ボックス フレッシュ エラー。 VB2005 TextBoxに何も入力しない場合のエラー

BoxFresh(ボックスフレッシュ)の質問の消し方!相手のとこから消せる?取消方法など徹底解説

ボックス フレッシュ エラー

BoxFresh ボックスフレッシュ の質問の消し方 BoxFresh ボックスフレッシュ は匿名で質問ができるサービスとして人気です。 インスタなどでも活用できることから、多くのユーザーがダウンロードしています。 BoxFresh ボックスフレッシュ の基本的な使い方は下記記事で紹介していますので、参考にしてください。 一度質問してしまうと消せない BoxFresh ボックスフレッシュ は、 一度質問をしてしまうと取り消すことはできません。 質問をされた方は、その質問を非表示にすることはできますが、質問側は操作を取り消せません。 ブロックなどを行えるのも回答側なので、質問側が質問を削除するといった操作は不可能となっています。 質問を投稿したページには戻れない BoxFresh ボックスフレッシュ はTwitterを利用して、相手の質問箱にアクセスします。 そのページより、相手に質問を送るのが、基本的な利用方法です。 「質問をおくる」というボタンを選択した時点で、そのページに戻ることはできません。 次のページでは「送信しました」という表示のみで、次のページ進むボタンさえありません。 アイコンを押せば、BoxFresh ボックスフレッシュ の公式アカウントにアクセスができるだけとなっています。 退会処理やログアウトをしても質問は残っている BoxFresh ボックスフレッシュ では、プロフィールの編集画面より退会処理、ログアウトが行えます。 これはアプリ版でもブラウザ版でも行うことができる操作です。 ただ、このような操作をしても一度質問した内容が消えることはありません。 アンインストールしても、質問内容は消えませんでした。 BoxFresh ボックスフレッシュ はダウンロード制限がかかっており、一度アンインストールするとダウンロード出来ない可能性があります。 ダウンロード出来ない場合の対処法は下記記事で紹介していますので、参考にしてください。 Twitterとの連携を解除することもできますが、連携を解除したところで、自身のタイムラインにBoxFresh ボックスフレッシュ に関するツイートが無くなるだけです。 BoxFresh ボックスフレッシュ の退会方法などは下記記事で紹介しています。 利用しなくなった場合などは、下記記事を参考にしてください。 質問をするときはよく考えてする BoxFresh ボックスフレッシュ では一度した質問を消すことはできません。 個人情報に関わるような質問をしたとしても、回答側が答えてしまうとツイートとして表示されます。 基本的には特定されることのないサービスですが、悪質な質問をしてしまうとブロックされてしまう可能性もあります。 質問を行う時は、よく考えて相手の迷惑にならないか、個人情報などを含んでいないかを確認するようにしましょう。 質問相手を特定される可能性も考えておく BoxFresh ボックスフレッシュ は匿名でできる質問箱ですが、条件を絞り込むことである程度特定が可能なサービスです。 匿名投稿ではあるものの、質問の内容や条件などを絞ることで、ばれてしまう可能性もあります。 BoxFresh ボックスフレッシュ で質問相手を特定することができるかについては下記記事で紹介しています。 今後質問を削除する機能が実装される可能性はある 現時点で、BoxFresh ボックスフレッシュ では一度投稿した質問を削除することはできません。 これは、BoxFresh ボックスフレッシュ だけでなくPeing ペイング なども同じです。 ただ、BoxFresh ボックスフレッシュ の利用規約には、下記のような文言があります。 本サービスは、複数の利用者が投稿、修正、削除等の編集を行える機能を含む場合があります。 これは未来的に質問を削除できる機能を搭載することが可能性があるということになります。 一度投稿した質問を削除・編集などができるようになれば、便利になるかもしれません。 まだ、実装されることは確定ではありませんが、サービスに期待してもいいのではないでしょうか?.

次の

VB2005 TextBoxに何も入力しない場合のエラー

ボックス フレッシュ エラー

BoxFresh ボックスフレッシュ の質問の消し方 BoxFresh ボックスフレッシュ は匿名で質問ができるサービスとして人気です。 インスタなどでも活用できることから、多くのユーザーがダウンロードしています。 BoxFresh ボックスフレッシュ の基本的な使い方は下記記事で紹介していますので、参考にしてください。 一度質問してしまうと消せない BoxFresh ボックスフレッシュ は、 一度質問をしてしまうと取り消すことはできません。 質問をされた方は、その質問を非表示にすることはできますが、質問側は操作を取り消せません。 ブロックなどを行えるのも回答側なので、質問側が質問を削除するといった操作は不可能となっています。 質問を投稿したページには戻れない BoxFresh ボックスフレッシュ はTwitterを利用して、相手の質問箱にアクセスします。 そのページより、相手に質問を送るのが、基本的な利用方法です。 「質問をおくる」というボタンを選択した時点で、そのページに戻ることはできません。 次のページでは「送信しました」という表示のみで、次のページ進むボタンさえありません。 アイコンを押せば、BoxFresh ボックスフレッシュ の公式アカウントにアクセスができるだけとなっています。 退会処理やログアウトをしても質問は残っている BoxFresh ボックスフレッシュ では、プロフィールの編集画面より退会処理、ログアウトが行えます。 これはアプリ版でもブラウザ版でも行うことができる操作です。 ただ、このような操作をしても一度質問した内容が消えることはありません。 アンインストールしても、質問内容は消えませんでした。 BoxFresh ボックスフレッシュ はダウンロード制限がかかっており、一度アンインストールするとダウンロード出来ない可能性があります。 ダウンロード出来ない場合の対処法は下記記事で紹介していますので、参考にしてください。 Twitterとの連携を解除することもできますが、連携を解除したところで、自身のタイムラインにBoxFresh ボックスフレッシュ に関するツイートが無くなるだけです。 BoxFresh ボックスフレッシュ の退会方法などは下記記事で紹介しています。 利用しなくなった場合などは、下記記事を参考にしてください。 質問をするときはよく考えてする BoxFresh ボックスフレッシュ では一度した質問を消すことはできません。 個人情報に関わるような質問をしたとしても、回答側が答えてしまうとツイートとして表示されます。 基本的には特定されることのないサービスですが、悪質な質問をしてしまうとブロックされてしまう可能性もあります。 質問を行う時は、よく考えて相手の迷惑にならないか、個人情報などを含んでいないかを確認するようにしましょう。 質問相手を特定される可能性も考えておく BoxFresh ボックスフレッシュ は匿名でできる質問箱ですが、条件を絞り込むことである程度特定が可能なサービスです。 匿名投稿ではあるものの、質問の内容や条件などを絞ることで、ばれてしまう可能性もあります。 BoxFresh ボックスフレッシュ で質問相手を特定することができるかについては下記記事で紹介しています。 今後質問を削除する機能が実装される可能性はある 現時点で、BoxFresh ボックスフレッシュ では一度投稿した質問を削除することはできません。 これは、BoxFresh ボックスフレッシュ だけでなくPeing ペイング なども同じです。 ただ、BoxFresh ボックスフレッシュ の利用規約には、下記のような文言があります。 本サービスは、複数の利用者が投稿、修正、削除等の編集を行える機能を含む場合があります。 これは未来的に質問を削除できる機能を搭載することが可能性があるということになります。 一度投稿した質問を削除・編集などができるようになれば、便利になるかもしれません。 まだ、実装されることは確定ではありませんが、サービスに期待してもいいのではないでしょうか?.

次の

BoxFresh(ボックスフレッシュ)で質問が消えた!詳細と対処法を徹底解説

ボックス フレッシュ エラー

」とお困りになられた経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 自分で出来る解決事例 宅配ボックスのメーカーや機種によりエラー番号や対処方法が違っているので一概には言えないのですが、自分で出来る解決事例を数件ご紹介します。 【解決方法】 扉の取っ手の辺りに体重を預けた状態で、手などで強く押しながら暗証番号を操作!この方法で、開錠できる事も多くあります。 【暗証番号を押して扉を開けるまでのスピードが速い】 (エラー番号事例:E-07】 暗証番号を押してすぐに扉を開けようとすると、 「鍵がまだ開いていない状態でこじ開けようとした」と認識される事があります。 (エラー番号事例:E-01】 前述の(E-07)同様、無理やりこじ開けられたと認識した際に表示されるエラーです。 機種によっては、ロック解除方法をお試しいただくことで開錠できる事があります。 管理員もしくは管理会社・メンテナス会社へお問い合わせください。 【暗証番号の押し間違い】 (エラー番号事例:E-04) 宅配ボックスの暗証番号を4回間違って操作するとロックがかかる事例です。 機種によっては、ロック解除方法をお試しいただくことで開錠できる事があります。 管理員もしくは管理会社・メンテナス会社へお問い合わせください。 【荷物の長期保留】 荷物を長期間取り出さずに日数が経過すると、警備会社へ通報が届く事例もあります。 警備会社への通報の契約が無い場合も、長期間滞留していると、他の方の荷物を投函する事が出来なくなる為、 荷物が投函された際は出来るだけお早目にお受け取り下さい。 【解決しない場合】 エラー番号は宅配ボックスのメーカーや機種により対応方法が違っている場合があります。 上記をお試し頂いても解決しない場合は、管理員もしくは管理会社・保守点検会社へご相談ください。 その他の事例 【暗証番号が分からない】 エラー表示に次ぐ2位は 「暗証番号の確認」となっています。 暗証番号を管理会社へお届けくださっている場合は、保存している暗証番号データをお伝えする事が出来ます。 また、ご自分で暗証番号を変更されている場合や、宅配会社の配達員の方が暗証番号を設定される機種の場合は、ご本人様もしくは配達員の方にご確認頂く事になります。 それでも尚お困りの際は管理員もしくは管理会社・保守点検会社へご相談下さい。 【宅配カード異常・紛失】 宅配ボックスをカードキーで操作する機種の場合、 「カードキーの磁気が飛び反応しづらくなった」、「カードキーを紛失した」といったご相談をいただくことがあります。 お困りの際は、管理員もしくは管理会社・保守点検会社へご相談頂ければ、再発行等の手続きを承らせていただきます。 カテゴリー• 748• 115• 166• 190• 107• 128• 111• 287• 265.

次の