ミロ の ヴィーナス 腕。 ミロのヴィーナス

謎の美女!ミロのヴィーナス

ミロ の ヴィーナス 腕

中村るい『ギリシャ美術史入門』読んでるけど良書。 ギリシャ美術の流れを説明しながら、当時の作品だけでなく、その後の美術史でどのように参照されているかにも触れるので、古代ギリシャがいかに西洋美術史の基礎となっているかがよくわかる。 実際平易なことばで読みやすく、良書にはちがいないのだが、正直に言うとこの時点ではまだ最後まで読みきっていなかった。 このたびちゃんと読み終えて特に印象に残ったのが、最後に紹介されるヘレニズム期の彫刻《ミロのヴィーナス》が、「美術史的には傑作ではない」とバッサリ切られていたことだ。 以下、本文からの引用。 そして、これがとても大事なことですが、美術史学の観点からは、決して傑作とはいえないことです。 クオリティーの点では、さきの《サモトラケのニケ》のほうがずっと上でしょう。 ではなぜ、《ミロのヴィーナス》が至宝として扱われるのか。 美術史の立場からいえば、頭部が残っているからです。 クラシック期からヘレニズム期の、等身大かそれ以上のヴィーナス像の原作で、頭部の残っているものは、この像しかありません。 これ以外で頭部が残っているのは、すべてコピー像です。 つまり、頭部が残った唯一のオリジナルとして、稀少価値から評価されているのです。 ちょうど担当している講義で古代ギリシャ美術をやっていたので、そこでは《ミロのヴィーナス》が傑作かどうかには諸説あるとして中村氏の意見も紹介した。 まじか。 それは知らんかった。 中村氏の解説によれば、《ミロのヴィーナス》の特異性は、それが比較的完全に近いというところにある。 なので、この逆転はちょっと面白い。 この「不完全だから美しい」という価値観、いったいどこから出てきたんだ? また別の機会に東京芸大の研究室の学生さんたちと一緒に食事をした際、《ベルヴェデーレのアポロン》について面白い話を聞いた。 この作品は両腕が欠落した状態で発掘されたため、ミケランジェロの弟子ジョヴァン・アンジェロ・モントールソリが腕を補完したが、1924年にオリジナル部分のみを残すため補完部分は除去された。 しかしその後、剥き出しの加工跡を露出しているのはよろしくないということになり、モントールソリ作の腕が付け直されたのだそうだ。 その場の話題では「昔の人の証言や批評を読むとき、同じ作品でも同じ状態で観ているとは限らない」という話になったが(それはそれで面白い話)、この「後世の加工を除去する」というところに、「不完全の美」の芽生えをみることができるように思う。 それはおそらく、オリジナル信仰と強い関係がある。 《ベルヴェデーレのアポロン》について調べていると、同じくヴァチカン所蔵の古代彫刻《ベルヴェデーレのトルソ》についても興味深いエピソードを見つけた。 なんでも、教皇ユリウス二世がミケランジェロに《ベルヴェデーレのトルソ》の手足や顔を補うよう依頼したところ、ミケランジェロは「この彫刻はこのままで完全だ」と言って断ったというのである。 この逸話、チラッと Google Books で検索した限りではあるが、あまり学術書には出てこず、ガイドブックなどで「伝説によると〜」「伝統では〜」といった枕詞とともに登場する。 初出がまだ確かめられていないのだが、たしかヴァザーリのミケ伝にはなかった話だと思う。 逸話が本当の話か後世の作り話かはとりあえず置いといても、ここでミケランジェロがそのセリフを言ったことになっているのは示唆的で、というのも、ミケランジェロはご存知のように「ノンフィニート(未完成)」の彫刻家であるからだ。 たしかに、同時代の美術批評家ベネデット・ヴァルキはすでに「ミケランジェロのノンフィニートはそこらへんの完成作よりも完全だ」といった趣旨の発言をしているので、未完成にも良さがあるという考えは出てきているものの、しかし未完成と不完全には差をつけなければいけないような気もする…。 すでに《ベルヴェデーレのアポロン》の例にも見たように、ルネサンス期のイタリア、一部が欠けた古代彫刻は基本的に「創造的修復」を施すのが常だったし(見てきたように語るマン)。 《ミロのヴィーナス》の「不完全の美」、ミケランジェロの逸話、《ベルヴェデーレのアポロン》の腕の除去、どれも同類の思想が根底にある話であるように思う。 まあでもこれを結論とするのは早計で、まずはミケランジェロの逸話の初出を特定せねば…。

次の

ミロのヴィーナス

ミロ の ヴィーナス 腕

1820年にこの像は発見されたと言われています。 経緯には諸説あるようですが、ミロ島のイヨルゴス(農夫)が古代遺跡の劇場近くの 農地を耕していたところ穴倉を発見しそ のなかに二つになった胴体部分と石柱、 腕、手首、などに分かれたビーナス像があったそうです。 胴体部分にも鉄棒があったそうですからもともとこの像は一個の石の塊から彫りぬかれた ものではなく各パーツに分かれた人体の部分を接合 するやりかたで作られた石像なのかもしれません。 俗説として… 林檎を手にしているという話が広く伝わっている。 この林檎とはトロイア戦争の際、アテーナーとヘーラーを出し抜いてパリスから得た黄金の林檎のことである。 アドルフ・フルトヴェングラーによる復元像でも、やはり、左手に林檎を持っている。 詩人・作家である清岡卓行は、「失われた両腕」という文章の中で、ビーナスの両腕の不在のゆ えに、そこには想像力による全体への飛翔(原文で は「特殊から普遍へ」の飛翔とある)が可能なのだと述べている。 これは腕の石を接合していた金具のつり付け穴と見られますし、右腕には小さな穴が切断面近くに並んで空いていますがこれは金属の腕輪がはめられていたつり付け穴と想像されています。 それに続いて断片と化した翼が見つかったのです。 断片は全部で118片にのぼります。 その後復元された像は1884年にルーヴル美術館の『ダリュの階段踊り場』に展示され、現在に至ります。

次の

ミロのヴィーナス

ミロ の ヴィーナス 腕

* ミロのビーナス 08 ミロのビーナス 2018 生徒はミロのビーナスを知っているか。 そこから始まる。 知らないものを知っていると思って授業しても齟齬が生じるだけである。 知らなければ、まず説明する必要がある。 ウィキペディアによると、ミロのヴィーナスはギリシア神話におけるアプロディーテーの像と考えられている。 高さは二〇三cm。 材質は大理石。 紀元前一三〇年頃に作成されたと考えられている。 作者はわからない。 一八二〇年に小作農によって、オスマン帝国統治下のエーゲ海のミロス島で発見された。 トルコ人の官吏に没収され、フランス海軍提督がトルコ政府から買い上げ、ルイ十八世に献上され、ルーヴル美術館に寄付され、現在に至る。 ルーヴルを出て海外へ渡ったことは、一九六四年東京と京都(京都市美術館)で行われた特別展示のみである。 両腕復元像は定説と呼べるほど成功しているものはない。 俗説として、林檎を手にしているという話が広く伝わっている。 教科書にも写真があるが、図書館から美術書を借りて見せるのがよいだろう。 生徒に感想を聞いてみる。 第一段落 ミロのビーナスを見ると、「魅惑的であるためには両腕を失っていなければならなかった」という「不思議な思い」にとらわれる。 「両腕を失う」というマイナス要因が「魅惑的」というプラス要因に転換している。 そこには、「美術品の運命」が協力している。 両腕を「失う」を言い換えると、「忘れてきた」「隠してきた」となる。 「忘れる」は無意識であり、「隠す」は意識的である。 それは、「自分の美しさのため」「よりよく国境を渡ってゆくため」「よりよく時代を超えてゆくため」である。 空間的、時間的な美の伝播である。 このことを「特殊から普遍への巧まざる跳躍」、「部分的な具象の放棄によるある全体性への偶然の肉薄」と表現している。 両腕のある状態が「特殊」「部分的な具象」、両腕のない状態を「普遍」「全体性」である。 これは「逆説」ではなく筆者の「実感」である。 ミロのビーナスの残された胴体は、「美というものの一つの典型」「均整の魔」である。 それに比較して、失われた両腕は、「あるとらえ難い神秘的な雰囲気」「生命の多様な可能性の夢」「存在すべき無数の美しい腕への暗示」「微妙な全体性への羽搏き」「不思議に心象的な表現」である。 両腕を失った結果、その腕を想像することによって無数の美しい腕を獲得した。 第二段落 筆者は、復元案を正当であり自分の実感を勝手だと認めた上で、復元案を「興ざめ」「滑稽」て「グロテスク」と否定する。 一度失われているもの感動したら、失われていないものに感動することはできない。 それは両腕の有無という「量の変化」ではなく、「おびただしい夢をはらんでいる無」と「限定されてあるところのなんらかの有」の「質の変化」である。 「芸術というものの名」において、さまざまな実証的想像的な復元案も、「恐ろしくむなし」く、「一種の怒り」で否認したいと思う。 第三段落 「喪失の有無」ではなく「喪失の対象」という意味で考える。 失われたものは「両腕」でなければならなかった。 手には「人間存在における象徴的な意味」があり、「自分と世界との、他人との、あるいは自己との」「千変万化する交渉の手段」「関係を媒介するもの」「原則的な方式そのもの」であるからである。 ミロのビーナスは、腕の「欠落」によって「可能なあらゆる手」を獲得するという「不思議なアイロニー」を提示する。 1.【L4】ミロのビーナスの写真を見せて疑問に思うことをあげさせる。 2.【指】形式段落に1〜7の番号を付ける。 第一段落(1〜3) 1.【指】音読する。 2.【指】学習プリントを配布する。 3.【確】学習プリントの漢字の読みを確認する。 ・魅惑 普遍 巧まざる 具象 逆説 弄す 4.【確】学習プリントの語句の意味を確認する。 ・普遍=ある範囲のすべての事物に共通する性質。 ・具象=はっきりした姿・形を備えていること。 ・肉迫=相手に接するほど迫ること。 ・逆説=一見、真理にそむいているようにみえて、実は一面の真理を言い表している表現。 ・弄す=もてあそぶ。 思うままに操る。 ・心象=心の中に描き出される姿・形。 心に浮かぶ像。 イメージ。 5.設問に解答しながら読解する。 ・彼女がこんなにも魅惑的であるためには、両腕を失っていなければならなかった。 2 【L2】なぜ「不思議」なのか。 ・両腕の喪失は欠陥であるのに、逆に魅惑を感じているから。 3 【L1】「不思議な思い」に微妙に協力している「美術作品の運命」とは何か。 ・制作者のあずかり知らぬなにものか。 ・制作者が意図しなかったこと。 4 【L2】なぜミロのビーナスを「彼女」と呼ぶ擬人法を使っているのか。 ・愛情を込めている。 ・ミロのヴィーナスは、1820年4月8日に小作農であったヨルゴス(Yorgos)によって、オスマントルコ統治下のエーゲ海のミロス島で発見された。 ・彼は最初、官吏に見付からぬようにヴィーナス像を隠していたが、トルコ人の官吏に発見され没収された。 ・後に、フランス海軍提督ジュール・デュモン・デュルヴィルは、この像を見て価値を認め、フランス大使に頼みこんでトルコ政府から買い上げた。 ・修復された後に、ルイ18世に献上された。 ・ルイ18世は、ルーヴル美術館に寄付し、現在でもそこで管理されている。 5 【L1】両腕を「失った」の言い換えは。 ・うまく忘れてきた。 ・無意識的に隠してきた。 6 【L2】「忘れる」と「隠す」の違いは。 ・「忘れる」は無意識的。 ・「隠す」は意識的、意図的。 7 【L1】何のために両腕を隠したのか。 ・自分の美しさのため ・よりよく国境を渡っていくために ・よりよく時代を超えていくために 8 【L2】「国境を渡る」「時代を超える」とはどういうことか。 ・空間や時間を越える。 ・世界中のどこでも、いつの時代でも、自分の美しさを見てもらう。 【L2】「このこと」の指示内容は。 ・空間や時間を超えるために両腕を失くしたこと。 9 【L1】筆者は「このこと」をどう思っているのか。 ・特殊から普遍への巧まざる跳躍 ・部分的な具象の放棄による、ある全体性への偶然の肉迫 10 【L3】「特殊から普遍への巧まざる跳躍」「部分的な具象の放棄による、ある全体性への 偶然の肉迫」とはどういうことか。 ・特殊=一つの限定されたもの。 普遍=多くのものに当てはまるもの。 ・特殊=部分的な具象=両腕のある状態。 ・普遍=ある全体性=両腕が失われた状態。 ・両腕がある状態から、失った状態になることによって、たまたま魅惑的になった。 これを使ったことわざは。 ・一見、真理にそむいているようにみえて、実は一面の真理を言い表している表現。 ・急がば回れ。 負けるが勝ち。 しかしアキレスの方が足が速いのは明らかなので亀がハンディキャップをもらって、いくらか進んだA地点からスタートすることとなった。 アキレスは永遠に亀を追い抜けない。 ・スタート後、アキレスがA地点に達した時には、亀はB地点まで進んでいる。 アキレスがB地点に達したときには、亀はC地点まで進んでいる。 結果、いつまでたってもアキレスは亀に追いつけない。 ・『クレタ人は嘘つきだ』が真ならば,クレタ人が発した『クレタ人は嘘つきだ』自体が嘘で,クレタ人は嘘をつかないことになり,『クレタ人は嘘つきだ』が真という仮定と矛盾する. ・『クレタ人は嘘つきだ』が偽ならば,クレタ人は嘘をつかないことになる.つまり,『クレタ人は嘘つきだ』が真となってしまい,『クレタ人は嘘つきだ』が偽という仮定と矛盾する. ・『クレタ人は嘘つきだ』の真偽がいずれであると仮定しても,矛盾が起こる. 12 【L1】残された胴体の美を何と言っているか。 ・高雅と豊満の驚くべき合致。 ・美というものの一つの典型。 ・均整の魔。 13 【L1】失われた両腕の美を何と言っているか。 ・とらえがたい神秘的な雰囲気 ・(いわば)生命の多様な可能性の夢 ・(つまり)存在すべき無数の美しい腕への暗示(という) ・ふしぎに心象的な表現 ・微妙な全体性への羽ばたき 3.板書する。 第一段落(1〜3) 1.不思議な思い+美術作品の運命 ミロのビーナス ・彼女が魅惑的であるためには、両腕を失っていなければならなかった。 1.【指】音読する。 2.【指】学習プリントを配布する。 3.【確】学習プリントの漢字の読みを確認する。 滑稽 林檎 変幻自在 千変万化 媒介 讃えた 述懐 厳粛 担う 奏でる 4.【確】学習プリントの語句の意味を確認する。 ・グロテスク=ひどく異様なさま。 怪奇なさま。 ・変幻自在=思うままに姿を変えて、現れ消えること。 ・千変万化=さまざまに変化すること。 ・媒介=両方の間に立って、なかだちをすること。 ・述懐=思いをのべること。 ・アイロニー=皮肉。 5.設問に解答しながら読解する。 ・興ざめたもの ・滑稽でグロテスクなもの。 2 【L1】なぜ、そう思うのか。 ・失われていることにひとたび心から感動した場合、もはや以前の失われていない昔に感動することはほとんどできない。 3 【L1】なぜ、感動できないのか。 ・量の変化ではなく、質の変化であるから。 4 【L2】「量の変化」とは何から何への変化か。 ・両腕がない状態から、ある状態への変化。 ・物質的で現実的な変化。 5 【L2】「質の変化」とは何から何への変化か。 ・「限定されてあるところのなんらかの有」から「おびただしい夢をはらんでいる無」 ・心理的な美意識の変化。 6 【L2】「限定されてあるところのなんらかの有」とは何か。 ・両腕があることによって、美が一つに限定されてしまう。 7 【L2】「おびただしい夢をはらんでいる無」とは何か。 ・両腕がないことによって、無数の理想的な美を想像できる。 ・左手の手のひらに林檎を持っていた。 盾を持っていた。 笏を持っていた。 ・入浴前後の羞恥の姿。 (胸や前を隠している) ・群像の一つで、左手は恋人の肩に置かれていた。 ・画像を見せる。 ・様々な芸術家や科学者が欠けた部分を補った姿を復元しよう試みているが、現在のところ、定説と呼べるほど成功しているものはない。 しかしながら、俗説として、林檎を手にしているという話が広く伝わっている。 この林檎とはトロイア戦争の際、アテナとヘラを出し抜いてパリスから得た黄金の林檎のことである。 アドルフ・フルトヴェングラーによる復元像でも、やはり、左手に林檎を持っている。 9 【L1】筆者は復元案をどのように感じているのか。 ・おそろしくむなしい。 ・一種の怒り 10 【L1】なぜそう感じるのか。 ・失われていること以上の美しさを生み出すことができないから。 ・芸術の名において。 11 【L3】芸術とは何か。 ・見るものに多くの美の可能性を与えるもの。 3.板書する。 第二段落(4〜5) ・両腕の復元案 したがって=順接 ・滑稽でグロテスクなもの。 第三段落 1.【指】音読する。 2.失われたものが両腕でなければならない理由について 1 【L1】筆者が別の意味で興味があることは。 ・失われているものが、両腕以外の何ものかであってはならないこと。 2 【L1】「手の人間存在における象徴的な意味」とは何か。 ・世界との、他人との、自己との、千変万化する交渉の手段であること。 ・例えば、握手をしたり、手振りで表現したり、自分の胸に手を当てて考えてみたりする。 3 【L1】「不思議なアイロニー」とは《何》か。 ・欠落によって、逆に、可能なあらゆる手への夢を奏でる。 3.板書する。

次の