ヒスタミン 加 人 免疫 グロブリン。 ヒスタミン加入免疫グロブリン療法が有効であった食物アレルギーの症例

花粉症の治療法とかかる費用を解説!免疫療法って何?どんな種類がある?

ヒスタミン 加 人 免疫 グロブリン

2006年 北里大学大学院卒 2008年 平塚共済病院内科医長を経て小田原銀座クリニックに入職、その後院長に就任 2013年 12月には当院久野銀座クリニックを開業 早期発見、早期治療を心がけ、健康で心豊かな人生を歩んでいただくことを願っており、内科・消化器内科を中心に幅広い情報の発信に努める。 花粉が飛び散るピークはおもに2~4月です。 花粉症の人にとっては、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの症状に悩まされる、一番つらい時期ともいえます。 そんな花粉症の治療法を、 『 薬物療法(対症療法)』と『免疫療法(根治療法)』に大きくわけ、それぞれの費用やしくみなどについて、詳しく解説します。 花粉症は治る?発症のメカニズムと治療について 1. そもそも、なぜ花粉症は発症する? 花粉症とは、体内にアレルゲンである花粉が入り、それを排除しようとする免疫反応により、 鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの症状が起こることです。 免疫反応が、さまざまな症状を引き起こす こうした体に起こる免疫反応のことを、 『抗原抗体反応』(こうげんこうたいはんのう)といいます。 私たちの体は、「花粉」という体にとっては異物(アレルゲン)が侵入すると、まずそれを受け入れるどうかを考えます。 排除すると判断した場合、体はこれと反応する物質「IgE抗体」を作ります。 体内で作られる花粉の抗体が人の 「許容量」を超えた時、再び花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。 その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、 花粉をできる限り体外に放り出そうと、鼻水や涙が出ます。 花粉症の治療は2種類 花粉症の治療法は、大きく分けて 薬物療法(対症療法)と免疫療法(根治療法)の二種類があります。 薬物療法(対症療法) 薬で花粉症の 症状を抑える治療法。 免疫療法(根治療法) 花粉症の原因となる 『アレルゲン』を体内に少量取り込み、アレルギー反応を弱めて 花粉症自体を治す治療法。 花粉症は治るの? 花粉症になっても、レーザーを使い粘膜を焼いたり、免疫療法(根治療法)で花粉に慣れさせるという処置を行うことにより、花粉症を根治できるケースもあります。 薬で花粉症をおさえる『薬物療法(対症療法)』 1.薬物療法(対症療法)で使われる薬の種類 花粉症の薬物療法(対症療法)は、現在の 花粉症治療の主流な方法です。 抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬があります。 ロイコトリエン受容体拮抗薬 『ロイコトリエン受容体拮抗薬』は、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックする薬で、抗アレルギー作用があります。 その中の1つ『キプレス』は、気管支喘息の治療やアレルギー性鼻炎の治療でも使われる飲み薬です。 抗ヒスタミン薬 『抗ヒスタミン薬』は、痛みやかゆみなどのアレルギー症状の直接原因物質であるヒスタミンの活性を抑える薬です。 即効性があるため、症状が出てから服薬します。 抗ヒスタミン薬には、眠気やのどの渇きなど副作用があります。 ステロイド薬 『ステロイド薬』は、症状のひどい部分に直接使用します。 内服薬や点鼻薬、点眼薬があります。 副作用が抗ヒスタミン薬より強いため、使用の際には医師の指示にしたがい、指示がない場合は、使用を控えてください。 ステロイド薬は体の抵抗力が低下するため、風邪やインフルエンザ、気管支炎、肺炎などの感染症にかかりやすくなります。 通常では感染しにくいカビなどの感染症の頻度が増えるという副作用が報告されています。 病院で処方される薬の種類を比較 病院では主に、「ボララミン」「アレロック」「ジルテック」「ザイザル」「アレジオン」「エバステル」「タリオン」「アレグラ」「クラリチン」などの薬が処方されます。 3.市販薬と処方薬はどう違う? 花粉症でお悩みの方の中には、病院を受診せず、市販薬ですませたい方もいらっしゃると思います。 薬局やドラッグストアでも、病院で処方される処方薬と同じ成分の薬もあり、市販薬と処方薬には大きな違いはありませんが、次のような点は異なります。 1.市販薬は保険がきかないため、少し割高になる 2.市販薬は副作用が起きても、病院に相談することができない。 3.市販薬は処方薬と比べ、比較的効き目が弱い。 4.人により効果のある薬が違うのはなぜ? 花粉症の薬の効果は、症状や体質によって個人差があります。 花粉症の症状が軽症であれば、同じ薬でも飲む人によって、効くこともあればほとんど効かないこともあります。 どの薬が合うかは、実際に服薬してみないとわからないのが現状です。 5.薬物療法(対症療法)の費用 処方する薬によっても異なりますが、 1錠70円前後です。 1日2回〜3回服用がほとんどです。 保険が適用されれば、3割負担になります。 アレルゲンを体内に取り入れる『免疫療法(根治療法)』 根治療法である免疫療法とは、病気の原因となる アレルゲンを体内に少ない量から徐々に増やして、 花粉症を治す方法です。 1.免疫療法の種類 免疫療法には2種類あり、皮下免疫療法と、舌下免疫治療法があります。 皮下免疫療法 皮下免疫療法は、薬剤を皮下に注射して投与します。 ダニやスギに対して効果を発揮します。 しかし、注射が苦手な方には痛みを伴う治療であり、ごくまれにぜんそく発作、じんましんなど、全身反応を起こすことがあります。 舌下免疫治療法 舌下免疫治療薬とは、 舌の下に直接薬をつける治療法です。 注射の必要はありませんが、 毎日自宅で服薬する必要があります。 2014年に舌下免疫治療薬の『シダトレン』が保険適応となりました。 シダトレンは、スギ花粉に対して有効な薬です。 シダトレンは、自然界のスギの木の花粉から薬用成分を抽出しているため、薬害はないと考えられていますが、口にスギ花粉を入れるため、アレルギー反応が起こる可能性があります。 2.免疫療法の費用 皮下免疫治療法は 、1回あたり600円(3割負担)程度のため、他の治療と比べると安価です。 治療のはじめは通院回数が多いですが、徐々に通院期間を延ばすことも可能です。 舌下免疫治療は院内処方と院外処方で変わりますが、3割負担の場合、院内であれば約600円、調剤薬局で約1400円程度が1回につきかかります。 1か月で3000円ほどかかることが一般的です。 また、舌下免疫治療は、12歳以上では保険適応が認められていますが、 12歳以下のお子様には適応できません。 それまで、皮下免疫療法なら 1週間に一回の通院が必要です。 治療可能なのはスギ花粉とダニのみ また、現在認められる治療エキスが、 ダニエキスとスギ花粉エキスの二種類のため、これ以外のアレルギーには効果がありません。 しかし、これらのアレルゲンを投与するため、全身に反応が出る可能性があります。 まとめ 花粉症のつらい症状は、自分に合った薬や治療法を行うことで、症状が軽くなります。 薬局やドラッグストアでも花粉症の薬は販売されていますが、薬の効き目には個人差があり、効き目も弱い場合があります。 つらい症状は専門家に診てもらい、自分に適した治療法を相談することで、一日でも早くつらい症状から解放され、快適な生活を送りましょう。

次の

ヒスタミン加人免疫グロブリン

ヒスタミン 加 人 免疫 グロブリン

花粉症の話2012 ヒスタグロビン注射 2012. 9 カテゴリー: 花粉症は治る? 花粉症は一度発症すると治らないと言われています。 そのため、一度スギ花粉症を発症すると毎年花粉症の症状に悩まされます。 これに対して抗ヒスタミン剤の内服などの対症療法を行う訳ですが、対症療法によって花粉症の症状を改善する事は出来ても花粉症そのものを完治する事はできません。 では花粉症を完治する方法はないのでしょうか? 実は一つだけ方法があります。 しかし、この減感作療法はあまり行われていません。 何故ならば減感作療法は非常に根気よく続ける必要があり、途中で脱落する人が多いのです。 減感作療法はアレルゲンを最初はごく微量から注射で患者さんに投与します。 そして徐々に注射で投与するアレルゲンの量を増やして行きます。 注射の頻度は週一回程度、治療効果が出始めるのは半年程度を要し、治療が完了するには数年間かかります。 注射を中断すると治療効果は消失してしまいます。 また減感作療法によって完治するのは治療を行った特定のアレルゲンに限ります。 状況によっては一からやり直しになる。 つまりヒノキやブタクサ、ハウスダストなど他のアレルゲンによるアレルギー症状は全く変わらないなどの側面があります。 そのため喘息の重積発作の既往があるなどの場合は慎重に行わないと危険がある。 などの問題点もあります。 非特異的減感作療法も減感作療法と同様に注射で行います。 よく使われる注射薬剤としてはヒスタグロビン、金製剤、MSアンチゲン、マクロライドなどがありますが、当クリニックではヒスタグロビンによる非特異的減感作療法を行っています。 ヒスタグロビン注射による非特異的減感作療法は、週1~2回程度の頻度で6回行います。 これにより約3~4ヶ月間、アレルギー反応を有意に抑制する事が期待できます。 ヒスタグロビンとは ヒスタグロビンは商品名であり、一般名はヒスタミン加人免疫グロブリン製剤と言います。 ヒスタグロビン注射は献血などで得られた人 ヒト 血液から免疫グロブリンを抽出し、それにヒスタミン二塩酸塩を加え製剤化したものです。 化学合成によらないナチュラルな注射薬ですが、人血液由来の成分を使用しているため、 特定生物由来製品 生物製剤 という薬のカテゴリーに属します。 このカテゴリーに属すものは、他にはプラセンタ注射などがあります。 ヒスタグロビン注射などの生物製剤はメーカーの責任で含有が予想されるウィルスに対する検査など万全の安全性への配慮がなされています。 しかし想定し得ない状況が生じた場合を考慮して、医療機関で注射の製剤番号の控えを20年間保存するなど通常の注射製剤に対しては行っていない徹底した管理を行っています。 副作用について ヒスタグロビン注射は化学合成によらないものであるため、比較的大きな副作用は生じにくいのですが、グロブリンである以上は理論的にはショックなどを生じる可能性はゼロではありません。 もっとも 特異的 減感作療法のショックのリスクに比べれば比較にならない程稀です。 実際に過去にヒスタグロビンでショック状態など重篤な状況になった事例は見たことも聞いたこともないのですが。 そのため初回の注射時は念のためしばらく経過観察をする必要があります。 また免疫機構に影響を及ぼしますので、健常人がヒスタグロビン注射を行う分には全く問題はないのですが、免疫不全症の患者や癌などの治療で免疫抑制剤を投与されている方、ステロイドホルモンの長期・大量投与を受けている方、特に過敏性の強い方には慎重に投与を行う必要があります。 また、喘息の患者で重積発作など生命のリスクを有する症状がある方、著しい衰弱状態にある方、以前ヒスタグロビン注射でアレルギー症状が出現したことがある方は原則としてヒスタグロビン注射は行えません。 その他、添付文書によるとIgA欠損症の患者、肝障害の既往のある患者、溶血性・失血性貧血の患者にも慎重に投与する必要があるとされています。 その他の注意点 副作用以外で注意しなくてはいけない点としては次の事項があります。 ヒスタグロビン注射は非経口生ワクチン 麻疹・風疹・おたふくかぜ・水痘ワクチン の効果獲得に対しても影響を与える可能性があります。 そのためワクチン接種からはヒスタグロビン注射開始までは最低2週間空ける事が望まれます。 ヒスタグロビン注射を行ってから生ワクチンの接種を行う場合は最低3~4ヶ月空ける必要がありますので、ワクチンを予定されている方は計画的に行う必要があります。 不活化ワクチン 上記以外のワクチン、例えばインフルエンザワクチンなど については影響なしとされています。 その他の臨床的副作用としては、蕁麻疹、発疹、喘息や鼻炎などのアレルギー症状の一時的悪化、眠気、頭痛、発熱、注射部位の疼痛、発熱などがあります。 稀に心悸亢進や肝機能 GOT、GPT の上昇がみられるとの事です。 妊娠中の方にも安全性が確立していないという理由でヒスタグロビン注射は行いません。 また、月経直前もしくは月経期間中の方も月経時の症状を一時的に悪化させる可能性があるため、その期間は避けるようにしてヒスタグロビン注射を行います。 当クリニックでの治療 当クリニックではヒスタグロビン注射による減感作療法を行う場合は、治療の適応、効果判定、副作用のチェックを兼ねて血液検査による評価を行っています。 検査項目はアレルギーの指標として好酸球数、IgE、アレルゲン検査、治療のリスク管理として肝機能、腎機能、他に血糖、脂質などを測るのが標準的です。 この様にヒスタグロビン注射による非特異的減感作療法は特異的減感作療法に比べて安全で手軽に行える利点があります。 また特定のアレルゲンにのみ効果があるのではなく、全般的に効果があります。 しかし、減感作療法の様にアレルゲンに対して全く反応しなくなる事は期待出来ませんし、効果も3~4ヶ月で消失します。 ヒスタグロビン注射の効果を持続するためには、添付文書によると3ヶ月毎に1回注射を続ける事となっています。 効果が少なければ3アンプルまで増量可能とされていますが、私の経験ではこの方法では持続効果は薄い印象があります。 3ヶ月毎に1回、1アンプルの追加注射で効果が少ない事が予想される場合、当クリニックでは3~4ヶ月毎に3回を1クールとした追加注射を行う様にしています。 また、スギ花粉の時期のみ症状がある場合は毎年1月から2月上旬に6回を位1クールとした投与を毎年繰り返す治療を行っています。

次の

花粉症の話2012 ヒスタグロビン注射

ヒスタミン 加 人 免疫 グロブリン

効能・効果 [ ] 、血管運動性、性皮膚疾患(、、慢性)、 禁忌 [ ] 下記の患者には禁忌とされている。 製剤成分に対しショックの既往歴のある患者• 激しい発作時の患者• 月経直前および期間中の患者• 妊婦または妊娠している可能性のある婦人• 著しく衰弱している患者• 製剤成分に過敏症を有する患者には原則禁忌である。 副作用 [ ] 添付文書には重大な副作用としてが記載されている。 有効性 [ ] ヒスタグロビンはアレルゲン誘発性のT細胞依存性好酸球浸潤を抑制する。 またヒト末梢血単核球での転写を抑制し、、、、 ()の放出を抑制する。 ヒスタグロビンの成分であるやは単独ではこの様な効果はない。 鼻アレルギーに対する臨床成績は有効率は48. 鼻閉の改善効果は見られなかったが、くしゃみおよび鼻汁については有意に改善した。 抗ヒスタミン剤で管理できない蕁麻疹については、95. 開発から承認まで [ ] 1948年にフランスで、モルモットでの吸入ヒスタミン誘発性ショック症状が、健康ヒト血清で前処置すると防がれる事、および喘息患者血清での前処置では防がれない事が発見された。 日本では1967年に輸入承認され、1986に薬効再評価された。 2002年に化学及血清療法研究所が製造承認を継承し、国内での献血からの製剤化に切り替えられた。 流通自粛 [ ] 2015年6月、化学及血清療法研究所が製造する全ての血漿分画製剤が製造承認書と異なる方法で製造されていることが判明し、全製品の販売が自粛された。 出典 [ ]• Indian J Pharmacol 38 1 : 68-9. 2006-02. 2015年10月14日閲覧。 1986. Arch Immunol Ther Exp Warsz. 34 4 : 385-9. Int J Immunopharmacol. 22 10 : 755-63. 伊藤 明和、柳田 則之、鈴木 康之、鈴木 浩二 等 1979. 耳鼻咽喉科臨床 72 11 : 1539-1551. 阿部 貞夫、和泉 秀彦、嶋田 明子、中村 洋一 1974. 西日本皮膚科 36 4 : 559-567. Gushchin IS, Luss LV, Il'ina NI, et al. 1999. Ter Arkh. 71 3 : 57-62. 化学及血清療法研究所 2015年5月. 2015年10月14日閲覧。 化学及血清療法研究所 2015年6月5日. 2015年10月14日閲覧。 化学及血清療法研究所・日本臓器製薬 2015年6月8日. 2015年10月14日閲覧。 この項目は、に関連した です。

次の