ノーベル 賞 日本 人 2019。 吉野彰氏にノーベル化学賞 : 日本出身のノーベル賞受賞者一覧

「ノーベル文学賞は外国人に」共同通信の速報にツッコミ多数 受賞者名なく「誰が受賞したんだよ!」: J

ノーベル 賞 日本 人 2019

概要 [ ] 後、未だにあった11月3日()、日本人として初めてが授賞した。 およびからわずか4年余りしか経ってないにも関わらず、の基本理論に近しい理論である「理論」を授賞理由とした湯川は敗戦直後の日本国民に受け入れられ、国民に大いに自信を与えたという。 1901年から始まり2019年に至るノーベル賞の歴史の中で、日本は非諸国の中で最も多い28名の受賞者を輩出しており、このうち3名が受賞時点で外国籍を取得していた。 に入ってからでは、自然科学部門の国別で日本は米国に続く世界第2位のノーベル賞受賞者数となっている。 ただし、を受賞した日本人はおらず 、また女性 や団体および複数回にわたってノーベル賞を受賞した日本人・団体もいない。 受賞者の多くが大学教授などの研究者である中、1973年に民間企業 の技術者であった江崎玲於奈が物理学賞を受賞。 2002年に民間企業()の技術者であった田中耕一が化学賞を受賞。 2014年に青色LEDの開発で赤崎勇、天野浩と共に物理学賞を受賞した中村修二も、民間企業()在籍時の高輝度青色LEDの発明・実用化が理由となった。 2019年には民間企業()に在籍している吉野彰がの開発で化学賞を受賞した。 2010年 卒、博士課程修了 Ph. 生理学・医学賞 [ ] 受賞時日本国籍の受賞者の一覧 受賞年 名前/受賞者の貢献度 学歴/受賞理由 1987年 卒、博士課程修了 Ph. 経済学賞 [ ] 2019年現在、ノーベル経済学賞を受賞した日本人はいない。 日本出身の受賞者 [ ] 日本出身(を除く)で受賞時外国籍の受賞者 物理学賞 [ ] 受賞年 名前/受賞者の貢献度 学歴/受賞理由/日本との関係 2008年 東京帝国大学理学部卒、理学博士(東京大学) におけるの発見。 ノーベル賞として評価された研究は渡米後のものだが日本国籍の時のものである。 その後1970年に49歳で国籍を取得した際に日本国籍を失っており、受賞時にはアメリカ国籍。 晩年はだけでなくの自宅にも居住していた。 2014年 工学部卒、博士(工学)(徳島大学) 高輝度で省電力の白色光源を可能にした青色発光ダイオードの発明。 徳島大学を卒業後、同大学大学院工学研究科修士課程修了。 1994年になって徳島大学で博士(工学)の学位を取得。 の社員時代に青色発光ダイオードの開発を社長に直訴し、1993年に世界に先駆けて高輝度青色LEDを発明、実用化した。 1999年に同社を退職し、2000年に教授に就任。 アメリカで研究を続ける都合により、米国籍を取得。 文学賞 [ ] 受賞年 名前/受賞者の貢献度 学歴/受賞理由/日本との関係 2017年 卒、M. () 感情に強く訴える小説群により、世界とつながっているという我々の幻想に潜む深淵を明るみに出したことに対して。 漢字表記は石黒一雄。 1960年、海洋学者の父が北海で油田調査をすることになり、一家でイギリスのに移住、1978年、ケント大学英文学科卒業。 1980年、イースト・アングリア大学大学院創作学科でMaster of Artsを取得。 1983年、イギリスに帰化。 日本にゆかりのある受賞者 [ ] 化学賞 [ ] 受賞年 名前/受賞者の貢献度 学歴/受賞理由/日本との関係 1986年 卒、Ph. () 化学反応の素過程についての研究。 幼少時は日本国籍を有しを話した。 旧の一つ、を前身とする国立台湾大学を卒業後、大学院で学び、カリフォルニア大学バークレー校でPh. を取得。 1987年 ()卒、S. () 高選択的に構造特異的な相互作用をする分子(クラウン化合物)の開発と応用。 8歳までで育ち、教育を受けるために長崎県を経て、10歳でに移り、18歳まで同市にあるで学んだ後、アメリカに渡った。 後にアメリカに帰化した。 ノーベル賞受賞者の出身大学 [ ] ノーベル賞受賞者の学位取得大学(人数別) [ ] 各日本人ノーベル賞受賞者が一つ以上の(学士号・修士号・博士号)を取得した大学(2019年10月時点)• 東京大学 11(物理学賞5、化学賞1、生理学・医学賞2、文学賞2、平和賞1)• 京都大学 8(物理学賞3、化学賞3、生理学・医学賞2)• 名古屋大学 5(物理学賞4、化学賞1)• 大阪大学 2(物理学賞1、化学賞1)• 東京理科大学 1(生理学・医学賞1)• 神戸大学 1(生理学・医学賞1)• 大阪市立大学 1(生理学・医学賞1)• 山梨大学 1(生理学・医学賞1)• 徳島大学 1(物理学賞1)• 埼玉大学 1(物理学賞1)• 東京工業大学 1(化学賞1)• 東北大学 1(化学賞1)• 北海道大学 1(化学賞1)• 1(化学賞1)• 1(生理学・医学賞1)• ロチェスター大学 1(物理学賞1)• ペンシルベニア大学 1(化学賞1)• ケント大学 1(文学賞1)• イースト・アングリア大学 1(文学賞1) ノーベル賞受賞者の学位取得大学(学位授与数別) [ ] 受賞時の号取得者は、2019年10月時点で受賞者中23人である。 そのうち3人が米国の大学で博士号を取得している。 また、3人が日本国外の研究機関在籍中の受賞である。 大学名 学士 修士 博士 合計 東京大学 8 3 7 18 京都大学 8 3 3 14 名古屋大学 3 4 5 12 北海道大学 1 1 1 3 東京工業大学 1 1 1 3 徳島大学 1 1 1 3 東京理科大学 0 1 1 2 大阪大学 0 0 2 2 東北大学 1 0 0 1 埼玉大学 1 0 0 1 山梨大学 1 0 0 1 大阪市立大学 0 0 1 1 神戸大学 1 0 0 1 長崎大学 1 0 0 1 ペンシルベニア大学 0 0 1 1 ロチェスター大学 0 0 1 1 カリフォルニア大学サンディエゴ校 0 0 1 1 ケント大学 1 0 0 1 イースト・アングリア大学 0 1 0 1 合計 28 15 25 68• 東京大学、京都大学、大阪大学、長崎大学はそれぞれ東京帝国大学、京都帝国大学、大阪帝国大学、長崎医科大学附属を含む。 小柴昌俊はロチェスター大学(課程博士:Ph. D) と東京大学(理学博士・論文博士) から博士号を授与されているため、人数が重複している。 大村智は東京大学(薬学博士・論文博士) と東京理科大学(理学博士・論文博士) から博士号を授与されているため、人数が重複している。 ノーベル賞受賞を受け、田中耕一には東北大学から名誉博士の称号が贈られている。 ノーベル賞受賞者の出身高校 [ ] 日本出身のノーベル賞受賞者の出身高校 受賞年 受賞者 分野 出身高校 高校の所在県 国公私立 1949年 物理学 (旧制)京都府立京都第一中学校(現:) 京都 公立 1965年 物理学 (旧制)京都府立京都第一中学校 京都 公立 1968年 文学 (旧制)大阪府立茨木中学校(現:) 大阪 公立 1973年 物理学 京都 私立 1974年 平和 山口 公立 1981年 化学 大阪 公立 1987年 生理学・医学 東京 公立 1994年 文学 愛媛 公立 2000年 化学 岐阜 公立 2001年 化学 兵庫 私立 2002年 物理学 神奈川 公立 2002年 化学 富山 公立 2008年 化学 長崎 公立 2008年 物理学 福井 公立 2008年 物理学 愛知 公立 2008年 物理学 愛知 公立 2010年 化学 神奈川 公立 2010年 化学 北海道立苫小牧高校(現:) 北海道 公立 2012年 生理学・医学 大阪 国立 2014年 物理学 愛媛 公立 2014年 物理学 静岡 公立 2014年 物理学 (旧制)鹿児島県立第二鹿児島中学校(現:) 鹿児島 公立 2015年 生理学・医学 山梨 公立 2015年 物理学 埼玉 公立 2016年 生理学・医学 福岡 公立 2018年 生理学・医学 山口 公立 2019年 化学 大阪 公立 受賞に関わった人物 [ ] 平和賞 [ ]• 出身のであるは、12月のノーベル平和賞授賞式において、団体として受賞したICAN()の事務局長であるベアトリス・フィンとともに記念のメダルと賞状を受け取り、受賞講演を行った。 受賞を逃した人物 [ ] 日本人としては、第1回からやなどが候補に挙がっていたが、受賞者には選ばれなかった。 北里に至っては、共同研究者であったが受賞したにも拘らず、抗毒素という研究内容を主導していた北里が受賞できないという逆転現象が起こっていた。 とは、の耳にを塗布し続け、1915年に世界初の発生に成功したが、1926年のノーベル賞は癌・寄生虫起源説のに授与された。 現在フィビゲルが提唱した癌・寄生虫起源説は誤りであると考えられている。 世界初の単離に成功したは、ドイツ語への翻訳で「世界初」が誤って記されなかったため注目されず、1929年のノーベル賞を逃した。 の発見で1930年代に6度ノーベル賞候補となるも受賞を逃したについて、を歴任したは、当時がであったことから受賞に至らなかったとしている。 1970年に・北海道大学理学部化学第二学科助教授(当時)は fullerene C60 の存在を理論的に予言したものの、肝心の論文を日本語でのみ発表しており英文では発表していなかったため、1996年のノーベル賞を逃した。 この顛末は当時の『』(第384号、96年12月26日発売)にも掲載された。 1998年、でニュートリノ振動を確認し、ニュートリノの質量がゼロでないことを世界で初めて示したも有力なノーベル賞候補と目されていたが、2008年に死去した。 彼の後輩で教え子でもある梶田隆章が2015年に物理学賞を受賞した際には、もし戸塚が生きていれば共同受賞は確実だったと惜しまれた。 文学賞では、読売新聞が2012年3月にノーベル委員会のペール・ベストベリー委員長に取材し、「は急死しなければ、ノーベル文学賞を受けていたでしょう。 非常に、非常に近かった」「は、それ(安部)ほど高い位置まで近づいていなかった。 が、非常に真剣に討論されていた」といったコメントを得たことを報じた。 このコメントと上記の守秘義務との関連は不明である。 は、ベストベリー委員長が三島由紀夫について、安部ほどは受賞に近づいていなかったと指摘したことについては、「スウェーデン人で国連事務総長を務めたが『』を高く評価することをスウェーデン・アカデミーに伝えており、その推薦は軽視されないということだった。 受賞に大変近かったはずだ」と同記事内で述べている。 1月3日、三島由紀夫が1963年度のノーベル文学賞の有力候補6人の中に入っていたことが公式発表された。 6人の中には、三島の他にらがおり、その後3人に絞り込まれた際に三島は外れた。 1963年度の選考資料によると、委員会がドナルド・キーンに日本の作家についての評価を求めていたことが分かった。 当時キーンは、実績を重視し、年齢順に「谷崎潤一郎(76歳)、川端康成(63歳)、三島由紀夫(38歳)」の順で推薦したが、本心では「三島が現役の作家で最も優れている」と思っていたとし、それでも三島よりも谷崎と川端を高く評価したのは、を意識する日本社会に配慮したからだと説明して、「日本人の中には三島はまだ若いと考える人もいて、もし谷崎と川端を差し置いて受賞すれば、日本の一般市民は奇妙に感じるのではないかと考えた」と2015年4月に明らかにした。 ほかに、2006年頃から、作家のがノーベル文学賞の有力候補としてなどの予想に取り上げられ 、しばしばメディアにも取り上げられているが 、2019年現在、受賞していない。 ノーベル賞候補者となった人物 [ ] ノーベル賞の候補者や選考過程は50年間の守秘義務があり、ノーベル財団のウェブサイトでは1966年まで(平和賞のみ1967年まで)の候補者が公表されている。 ノーベル物理学賞では、が1932年の候補に日本人初の候補者に挙がっている。 このほか、(1960年 - 1961年、1964年、1965年)、(1961年)、(1965年 - 1966年)、(1966年)、(1966年) などがいる。 彼ら以外には1969年にノーベル物理学賞候補者となっていたことがほぼ確実視されているが、現在公表されているノーベル財団の公式な資料に基づくものではない。 ノーベル化学賞では、1911年にが日本人初の候補者に挙がっている。 このほか、鈴木梅太郎(1936年)、(1951年 - 1952年)、油脂化学を専門とした(1958年)、(1962年、1964年)、九州大学名誉教授の(1964年) などがいる。 ノーベル生理学・医学賞では、1901年に北里柴三郎が日本人初の候補者に挙がっている。 このほか、秦佐八郎(1912年 - 1913年)、野口英世(1913年 - 1915年、1920年 - 1921年、1924年 - 1927年)、鈴木梅太郎(1914年)、1919年にとが共同候補者となり、山極勝三郎(1925年 - 1926年、1928年、1936年)、(1928年、1935年、1937年)、呉建(1931年、1933年、1935年 - 1937年、1939年)、(1935年 - 1936年、1939年、1941年)、市川厚一(1936年)、(1936年、1938年、1953年)、当時のの教授だった(1938年) 、(1939年)、(1939年)、大阪大学名誉教授の(1952年) 、(1953年)などがいる。 ノーベル文学賞では、が1947年・1948年の2度候補に挙がっている。 ノーベル賞の候補者や選考過程は50年間の守秘義務があり、ノーベル財団のウェブサイトでは1965年までの候補者が公表されている。 2009年、がノーベル財団に50年以上経過した過去の情報公開を請求した結果、賀川の後は1958年にとが候補となっていたことが確認された。 さらに、谷崎と西脇は1960年から1962年にも候補者となっていたことが、公開された日本の外務省公電からの間接的な形で2010年に研究者によって確認され 、2013年に読売新聞によるへの情報公開請求の結果としても裏付けられた。 また、同じ情報公開請求では1968年に受賞した川端康成が、1961年と1962年に候補者となっていたことも明らかになった。 後述する2014年の資料公開で、川端・谷崎・西脇の3人は1963年にも候補者となっていたことが判明している。 2015年1月、の資料公開請求に基づく開示により、1964年度も前年同様に谷崎・川端・西脇・三島の4人がノミネートされ、そのうち谷崎潤一郎は1960年度に続き最終選考6人の中に含まれていたことが明らかになった。 2016年1月にはやはり共同通信社の資料公開請求に基づく開示で1965年度についてはこの年7月に亡くなった谷崎を含む前年と同じ4人がノミネート対象となり、スウェーデンアカデミーは「谷崎亡き後、川端が日本人候補者の中で最有力だ」としたものの、日本人4人は最終選考に残っていなかったことが明らかにされた。 2017年1月、読売新聞による資料公開請求に基づく開示で、1966年度は川端と西脇が候補となり、川端はノミネート以来初めて最終選考対象6人に残っていたことが明らかになった。 この年の選考に際してはが意見書を寄せていたことも判明している。 川端が受賞した翌年の1969年にはが候補に挙げられたことが判明している。 ノーベル平和賞では、1909年にが日本人初の候補者に挙がっている。 (1926年 - 1927年)、賀川豊彦(1954年 - 1956年、1960年)、(1960年)、(1963年)、(1965年 - 1966年)、湯川秀樹(1966年)が候補となっていたことがノルウェー・ノーベル委員会の公表した資料により明らかになっており 、吉田については関係者の残した手記などから1967年にも推薦が行われたとみられていた。 2018年1月にノーベル財団がウェブサイトに公表した1967年度の候補者リストに吉田の名前があり(推薦者はら) 、推測が裏付けられた。 日本にゆかりのある候補者としてはがいる。 クーデンホーフ家とカレルギー家が連携した伯爵一族クーデンホーフ=カレルギー家の人物で、東京生まれのオーストリアの国際的政治活動家。 日本人名の幼名を持ち、その名は、青山 栄次郎(あおやま えいじろう)。 汎ヨーロッパ連合主宰者として汎ヨーロッパ主義(パン・ヨーロッパ主義)を提唱し、それは後世の欧州連合構想の先駆けとなった。 そのため欧州連合の父の一人に数えられる。 何度もノーベル平和賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している。 日本における賞金にかかる所得税の扱い [ ] 日本人がノーベル賞受賞に際して受け取ったは、第9条13号ホに基づき、ノーベル経済学賞を除き非課税となる(「ノーベル基金から支出される賞金」と規定されており、から賞金が支出される経済学賞は同法第9条13号の対象外で同法第9条第13号ヘの財務大臣の指定 も受けていないため課税対象)。 これは湯川秀樹がノーベル賞を受賞した時、賞金に課税されることに世論の反発が起こり、1949年11月24日に、「贈与(個人からの贈与及び個人以外のものからの贈与のうち、学術、技芸、慈善その他文化的又は社会的貢献を表彰するものとして交付する報奨金品)を非課税とする」と所得税法が改正された結果である。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• (産経新聞 2014年4月16日)• (毎日新聞 2015年11月9日)• 日本経済新聞 電子版. 2020年4月15日閲覧。 2013年10月3日. 2020年4月15日閲覧。 2017年12月10日. 2017年12月14日閲覧。 2017年12月11日. 2017年12月14日閲覧。 2017年12月10日. 2017年12月14日閲覧。 2017年12月12日. 2017年12月14日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 Nobel Foundation. 2015年8月24日閲覧。 Nobel Foundation. 2015年10月6日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 Nobel Foundation. 2015年8月24日閲覧。 Nobel Foundation. 2015年8月24日閲覧。 NobelPrize. org. 2019年10月9日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 Nobel Foundation. 2015年8月24日閲覧。 Nobel Foundation. 2015年10月5日閲覧。 Nobel Foundation. 2016年10月4日閲覧。 Nobel Foundation. 2018年10月1日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 Nobel Foundation. 2009年12月19日閲覧。 日本経済新聞. 2014年10月7日. 2014年10月8日閲覧。 Nobel Foundation. 2017年10月5日閲覧。 Nobel Foundation. 2015年8月24日閲覧。 Nobel Foundation. 2015年8月24日閲覧。 代表的な卒業生. 2016年10月5日閲覧。 小柴昌俊『』東京大学博士学位論文(理学博士、乙第1244号)、1967年6月12日。 (和文題目『超高エネルギー現象の統一的解釈』)• 大村智『』東京大学博士学位論文(薬学博士、乙第1572号)、1968年9月6日。 大村智『』東京理科大学博士学位論文(理学博士、乙第16号)、1970年10月23日。 北日本新聞 2002年11月1日. 「『ガンの山極博士』たたえる」読売新聞1966年10月25日15頁。 Britannica. com. Retrieved on 2010-09-25. 鈴木梅太郎, 島村虎猪 1911. 東京化學會誌 32: 4—7;144—146;335—358. 「」『 第44集』日本経済新聞社、1971• Kagaku 25: 854—863. 1970. Yoshida, Z. ; Osawa, E. 1971. Aromaticity. Chemical Monograph Series 22. Kyoto: Kagaku-dojin. 174—8• 2016年8月21日. 地方版. 2016年10月5日閲覧。 YOMIURI ONLINE2012年3月23日• (英語)• 「三島、63年ノーベル賞候補 最終6人に残り、あと一歩」(共同通信 2014年1月3日付)• 「三島ノーベル賞目前だった」( 2014年1月4日号に掲載)• 、スポーツ報知、2019年10月11日 6時13分。 - ハフィントンポスト、2013年10月8日• - 田中大輔、日経ビジネスオンライン、2013年10月15日• - NEWSポストセブン、2014年10月12日• - 鵜飼哲夫、読売オンライン、2016年10月11日• - 栗原裕一郎、東洋経済オンライン、2016年10月18日• mainichi. jp 毎日新聞社. 2009年9月13日. の2009年9月23日時点におけるアーカイブ。 (英語)• 「谷崎潤一郎、58年ノーベル賞候補 三島由紀夫が推薦状」朝日新聞2009年9月23日。 谷崎はや、、三島由紀夫ら5人から推薦を受け、最終選考より一段階前の41人に含まれていた。 吉武信彦「ノーベル賞の国際政治学」『地域政策研究』地域政策学会、第12巻4号、2010年、p21 - 43• 読売新聞2013年1月14日• 川端が候補になっていたことについては、この報道以前にも上記吉武信彦の論文や2012年にNHKが行った1961年分の情報公開請求( NHKニュース 2012年9月4日閲覧)で示されていた。 2014年1月3日(共同通信配信)• - 毎日新聞2015年1月3日• 産経新聞. 2016年1月5日. 2016年2月2日閲覧。 読売新聞. 2017年1月3日. 2017年1月3日閲覧。 2020年1月21日• 1 - 23• 吉武信彦「 」高崎経済大学地域政策学会、2016年• - ノーベル賞公式サイト• - Nomination Database(ノーベル賞公式サイト)• 関連項目 [ ]• - ノーベル賞受賞者と関係の深い場所を通っているため、と呼ぶ動きがある。 - 未受章者がノーベル賞を受賞した場合は同勲章が贈られる。 外部リンク [ ]• (日本語)• (英語).

次の

ノーベル賞を受賞した日本人は何人?歴代の受賞者と2019年の候補

ノーベル 賞 日本 人 2019

目 次• 日本人のノーベル賞受賞者一覧 1949年 湯川秀樹(ゆかわ・ひでき) 物理学賞 1965年 朝永振一郎(ともなが・しんいちろう) 物理学賞 1968年 川端康成(かわばた・やすなり) 文学賞 1973年 江崎玲於奈(えさき・れおな) 物理学賞 横浜薬科大学長 1974年 佐藤栄作(さとう・えいさく) 平和賞 1981年 福井謙一(ふくい・けんいち) 化学賞 1987年 利根川進(とねがわ・すすむ) 医学生理学賞 米マサチューセッツ工科大教授 1994年 大江健三郎(おおえ・けんざぶろう) 文学賞 2000年 白川英樹(しらかわ・ひでき) 化学賞 筑波大名誉教授 2001年 野依良治(のより・りょうじ) 化学賞 理化学研究所フェロー 2002年 小柴昌俊(こしば・まさとし) 物理学賞 東京大特別栄誉教授 2002年 田中耕一(たなか・こういち) 化学賞 島津製作所シニアフェロー 2008年 南部陽一郎(なんぶ・よういちろう) 物理学賞 2008年 小林誠(こばやし・まこと) 物理学賞 高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授 2008年 益川敏英(ますかわ・としひで) 物理学賞 名古屋大特別教授 2008年 下村脩(しもむら・おさむ) 化学賞 米ボストン大名誉教授 2010年 鈴木章(すずき・あきら) 化学賞 北海道大名誉教授 2010年 根岸英一(ねぎし・えいいち) 化学賞 米パデュー大特別教授 2012年 山中伸弥(やまなか・しんや) 医学・生理学賞 京都大教授 2014年 赤崎勇(あかさき・いさむ) 物理学賞 名城大終身教授 2014年 天野浩(あまの・ひろし) 物理学賞 名古屋大教授 2014年 中村修二(なかむら・しゅうじ) 物理学賞 米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授 2015年 梶田隆章(かじた・たかあき) 物理学賞 東京大教授 2015年 大村智(おおむら・さとし) 生理学・医学賞 北里大特別栄誉教授 2016年 大隅良典(おおすみ・よしのり) 生理学・医学賞 東工大栄誉教授 2018年 本庶 佑(ほんじょ・たすく) 生理学・医学賞 京都大学客員教授 2019年 吉野彰(よしの・あきら) 化学賞 旭化成名誉フェロー 2017年は石黒一雄氏が文学賞を受賞されましたが、国籍はイギリスとなります。 2020年の日本人受賞者候補予想は? 「物理学賞」候補者 細野 秀雄氏 東京工業大学教授 鉄系の超電導体を発見して、リニアモーターカーに代表される超電導技術に革命をもたらした人物 十倉 好紀氏 理化学研究所 創発物性科学研究センター センター長 強磁性、強誘電性などを同時に複数有する物質である、新しい マルチフェロイック物質を発見。 中沢 正隆氏 東北大学 電気通信研究所長 世界中の高速光ファイバー通信網を支える、 エルビウム添加ファイバー増幅器を開発。 大野 英男氏 東北大学電気通信研究所教授 磁石の性質を持つ半導体を開発。 香取 秀俊氏 東京大教授 300億年に1秒しかずれないという、高精度な時計 「光格子時計」を開発。 「生理学・医学賞」候補者 水島 昇氏 東京大学大学院医学系研究科教授 世界初、生きている細胞内で オートファジー現象を可視化。 小川 誠二氏 東北福祉大学特任教授 病院で診断に使われる MRI装置の基本原理を発見。 森 和俊氏 京都大学大学院理学研究科教授 小胞体内変性タンパク質の検出と、その修復によるメカニズムを独自に発見した人物 坂口 志文氏 大阪大学特別教授 制御性T細胞と、転写因子Foxp3の特性と機能に関する発見をした人物 竹市 雅俊氏 理化学研究所多細胞システム形成研究センター特別顧問 細胞同士をくっつける物質 『カドヘリン』を発見。 「化学賞」候補者 前田 浩氏 崇城大学DDS研究所の特任教授・熊本大学名誉教授 がん治療における高分子薬物の 血管透過性・滞留性亢進効果の発見をしました。 2016年トムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞しました。 松村 保広氏 国立がん研究センターの先端医療開発センター新薬開発分野長 同じく、がん治療における高分子薬物の 血管透過性・滞留性亢進効果の発見をしました。 2016年トムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞しました。 飯島 澄男氏 名城大学終身教授 炭素で構成されており、ダイヤモンドの2倍の硬さをもち、アルミニウムの半分の軽さで、銅の1000倍も電気を通しやすい特徴をもっていると言われる、 「カーボンナノチューブ」を発見した人物 新海 征治氏 九州大学高等研究院特別主幹教授 機械のような機能を分子にも持たせようという概念の 分子機械のパイオニアです。 北川 進氏 京都大学大学院工学研究科教授 地球温暖ガスの二酸化炭素を効率よく吸着する 『多孔性金属錯体』の合成方法発見。 藤嶋 昭氏 東京理科大学学長 鏡の曇りどめなど幅広く使われている、 酸化チタン光触媒で医療機器の衛生面の向上。 春田 正毅氏 首都大学東京教授 金は触媒に使えないという常識を覆し、 新たな触媒の世界を切り開く。 遠藤 章氏 東京農工大特別栄誉教授 コレステロールを下げる薬である 「スタチン」の主成分となる物質を発見。 「経済学賞」候補者 清滝 信宏氏 プリンストン大学経済学部教授 住宅などの資産価値の下落という出来事が経済活動全体に及ぼす影響を、3つの数式を使って表現した 清滝-ムーアモデルを発表。 「文学賞」候補者 村上春樹氏 谷崎潤一郎賞を受賞した「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」や「海辺のカフカ」など有名な作品を書いており、ノーベル文学賞の最有力候補といわれ続けている。 今年の受賞者 みんなの予想は! ノーベル賞とは?ノーベル賞の由来 ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルが、その発明で得た財産を、 平和・学術に貢献した人に提供するという遺言をもとに創設されました。 元々は採掘などで役に立ち、便利なもののはずであったダイナマイトが兵器として人間を殺傷する道具としても使われるようになったことに対し、発明者であるノーベル自身も心を痛めていたという話もあります。 賞金はいくら? ノーベルの遺言によって設立され、1901年から毎年授与されている賞です。 スウェーデン・アカデミー、スウェーデン王立科学アカデミー、カロリンスカ研究所、ノルウェー・ノーベル委員会が主催となり、様々な学術部門や平和にといった分野で顕著な貢献を残した人物に贈られます。 ノーベルの命日である12月10日に メダル、賞状、賞金(1000万スウェーデン・クローナ=約1億円)が贈られます。 ノーベル賞の種類 物理学、化学、医学・生理学、文学、平和の5部門でしたが、 1969年からスウェーデン銀行の寄付により 経済学の部門でも授与されるようになりました。 よって ノーベル物理学賞 ノーベル化学賞 ノーベル医学・生理学賞 ノーベル文学賞 ノーベル平和賞 ノーベル経済学賞 の6部門になります。 共同研究など複数人による業績が受賞する場合、1度に3人までが同時に受賞することができます。 この場合、 受賞者の貢献度によって賞金が分割されるとのことです。 平和賞のみ団体での受賞が認められており、過去には赤十字や国境なき医師団が受賞しています。 最近、「日本の憲法9条にノーベル平和賞を」という話題を小耳にはさみますが、 上記の通り原則として個人に与えられるものなので残念ながら戴くことは難しそうです。 受賞者をどのように決めるのか 受賞の選考は 物理賞、化学賞、経済学賞の3部門ではスウェーデン王立科学アカデミーが、 医学生理学賞はカロリンスカ研究所が、 平和賞はノルウェー・ノーベル委員会が、 文学賞はスウェーデン・アカデミー がそれぞれで行っています。 ただ、その選考過程は受賞の50年後に公表されるそうで、その詳細は我々はまったく触れることはできません。 トムソン・ロイターは論文引用数などのデータをもとに、独自にノーベル賞候補者を挙げていますが、発表当日に最終選考が行われるということもあり予想は大変難しいそうです。 なお、平和賞についてはスウェーデンではなくノルウェー国会(ノルウェー・ノーベル委員会)によって選定されるそうですが、その理由は諸説ありはっきりしていません。 どの方がノーベル賞をとってもおかしくない功績をのこしていますので、発表が楽しみですね。 ノーベル賞候補者を予想して、ぜひコメント欄に書いてみてください!.

次の

ノーベル化学賞2019受賞者3人の経歴学歴|吉野彰氏とグッドイナフ氏とウィッティンガム氏

ノーベル 賞 日本 人 2019

「いつからノーベル賞は日本の賞になったんだ」 ノーベル文学賞は10月10日20時に発表が始まったが、問題の記事は、直後の20時3分に配信。 見出しを「ノーベル文学賞は外国人に」と打ち、内容は「【ストックホルム共同】スウェーデン・アカデミーが10日発表した2018年、19年のノーベル文学賞受賞者は、いずれも日本人ではなかった。 」と約60字にしている。 見出しの表現をめぐり、ネット上では記事の配信直後から批判の声が寄せられており、 「日本人 外国籍含む か外国人かの尺度しか持ってないのか」 「いつからノーベル賞は日本の賞になったんだ」 「『外国人に』ってのが、なんか表現がヒドい」 「さすがに雑すぎて草」 などの意見が上がっていた。 一方の本文にも 「見出しだけじゃなくて本文も雑だった」 「タイトルだけじゃなくて記事も『日本人じゃなかった』だけなんやけど! なにこれ... 」 「それで終わりかよ!で誰が受賞したんだよ!そこ興味なしかよ!」 などの投稿が相次いだ。 なお、同社は10日20時12分に、ポーランドの女性作家オルガ・トカルチュクさん、オーストリアの作家ペーター・ハントケさんがそれぞれ2018年分、19年分の文学賞授与が決まったことを伝える記事も別に配信している。 まずは第一報を上記のような形で伝え、二報以降で情報を追加していった形だが、第一報のみに触れた読者も多かったようだ。 13年には「今年のノーベル文学賞の受賞者に日本人はいません」とツイート なお、過去の共同通信の「第一報」を、公式ツイッターでの投稿を元に確認してみた(いずれも、記事URLとともに投稿されているが、いずれも記事は現在閲覧できない)。 13年10月10日は発表直後の20時3分には「今年のノーベル文学賞の受賞者に日本人はいません」と投稿(リンク先は19年10月11日に確認した限りでは、共同通信などの記事が掲載される「47NEWS」のトップになっている)。 21時8分には「ノーベル文学賞にカナダ女性作家 短編作家アリス・マンローさん」と報じた。 14年10月9日20時59分には、「ノーベル文学賞にモディアノ氏 仏ベストセラー作家」、15年10月8日21時には、「ベラルーシ作家にノーベル文学賞 アレクシエービッチさん」と伝えている。 16年10月13日20時10分には、「【速報】ノーベル文学賞はボブ・ディラン氏」、17年10月5日20時6分には「英国人小説家イシグロ氏に文学賞」とした。 (J-CASTニュース編集部 田中美知生).

次の