竹中直人 モビット。 SMBCモビットのCMに出演している女優・俳優は誰?

竹中直人

竹中直人 モビット

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式なアーカイブなど常に参照可能な状態の、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 『 竹中直人〜月夜の蟹〜』(たけなかなおと つきよのかに)とは、で放送されているである。 から2007年までは『 竹中直人ハードボイルド・ソーセージ』(たけなかなおとハードボイルド・ソーセージ)の番組名で、毎年ナイターオフ限定で放送されていた。 2008年度は竹中出演のTBSラジオでのレギュラー放送はなく、2009年10月に番組名を『 竹中直人〜月夜の蟹〜』に変更したうえで放送を再開した。 このページでは『 竹中直人〜月夜の蟹〜』と前身番組である『 竹中直人ハードボイルド・ソーセージ』について説明する。 概要 [ ] 事務所所長のが、演ずるの「桜坂八重子」(さくらざか やえこ)と共に、ゲストとなどで会って「友人同士の会話」をするという設定の。 エンディングでは、次回予告代わりに、竹中の携帯電話に残されたゲストまたは桜坂のメッセージを再生するという演出がなされる。 『ハードボイルド・ソーセージ』第6期まで(2007年3月まで)は、番組の後半にTBSラジオが選定した「今週(今月)の推薦曲」がかけられた。 ゲストとの会話中に竹中が意識を失い、曲の後で堀井に起こされる(ゲストは帰った後)という演出もある。 『ハードボイルド・ソーセージ』第7期以降、竹中がCMキャラクターを務めるモビット(2017年12月1日からの社名は)がスポンサーに付き、タイトルコールが「モビットpresents 竹中直人ハードボイルド・ソーセージ」になった。 また放送時間が1時間から30分に短縮され、一組のゲストとの会話が複数回に分けて放送されるようになった。 『月夜の蟹』では同様の構成に加えてミニコーナー「大人川柳道場! 」(2011年4月「僕の私の明るい未来講座 五・七・五」へ改称)が設けられた。 『月夜の蟹』は同時間帯でを抑えて単独1位の聴視率を達成し、ナイターシーズン期の継続が決定した。 出演者 [ ]• (俳優)• (TBSアナウンサー) 放送時間 [ ]• 竹中直人ハードボイルド・ソーセージ• 第1期:2001年10月〜2002年3月 毎週 20:00-21:00• 第2期:2002年10月〜2003年3月 毎週月曜日 20:00-21:00• 第3期:2003年10月〜2004年3月 毎週月曜日 21:00-22:00• 第4期:2004年10月〜2005年3月 毎週 21:00-22:00(『』枠内)• 第5期:2005年10月〜2006年3月 毎週 21:00-22:00(『おとなの時間割』枠内)• 第6期:2006年10月〜2007年3月 毎週 21:00-22:00(『おとなの時間割』枠内)• 第7期:2007年10月〜2008年3月 毎週 21:30-22:00• ただし、プロ野球中継『』の延長や放送などの事情により、別の曜日の同じ時間に放送される回が多かった。 竹中直人〜月夜の蟹〜• 2009年10月〜2010年3月 毎週 21:00-21:30• 2010年4月〜2010年9月 毎週 21:00-21:30• 2010年10月〜2013年3月 毎週 21:30-22:00• 2013年4月〜2018年3月 毎週月曜日 20:00-20:30• 2018年4月〜 毎週日曜日 19:30-20:00 川柳コーナー [ ] 「月夜の蟹」では番組終盤に5分ほどの紹介番組風のコーナーが設けられているが、これは実質的にはコントコーナーである。 番組スポンサーであるモビットのCMキャッチフレーズと合わせたコーナー名を付け、リスナーから投稿されたもののほか、堀井美香と竹中直人が演じる仮想の川柳普及振興会の会員 先生 であるゲストがそれぞれ川柳を詠む。 投稿と堀井の作品には「先生」が一言講評を添える。 この「先生」はほぼ毎回キャラクターが変化しており、老若男女を問わずすべて竹中が演じ分けている。 ただし、どれもかなりの奇人なキャラクターとなっている。 番組内コーナーであるがメインのトーク部分とは分けており、堀井は「桜坂」としてではなく堀井美香本人として出演している。 コーナー開始時の紹介コール [ ]• 大人川柳道場! (~2011年3月28日) 「ご機嫌いかがですか?、TBSアナウンサー堀井美香です。 ここからは大人が選ぶ大人のローン、モビットがお送りする大人川柳道場です。 寄せられた作品に大人川柳の権威である先生から講評・コメントを頂きながら良き大人について考えていこうというコーナーです。 講評していただきますのは、全日本大人川柳普及振興会、名誉師範でいらっしゃいます、今回が初登場となる新しい先生です。 先生、自己紹介をお願いします。 僕の私の明るい未来講座 五・七・五 (2011年4月4日~) 「ご機嫌いかがですか?、TBSアナウンサー堀井美香です。 ここからはあなたの未来にリンクするモビットがお送りする僕の私の明るい未来講座 五・七・五をお届けします。 日頃言葉には出せない募る想いを五七五の川柳にして詠い上げ、明るい未来について考えていこうというコーナーです。 講評していただきますのは、明るい未来講座五七五普及振興会(ゼネラル)アドバイザーでいらっしゃいます、今回が初登場の先生です。 先生自己紹介をお願いします。 」 ネットしたことがある局 [ ] 本節のデータは発行・月刊編『』に掲載されたデータに基づく。 『ハードボイルド・ソーセージ』の第1期と第4期、第7期、および『月夜の蟹』は TBSラジオのみの放送。 第2期・第3期は20局前後の放送局にネットされ、ほぼ全国で聴取可能だった。 なお、『おとなの時間割』枠内で放送されていた第5期に関してだけは異時ネット(土曜日21:00-22:00)だった。 tukiyo954 - この項目は、に関連した です。

次の

SMBCモビットの新CM女優は誰?

竹中直人 モビット

— 2019年 7月月11日午後8時12分PDT• 名前:小芝風花(こしばふうか)• 出生地:大阪府堺市堺区• 身長:157cm• 血液型:A型• 職業:女優• 事務所: オスカープロモーション• 公式Instagramはから• 公式ブログはから 小芝風花の経歴 小芝風花(こしばふうか)さんは大阪府堺市堺区出身の女優で、1997年4月16日生まれの現在22歳。 名前の由来は、松山千春の「大空と大地の中で」を聞いたお母様が、「世間の冷たい風に吹かれても、小さくていいからしっかりと根を張って生きて欲しい」と思いを込めて命名されたそうです。 小芝風花さんは、小学3年生から中学2年までフィギュアスケートにのめり込み、夜明けに家を出て、フィギュアスケートの練習をしそのまま学校に行くという、リンクと学校の往復を日々を5年間続けてこられ、当時は友達とも全く遊んでいなかったそうです。 スケート界でも西日本小中学生大会で8位などの賞を受賞されているというそんな努力家の小芝風花さん。 実は応募したのは、ご自身ではなく、小芝風花さんのお姉さまだったそうですよ! 思わぬ芸能界入りからスケートとの両立と大変悩んだそうですが、フィギュアは週6回の練習が欠かせないものであり、かつオーディションも全国約3万5000人の中から抜擢されたものであったため、考え抜いた末にスケートを辞める事を決断されました。 翌2012年4月に、『イオン「G. G(グランド・ジェネレーション)」』でCMデビューを飾り、そして7月にはドラマ『息もできない夏』で事務所の先輩・武井咲さんの妹役で女優デビューを果たしています。 また2013年12月にはテレビ愛知開局30周年記念ドラマ『スケート靴の約束』に長女役で出演し、フィギュアスケートの実力を披露していました。 なんと初主演の映画で第57回ブルーリボン賞・新人賞、第24回日本映画批評家大賞・新人女優賞を受賞するという快挙を成し遂げ、女優として大きな歴史を刻まれました。 さらに、ヒロインとぶつかり合う娘をリアルに演じて評価を得た連続テレビ小説「あさが来た」で一気に知名度をあげた小芝風花さんの演技を、共演のタレントで女優の友近さんは「今結構な大女優さんの30年前の若い頃の顔のよう」「演技派です」などと評していました。 小芝風花、『あさが来た』が好評 今っぽくない古風な顔立ちを武器に不遇時代を抜け出すか? — ORICON NEWS(オリコンニュース) oricon 超・清純派と評されることの多い小芝風花さんですが、「嫌な役ならとことん嫌われ、いい役はとことん好きになってもらえる」「見ている人に感情移入してもらえる演技ができる女優になりたい」と語っていました。 22歳という若さの中に芯の強い女性を感じる小芝風花さん。 この強さは、フィギュアスケート時代にストイックな練習をこなしてきた賜物ですね!!.

次の

SMBCモビットのCMの歴史についてご紹介

竹中直人 モビット

SMBCモビットのCMの裏話 SMBCモビット開業時から長らくCMキャラクターを務めていたのは桃井かおりさんと、竹中直人さんです。 2019年現在では、小芝風花さんが出演されています。 桃井かおりさんが降板した理由として、桃井かおりさんがアドリブを入れ過ぎていたという噂があります。 どうやらSMBCモビットが準備した台本通りに撮影が進まなかったことが多かったと言われています。 大女優の貫禄といいますか、昔から桃井さんは基本的にアドリブを連発する人で、ドラマや映画でも台本を無視して出演者の方や監督を困らせていたようで、度々それが問題にもなっていたようです。 関係者によると、「もともと契約自体は更新するつもりだったが、悪い癖がでてしまい関係者を怒らせてしまい破談になった」そうです。 これまでのCMもほとんどアドリブでおこなわれていて、好き勝手にやる桃井かおりさんにスタッフが愛想をつかしたとのこと。 関係者としても11年も続いたCMを終わらせたくなかったそうですが、桃井さん本人はまったく気にしていないようです……。 SMBCモビットCMの過去の出演者はたった4人 出演者 ・桃井かおりさん ・竹中直人さん ・夏菜さん ・小芝風花さん SMBCモビットCMに出演する「竹中直人さん」の簡単なプロフィールをご紹介します。 俳優として、独特の存在感と幅広い演技力で数々の賞を受賞。 1996年のNHK大河ドラマ「秀吉」で大ブレークしました。 その才能は演技だけに留まらず、コメディアン、映画監督、歌手、多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授など、幅広いジャンルで活躍されています。 実は竹中直人さん大ブレーク後に地方のCMに出演しましたが、その中には消費者金融の「ニコニコクレジット 現:ダイレクトワン 」のCMにも出演しています。 ニコニコクレジットは静岡の小規模な消費者金融でしたが、1990年代に竹中直人さんをCM起用してからは中堅消費者金融にまで成長しています。 ちなみにこのCMは「CM大賞」にも選ばれています。 こちらも最初は「映画の宣伝かな?」と思ってしまいました。 (笑) 2019年~竹中直人さんと小芝風花さん共演CM 2019年7月22日より、夏菜さんに代わって小芝風花さんがCMキャラクターに起用されました。 竹中直人さんに関しては継続です。 小芝風花さんのプロフィールは、下記となっております。 【氏名】小芝 風花(こしば ふうか) 【生年月日】1997年4月16日 【出身地】大阪府 2011年に「ガールズオーディション2011」でグランプリを受賞して以来、ドラマを中心に幅広く活躍されています。 CMでは竹中直人さんがイメージキャラクターを務めていて、大人っぽいイメージや落ち着いた感じがしますね。 まずは社名でもあるSMBCモビットというブランド名の由来からです。 先端技術と金融をクロスさせて新しい価値を生み出すIT時代の企業という意味が込められています。 SMBCモビットのロゴマークはなにを意味しているのか 「インターネットをはじめとした最新テクノロジーを活用し、新たな金融価値の創造に挑戦する」という企業理念を視覚的に象徴したものです。 「mobit」のロゴ書体は、「o」と「b」のカーブラインに特徴をつけた小文字斜体の英文によって、いきいきとした活力を表現しています。 太陽や生命のエネルギーを象徴するコーポレートカラーである赤で、新金融価値創造に挑戦するSMBCモビットの情熱と活力を主張し、「顧客に活力を与えつづける企業」というメッセージが込められています。 そして、オレンジで描かれているシャープな楕円形のデザインは、先進のデジタル通信をイメージしたもので、顧客とのインタラクティブ 双方向 な関係を表現しています。 Web完結で一気に大手の仲間入り 2012年にSMBCモビットの代名詞である「Web完結申込み」サービスを開始しました。 これは業界初となる申込みから利用まですべての手続きをWeb上だけで完結するサービスです。 Web完結というのはカードローンを申込むときに「来店不要」「電話確認無し」「カード受取り無し」と完全にWebだけで申込みが完結してしまうサービスです。 利用条件は、そのときすでに提携解消と個人金融サービスを引き継がないことが決まっていた三菱UFJ銀行に本人名義の普通預金口座を持っていることでした。 そのあと、2013年から三井住友銀行の本人名義の普通預金口座所持者も追加されます。 現在では、ゆうちょ銀行の口座も対象となっています。 実際に、SMBCモビットのカードローンを申込むときに「Web完結申込み」をクリックすると、「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行に普通預金口座をお持ちの方」と表示されます。 SMBCモビットはサービス開始当初は、申込み後数分で確認電話が掛かってくるほどスピーディーな対応に定評がありましたが、この「Webd完結申込み」のサービスも提供されることによってますます便利に申込みやすいカードローンとなりました。 SMBCモビットがゆうちょ銀行と提携で利便性UP 2017年にはSMBCコンシューマーファイナンスは、業界初となる「ゆうちょ銀行ATM」と提携を実現しました。 目的としては全国2万7,000台以上のATMネットワークをもつゆうちょ銀行のATMと提携することによって、利用者の利便性を高めるためのものです。 プロミスは2017年4月、SMBCモビットは2017年10月にATM提携を開始するとのことです。 提携銀行の他にも、ファミリーマートやローソンなどの提携するコンビニATMも多く、今でも利便性が高いSMBCモビットだったのですが、このゆうちょ銀行との提携によってますますスキがないカードローンとなりました。 まとめ SMBCモビットの特徴は消費者金融でありながら、銀行カードローンとしての性質も持ち合わせていることです。 さまざまな合併などがあって複雑で分かりにくいのですが、SMBCモビットは消費者金融カードローンであるので貸金業法の総量規制の対象となります。 三井住友銀行の資金力と、Web完結申込みで一躍消費者金融の大手に上り詰めたSMBCモビットですが、今後はどういった新しいサービスを提供してくれるのか楽しみです。

次の