世界 は 欲しい モノ に あふれ てる 北欧。 フィンランド北欧食器を通販で購入【世界はほしいモノにあふれてる】

「世界はほしいモノにあふれてる」で紹介された北欧家具にうっとり~

世界 は 欲しい モノ に あふれ てる 北欧

2018年8月30日(木)と9月3日(月)にNHKで放送された「世界はほしいモノにあふれている」でフィンランドの北欧食器が紹介されました。 そこで、今日は番組で紹介されたフィンランドのマグカップやコーヒーカップなどの北欧食器の通販の購入方法を紹介します。 番組では 森と湖の国フィンランドで素敵な北欧食器に出会う旅!人気オンラインショップの社長が、ビンテージの名品を発掘&有名ブランド内部に潜入!新商品開発のヒントを探す。 というタイトルで 森と湖の国フィンランドで素敵でかわいい北欧食器に出会う旅!人気オンラインショップの名物社長に密着。 蚤(のみ)の市や行きつけのお店で見つけた、今では入手不可能なビンテージの名品の数々。 北欧流、簡単!素敵なテーブルコーディネート。 さらに世界中で愛される老舗食器ブランドの心臓部に潜入!スターデザイナーとの新商品開発!MCの三浦春馬&JUJUもうっとり。 選んで楽しい使って幸せお気に入りの一品が見つかる旅へ という内容で紹介されました。 スポンサーリンク 1.平井社長のプロフィール 今回放送された番組では、人気オンラインショップの平井社長がフィンランドの蚤(のみ)の市や行きつけのお店をまわって掘り出し物を探しました。 まず始めに、平井社長の簡単なプロフィールを紹介しますね。 名前 平井千里馬(ひらいちりま) 年齢 47歳 出身 愛知県田原市 学歴 豊橋技術科学大大学院 平井千里馬社長は豊橋科学技術大学大学院を卒業後、家具メーカーで営業を経験し、1999年に有限会社スコープを名古屋市中川区に設立しました。 スコープはフィンランドの家具や食器などの雑貨を扱っていて、年商は十数億円ということです。 すごいですね。 2.フィンランドの北欧食器(マグカップ)の購入方法 番組で紹介されていたフィンランドの北欧食器の一つがこちらのマグカップです。 ARABIA(アラビア)という代表的なブランドで楽天で購入可能でした。

次の

野口礼(インテリアショップバイヤー)プロフィールや北欧家具や雑貨の購入方法は?NHK【世界はほしいモノにあふれてる】

世界 は 欲しい モノ に あふれ てる 北欧

この記事は、2018年5月10日放送の「世界はほしいモノにあふれてる 北欧ビンテージ家具を探す旅」を観た私が、スウェーデン旅行の参考になる情報をまとめました。 番組ではスウェーデンでビンテージ家具や北欧雑貨を探す、 IDEE でインテリアバイヤーを務める大島忠智さんに密着。 スウェーデン各地に赴き、一点もののビンテージ家具を探し回ったり、暮らす人々の家で灯される部屋の明かりに注目したりと、日頃生活する上でインテリアの参考にできる情報が満載でした。 残念ながら、IDEE大島さんをはじめとしたインテリアバイヤーが訪れたビンテージショップの場所はわかりませんでしたが、スウェーデン各地のビンテージショップの地図を貼っておきますので、ぜひ参考になさってください。 ストックホルムやヨーテボリに次いでスウェーデンでは3番目に多い人口を有するスカンジナビアの大都市の1つです。 私も10以上前にスウェーデン旅行に行った時にマルメは訪れたことがあります。 古い街並みが残るマルメは、観光場所に行っても静かで過ごしやすかったです。 街自体がとてもコンパクトで歩きやすくて、住みたくなりました。 デンマークのコペンハーゲンから電車で1時間弱で行くことができるので、気軽に2カ国楽しむことができます。 | 上記の地図は、グーグルマップで調べたマルメのヴィンテージ家具ショップです。 古いものを大切にするスウェーデンには、たくさんのヴィンテージショップがありますね! スポンサーリンク ルンド Lund マルメから電車で約15分ほどの場所にあるルンドは、千年の歴史を持つ古都。 過去に北欧中の教会を統括していたルンド大聖堂や、ルンド大学の学生と教授で人口の4割を占める街としても有名です。 古都だけあって、ヴィンテージ家具を探している方には向いている街ですね! | HotelsCombined カールスクルーナ Karlskrona スウェーデン海軍の軍港がある港町、カールスクローナ。 あまり日本の旅行ガイドブックには載っていませんが、旧市街地や海軍基地はユネスコ世界遺産に登録されています。 番組でも紹介されていた、スウェーデンを代表するガラス作家エリック・ホグランの作品が展示してあるブレーキンゲ美術館(Blekinge museum)もカールスクローナにあります。 | スポンサーリンク ストックホルム Stockholm ストックホルムはスウェーデンの首都で、スウェーデン最大の都市。 私もスウェーデン旅行のメインで訪れましたが、とにかく街並みも建物も何もかもがステキで感動した思い出でいっぱいです。 パリやロンドン、ベルリンなどのヨーロッパも良いですが、ストックホルム旅行とってもおすすめです! | * 『世界はほしいモノにあふれてる』を見逃してしまった方、 NHKで放送された番組もう一度観たい方は、オンラインレンタル で期間限定配信中で、観ることができます。

次の

世界はほしいモノにあふれてる「デンマーク 北欧照明を探す旅」紹介リスト

世界 は 欲しい モノ に あふれ てる 北欧

名前:インガ・リサ・ラーソン Inga Lisa Larson 生年:1931年9月9日 出身:スウェーデン 大学:ヨーテボリ大学芸術学部デザイン工芸校 リサ・ラーソンさんは1931年、 スウェーデンの南部に生まれさんました。 1949~1954年の間、 ヨーテボリ大学芸術学部デザイン工芸校 に学んだ後、 スウェーデンの陶磁器メーカー グスタフスベリ・ファブリカに入社しています。 専属デザイナーとして活躍した約20年の間に、 穏やかで人懐こい表情をしたオブジェをつくる 作風を確立させました。 1952年、グンナル・ラーソンとご結婚。 旦那様は画家なんだそうですよ^^ 1980年、ラーソンさんは、 グスタフスベリを離れ、フリーランスとなり、 数多くのスウェーデンの企業と仕事をし始めています。 1992年、ラーソンさんは、 かつての同僚数人とともに、 Keramikstudion i Gustavsberg (ケラミークステューディオン・グスタフスベリ、 グスタフスベリ陶器スタジオ)を設立。 今現在は、 ストックホルムの中心部から少し離れた 閑静な住宅街に住みながら、 自宅のアトリエで作品を生み出しています。 作品のインスピレーションは、 寝る前や、日常の些細なシーンの中でよく湧くのだとか^^ そうして いろんな場所で頭に浮かんだことを紙に スケッチして一気に書き留めているんだそうです。 リサ・ラーソンさんのフィギュア作品は、 どこか日本の心に響くことから、 日本でとても人気があり、 1979年、1981年には、東京の西武百貨店で 個展を開催したこともあるそうです。 また、日本以外では、アメリカやドイツでも 大変人気があるそうです。 優し気な動物たちの表情や フォルムが可愛いですよね! 個人的にはハリネズミが好きです^^ — 2019年 2月月8日午後6時16分PST リサ・ラーソンさんの新作はどこで買える? また、9月26日放送の 「世界はほしいモノにあふれてる」では、 名古屋タカシマヤで毎年開催する 「北欧展」のバイヤー・井澤卓也さんが登場しています。 名古屋タカシマ屋の「北欧展」は国内百貨店で 開催される北欧フェアの草分け的催しで、 規模も売り上げも日本一といわれている有名イベント。 こちらのイベントで新作が販売される可能性もありそうですね。 又は、直営店なども早くに販売されそうです。 「リサ・ラーソン」さんの北欧雑貨は通販でも買える! 「リサ・ラーソン」さんの北欧雑貨は、 以下のネットショップからも購入出来ます。 2020年2月頃より、松屋銀座を皮切りに 約2年にわたる大回顧展の開催が決定しました。 陶芸家としての側面によりフォーカスし、 彼女の作品と人生を追体験する展示となる予定です。 リサが幼少期に作っていた木彫りの人形や 工芸デザイン学校の学生時代の作品など、 これまで見ることができなかった貴重な初期作品も並びます。 トンカチでは展覧会ショップをもう1つの メインイベントとして考え、2020年に照準を合わせ、 これまでにないプロダクツを準備していきます。 ご期待下さい。 ちなみに今年3月の様子もから 確認できます。 リサ・ラーソンさんの作品がたくさん見られる 貴重な機会ですね! また、リサ・ラーソンさんの作品は、 楽天市場でも購入可能のようです。

次の