映画 興行 収入 日本。 まとめてみた マーベル映画 日米興行収入比べ

2018年日本国内映画興行収入ランキングTop50【PRiVATE LiFE】年間ランキング

映画 興行 収入 日本

映画業界の仕組み【制作・配給・興行】 見出しの通り、映画の仕組みは大きく「製作」、「配給」、「興行」の3つに分けられる。 イメージは下図を参照してほしい。 必要経費としてトップオフされる。 興行収入が20億円の場合を例に挙げると、• チケット代1枚1800円、劇場動員数111万人で興行収入は約20億円• 契約によるが、およそ半分の10億円が興行主(映画館)の取り分となり、配給収入は残りの10億円となる• これは、配給会社が立て替えているので、配給収入からトップオフ(精算)され、残りが7億円。 仮に20%とすると、7億円の20%の1. 4億円が配給会社の取り分となる。 製作者の取り分は、残りの5. 6億円 となる。 映画にまつわる統計 どういう統計を当たろうかと思っていたが、(一般社団法人日本映画製作者連盟)という団体により年次(1-12月)の統計が集計されているのでそちらを紹介する。 映画製作事業の健全なる発展を目的とし、会員間の不公正防止、海外輸出の促進、国際映画祭の参加、国内外資料の蒐集作成及び公的機関、関連団体との折衝などを行う。 入場人員と一人あたりの年間視聴観賞数の推移 昨年2017年の 入場人数は 174,483千人(のべ人数)。 日本人総人口を1億2670万人とすると、単純に1人当たり 年間1. 4回映画館で映画を観賞したことになる。 下記のグラフは1955年から昨年2017年までの入場者数の年次推移。 1950年代ってなんでこんなに映画観てたの(笑)? 述べ人数を当時の総人口で除した年間平均回数でみると、ピークの1958年には年間約12回つまり 1月に1回ペース、現在と比較すると約9倍も映画館を利用していたということだ。 さて、1960年代以降からの入場者数の減少の原因はおそらくテレビの普及だ。 8月に民放も放送開始。 1960年代以降はTV放送で、1990年代以降はTSUTAYAに代表されるレンタルビデオ店で、そして近年はネット配信でと、人々が映画を楽しむ形態が変化しているに違いない。 興行収入の推移 続いては興行収入。 昨年2017年の年間興行収入は 2286億円。 多少の上下の変動はあるが概ね右肩上がりだ。 ちなみに 過去最高は2016年の 2355億円。 映画1回の観賞に使う平均金額の推移 では、興行収入をのべ入場者数で除した値、つまり映画を1回観賞するのに使う平均金額の推移を調べてみる。 青線が当時の金額、 橙線が物価変動を考慮した現在の価値に換算した金額だ。 後者(現在価値)をもとにみると、統計が始まった1955年は約400円で映画が観賞できた。 その後一向に上昇するが1978年をピークにほぼ横ばいだ。 2018年現在、通常チケット価格が 1,800円なので皆なにかしらお得な方法を駆使して、 実質500円安い価格で観賞していることがわかる。 年間1000本を越したのはここ5年だ。 90年代~00年代前半までは洋画に押され気味だったが、近年邦画もがんばっている。 映画館スクリーン数の推移 映画館のスクリーン数は、昨年2017年末時点で全国で 3525。 その内、3096スクリーンがシネコン。 そう、ほとんどシネコンだ。 総スクリーン数に占めるシネコンの割合は、88%にのぼる。 シネコンとは シネマコンプレックス(cinema complex)とは、同一の施設に複数のスクリーンがある映画館である。 シネコン、複合映画館とも呼ばれる。 歴代映画興行収入ランキング 日本国内 では、最後におなじみの興行収入ランキングを。 まずは日本国内から。 上位10作品のうち、半数がアニメ作品だ。 順位 興行収入(億円) タイトル 公開年 1 304. 0 千と千尋の神隠し 2001 2 262. 0 タイタニック 1998 3 254. 8 アナと雪の女王 2014 4 250. 3 君の名は。 2016 5 203. 0 ハリー・ポッターと賢者の石 2002 6 196. 0 ハウルの動く城 2005 7 193. 0 もののけ姫 1997 8 173. 5 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 2003 9 173. 0 ハリー・ポッターと秘密の部屋 2003 10 156.

次の

数字でみる「日本映画」-業界構造、映画にまつわる統計、興行収入ランキング

映画 興行 収入 日本

セーラー服と機関銃 -卒業- 第5位は『セーラー服と機関銃 -卒業-』。 赤川次郎さんの小説の実写化作品です。 公開:2016年3月• 主演:橋本環奈• 興行収入9200万円• 初登場12位• 238スクリーン 『セーラー服と機関銃』は1981年に薬師丸ひろ子さん主演で実写化されて興行収入47億円と大ヒットしました。 また、2006年には長澤まさみさん主演で連続ドラマ化されて平均視聴率13. 4%を記録しています。 そんな人気シリーズでしたが、橋本環奈ちゃん主演の映画は大爆死してしまいました。 全国238スクリーンで公開されましたが、週末興行成績ランキングは初登場12位。 最終的な興行収入は9200万円でした。 まあ、コケるだろうとは思っていましたが、案の定コケてしまいましたね。 ガールズ・ステップ 第4位は『ガールズステップ』。 地味な5人の女子高生たちがダンス部を結成して大会出場を目指すという青春映画。 公開:2015年9月• 主演:石井杏奈(E-girls)• 興行収入不明• 初登場トップ10圏外• 143スクリーン 『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』のような高校生たちが主役の青春映画ですが、週末興行成績ランキングはトップ10圏外でした。 全国143スクリーンで公開されましたが、なんと公開初週の稼働率が週末5%平日2%だったというから驚きです。 最終的な興行収入は不明。 いくら検索しても情報が出てきませんでした。 なので、発表できないほどヤバい数字なのだと勝手に解釈しておきます。 ただ、作品自体の評判はそこまで悪くありません。 王道のガールズ青春映画のようです。 1970年代にヒットした漫画・アニメ「キューティハニー」の実写化作品です。 公開:2016年10月• 主演:西内まりや• 興行収入不明(1000万前後?)• トップ10圏外• 93スクリーン モデル・女優として活躍する西内まりやさんの初主演作品でしたが、週末興行成績ランキングはトップ10圏外でした。 「Box Office Mojo」というアメリカの映画興行情報サイトでは19位までランキングが分かるらしいのですが、そこにすら入っていなかったようで、歴史的な大コケ作品となってしまったことは間違いありません。 最終的な興行収入は不明。 1000万円前後という記事もありましたが、いくらネットで検索しても正確な情報は出てきませんでした。 こちらも発表できないほどヤバい数字だったのでしょう。 まあ、全国93スクリーンと規模はそれほど大きくなかったようですが、本当に興行収入1000万円前後なら相当ヤバいと思います。 ちなみに、「キューティハニー」は2004年にも佐藤江梨子さん主演で実写化されており、興行収入は4. 2億円でした。 数字だけみると今作よりは全然良さそうですが、目標の半分にも届いていなかったようで、制作会社が倒産しています。 制作会社が倒産した題材をなんで再びリメイクしたのか。 ・・・謎ですね。 愛と誠 第2位は『愛と誠』。 1970年代に週刊少年マガジンで連載されていた漫画の実写化作品です。 公開:2012年6月• 主演:妻夫木聡・武井咲• 監督:三池崇史• 興行収入1億円• 初登場11位 『愛と誠』は1974年に西城秀樹さん主演で実写映画化されて大ヒットし、シリーズ化されています。 しかしながら、リメイク作品となった今作はまさかの大爆死。 全国153スクリーンで公開されましたが、週末興行成績ランキングは初登場11位とトップ10圏外でした。 妻夫木聡さん武井咲さんのダブル主演で三池崇史さんが監督を務めましたが、興行収入も1億円と寂しい数字になってしまいました。 ネームバリューを考えると、大爆死と言わざるを得ませんね。 2016年7月期にTBS系金曜ドラマ枠で放送された『神の舌を持つ男』の劇場版です。 公開:2016年12月• 主演:向井理• 監督:堤幸彦• 興行収入1億円• 初登場8位 『TRICK』シリーズを手掛けた堤幸彦さんが監督を務めた作品ですが、まさかの大コケとなってしまいました。 映画に先駆けて放送された連続ドラマ版も平均視聴率5. 6%と惨敗。 しかしながら、ドラマの放送開始前からすでに映画化が決定しており、撮影にも入ってしまっていたためお蔵入りできなかったみたいですね。 全国272スクリーンで公開されましたが、週末興行成績ランキングは初登場8位。 最終的な興行収入も1億円と大爆死でした。 ちなみに、ドラマを放送したTBSは視聴率が不振だったため映画版からは撤退しています。

次の

まとめてみた マーベル映画 日米興行収入比べ

映画 興行 収入 日本

まず、興行収入とは よく映画がヒットするとニュースなどでよく耳にする『 興行収入』。 そもそも興行収入って何?と思っている人は多いはず。 実はなんら難しいことではなく、単純にその映画のチケットの売り上げ額になります。 お客さんが映画館で映画作品に対して支払ったチケット代の合計であり、映画がヒットしたかどうか直接わかる数字でもあるのでよく基準とされます。 ちなみに、映画のヒット基準は興行収入10億円からと言われることが多いです。 もう一つ、ちなみに、英語で興行収入をBox officeと言い、これはチケット売り場のことをも指します。 日本・アメリカ・世界 マーベル興行収入 公開順別 さて、まとめてみました!今ままでのマーベル映画(1998年〜)の興行収入を日本、アメリカ、世界で比べやすいように並べています。 左が日本で公開されたマーベル映画興行収入。 真ん中はその映画の世界興行収入。 そして右はアメリカのその映画の興行収入と原題も参考に追加しました。 Star Wars: The Force Awakens Black Panther 250. 日本ではやはりマーベル映画がまだまだみられてないなと私はこれをみて気づかされました。 頑張っていただきたいですね。 今回も記事を読んでいただき、ありがとうございました。

次の