桐生 ボート レース。 【中穴波乱】ボートレース桐生の予想で万舟券を狙う水面特徴と展開や赤城おろしを完全攻略! 2020年6月

BOAT RACEとこなめ公式ウェブサイト

桐生 ボート レース

大谷まくり差す。 小森の先まくり注。 佐竹が全速戦で強襲も。 染川のS攻め警戒。 丹下は一番差し。 不安なエンジンの佐口だが、握って挑む。 横澤はツケ回る。 鈴木はまくり差しを狙って。 2コースを奪って差す。 一柳の逃げも十分。 吉島は全速戦。 V機を引いた染川はカドから全速戦。 武藤、宮内が差す。 西田がイン応戦。 松井、丹下は差す。 イン福田は先マイに集中するだけ。 大谷がツケ回る。 一柳、佐口は差し。 横澤は差し。 中里は握って。 鈴木は一番差し。 浜野はカドダッシュに乗って攻める。 金子はまくり挑戦。 地元の2強をV候補として挙げたい。 柴田は6月初めの多摩川で2コースから差してV。 エンジン出しにむらな面はあるが、好機関を引ければ強気な攻めが威力を増す。 2020年以来の地元Vへ、気迫の走りを披露する。 金子拓は今年のゴールデンウィーク、6月の一般戦と地元で立て続けに予選落ち。 その悔しさは計り知れない。 今度こそはと気合がみなぎる。 早い飛び出しからスリットを制圧するか。 遠征組の主力は中沢和志。 今年5優出・1Vは中沢にとって不満な数字で、節によっては大味な成績ともなるが、ここ一番での切れ味鋭いターンは何と行っても魅力だ。 第19台マスターズチャンプの渡辺英児は3節前の津でFも、続く浜名湖、びわこを連続優出。 的確なハンドルワークで大崩れを回避し、V戦線に絡んでくるか。

次の

BOAT RACEとこなめ公式ウェブサイト

桐生 ボート レース

大谷まくり差す。 小森の先まくり注。 佐竹が全速戦で強襲も。 染川のS攻め警戒。 丹下は一番差し。 不安なエンジンの佐口だが、握って挑む。 横澤はツケ回る。 鈴木はまくり差しを狙って。 2コースを奪って差す。 一柳の逃げも十分。 吉島は全速戦。 V機を引いた染川はカドから全速戦。 武藤、宮内が差す。 西田がイン応戦。 松井、丹下は差す。 イン福田は先マイに集中するだけ。 大谷がツケ回る。 一柳、佐口は差し。 横澤は差し。 中里は握って。 鈴木は一番差し。 浜野はカドダッシュに乗って攻める。 金子はまくり挑戦。 地元の2強をV候補として挙げたい。 柴田は6月初めの多摩川で2コースから差してV。 エンジン出しにむらな面はあるが、好機関を引ければ強気な攻めが威力を増す。 2020年以来の地元Vへ、気迫の走りを披露する。 金子拓は今年のゴールデンウィーク、6月の一般戦と地元で立て続けに予選落ち。 その悔しさは計り知れない。 今度こそはと気合がみなぎる。 早い飛び出しからスリットを制圧するか。 遠征組の主力は中沢和志。 今年5優出・1Vは中沢にとって不満な数字で、節によっては大味な成績ともなるが、ここ一番での切れ味鋭いターンは何と行っても魅力だ。 第19台マスターズチャンプの渡辺英児は3節前の津でFも、続く浜名湖、びわこを連続優出。 的確なハンドルワークで大崩れを回避し、V戦線に絡んでくるか。

次の

ボートレースチケットショップ相生

桐生 ボート レース

ボートレース桐生で 高配当の万舟券を的中させたいなら最後までチェックして下さいね。 ボートレース桐生の予想に必要な情報 ボートレース桐生は、標高が高いために モーター回転の上がりが遅く、 インよりもダッシュ勢の方が1マークの主導権を握ることが多い、中穴がよく出るボートレース場です。 桐生競艇場は沼の一角にあるため、水質は淡水で流れが無いのですが、冬から春先には「 赤城おろし」という強風が吹き荒れ、1マークに波が立つほど水面は荒れるレース場になります。 淡水で流れがないレース場なのに、 安定版を使用することも多く、展示航走よりも波乗り巧者が活躍する水面になるので、 中穴以上の波乱の展開も多くなっています。 ボートレース桐生の情報• 標高が高くモーターパワーが出ない時はダッシュ勢が有利• 優勝戦ではインが強くなり1着率は73%というデータになる• 冬から春になると追い風が強くなり1マークが荒れる• ピットから2マークまで165mあるのでピット離れでコースも変わる ボートレース桐生の水面特徴は、 ピットから2マークまで165mもあり、距離が長いことからピット離れに差が出るので、 枠なり進入に落ち着くことが少ないボートレース場です。 スタート展示と本番レースでもコース変わりがあるので、スタート展示を信頼して進入コースを想定しても、レース本番のピット離れで出遅れる艇がいると 展示と本番でもコースがガラリと変わってしまいます。 スタート展示では ピット離れで各選手の出足の良さをチェックしながら、本番の進入を何パターンか考えておくことも大事になります。 ボートレース桐生は標高が高く、他の競艇場よりも気圧が低いこともあり、モーターの 回転の上がりが悪くなり、スタートする際の 行き足にモーター差が大きく反映されます。 ダッシュ側から助走距離を取っても、スタートするときのスピードの伸びにかなりの差が出てきて、良いモーターであれば スタート展示で1マークに行くまでに他の艇を置き去りにしてしまうこともあります。 トップスピードが良さそうなモーターは、 レース本番でも必ず3連単に絡んでくる可能性が高く、カドに入れば、スロー勢を一気に抜き去って、そのまま1マークをまくる展開まであるので、 スタ展で伸び足が良い艇を見つけましょう。 スタート展示に注目! ボートレース桐生では、ダッシュからの「 まくり一撃」で展開が決まることも多いので、スタ展は要チェックですよ。 ボートレース桐生の周回展示では、モーターの 機力の差がストレートに出てくるので、展示タイムと周回展示を見た感じがほとんど同じということが多い。 周回展示を見て良さそうに見える選手や、前の艇との感覚を詰めてくる選手は、 展示タイムでも1番時計をマークしてきます。 ホームストレッチで追い風になると、展示を計測するバックストレッチでは向かい風になるのでモーターに負荷がかかり、展示タイムに大きな差が出てきて、「 150mで0. 1秒差=2m差」で考えておくと、レース本番の参考になります。 コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 コース別決まり手 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 恵まれ 1 52. 6 18. 9 10. 0 6. 5 7. 0 4. 7 95. 5 0. 0 0. 0 0. 0 3. 8 0. 6 2 16. 4 28. 9 16. 2 15. 4 12. 3 10. 5 0. 0 23. 4 60. 2 0. 0 15. 3 1. 0 3 14. 1 18. 5 21. 5 16. 8 18. 5 10. 2 0. 0 35. 7 16. 6 32. 1 15. 4 0. 0 4 10. 1 19. 9 21. 1 20. 4 13. 7 14. 5 0. 0 45. 0 21. 6 21. 6 10. 0 1. 6 5 5. 9 10. 3 17. 5 23. 1 24. 3 18. 6 0. 0 31. 4 8. 5 54. 2 5. 7 0. 0 6 1. 7 4. 2 14. 6 18. 5 24. 9 35. 9 0. 0 20. 0 0. 0 70. 0 0. 0 10. 72 51. 17 2 2324 5. 68 15. 18 3 2322 5. 25 12. 17 4 2324 5. 00 11. 17 5 2325 4. 36 7. 17 6 2309 3. 03 1. 桐生競艇場は 3つの企画レースを実施しているので 軸信頼なら堅く、穴狙いなら勝負に行きましょう。 ボートレース桐生の季節別特徴 ボートレース桐生の 季節別の特徴をまとめてみましたので、ぜひ予想の参考にしてくださいね。 春のボートレース桐生の予想と特徴 ボートレース桐生の春の特徴は、「 赤城おろし」と呼ばれる強い風が吹く日が多いので、ホームストレッチで追い風になり、 1マークで白波が立つようになります。 安定版を使用することも多くなり、回り足を良くするために モーターの性能の差がより大きくなり、実績がないモーターだと連にも絡まないこともあるので注意。 1マークが荒れていると「 まくり」で攻める選手はターンが流れて、「 差し抜け」てくる選手が舟券で高配当を提供することも多い。 展示タイムを参考にすると 春の桐生では着順通りになることも多いし、風がおさまると「イン逃げ」が決まるようになります。 コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 1 51. 7 19. 6 10. 6 6. 5 5. 4 5. 8 2 17. 6 22. 0 19. 2 18. 1 14. 7 8. 1 3 12. 1 24. 5 19. 6 17. 6 14. 6 11. 4 4 10. 9 15. 6 20. 2 19. 9 20. 1 13. 1 5 6. 5 13. 3 18. 8 22. 7 21. 5 16. 9 6 1. 9 5. 9 12. 7 16. 2 23. 4 39. 標高が高いために空気も乾燥していて、ナイターレースになってからは夏場でも気温が下がり、 選手は一番走りやすい季節になると言う。 ナイターレースの場合、動体視力の関係で「 若手のダッシュからのまくり」がよく決まるようになり、スタート展示でピッタリのスタートを切ってくる選手は 1マークの主導権を握る可能性が高いのも特徴です。 コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 1 49. 6 16. 6 11. 3 9. 4 5. 8 6. 9 2 14. 4 26. 3 16. 5 16. 1 14. 4 12. 0 3 12. 0 15. 9 21. 9 18. 4 17. 6 13. 9 4 13. 6 18. 3 18. 5 19. 3 17. 5 12. 6 5 9. 2 15. 7 19. 7 18. 2 20. 1 16. 8 6 1. 7 7. 8 12. 7 19. 1 24. 1 34. モーター調整の差がスタートにも影響してきて、 スリットが不揃いになることも多いし、連勝する選手も少なくなってきます。 気温が下がり始めると「 イン逃げ」も強くなる印象を受けるけど、同じように「 まくり」も決まるので、モーター実績がある選手の活躍が目立つようになります。 コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 1 51. 6 19. 1 11. 2 8. 0 5. 7 4. 2 2 14. 6 24. 2 18. 8 14. 1 14. 5 13. 5 3 12. 8 20. 9 19. 0 19. 1 15. 3 12. 6 4 10. 5 17. 9 19. 6 20. 6 18. 4 12. 7 5 8. 5 13. 5 18. 3 18. 8 24. 0 16. 6 6 2. 6 5. 3 14. 0 20. 3 22. 4 35. 抜けるような冬の青い空が広がる季節は、かなり 強い追い風が吹き抜けるため、1マークに白波がたてば 安定版を使用することになっても乗りにくさがあると言われます。 風速が8mを超えると、桐生では 波乗り巧者の出番になり、周回展示で座ったままターンをする選手はレース本番では活躍することは少ない。 人気の記事はこちら• 2019年3月19日 に投稿された 6 投票, 平均点: 4. 67, 総合点: 28 評価済• 2019年3月19日 に投稿された 2 投票, 平均点: 3. 50, 総合点: 7 評価済• 2019年2月5日 に投稿された 38 投票, 平均点: 4. 37, 総合点: 166 評価済• 2019年2月7日 に投稿された 16 投票, 平均点: 4. 25, 総合点: 68 評価済• 2019年3月19日 に投稿された 2 投票, 平均点: 4. 50, 総合点: 9 評価済• 2018年11月28日 に投稿された 13 投票, 平均点: 4. 15, 総合点: 54 評価済• 2019年4月11日 に投稿された 3 投票, 平均点: 4. 33, 総合点: 13 評価済• 2019年3月6日 に投稿された 8 投票, 平均点: 4. 13, 総合点: 33 評価済• 2019年3月15日 に投稿された 4 投票, 平均点: 4. 25, 総合点: 17 評価済• 2019年3月27日 に投稿された 2 投票, 平均点: 4. 00, 総合点: 8 評価済.

次の