マネー フォワード プレミアム。 マネーフォワード プレミアム会員になるべきか

よくあるご質問(FAQ)|マネーフォワード ME

マネー フォワード プレミアム

マネーフォワード MEのプレミアム会員って実際どうなんだろう?課金する価値はあるのかな?無料版でも十分? このような疑問を持っている方も多いかと思います。 まず結論からいいますと、 プレミアム会員に課金する価値は十分にあります。 と言いながら僕はプレミアム会員になる前までは、 3年くらい無料版を使っていましたが、、 3年間もプレミアム会員にならなかったことに特に大きな理由はなかったのですが、理由を挙げるとすれば、 お金が掛かること・ どれだけ効果あるのか未知数だったからです。 でも、 1年間課金・利用してみた感想としては、もっと早くからプレミアム会員になっておけば良かったと思っています。 そこで今回は、 プレミアム会員になって恩恵を受けるのはどんな人なのか僕の視点でお答えしていきます。 これからプレミアム会員になるべきか迷っている方の参考になればと思います。 まず、連携可能数に関しては無料会員でも連携可能数が10まであり、ある程度管理することが可能です。 しかし実際は、銀行口座やクレジットカード、証券口座、スマホ、ポイントなど登録してくと、軽く10を超えてしまいます。 また、10以上と連携した場合データ更新が非常に手間になってしまいますが、プレミアム会員では 「一括更新」という機能を1クリックするだけで、 連携しているすべてのデータを最新化してくれます。 他にも 資産のグラフが過去と比較してみれたり 負債状況を確認できたりします。 あとこれはWEB版で見れるものですが、 個人のバランスシート(資産や負債、純資産などの状況)が見える化されているのもわかりやすいです。 下の図は僕のバランスシートです。 赤色の負債がかなり少ないので安心できます。 プレミアム会員のメリット! プレミアム会員になるメリットをもう少し詳しく書いていきます。 マネーフォワード MEの最大の魅力ともいえるのが、 連携できる金融関連サービスの多さです。 現時点で 2,600以上のサービスと連携することが可能なんです。 ちなみに、マネーフォワードMEが自動連携対応できる金融関連サービスは次のリンクで確認できます。 また、さきほども触れましたが、プレミアム会員になると 連携口座に制限がないため、対応しているものであれば、いくらでも連携することができます。 つまり、自分の資産を一括管理することがほぼ可能というわけです。 スポンサーリンク 連携したものを一括更新機能で最新の情報にデータ反映してくれますから、これほど楽なものはないです。 アプリ1つでできるため、家計管理が今まで以上にわかりやすく楽になりました! 無駄遣いの見える化から対策が打てる! プレミアム会員では、銀行口座からクレジットカード・投資関連などあらゆるサービスと連携が可能となるため、 自分の資産全体の中でムダがより明確にわかるようになります。 無駄の把握には、 「家計診断」という機能を使うのが便利です。 フィナンシャル・プランナー監修の10,340件以上の理想の家計パターンから、自分にあった理想の家計を提案してくれるので、そのGAPを把握しやすくなります。 そのため、どこに改善の余地があるのかわかるので、対策が打てるようになります。 とはいえ、実際何が起こるかわからないですよね、、 よくネットニュースなどで情報漏洩に関する事例なんてたくさんありますから、100%安全と言い切れる保証はないですね、、 万が一 漏洩した場合、自分のすべての資産がすべてだだ漏れしてしまう可能性があります。 ただ、ぼくはその時はその時と割り切って一括管理をしていますけどね(笑) この点に関してはデメリットよりメリットの方が上回っている感じです。 まあ最悪漏れたとしても、ビットコインのようにお金が取られることはないと思っているので、、、 自動連携エラーの発生 お金を支払っても100%満足できるものではないです。 というのも、マネーフォワード MEの残念なポイントとして、 自動連携に失敗することが多々ある点です。 例えば、スタバカードをマネーフォワードMEと連携しているのですが、システム影響で現時点で利用が止まっている状態です、、 このようなことが他の連携先でも起こりうるので少し不便に思うこともあります。 お伝えしているように、マネフォワード MEは連携先の金融機関が非常に多くあるため、プレミアム会員になれば口座連携の制限もないので、資産を一括管理することができます。 お金の流れを1カ所で確認できることで、 家計管理が格段にしやすくなります。 また、証券口座などもしっかりと対応されているため、 株式投資など資産運用している人にもおすすめです!! 電子マネー決済をよく利用する人 マネーフォワードMEは、 QRコード決済の連携より電子マネー連携の方が相性が良いと感じています! 電子マネーは「QUIC Pay」・「ID」や、交通電子系のSuicaなどありますが、これらをよく利用する人は、マネーフォワードMEのプレミアム会員になった方が便利さを感じるはずです。 常に最新情報を反映してくれるので、管理がしやすくなります。 クレジットカードの支払額として反映されます。

次の

マネーフォワード MEのプレミアム会員費を安くする方法【年間1230円お得】

マネー フォワード プレミアム

1年以上前のデータとの比較などをしたいときには便利ですね。 特に長期資産運用の管理をする方にはデータは無期限で資産推移を確認したいですよね。 金融機関連携数 銀行、証券会社、クレジットカード以外にもFXや、などの直販投資信託会社も管理できますし、年金、ポイントサイト、電子マネー、楽天やアマゾンといった通販サイトとも連携できます。 ここまで連携できる金融機関等が多いと、10件では足らない方も多いと思いますので、これを目的にプレミアム会員になる方も多いでしょうね。 グループの作成 複数の金融機関をグループにまとめて管理する機能です。 家族毎のグループに分けたり、コア投資、サテライト投資といったグループに分けて資産推移を管理したい人には便利な機能です。 各金融機関データの一括再取得 通常は金融機関のデータを再取得するには1件1件再取得ボタンを押さないといけません。 これがボタン一回で全金融機関データを再取得できます。 ポイント・マイルの有効期限表示 最近追加された機能ですが、ポイントなど有効期限が切れてて結局無駄になったなんてことありませんか? ポイント有効期限が確認でき、また有効期限が近づくとお知らせしてくれるので、無駄なくポイントの管理ができますね。 マンスリーレポート このレポートでは、家計・資産などのデータを月次でまとめて評価・表示します。 必要な情報がこのページに凝縮されているので、まとめてみる事ができます。 未来シミュレーター「よそQ」 将来の資産推移をシミュレーションしてくれ、アドバイスももらえる機能です。 収入・資産の情報はもちろん、家族構成や住宅ローン、年金などについて条件を変えてシミュレーションができるので面白いですね。 広告の非表示 これは気になる人は、気になるのでしょうが、私は別に気にならないです・・。 お金のコンサル団 書籍やその他メディアで有名なFPや資産設計士、公認会計士から家計・資産運用についてアドバイスがもらえます。 CSVダウンロード 入出金データをダウンロードできます。 ダウンロードすることによって自分で好きなように加工できますね。 プレミアムサポート ご質問や不具合などがあった場合には、プレミアムユーザーを優先的にサポートしてくれます。 データバックアップ保証 万が一システムセンターなどで障害があった際にデータ復旧を行えるようにするサービスのようです。 サービス継続性保障(SLA) サービスの稼働時間を99. まとめ プレミアム会員になるメリットとして決め手となるのは、「データの閲覧期間」「金融機関連携数」ではないでしょうか。 家族全体の管理をしたい方は「グループの作成」が重要な機能になるかもしれませんね。 ただ、これらの決め手に対して月額500円の価値があるという方はプレミアム会員になった方が使い勝手が全然変わるので早く切り替えたほうがいいと思います。 正直月額300円くらいだったらプレミアム会員になってもいいかなとは思うんですけどね・・。 マネーフォワードの詳細確認・無料登録は、以下の公式ページから行えます。 309• 119• 101• 12 金融庁・公的機関など関連リンク.

次の

マネーフォワードの評判と登録方法を解説【ズボラ家計簿の決定版】

マネー フォワード プレミアム

1年以上前のデータとの比較などをしたいときには便利ですね。 特に長期資産運用の管理をする方にはデータは無期限で資産推移を確認したいですよね。 金融機関連携数 銀行、証券会社、クレジットカード以外にもFXや、などの直販投資信託会社も管理できますし、年金、ポイントサイト、電子マネー、楽天やアマゾンといった通販サイトとも連携できます。 ここまで連携できる金融機関等が多いと、10件では足らない方も多いと思いますので、これを目的にプレミアム会員になる方も多いでしょうね。 グループの作成 複数の金融機関をグループにまとめて管理する機能です。 家族毎のグループに分けたり、コア投資、サテライト投資といったグループに分けて資産推移を管理したい人には便利な機能です。 各金融機関データの一括再取得 通常は金融機関のデータを再取得するには1件1件再取得ボタンを押さないといけません。 これがボタン一回で全金融機関データを再取得できます。 ポイント・マイルの有効期限表示 最近追加された機能ですが、ポイントなど有効期限が切れてて結局無駄になったなんてことありませんか? ポイント有効期限が確認でき、また有効期限が近づくとお知らせしてくれるので、無駄なくポイントの管理ができますね。 マンスリーレポート このレポートでは、家計・資産などのデータを月次でまとめて評価・表示します。 必要な情報がこのページに凝縮されているので、まとめてみる事ができます。 未来シミュレーター「よそQ」 将来の資産推移をシミュレーションしてくれ、アドバイスももらえる機能です。 収入・資産の情報はもちろん、家族構成や住宅ローン、年金などについて条件を変えてシミュレーションができるので面白いですね。 広告の非表示 これは気になる人は、気になるのでしょうが、私は別に気にならないです・・。 お金のコンサル団 書籍やその他メディアで有名なFPや資産設計士、公認会計士から家計・資産運用についてアドバイスがもらえます。 CSVダウンロード 入出金データをダウンロードできます。 ダウンロードすることによって自分で好きなように加工できますね。 プレミアムサポート ご質問や不具合などがあった場合には、プレミアムユーザーを優先的にサポートしてくれます。 データバックアップ保証 万が一システムセンターなどで障害があった際にデータ復旧を行えるようにするサービスのようです。 サービス継続性保障(SLA) サービスの稼働時間を99. まとめ プレミアム会員になるメリットとして決め手となるのは、「データの閲覧期間」「金融機関連携数」ではないでしょうか。 家族全体の管理をしたい方は「グループの作成」が重要な機能になるかもしれませんね。 ただ、これらの決め手に対して月額500円の価値があるという方はプレミアム会員になった方が使い勝手が全然変わるので早く切り替えたほうがいいと思います。 正直月額300円くらいだったらプレミアム会員になってもいいかなとは思うんですけどね・・。 マネーフォワードの詳細確認・無料登録は、以下の公式ページから行えます。 309• 119• 101• 12 金融庁・公的機関など関連リンク.

次の