ライアン カジ。 今年最も稼いだユーチューバー、年収28億円の8歳児 フォーブス 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

ライアン・カジのユーチューブ以外にもやっていることって?どうしてそこまで稼いでいるのか?

ライアン カジ

チャンネル登録者数は『 2,290万人』!! この数字がどれだけ凄いかというと、 日本のユーチューバーのチャンネル登録者数1位の『はじめしゃちょー』が 828万人。 第2位の『ヒカキン』が 786万人。 ライアンカジ君の父親は日本人! ライアンカジ君の家族構成をご紹介します。 父親は日本人で、名前はShion シオン さん。 母親はベトナム人で、名前はLoann ロアン さん。 そして双子の妹がいます。 名前はエマちゃんとケイトちゃんです。 父親は日本人との事ですが、日系アメリカ人ということですかね。 母親は高校の教師だったそうですが、ライアンカジ君がユーチューバーになるに当たり、教師を辞めて動画作製に集中したそうです。 家族全員よく動画にも出演しており、双子の妹がアニメの主人公になったユーチューブチャンネルもあります。 ライアンカジ君のプロフィールは? 名前 ライアン・カジ 生年月日 2011年10月6日 出身 アメリカ、テキサス州 わずか8歳にして、年収が28億円・・・ アメリカはスケールが違いますね。 まさにアメリカン・ドリーム。 日本でもユーチューバーに憧れるのもうなずけます。 ライアンカジ君のまとめ みんなが憧れる職業『ユーチューバー』。 その職業で若干8歳にして世界最高の収益をあげているのがライアンカジ君。 2019年の収益は約28億円でした。 無邪気なライアンカジ君と、家族で楽しく動画を撮影しているのが印象的でした。 はやりなんでも楽しく続けることが成功の秘訣ですかね。 大人になった我々も見習わらないといけませんね。

次の

ライアン・カジのユーチューブ以外にもやっていることって?どうしてそこまで稼いでいるのか?

ライアン カジ

フォーブス誌のデータ(2018年6月〜2019年6月までの推定収入)によると、ライアン君のYouTubeからの年収は2,600万ドル(約28億円)だった。 ライアン君のYouTubeチャンネル「ライアンズ・ワールド(Ryan's World)は子どものおもちゃの紹介で有名になりチャンネル登録者数は約2,300万人なっている。 もともとは海外に暮らす親族などにライアン君の成長を見せるためYouTubeに動画を投稿しており、ライアン君は当時まだ3歳だった。 その後、買ってきたおもちゃを開けて遊ぶ姿をアップしだして人気者となった。 2016年4月に公開された「サプライズ・チャレンジ・ウォータースライダー付き巨大エッグ()」では、2019年12月23日現在で動画再生回数が20億回近くになっている。 この動画はYouTube史上最も再生された動画50本の中にランクインするほどの超人気動画となっているのだ。 なおライアンズ・ワールドにアップされた動画は1,600本以上となっており、総動画再生数は340億回に達している。 子供たちに絶大なる影響力を持つキッズ・インフルエンサーと手を結んでいるのが大手チェーンストアだ。 ライアン君はウォルマートと契約を行い「ラインズ・ワールド」ブランドでおもちゃを発売した。 またウォルマートは昨年、ライアン君のファンミーティングツアーをウォルマート各店で開催し大盛況となった。 ウォルマートに追随しターゲットも今年、ライアン・ワールド・ブランドで一部に専売おもちゃを発売している。 アマゾンも取り扱い始めたラインアズ・ワールドのおもちゃはすで100種類以上となり、今年のブラックフライデーでは品薄となる人気商品もあったほどだ。 ライアンズ・ワールドのおもちゃが必ず人気となるのには理由がある。 ライアン君の成功を真似て、子供が話題や新作となるおもちゃと遊ぶ動画がYouTubeに次々にアップしていることだ。 ライアンズ・ワールドのおもちゃはライアン君の紹介だけでなく、他のキッズ・ユーチューバーも紹介するからだ。 子どもたちはテレビを見なくなっている反面、YouTubeは見るようになっている。 ピュー・リサーチ・センターによると11歳以下の子どもたちの実に81%はYouTube動画を視聴いるのだ。 視聴動画の多くが子供が紹介する、おもちゃのレビュー動画だ。 そこにライアンズ・ワールドのおもちゃが数多く紹介されるのだからライアン君の影響力は雪だるま式にさらに大きなものになる。 エマニエル坊やのようにライアン君はいつまでも子供とはいかない。 ライアン君のチャンネルは最近、両親と一緒に科学の勉強をする教育動画を配信するように変化している。 動画内で実際に実験を行い「どうして洪水は起きるの?」など、ライアン君と同様に成長している視聴者に向けた内容となっているのだ。 ライアンズ・ワールドでは知育玩具の発売を計画しているのかもしれない。 インフルエンサー自身も変化が必要なのだ。 ライアン君の成功を真似て、子供が話題のおもちゃと遊ぶ動画がYouTubeに急増している。 子供たちテレビよりYouTubeを見るようになり、おもちゃのレビュー動画を見る。 さらにそこでラインズ・ワールドが紹介される。 雪だるま式にライアン君のおもちゃが売れるのだ。 日本国内に多くのユーチューバーを抱えるプロダクションのウーム(Uuum)が第1四半期決算を発表しました。 これまで前四半期比で増収増益を続けていましたが、減収減益となっています(前年同期比では増収増益)。 YouTubeからの収益であるアドセンスが前期比で12%減となっているのが大きな要因です。 ウーム専属のユーチューバーは増え、動画再生数も増えていると思います。 それでも広告費が減少となったのはYouTubeが広告で効果のある動画をより選別するようになったからでしょう。 YouTubeのアルゴリズム精度が上がったことで広告のコンバージョン率等、詳細に把握できるようになったのだと思います。 再生回数がどんなに多くても広告効果がなければユーチューバーに広告料が行かなくなってきているということです。 視聴者のターゲティングができていないとどんなにバズっても収益は上がらないユーチューバーになります。 競争だけでなく厳しい現実にぶち当たっているということ。 そういった意味でもYouTubeからの収益に頼らないライアン君の戦略は素晴らしいですね。 YouTube動画からブランドを立ち上げ、勝手にマルチユースされるマーケティング戦略です。

次の

今年最も稼いだユーチューバー、年収28億円の8歳児 フォーブス 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

ライアン カジ

アナスタシア・ラジンスカヤは、メディア界のスターとしては異色の存在だ。 ロシア南部で生まれ、脳性小児麻痺を患っていたことから、生涯言葉を話せないだろうと医師から宣告された。 両親は娘の治療と成長を記録して友人や親族と共有するため、ユーチューブに動画を投稿し始めた。 内容は典型的なキッズ動画で、お父さんとお出かけしたり、エア遊具の城に乗って飛び跳ねたり、飼い猫と遊んだりといったもの。 動画はすぐに世界中からフォロワーを集めるようになった。 最大のヒットとなったのは2018年の動画で、父親のユリと共に子ども動物園を訪れ、子どもたちの間で大人気の曲「ベイビー・シャーク」を踊るシーンなどが含まれる。 この動画は再生回数が7億6700万回を超え、アナスタシアの年収を1800万ドル(約20億円)へと押し上げた。 「ナスチャ」の愛称で呼ばれるアナスタシアは現在、複数のチャンネルで計1億700万人の登録者を抱え、動画の累計再生回数は420億回に上る。 フォーブスがまとめた今年の「最も稼ぐユーチューバー」ランキングでは3位に入った。 これは5歳児にしては大きな偉業だが、それでも8歳のライアン・カジには及ばない。 ライアンは2600万ドル(約28億円)を稼ぎ、今年のランキングで首位に立った。 ピュー研究所が今年実施した調査によると、子どもが登場する動画は他の動画と比べ平均で3倍多く再生される。 また同研究所による別のアンケート調査では、11歳以下の子どもを持つ親の81%が自分の子どもにユーチューブを見せていると回答した。 ユーチューブには高尚なコンテンツも投稿されているが、そうした動画は高収入につながらない。 今年のランキングでは、マインクラフトやフォートナイトといった人気ゲームのプレー動画を投稿するゲーマー5人が上位10位内に入った。 2位のデュード・パーフェクトは30代の5人組が大人向けのおもちゃで遊ぶ動画を投稿。 4位のレット&リンクは食べ物の試食動画などを投稿している。

次の