天昇 有利区間引き継ぎ。 北斗の拳天昇 天井期待値完全版(有利区間状態別・設定1&設定2・非等価持ちメダル)|期待値見える化だくお|note

リゼロ ハイエナ実践値 有利区間ループ状態ハイエナはかなり狙える | パチスロ ジゴク耳

天昇 有利区間引き継ぎ

ゲーム数ハイエナ実践値 リゼロのゲーム数ハイエナの実践値を紹介します。 初期のアイテムやポイントについてですが、やはり最終的な継続率にかなり影響します。 最深部 700の天井 に到達した時にアイテムを1個持っているか、2個持っているか、3個持っているかでかなり期待値は変わってきます。 3個持っていればかなり熱い 低設定の場合、200のゾーンで当選してもデキレースの白鯨攻略戦の入ることはほとんどなく、しっかり継続率を参照したバトルになるため、このゾーンで当たった場合もアイテムを所持できているかどうかでかなり期待値が変わってきます。 200以上を目安に打っている人はゲーム数期待値自体がかなり高いので、ポイントによるマイナス期待値があっても全然打てる期待値にはなると思いますが、浅め 140ぐらい から狙っている人は少し気にした方が良いと思います。 厳密計算していないので、あくまで予測です 浅目から打つ人はポイント数やアイテムは少し気にすると、より効率よく期待値を稼げると思います。 有利区間ループハイエナ実践値 狙い方 鬼天国等の高モードは実践上有利区間が引き継げば、そのまま引き継ぐ可能性が高いです。 この性質を利用して、有利区間が引き継いだ台を狙っていくのが今回紹介するハイエナです。 ちなみに有利区間の引き継ぎ自体は200のゾーンで当選すれば高確率で引き継ぎますが、有利区間が引き継げば熱いというわけではありません。 したがって、有利区間を引き継いだという条件だけではほぼ期待値はありません。 打てるのは下記の条件の時です。 250以内でCZ当選かつAT突入かつ有利区間引き継ぎ 上乗せゲーム数が少ない方が尚良い 2. 直撃ATかつ有利区間引き継ぎ この1か2の条件で打てば、かなり期待値があります。 そもそもATに突入して、その後も有利区間が引き継ぐということがかなり稀です。 上記のような条件を満たせば、高確率で高モードループしてる可能性が高いです。 有利区間を引き継いでいるかどうかの確認は簡単です。 当然勝つと思っていたので、えってなりました。 拾えさえすれば、勝率はかなり高いですし、初期のループ段階で拾えれば期待値10000円以上は軽く超えると思います。 また、ループ中でもCZで負けることがあったので、鬼天国がループしているのではなく、引き戻し等のモードにも入ったりしている可能性が高いです。 問題は低設定ではこのループ自体に入らない可能性があることです。 私が実践しているホールは頻繁に設定3以上の画面を見かけるので、中間設定が結構入っています。 したがって、このループ自体は頻繁に見かけますし、拾えます。 ちなみに設定4を何度か打ちましたが、1日に2回ぐらいこのループ状態に入ります。 総括 個人的にはループ状態の有利区間ハイエナがかなりオススメです。 拾えた時の勝率と期待値を考えた場合、破格のハイエナです。 ゲーム数ハイエナで200のゾーンでヒットして、ATに突入した場合も有利区間が引き継げばやめずに続行すれば期待値を大幅上乗せできます。 ゲーム数ハイエナについては、かなり浅目から攻める人はポイント数も少し気にすると良いと思います。 ツイッターもやっています。 スロット情報や店舗の出玉情報を呟いてますので、もし良ければフォローしてください。 ツイッターアカウント:.

次の

北斗の拳天昇 天井期待値完全版(有利区間状態別・設定1&設定2・非等価持ちメダル)|期待値見える化だくお|note

天昇 有利区間引き継ぎ

設定4濃厚台のデータ サミートロフィー トロフィーで銀が出てたので 設定3以上確定しています。 銅や銀はけっこうな頻度で出ました。 AT終了画面 偶数示唆 ヒョウ・サウザー 3回 奇数示唆 シン 2回 高設定示唆 リン 1回 店の傾向・台の挙動から4と結論付けました。 グラフ まさに6号機の4って感じのグラフ。 前時もこんな感じのグラフでした。 笑 台の挙動 激闘ボナ・天昇ラッシュ 通常時4,604Gで 激闘ボーナス16回 天昇ラッシュ6回 激闘ボナは世紀末ゾーンからが4回、断末魔ゾーンからが12回でした。 100以内断末魔はチャンス濃厚? 80G前後で断末魔ゾーンに入ったのが5回で、そのまま当たったのが2回、残り3回は250Gゾーンで当選しました。 100G以内に断末魔に入ったのは有利区間を引き継いだときだけでした。 おそらく 100G以内に断末魔ゾーンに入ったら高モード示唆かつチャンスモード濃厚となります。 僕の台は初当たり16回で450G越えは一度もなく、隣の4濃厚台も450G越えは一度だけでした。 ちなみに16回中9回が250G以内の当選でした。 4と6の違い 4と6の一番大きな違いはAT突入率です。 4を打っていて一番きつかった部分でもあります。 僕の台は激闘ボナ16のAT6ですから突破率約38%です。 先の記事の通り6は直撃を含む初当たりからのAT突入率は60%あるためかなり大きな違いです。 設定6には激闘ボナの優遇はあるけど4にはない もしくは極わずかという結果になりました。 初当たりは早いけど激闘ボナは自力で頑張ってね~ という感じ。 4でも激闘ボナがうまくやれると6と見間違うかもしれません。 6の挙動 そして設定6の挙動は... リゼロの6です。 ですがリゼロの6ほどはAT突入率は高くないです。 そして設定6は90の確率でこの2回の内にATに突入します。 当たりも早いし全て2回以内にATに入ってる。 これは4挙動。 当たりは早いけどスルーが目立つ。

次の

北斗天昇奇数回スルーの【有利区間狙い】やり方を解説

天昇 有利区間引き継ぎ

今回は前回の記事の続きですね。 まぁ2台しか打ってないんですけどねw 北斗の拳 天昇 390G~ まぁ十分なハマり台。 リゼロと同じような台らしいのですがリゼロと違うのは導入台数ですよね~。 北斗はそこそこの台数導入されているホールが多いので導入されてから1ヵ月ぐらいは台数こなせそうですよね~。 リゼロは数台のホールばっかだったんでハイエナも何も空き台がない状態でしたからねー最初は。 そして1回目の増台後からそこそこ拾えるようになった印象です。 長くなりましたが結果は641Gで当たり激闘ボーナス。 ここで3勝すればATの真・天昇ラッシュに突入ということでリゼロですねw ここで通常時に貯まっていた昇舞個数によって勝利期待度が変化するワケですね~。 さらにバトル中に引いた子役によっても勝利書き換えがあるっぽい。 詳しくはサブ液晶に詳細が載ってるし勝った時にはボタンを押せば何を引いて勝ったのかとかがわかります! ってな感じですけど2戦目でアッサリ負けてラッシュには入らず終了。 しかし700G(天井)からのAT突入しなかった時には次回200Gのゾーン以内に当たるのが濃厚らしいんですが600G以降の当たり(AT当選なし)でも有利区間引き継げば200Gのゾーン以内に当たるのが濃厚らしい。 そして239Gで当たるもまたもや2戦目で負けて止め。 有利区間引き継ぎとかもリゼロっぽいですね。 リゼロはAT後の有利区間引き継ぎがアツかったですよね。 北斗の拳 天昇 269G~ ちょっと早いけど打っちゃいます。 300G手前からが今のところ狙い目っぽいですかね~。 これが610Gに当たり今度は3戦目で負けてAT突入ならず・・・ しかし有利区間ランプは点灯したままだったので続行(負けてすぐ消えるワケではなく2、3G目に消灯することもあるらしいので注意ですね~)。 これが今度は80G過ぎに突入した断末魔モードのバトル中に中段チェリーを引いて当たり。 -----スポンサードリンク----- これは中段チェリーのおかげなのか? とりあえず初の真・天昇ラッシュ!! これがアッサリ・・・ 1000枚オーバーで終了。 閉店時間も近かったのでブン回しましたw AT中は修羅のほう選んだんですがおもしろかったですね~。 出玉スピードもですがやっぱ北斗はおもしろい!! 北斗は転生の章が大ヒットでしたが修羅も新伝説創造も導入当初はコケてましたけど最近の機種と比べるとやっぱりおもしろいですよね!! っというワケで感想というか予想なんですがー・・・リゼロより流行りそうな気もする! まずはリゼロは増台しすぎたので若干コケた感がありますけどやっぱりヒットしたはしたと思いますね。 今では全然打たれてないですけどもう新台で数台入っても全然打たれない台とかたくさんありますからね~。 今回の北斗はけっこう通常時も断末魔ゾーンとかリゼロよりかはおもしろかったですかね~w AT中もリゼロは純増が8枚なのでスピード感はありますがけっこう単調ですからね~。 北斗はなんかやっぱバトル系なんで打ってて楽しい。 そしてもう明らかにハイエナ機なので流行ってくれるとありがたいですよね~w まぁどのみちハイエナ機という情報が広まれば拾える頻度は減りますが稼働率さえ高ければ全然打てますからね~。

次の