仏壇 鳴らす。 仏壇で「チーン」と鳴らすあれ。意味やマナーについて徹底解説!

仏壇で「チーン」と鳴らすあれ。意味やマナーについて徹底解説!

仏壇 鳴らす

仏壇のりんの基本作法!鳴らし方の手順は? 仏壇にお参りするときに使用する おりんの叩き方は、 上からたたく方法と 横からたたく方法があります。 どちらの叩き方をする時にも りん棒を 弾ませるようにたたくとよい音が響きます。 りん棒を押し込むようにたたくと 良い音が響かないので注意しましょう。 あと、仏壇にはろうそく立てやお線香立て などがおりんの周りにありますので、 おりんを横から叩くときには このろうそく立てやお線香立てを 倒さないように、これらの ろうそく立てやお線香立てを移動させて からたたくようにしましょう。 オススメのおりんの叩き方は、 上からおりんのふちをりん棒で 叩く方法です。 こうするとよい音も出ますし、 周りに立ててあるお線香立てや ろうそく立てを倒すこともありません。 youtubeにておりんの鳴らし方を 詳しく解説している動画を見つけました。 実際におりんをどうならせばよいのか 映像で確認されたい方は、ぜひ、 ご覧になっておいてくださいね。 りんにはどんな意味があるの? 仏教では、仏さまやご先祖様は 天上におられると考えられています。 その 天上におられる仏さまや ご先祖様に向かって祈りや 供養を届けるのが天高く昇っていく イメージのある おりんの音の持つ 意味であるようです。 磨きをかけるとピカピカに!りんの掃除の仕方 どんなに高価な おりんを 購入していても、 時間がたつにつれ 表面が変色していきます。 そんな変色した おりんを ピカピカに するお掃除する方法が専用クリーナーを 使用してのお掃除方法です。 りんの汚れ落とし専用のクリーナーは 仏壇店などで販売されていますので、 おりんの汚れが目立つようになり、 お掃除してピカピカの状態に 戻したい方は、仏壇店に行って 購入しましょう。 価格はひとつ400円前後ぐらいです。 ただし、専用のクリーナーを使用しても 変色が進みすぎているとクリーナーで 磨いてもきれいになりづらくなりますので、 おりんが少しでも変色してきた・・・と 思ったらこまめに専用クリーナーで 磨くようにしましょうね。 りんの購入の仕方 おりんは、一般的にお仏壇を 購入するときに一緒に購入する ものですが、 おりんは長年 使用していると変色してきます。 購入するときに表面に透明塗料を 塗っておくと長期間変色を防げますが、 磨いても変色がとれないなどの理由で おりんを新調されることもあると 思います。 おりんを選ぶときには鳴らして みてきれいな音がなるものを 選ぶことも大切ですが、 多少高価であっても、おりんの品質が 良く長年使用してもあまり 変色しないものを選ぶことが重要です。 まとめ おりんの叩き方は、 上からたたく方法と 横からたたく方法があり、良い音を 響かせるためには、どちらの叩き方を するときもりん棒を弾ませるように 叩くようにしましょう。 また、仏壇にはろうそく立てや お線香立てなどがおりんの周りに ありますので、 おりんを横から 叩くときには これらをどかせてから たたくとろうそく立てやお線香立てを 倒すことなくおりんを鳴らせます。 あと、 おりんを鳴らす回数には 決まりはありませんので、 1回鳴らしても2回鳴らしても 構いませんので、 その天上におられる仏さまや ご先祖様に向かって祈りや供養が 届くように、上記でご紹介した 鳴らし方できれいな音を立てて 鳴らしてご供養しましょうね。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・親の急死でとにかく処分したかった ・親の遺産で不動産売却の知識がなかった ・どうやって売るか?知らなかった ・個人で売買の交渉をする自信がない など、不動産売却の知識がないために 安く買い叩かれているのが現状です。 そんな時は、 『無料の不動産一括見積もり』オススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で家・土地の値段がわかる ・自分で見積もりを取る必要がない ・信頼できる業者しかいないから安心 ・査定経験がない女性や年配の方にも親切 ・『比較』するから高額査定が期待できる また下取り相場が見れるので、 『買い叩かれる心配がない』ですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。

次の

仏壇の鈴(りん)の鳴らし方を解説!役割とマナー

仏壇 鳴らす

「チーン」となる仏具、叩き棒の正式名称は チーンと鳴らす仏具の名称はお鈴ですが、その横においてある叩き棒の名称は何と言うかというと、あれは鈴棒(りんぼう)、または撥(ばち)、と言います。 この鈴棒(りんぼう)でお鈴の縁をチーンと叩いてお経の区切りの合図やリズムを取る意味で使われています。 チーンと鳴らすお鈴は金で出来た物もある お鈴の材質は大抵が真鍮製のものが多いが、中には驚きの金でできたお鈴もあります。 一般に仏壇で使われる鈴は、鉢状か壺状をしており、大きさも二寸三分(約7cm)から五寸(15cm)程度の大きさのものが用いられていますが、寺院用では直径が6寸以上のものを用います。 仏壇用で無くて、お寺にある大きいのは? 家庭で用いるのは、お鈴ですが寺院用のは大きさも違うのと、色も違います。 また名称も磬子「けいす」または「きんす」といい、お鈴と違って色も黒く、漆を塗っており、縁も厚くなっています。 この磬子の場合、叩くとチーンという可愛い音でなく、ゴーンと低い音が長く続きます。 鳴らす回数など、マナーを確認しましょう 「チーン」とならす回数は? お鈴を鈴棒で叩く回数は、特に決まっていません。 「これからお参りします」と、ご先祖に気持ちが届くようにチーンと鳴らしましょう。 1回でも2回でもかまいません。 要はあなたの気持ちが大切なのです。 回数については決まっていませんが、間違っても乱暴な叩き方はいけません。 チーンと鳴らす時の注意について お鈴を鳴らすときは、上から叩くのではなく、本当は横から叩くのが作法です。 鈴棒を逆さにして、親指と人差指で挟んで、軽くお鈴の上の縁を左から振り子を振るように叩くと、チーンといい音がします。 また、周りに置いてある線香や、ろうそくに触ることなく叩けて安全です。 仏壇でお鈴を鳴らすことの意味は? 仏壇でチーンとお鈴を鳴らすことの意味は、仏壇におられるご先祖さまへの挨拶です。 朝、学校や会社にでかける時にも、鈴をチーンと鳴らして手を合わせて「おはよう御座います、今日も行ってきます」と挨拶をして出かける事で、その日の無事を先祖にお願いして出かけるのです。 仏壇にご飯をを供えるときにもチーン お鈴をチーンと鳴らすのは、なにもお経をあげたり、外出や帰宅した時の挨拶だけではありません。 仏壇に朝のご飯を供える時や、お彼岸やお盆にお供えをするときなどにも、チーンと叩いて「今からお供えをしますので、どうか召し上がってください」と念じながら手を合わせご挨拶します。 仏壇の前のお鈴にも色んな形があります お鈴にも様々な形の物があります。 一般的には、お鈴台の上に乗ったお椀の形をしたお鈴を能く見かけますが、それ以外にも手で持ち、軽く横に振って鳴らす形のお鈴や、おわん型ではなく球形のものまであります。 現在の住まいに合わせたモダンなお鈴です。 仏壇以外での使い道は? お鈴は仏壇以外では使いません。 このお鈴はお寺での木魚と同じ働きで、お経をあげる時などに、このお鈴を叩いてリズムをとっているのです。 宗派によっては手に持って振り子のように鳴らすお鈴もあります。 密教ではこれを鈴(れい)といい独鈷鈴(どっこれい)や三鈷鈴(さんこれい)があります。 チーンと効果音として使われる事も 仏壇の前に置かれているチーンと鳴らす仏具のお鈴は、効果音として使われる事もあります。 実際にお鈴の音は心に落ち着きをもたらお鈴す音色です。 心が乱れた時や、落ち着かせたい時などは、仏壇の前に座して、お鈴をチーンと鳴らして黙想すると心が穏やかになります。 色が変ってきたお鈴の手入れ方法は? お鈴を長く使っていると、酸化して黒ずんできます。 これは、お鈴が真鍮でできている為に起こる現象です。 このお鈴の黒ずんだ汚れは、金属磨き粉を使うと綺麗に蘇ります。 仏具屋さんや、ホームセンターなどでも売っているので時々磨いてあげると喜ばれると思います。 まとめ カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

仏壇にある鐘の名前は?仏具の名称と使い方をくわしく解説!

仏壇 鳴らす

仏壇の線香の作法 お線香は、 「自分の身とその場を清める」意味と 「仏様に良い香りを供養する」意味があります。 お線香は自分の身とその場を清める 元来、インドでは 高貴な人と接する際は、「お香」を焚くという礼儀がありました。 そのため、高貴な方「仏様」を前にした際にお線香を焚くことは当たり前のこととされていたのです。 お線香は仏様に良い香りを供養する 昔から仏様は 「香り」を召し上がると言われています。 そのため、 「どうぞ良い香りを召し上がってください。 」という気持ちを込めてお線香をお供えします。 また、浄土真宗は線香を立てずに、適当な長さに折って火をつけ、香炉に寝かせます。 浄土宗 ・線香の本数:1~3本 ・線香の立て方:香炉の真ん中に立てる。 複数の場合もまとめて真ん中に立てる。• 浄土真宗 ・線香の本数:1本 ・線香の立て方:1本を2~3本に折り横に寝かせておく• 禅宗(曹洞宗) ・線香の本数:1~3本 ・線香の立て方:香炉の真ん中に立てる。 複数の場合もまとめて真ん中に立てる。• 日蓮宗 ・線香の本数:1本 ・線香の立て方:香炉の真ん中に立てる• 臨済宗 ・線香の本数:1本 ・線香の立て方:香炉の真ん中に立てる 仏壇の線香のあげ方!線香を折るのは正解? 「お線香」は、1本立てればよいのですが、上記のように宗派によって本数が異なります。 ですので、 線香を折る場合もあるのです。

次の