ミサ トール リノ ローション。 五本指ソックス専門店〈ゆびのば.com〉/リハビリ担当医がおすすめする 外反母趾・内反小趾用靴下

口腔・咽頭疾患について

ミサ トール リノ ローション

ゆびのばひろばのブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は、ソックスの話ではなくて、鼻うがい用品のお話しです。 ある歯科医の先生より、びっくりのお便りが届きましたのでご紹介したいと思います。 タイトルの通り「ミサトールリノローションで腎臓病が!?」という内容です。 ソックスアドバイザーの先生よりお便りが届きました! ミサトールリノローション、大活躍です。 私のクリニックで働いているスタッフの家族がIgA腎症になり、診断が出た時からミサトールリノローションを勧めて続けてもらっていたら扁摘なしのパルス療法でみるみる改善し、間もなく定期的な経過観察に移行出来るようです。 私自身も、のどに少しでも違和感を感じた時点でミサトールを使っていると風邪を引かずに済んでおります。 本当に助かっております。 感謝です。 お喜ぶの声をお聞きすると、よかった~という安堵感とともに、ほっこり、うれしくなりますね! 書いてある文章は、ちょっと難しいですがミサトールリノローションを使いつづけて体調が良くなられたそうです。 IgA腎症とは 今回出てきたIgA腎症というのをご存知ですか? IgA腎症とは「慢性糸球体腎炎」という腎臓病の一つで、腎臓に約100万個ある糸球体が慢性的な炎症をおこしてしまう状態をいいます。 糸球体毛細血管にあるメサンギウムという部分に免疫グロブリンA(IgA)沈着するため「IgA腎症」と呼ばれます。 腎臓病の多くは自覚症状がないため、尿検査にてたんぱくや血尿が陽性となり、そこでIgA腎症がみつかるそうです。 発症するメカニズムとしては、身体のどこかに慢性感染病巣があって、そことは直接関係のない部分に二次疾患を発症するためといわれていますが、その多くは「扁桃(へんとう)」や、「上咽頭(じょういんとう)」などの咽頭部の炎症によるものということがわかってきています。 上咽頭はカラダを守る防波堤! 上咽頭は呼吸によって細菌やウィルス、最近では汚染物質(PM2. 5)などに常にさらされ、いわばカラダの免疫システムと外敵との戦場です。 荒れ狂う波にひたすら耐え忍ぶ、防波堤のようにも感じますね。 その結果、炎症を起こしやすく(慢性化しやすい)さまざまな別の症状を引き起こすことがあります。 IgA腎症も二次疾患の一つです。 出典:みらいクリニック みらいクリニックの今井院長によると「のどの炎症(慢性上咽頭炎)を治すことが、IgA腎症をはじめとする疾患を治すことにつながる」と仰っています。 ミサトールリノローションとは 青梅搾汁濃縮液を用いた鼻うがい(鼻洗浄)製品です。 梅由来抽出化合物(梅エキス)には炎症を抑える作用があるといわれています。 この梅エキスで鼻の奥、上咽頭の部分をしっかりと洗浄することで、上咽頭炎の炎症を抑えることが期待されます。 実際にやってみると、そんなに鼻にしみることもなく、あっという間に、サラッとのどのほうに抜けていきますので、寝転んであごを少し上げた状態、もしくは頭を後ろに傾けて、鼻の奥に液が長く滞留するようにしていただくのがコツです。 ミサトール点鼻の様子 《みらいクリニック 今井院長による点鼻のデモンストレーション動画》 ミサトールリノローションの洗浄液がどのように流れていくかがよくわかります。 ミサトールリノローションの通販は当店のみ! ミサトールリノローションは通常医療機関でしか買えませんが、みらいクリニックのオフィシャルショップである当店だけ唯一通信販売にてお求めいただけます(2018年4月時点) 初めての方は洗浄器具付きの「ミサトールリノローション スタート」を。 2回目以降は洗浄剤がたっぷりの「ミサトールリノローション 洗浄剤60個入り」をお求めください。 なおミサトールリノローションは治療薬ではありません。 あくまでも一つのご意見を掲載させていただきました。

次の

ミサトールリノローションで腎臓病が!?

ミサ トール リノ ローション

" " 2013-02-22 鼻炎の体験談をお話しします。 先日、朝起きた時にはなんともなかったのですが、朝食後から鼻水がズルズルと急に出だしました。 鼻をかんでも、かんでも…ズルズル出てくる感じです。 いつも時間に余裕がある時には で鼻うがいをして、様子をみることが多いです。 しかし、その日は診療開始時間が迫っていましたので応急的に鼻炎用の置き薬を飲んでみました。 薬を飲んだのが8時40分頃です。 9時台の患者様を施術していた時には、「先生、鼻炎???、めずらしいね!」と、患者様に指摘されながら 鼻をたえずすすりつつ鍼灸治療をしていました。 やっと10時頃から喉や鼻がスースーして鼻が落ちなくなってきました。 その後、午前中の診療が終わって短い時間の昼食を終え、午後1時より診療を再開しました。 どうしたことでしょう、薬の影響でしょうか、鼻水は止まりましたが、喉や鼻の奥がヒリヒリ乾燥して痛くなってきました。 と同時に、身体もだるく、眠たくてしょうがなくなってきました。 主観的な感想だけでは、頼りなさも感じますので下記のように首の電気抵抗の左右差も測定することにしました。 それは… 大阪医科大学 耳鼻科 故 山崎春三教授は、 皮膚電気抵抗(良導点測定)により首の該当部位(左右8点)を測定して耳鼻咽喉症状に関係深い反応部位を発見されました。 その部位を測定して左右差があれば扁桃・咽頭の異常を知ることができると報告されています。 (現在研究中なので該当部位は省略します) さっそく ノイロメーター(皮膚の電気抵抗を計測する器械です)を使って首の該当部位の左右差を測定してみました。 それからが、大変でした。 「鼻と喉のつなぎ目あたり」が カ~ッと熱くなり喉がヒリヒリと焼けつくような痛さです。 上咽頭の炎症がひどい方は、注入後 沁みるという方がいらっしゃいます。 注入直後の測定結果です。 なにせ診療日の実験追試ですので、この痛みが数時間続いたら嫌だなぁ~と、後悔もしました。 でも、だるさや眠気は注入前ほどではないですが、多少ましなくらいです。 30分後再々測定です。 故 山崎教授は、「左右差が大きければ疾患があること知ることができる。 治療するにつれて左右差が無くなってくる…」と、報告されています。 私の自覚症状もそのような結果となりました。 今まで上咽頭炎は、肉眼では判別しにくいために 直接に 上咽頭部に 塩化亜鉛(クローチンク)を塗布すると強烈な痛みや出血をともなう場合が多く、そのことにより該当症状だと診断しています。 また、もう一つの診断法は、外部からは首のリンパ部位の圧痛の有無により判別することが現在は実施されています。 今回は自己体験の1例だけですが、故 山崎春三教授の報告に基づき、 首の電気抵抗値の左右差を参考にすれば上咽頭炎の診たてが より客観視できるのではないかと、1つの可能性を提案したいと思います。 特に幼児や圧痛がわかりにくい方には好都合かもしれませんね。 これから流行するであろう 花粉症、 黄砂(こうさ)や 問題になっている微小粒子状物質 「PM2・5」の大気汚染など ミサトールリノローションを使用した 鼻うがいをすると症状緩和、予防に役立つかもしれません。 ライフ治療院は良導絡治療を中心に実践している鍼灸院ですから、 自律神経(交感神経) = 皮膚の通電抵抗 = 上咽頭炎(免疫) の関連性を研究するために 今後も症例数を増やしていきたいと考えています。 お電話は、施術中のためにゆっくり対応できませんので まで お問合わせ下さい。 今まで追試した症例や、開発担当者の大澤立志様からご指導いただいた情報などを お答えいたします。 また、ご興味のある先生は、 電話:0120-87-0615 に、当院の名前を言っていただくことで ご紹介として良くしてくれると思います。 多くの臨床家は薄々お気づきかもしれませんが、鍼灸院に来院される患者様の症状は、院内の治療のみでは限界を感じるものが多いです。 東洋医学で大切なのは自分で実践する養生法なのです。 つまり、治療院内の施術(他力)と、自分で治そうと少しでも努力(自力)することが 辛い症状から開放される唯一の近道です。 なにしろ手軽にできる養生法は、長続きしやすいですからね。

次の

慢性上咽頭炎

ミサ トール リノ ローション

口腔・咽頭疾患について 口腔・咽頭疾患について ・上咽頭炎(鼻咽腔炎) 大変多くの人がこの疾患を持っているのに治療される機会の少ない疾患です。 鼻の奥の突き当たりで、鼻と喉の境目付近が上咽頭です。 ここは常に外気にさらされているところで、慢性炎症を生じやすくなっています。 また風邪などで、ここの場所の痛みを感じることがありますが、こういった炎症が残ってしまうことによっても生じます。 また口呼吸があると、鼻呼吸による吸気の加温、加湿、浄化作用が行われないため、より炎症が起こりやすくなるとされています。 上咽頭炎が慢性化すると、後鼻漏(鼻がのどにまわる)、咽頭違和感、頭痛、肩こり、耳鳴、めまい など多彩な症状を引き起こします。 耳鼻咽喉科医でもここの部分の炎症に着目する人は少ないため、見逃されている症例が多く、言ってみれば『不幸な疾患』です。 院長は公立福生病院在籍中に上咽頭炎患者を積極的に治療し、その有効性を報告しました。 【慢性上咽頭炎に対する上咽頭擦過療法の治療効果:口腔・咽頭科 32巻1号:33-39:2019】 当院では上咽頭炎の治療として、1%塩化亜鉛を鼻および口腔側から塗布する上咽頭処置を主体に行っています。 この他にも上咽頭炎の治療効果を高めると期待される方法があるので、参考にしていただければと思います。 塩化亜鉛による上咽頭処置:EAT Epipharyngeal abrasive therapy、いわゆるBスポット療法) 当院で主に行っている処置で、塩化亜鉛を鼻および口腔側から上咽頭に塗布し、鼻ネブライザーを行います。 週に2回程度の処置をお勧めしていますが、都合により週1回以下でも可能です。 慢性炎症のため1. 2回の処置では効果が乏しく 、10回程度の処置終了後内視鏡で治療効果を確認します。 効果の見られる場合は治療を継続していきます。 ある程度改善した場合は、通院頻度を月2. 3回程度継続していくと効果の維持が期待されます。 鼻うがい(上咽頭洗浄) 生理食塩液をプラスティック容器に入れ、鼻から点鼻して行います。 容器は無料で配布しております。 生理食塩液(300ml滅菌ボトル入り)を250円で購入できます。 薬液による点鼻 梅のエキスが入った、ミサトールリノローション(アダバイオ製)を点鼻し上咽頭炎の治療を行います。 治療には1日2回、維持療法には1日1回点鼻を行います。 薬液および専用容器は当院で購入できます(2020. 15からリニューアルとなります)。 価格は税込みでミサトールリノローション(洗浄器具2個、調整容器1個)が660円、 専用洗浄剤(30個)が1,980円です。 以下は上咽頭炎の原因や増悪因子となる口呼吸に対する対策です。 アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎など、鼻づまりの原因となる疾患を合併している場合は当科的に治療してまいります。 かっ、い〜う〜べ〜体操(あいうべ体操) 口輪筋を柔軟にし、舌の位置を正常化させ、自然に鼻で呼吸できるようになるとされています。 1日に30回程度行います。 口テープ 夜間就寝時にテープを用いて口をふさぎ、鼻呼吸させます。 テープは当院で購入できます(自費)。 1本300円で購入できます。 については、当院で説明の資料を用意しております。 ご希望の方は受診の際にお申し出ください。 本疾患の治療内容に関してもう少し詳しく説明いたします。 まず上咽頭炎が疑われる患者さんには鼻咽腔ファイバースコープ検査を施行して、局所の所見を観察します。 通常の観察光の他、NBI(帯域制限光)という特殊な光を用いて 炎症の程度を評価しています。 治療の適応があると判断された場合にはEATを行います。 処置の手順ですが、あとで鼻からネブライザーを施行するため、あらかじめ鼻腔に局所麻酔剤と粘膜収縮剤のスプレーを行います。 続いて1%塩化亜鉛溶液に浸した鼻綿棒を鼻から、咽頭巻綿子を口から上咽頭粘膜に広く塗布します。 塩化亜鉛自体が多少しみますが、炎症があると処置後の痛みがより強くなります。 炎症のある例では、塗布した綿棒に血液の付着が見られます。 しばらく唾液に血の混じることがありますが心配ありません。 食物はここを通らないので、食事も普通にとることができます。 処置に伴う痛みは、耐えられないほどのものではないと思われますが、中には処置を受けられない方もいます。 これまでの症例の経験では、主な症状は約8割程度、内視鏡所見は約9割の方の改善が見込まれます。 逆に言うと、 必ずしも全例の症状が良くなるという保証はありません。 ある程度の処置を行っても症状が改善しない場合は本療法は無効と判断されますので、治療方針を変える必要があります。 EATを希望される場合は、その点を御了解の上、治療を受けられるようお願いいたします。 治療は咽頭処置とネブライザーが主体になり、保険適応で行っています。 内服などの薬物療法は原則行いませんが、症例によっては消炎剤や去痰剤などを併用します。 鼻咽腔ファイバースコープ検査は保険点数が600点(6,000円)です。 初診時にファイバースコープ検査を施行した上で上咽頭処置、ネブライザーを施行すると、窓口支払は3割負担で約3,000円となります。 再診で処置、ネブライザーを施行した場合の窓口支払は、3割負担で約350円となります。 再診時に評価のためのファイバースコープ検査を行うときは、これに3割負担で1,800円が加算されます。 日本病巣疾患研究会および日本口腔・咽頭科学会での発表症例はをごらんください。 ・口内炎 ほとんどの方が経験している疾患だと思います。 小さい病変で、時間の経過とともに潰瘍面を形成して強い痛みを伴います。 この痛みのために癌を心配して受診される方もいますが、むしろ癌の早期に痛みを感じることはまずありません。 しかし、1週間以上たっても改善する様子のない場合は注意が必要です。 また、口内炎が繰り返し出来るような場合や、口内の広い範囲がただれるような場合はベーチェット病や水疱症といった全身疾患の一症状の可能性もあり、受診しておく必要があります。 通常の口内炎にはステロイド軟膏(ケナログ軟膏、デキサルチン軟膏など)が有効です。 食事をするととれてしまいますので、食後に患部に塗布します。 それと寝る前に塗布しておくのが一番有効です。 口内炎が出来はじめの段階でこれらの軟膏を塗布しておくと、悪化せずに治ってしまうことが期待できるのでおすすめです。 ・舌痛症 舌痛症は比較的高齢女性に多く、舌の先端をはじめ、舌のしつこい痛みを自覚するものです。 診察してみても、異常所見の乏しい状態です。 その要因として癌不安など、心理的なものが関係します。 癌は、癌細胞の固まりですので、多くは舌の側面の1か所がしこりになってきます。 したがって舌全体が痛むとか、両側面が痛い場合は癌の可能性はまずありません。 まず悪い病気ではないということを認識し、あまり気にしないようにすべきです。 舌のカンジダ(真菌症)や貧血から来る舌炎などからくる痛みの可能性もあり、その場合には治療が必要です。 ・口腔癌(舌癌を含む) 口腔にも癌ができます。 一番多いのは舌癌ですが、歯肉、頬粘膜、口蓋(上顎のこと)、口腔底(舌の裏側)など、どこでも発生します。 けれども、頻度としては肺癌や胃癌などに比べるとかなり低いものです。 発生の要因としては喫煙、口腔内不衛生があげられます。 舌痛症のところでも記載したとおり、癌細胞が広がっていく病変ですので、多くはしこりを形成します。 中には潰瘍病変となるものもありますが、やはり潰瘍病変の周囲は硬くなります。 病気が進行するにつれて治療成績は不良となるばかりでなく、広範囲を切除するような手術を受けると、言葉や飲み込みが悪くなる機能障害を起こします。 逆に早期癌の場合は機能障害もないか、軽度ですむ上に、治療成績も比較的良好です。 早期発見が重要なのは当然ですので、しこりを自覚するようでしたら早めに受診して下さい。 ・ 扁桃肥大、アデノイド増殖症 口を開けるとのどの奥の両脇に見えるのが口蓋扁桃です。 アデノイドは口蓋扁桃と同じくリンパ組織であり、鼻の突き当たりである上咽頭(鼻咽腔)にありますが直接見ることはできません。 両者とも同じリンパ組織であり、口蓋扁桃が大きいとアデノイドも大きい傾向にあります。 これらの肥大があると空気の通り道が狭くなってしまうため、口呼吸、いびき、睡眠時無呼吸などの呼吸障害を来します。 アデノイドに関しては、ちょうど中耳腔と交通する耳管の開口部付近にあるため、アデノイド増殖症があると中耳炎を起こしやすくなったり、滲出性中耳炎を合併しやすくなります。 こういったリンパ組織は小学校低学年を過ぎると退縮する(小さくなる)傾向がありますので、症状がそれほど強くなければ経過観察でもいいのですが、呼吸障害や他の合併症を生じるようであれば扁桃摘出術(症例によっては同時にアデノイド切除術)の適応になります。 近年これらの手術は入院の上、全身麻酔を行われます。 術後は出血が問題となりますので、1週間程度の入院が必用になります。 ・習慣性扁桃炎 口蓋扁桃の炎症である扁桃炎を繰り返すことにより、たびたび咽頭痛・発熱を生じます。 明確な基準はありませんが、年に4回(3か月に1回)以上、扁桃炎による発熱を繰り返して学校や仕事を休まなければならないようであれば、扁桃摘出術の適応といえます。 扁桃炎が悪化すると周囲に炎症が及んだり(扁桃周囲炎)、膿が溜まったり(扁桃周囲膿瘍)します。 こうなると摂食が困難になりますし、喋ったりすることもおっくうになります。 扁桃炎の症状がでたら早めの受診をおすすめします。 ・咽頭癌 咽頭癌には上咽頭癌、中咽頭癌、下咽頭癌があります。 このうち上咽頭癌はEBウイルスというウイルスが発癌に関与しており、他の癌に比べて若年者や女性に発症することがあります。 放射線療法の適応になります。 中咽頭癌、下咽頭癌は喫煙や飲酒が発癌と関連します。 とくに飲酒はアルコール度数の濃いものがよくありません。 焼酎やウイスキーなどは水割りなど薄めて飲んだほうがいいでしょう。 これらの癌は治療成績が必ずしもよくありません。 早期発見が重要なのは当然です。 あまり過敏になりすぎる必用はありませんがとくに喫煙者やよく飲酒される方で、咽頭に違和感を自覚されるようでしたら検査をお受けになることをおすすめします。

次の