トク だ 値 払い戻し。 『えきねっとトクだ値』と『お先にトクだ値』の違い 払い戻し不可?

えきねっとトクだ値はいつから予約できる?予約方法まとめ

トク だ 値 払い戻し

もくじ• えきねっとのトクだ値とは? 新幹線の乗車券、特急券が40%オフで購入できる!! えきねっとのトクだ値を利用する最大のメリットは、乗車券、特急券を大幅に割引価格で購入できることです。 僕の場合、今回函館に旅行に行こうと思いトクだ値を調べてみると… えっ!40%オフとかあるの?!! ちなみに通常料金で新幹線を予約した場合は大人2人の場合片道14,520円、往復だと29,040円な~り。 これがトクだ値の40%オフの場合… なんと大人2人で片道8,700円!!往復料金だと 17,400円です!!やっす!! 金額にして29,040円-17,400円= 11,640円もお得になります! 北海道新幹線が出来てから、「やっぱり新しいの乗ってみたいよね~」なんてのんびりミーハーな事を言っていましたが、これを見て早速購入してしまいました!! これだけお得になると、ついつい旅行先のご飯もグレードアップしてしまいますね~ ネット上から新幹線の予約が可能! えきねっとのトクだ値は、ネット上から好きな路線を予約することが出来るので忙しい方にはうってつけ、僕の様に出不精な方にもうってつけですw のトップページから「きっぷ予約」に進みます。 指定席の欄をクリックし、自分の乗りたい路線を選んでいきます。 予定が決まったら即座に予約できるのはホント助かりますね~ えきねっとのトクだ値きっぷの受け取り方法 えきねっとのトクだ値で予約したきっぷは、乗車前に受取りに行く必要があります。 きっぷはみどりの窓口などで受取りできます。 地域によって若干受取り方法が違うみたいですね、詳しく知りたい方は以下のページで調べてみてくださいな。 ・購入(予約)手続き完了時に発行された予約番号(5桁) ・申込みの際に登録したクレジットカード ・クレジットカードの暗証番号(4桁) 僕は指定席の券売機から発券しました。 「インターネット予約の受取り」をタッチして「えきねっと予約の受け取り」に進みます。 前もって登録しておいたクレジットカードを挿入して、発券したい予約を選択していきます。 問題なければクレジットカードの暗証番号を入力し、そのまま発券をして終了です。 クレジットカードと発券したきっぷを忘れずに持ち帰りましょう。 えきねっとのトクだ値の注意点 これだけお得な割引を受けれるトクだ値ですが、利用するにはコツがあります。 お得なだけに超絶人気!予約は1か月前が吉 これだけお得なえきねっとのトクだ値、正直予約は熾烈な争いです。 トクだ値の予約は1か月前から可能になりますが、うかうかしているとすぐに割引率の高いきっぷはなくなってしまうので注意が必要です。 ちなみにこの記事を書いているのは平成29年6月1日になりますが、現時点でトクだ値を検索してみると以下のような感じ。 それぞれ路線や時期的なものもあるのでこの通りにはなりませんが、早めの予約にこしたことはありませんね。 ちなみに僕の場合、旅行の計画は2~3カ月前にしていたので約1か月前にはすでに予約をすることができました。 これはきっぷを発券する前の場合で、もしもきっぷを発券してしまった場合には割引された分の手数料が発生してしまいます。 つまり、15%割引のきっぷを発券後払い戻しする場合には、 その15%分が手数料となってかかってきてしまいます!きっつい… えきねっとのトクだ値はお得なだけに手数料関係はシビアなので、予約するなら確実に利用する気持ちで行いましょう。

次の

「お先にトクだ値」「お先にトクだ値スペシャル」の買い方と使い方|新幹線旅行研究所

トク だ 値 払い戻し

えきねっと「トクだ値」のご案内 えきねっと「トクだ値」は、新幹線・特急におトクに乗車できるインターネット専用の割引きっぷです。 パソコンやスマートフォンで購入できます。 駅の窓口などでは購入できません。 えきねっと「トクだ値」を購入するには、えきねっとへの会員登録(無料)が必要です。 また、新幹線eチケットでの利用に限られます。 えきねっと「トクだ値」の設定列車 えきねっと「トクだ値」は、JR東日本・JR北海道のすべての新幹線と、おもな特急列車に設定があります。 「えきねっとトクだ値」 乗車日1ヶ月前午前10時~乗車日当日の午前1時40分まで 「お先にトクだ値」 乗車日1ヶ月前午前10時~乗車日13日前の午前1時40分まで 「お先にトクだ値スペシャル」(期間限定) 乗車日1ヶ月前午前10時~乗車日20日前の午前1時40分まで 「お先にトクだ値」は13日前まで、「お先にトクだ値スペシャル」は20日前までが購入期限ですが、そのぶん価格は割安です。 「お先にトクだ値スペシャル」は期間限定のバーゲン型チケットで、常に発売されているわけではありません。 えきねっと「トクだ値」の値段 えきねっと「トクだ値」「お先にトクだ値」の主要区間の値段(片道)は以下の通りです。 区間・列車・設備・席数は限定です。 こどもは約半額です。 えきねっと「トクだ値」の発売期間 利用開始日の1ヶ月前から乗車日当日の午前1時40分まで、インターネット列車予約サイト「えきねっと」で発売しています。 「お先にトクだ値」は乗車日13日前の午前1時40分まで、「お先にトクだ値スペシャル」h乗車日20日前の午前1時40分までです。 えきねっと「トクだ値」の使い方 えきねっと「トクだ値」は片道乗車券と特急券がセットで発売されます。 パソコンやスマホで予約後、駅の窓口や券売機で「紙のきっぷ」を受け取り、新幹線に乗車できます。 受取時には、決済時に使用したクレジットカードを提示します。 自動券売機で受け取る場合は、クレジットカードを挿入すれば受け取ることができます。 受け取った紙のきっぷは、通常のきっぷと同様に自動改札機に通して改札を抜け、新幹線に乗車できます。 えきねっと「トクだ値」の変更・払戻方法 トクだ値は、予約後、きっぷの受け取り前ならば、出発時刻の6分前まで変更ができます。 変更はインターネット上に限ります。 きっぷの受け取り後の変更は一切できません。 払い戻しについては、きっぷの受け取り前で乗車日当日までの場合、座席1席につき320円の払戻手数料で払い戻せます。 受け取り前の払い戻し手続きは「えきねっと」のウェブサイトまたはアプリ上で行います。 きっぷの受け取り後の払い戻しは、発売価格の割引率分の払戻手数料が発生します。 たとえば、15%割引の場合は15%の払戻手数料が発生します。 また、座席1席につき、最低560円(乗車券220円、特急券340円)の払戻手数料が設定されています。 受け取り後の払い戻しは駅の窓口でできます。 列車出発時刻後の払い戻しはできません。

次の

お先にトクだ値で変更や払戻できない場合の解決方法と賢い買い方

トク だ 値 払い戻し

えきねっとの使い方 会員登録とクレジットカードの登録が必須! まず、えきねっとでネットから切符の予約を行うためには• えきねっとの無料会員登録を行う• クレジットカード情報を登録する の、2つが必要になります。 最初に「」で会員登録を選択し、必要事項を記入して会員登録を完了しておく必要があります。 ただし、会員登録を行っただけでは切符の予約はできず、 事前にクレジットカードの登録も必要になります。 この点はえきねっとが使いづらいと言われる理由でもありますが、ともかくえきねっとの予約サービスを利用するなら クレジットカードの登録が必須です。 切符の予約方法 会員登録とクレジットカード登録が完了したら、トップページよりきっぷの予約、または乗り換え運賃検索から希望する列車の切符予約を行います。 個人的に初めてえきねっと予約を利用する人は、まず 乗り換え案内・運賃検索から切符の予約を行うことをオススメします。 乗り換え案内のページを開くと 出発駅・到着駅、日時を入力する画面がでるので、必要事項を入力して検索を選びましょう。 他の候補地を選択してくださいと出てきますが、そのままで良ければ再度検索を選びます。 検索をかけると各経路が表示されるので、目的の経路を見つけましょう。 もし、希望する経路が見つからない場合には記入した内容を変更して再度検索をかけます。 希望する経路が見つかったら、 「えきねっと空席照会申し込み」を選択しましょう。 次に希望する列車の中から、自由席や指定席、グリーン車といった座席の種類を選択します。 また、一部の新幹線は えきねっとトクだ値という割引が適用される列車もあります。 これは えきねっと予約限定の割引切符であり、通常料金よりも大幅に割引となる場合があります。 えきねっとを利用するのであれば、ぜひともえきねっとトクだ値も利用したいです。 ただし、トクだ値の切符は払い戻しや乗車変更等に いくつか制限があるので、 利用前にトクだ値切符の注意点を確認しておきましょう。 指定席やグリーン車を選択した場合には座席の番号を指定する画面に進むので、希望する座席を選択します。 「どの席でもかまわない」というのであれば無理に指定する必要はありません。 シートマップから選ぶを選択すれば空席の中から好きな座席を選択できるので、 座席を細かく指定したい場合にはシートマップから選びましょう。 座席の選択が終わったら、乗車券がいるのかどうかを選択しましょう。 えきねっとトクだ値の切符を選択した場合は、基本的に乗車券がセットになっています。 乗車券と特急券の違いについては「 」を参考に。 必要事項を入力したら申し込むボタンを押して次に進みます。 購入手続きの確認画面が表示されるので、選択した列車、日時、座席、えきねっと予約の注意事項などを確認します。 間違いがないなら「新規購入する」を選択すれば予約は完了となります。 帰りの列車や他に乗車する予定の列車があるのであれば、続けて申し込むの欄から予約を行いましょう。 新規購入が完了するとこのような画面となります。 メールでの通知はないので注意しましょう。 予約を行ったら切符を受け取る 予約が完了したら、実際に駅へ切符を受け取りに行きます。 切符の受け取りには えきねっとに登録したクレジットカードが必要になるので、忘れずに持って行きましょう。 なお、切符の受け取りができるのは基本的にJR東日本・北海道の各駅です。 名古屋や新大阪、博多といったJR東海・西日本の各駅では、えきねっとの切符を受け取れないので注意しましょう。 受け取りは駅の指定席券売機または窓口にて行います。 指定席券売機であれば窓口で並ぶ必要もないので、基本的に券売機で受け取った方が良いです。 指定席券売機に インターネット予約の受け取りという項目があるので、そこをタップしましょう。 えきねっとに登録しておいたクレジットカードを入れると、 自動的に予約した切符が表示されるので必要な切符を選択しましょう。 購入の確認ができたら、クレジットカードの暗証番号を入力することで切符の購入は完了です。 ちなみに、切符を受け取った時点で登録したクレジットカードに決済が行われます。 現金では購入できないので注意しましょう。 まとめ:最初は戸惑うがトクだ値切符は魅力的! えきねっとから切符を予約することに関しては• クレジットカードの登録が必要、現金購入不可• やたらと多い注意事項• 入力・選択する事項が多く予約までの手順が複雑 ということもあり、初めてネット予約をする人にとっては敷居が高いですが、一度覚えてしまえば非常に便利なサービスです。 わざわざ駅の指定席券売機やみどりの窓口に行かなくても 大抵の切符は予約できるので、頻繁にJRを利用するのであれば登録しておいて損はありません。 特に、 えきねっとトクだ値切符は割引率が非常に高いため、 トクだ値の割引切符を購入するためだけでも登録しておく価値はありますよ! 便利でお得なえきねっとを活用させて、切符の予約・購入を行いましょう! 以上、参考になれば幸いです。 <関連記事>.

次の