 ですから、この焦点をはっきり出すために、 I'm listening to music at the same time I'm walking. I'm walking at the same time I'm listening to music. と表現できるわけです。 asとwhileにはちょっと違うフィーリングが入ってきます。 asは「同時に」と言うフィーリングがあり、whileは「他にも」と言うフィーリングが入ってきます。 ~をやっているけど他にも~をやっている、という表現ですね。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 聴いている、は、I am listening toですね。 また、asと言う単語も使えます。 >私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。 I was eating dinner yesterday while wat...

次の

何か欲しいものがあれば、遠慮なく言ってください。の英語

何か質問があったら遠慮なく言ってください 英語

プレゼンテーションのイントロダクションで使えるフレーズ集 プレゼンテーションの始まりに当たるイントロダクションでは、聴衆に対する挨拶やこれから話そうとすることのテーマの紹介やプレゼンテーションのアウトラインなどについて述べます。 挨拶は、時間帯によって使い分けます。 Hello~. は、カジュアルな挨拶です。 挨拶のフレーズ集 Good morning, everyone. 皆さんおはようございます Good afternoon, everyone. 皆さんこんにちは Hello, everyone. 皆さんこんにちは テーマを紹介する時のフレーズ集 プレゼンテーションのテーマを聴衆に向けて紹介する時に用いるフレーズです。 今日お話したいことは、~についてです アウトラインを紹介する時のフレーズ集 聴衆に対して、これから話そうとする本論の構成を紹介する時のフレーズです。 There are two divisions in this presentation. このプレゼンテーションは2つの内容に分かれています。 The first part is about ~, and the second part is about~. 私の話を2つのパートに分けようと思います。 One is about ~, and the other is about ~. 今日は皆さんと2つのことを共有したいと思います。 1つは~について、もう1つは~についてです 質問の受付に関するフレーズ集 聴衆が、プレゼンテーション内容について何か疑問を持ったり、聞いてみたいことがあったりした時のために、質疑応答の時間を設けることがあります。 質問の受付に関するフレーズです。 プレゼンテーションの最後に喜んで質問にお答えします Please feel free to ask me any questions at the end of this presentation. プレゼンテーションの最後に遠慮なく何でも質問してください イントロダクションで言ってはいけないNGフレーズ これからプレゼンテーションをするにあたり、「上手く話せない」というような消極的な発言は控えるようにしましょう。 昨夜はよく眠れなかったので、プレゼンテーションが成功するかどうか分かりません プレゼンテーションの本論で使えるフレーズ集 本論は、プレゼンテーションの中心となる部分です。 プレゼンターは、伝えたいことをまとめて順序だてて話すことが大切です。 アウトラインの内容に従って話を進めていくことが大切です。 本論を話し始める時のフレーズ集 まず、聴衆に対して本論に入ることを伝える言葉から始めます。 最初に~についてお話ししたいと思います To begin with, would you take a look at the handout I gave you just now? はじめに、先ほど渡した配布資料をご覧ください Would you refer to the graph on the handout? 配布資料にあるグラフを参照してください The chart on this screen shows ~. このスクリーン上の表は~を示しています Let me start by explaining this chart. この表を説明することから始めます 本論で最初に伝えたいことを言い終えた時のフレーズ集 伝えたいことを言い終えた時点が1つの節目になります。 その時に使うフレーズです。 これが最初のパートで私が言いたかったことの全てです My presentation up to here has shown you what we will have to deal with in the future. ここまでの私のプレゼンテーションで、私たちが将来取り組まなければならないことが明らかになったことでしょう 次の話題に移る時のフレーズ集 最初のパートが終わったら、次の話題に移ることになります。 話題を移る時のフレーズです。 次に私が述べたいことは~についてです Turning to the second handout, you will see more detailed chart than the first one. 2枚目の配布資料を参照してみると、1枚目のものよりもより詳細な表をご覧いただけます 前の発言を繰り返したり確認したりする時のフレーズ集 発言が繰り返しになっていることを聴衆に伝えたり、確認したりする時に使えるフレーズです。 As I mentioned it in the first part of the presentation,~ これをプレゼンテーションの最初のパートで述べたように~ As I said at the beginning of this presentation,~ このプレゼンテーションの冒頭で言ったように~ I mentioned it at the beginning of the first half of my presentation, but ~. 私のプレゼンテーションの前半の冒頭でこのことを述べましたが Do you remember what I mentioned before I began the latter half of this presentation? このプレゼンテーションの後半を始める前に私が述べたことを皆さん覚えていますか プレゼンテーションの結論で使えるフレーズ集 プレゼンテーションの結論では、これまで話してきた内容をまとめて、自分の意見を述べることになります。 結論を話す時のフレーズ集 プレゼンテーションの最後に言う時のフレーズ集です。 そして最後に、私が言いたいことは~です。 In conclusion,~ 結論としましては~ In summary,~ 要約しますと~ The most important point of my presentation is ~. 私があなたたちと分かち合いたいと思っている重要な点は、~です 終わる時のフレーズ集 聴衆に対して、最後まで聞いてくれたことへの感謝の言葉を述べます。 Thank you for your attention. 私のプレゼンテーションをお聞きいただき、感謝いたします Thank you so much for taking your time for this presentation. このプレゼンテーションのためにお時間を割いていただき、誠にありがとうございました 質疑応答を始める時のフレーズ集 質問を受け付ける時に使うフレーズです。 質問があったら、OK. I will answer your question right now. (分かりました。 すぐにあなたのご質問にお答えします)と言って答え始めます。 質問が聞き取れなかった人のことを考えて、His question is ~. (彼の質問は~です)と言って質問内容を知らせるのもよいでしょう。 Do you have any questions? 質問がありましたら、喜んでお答えいたします Please feel free to ask me anything if you have any questions. もし質問がありましたら、遠慮なく尋ねてください 関連サイト — 公益財団法人学習情報研究センター — weblio英会話 — weblio英会話 — 文部科学省 生徒の英会話力アップにはweblio英会話がおすすめです.

次の