ブンブン ハロー youtube 意味。 Hikakinの『ブンブンハローYouTube!』のやり方!│楽蔵

「ブンブンハローユーチューブ」とは?意味や使い方を解説!

ブンブン ハロー youtube 意味

ブンブンハローYouTube!とは!? 『ブンブンハローYouTube!』はYouTubeで大活躍のHikakinさんのあいさつの決め台詞的な挨拶のフレーズです。 今回はHikakinさんの『ブンブンハローYouTube!』のやり方を徹底的に解説していきます。 ご存じでない方はまずはこの動画で声を聴いて見て下さい。 Hikakin TV YouTubeテーマソング/ヒカキン&セイキン 引用元:YouTube : 上の動画はヒカキン&セイキンのYouTubeテーマソングです。 二人とも歌もうまくホント多才でうらやましい!冒頭からのビートボックスのボイパからはじまり、続けて喉ベースを使用した『ブンブンハローYouTube!』と挨拶がはじまります。 普段の『ブンブンハローYouTube!』は下のハゲキン動画をご覧ください。 ヒカキンさんの『ブンブンハローYouTube!』は現在進行中で上手くなっていて昔に比べて音の深み、厚み、響きと発声がかなり上達しています。 昔の動画を見ると一目瞭然です。 昔からの動画がこちらです。 それでは声の出し方を説明に入りましょう。 ブンブンハローYouTube!の声の出し方 『ブンブンハローYouTube!』の声は ビートボックスの技のひとつ喉ベース(のどべーす)を使って声を出しています。 喉ベースを習得すると色んな声が出せる様になりボイパの幅や声の表現の幅が広がります。 ここでは喉ベースでの発声で『ブンブンハローYouTube!』と真似が出来るように解説していきます。 コツはコツコツと練習する事です。 (笑)でも解説をしているのですが、 1回でまとめて2時間練習するより1週間で6日間20分ずつ練習する方が同じ時間練習をするなら上達が早いのです。 ビートボックスとは 喉ベースを使用して行うビートボックスはボイスパーカッション、通称ボイパの発展したもので、HIPHOPからルーツがきています。 ボイパは口で打楽器のビートを刻むのですが、ビートボックスは口や鼻からのブレスや発声を中心に手を口に当てたり舌を使い幅広い擬音を出しビートを刻みます。 レコードのスクラッチ音や、ベース音、リズムマシンのミキシングによる音色の加工や変化などを全て再現するテクニックは数多く表現の幅はとても多岐にわたります。 今回は、その喉ベースのテクニックのみに焦点を当て『ブンブンハローYouTube!』を習得しましょう! ビートボックスの基本ボイパのやり方はこちらの記事で紹介しています。 ボイパ・ビートボックスが簡単に出来るので気になる方はご覧ください。 喉ベースのやり方 喉ベースのやり方です。 喉ベースはHikakinさんの『ブンブンハローYouTube!』でおなじみのあの声です。 喉ベースで声を出すと通常より1オクターブ低く聞こえます。 では、やり方の若い頃のヒカキンさんの動画、ワカキン喉ベース動画をご覧くださいw How To Beatbox — Throat Bass — by HIKAKIN 鼻から出す音と口から出す音を使い分け出来るようになりましょう。 若いヒカキンさんの分かりやすくて面白い動画ですね。 やり方のコツは喉に指を入れた時の『おえッ!』っとなる時の喉がしぼられた感じでやります。 その喉の締まった状態を記憶し、その状態で声を出すとぶるるるると震える音が出て喉ベースが出来ます。 感覚的にのどが裏返ったような感覚です。 喉ベースのコツは喉ベースをする瞬間にバスドラムを打つと喉に引っ掛かりが出来て出しやすくなります。 他にもたんを切る時の咳払いを伸ばす感覚でも喉ベースが出来ます。 喉ベースは大きく分けると2つの音を出す事ができます。 それは、鼻から出す音と、口から出す音の2種類です。 鼻から出す音は『ブゥーン、ブゥーン』と切れのある響きになり高い音域を出しやすいです。 口から出す音は『ビュー、ビュー』響きになり低い音域を出しやすくなります。 こちらの喉ベースも喉に負担がかかるので無理をせず、水分補給やのど飴などでしっかりとケアしたり休みましょう。 喉ベースが上手くなるためには とにかく練習です。 ヒカキンさん自身も『ブンブンハローYouTube!』のフレーズをしっかり練習をしています。 実際の気に入るフレーズが出来るまで取っている動画がこちらです。 あのヒカキンさんでも努力してこだわっている様子が分かったのではないでしょうか??喉ベースが上手くなるためには下記のポイントを大切にして下さい。 ・確実に発声の頭から喉ベースがきれいになる様にする 喉ベースの発声できれいに出すコツは喉ベースをする瞬間にバスドラムを打つと喉に引っ掛かりが出来て出しやすくなります。 この出だしのきれいな鳴らし方を意識しましょう。 ・響かせ方をコントロール出来るようになる 喉ベースの響かせ方は大きく分けると2つの音を出す事ができます。 それは、鼻から出す音と、口から出す音の2種類です。 この響かせるポイントでキレイに鳴らして響かせる練習をして下さい。 ・喉ベースの鳴りの振動のリズムを一定にする 喉ベースの鳴るぶるるるるるという音の振動のリズムを一定にする練習をしてコントロール出来るようにして下さい。 これらを意識してコントロール出来るようになると上手い喉ベースが出来ます。 『ブンブンハローYouTube!』デビュー! 今までの内容で練習をすればそれなりに形になります。 ある程度喉ベースが出来る様になれば『ブンブンハローYouTube!』とヒカキンさんの真似をすれば出来上がりです!手や身振りの練習も動画でとってみたり、鏡を見ながら練習してもいいでしょう。 本家ヒカキンさんに似せたい!!って方は、録音か動画で自撮りしながら練習しましょう。 実際に自分自身で聞いている音と人がきく音は違います。 普段自分の聞いている自分の声はあごの骨を伝わった体内で聞く『骨伝導の音』です。 他の人が聞く自分の声が本当の声ですので動画や録音をして確認をしながら本家のヒカキンさんに似るように練習してみて下さいね!響かせるポイントを変えながら似ているポイントを覚えていきましょう。 休憩は本当に大切 喉ベースはビートボックスの技の中でも特に喉に負担がかかりますので水をのんだり、のど飴をでケアをしながら休み休み練習をして下さい。 早くマスターしようとたくさん練習をして痛くなって血が出た方もいます。 喉を傷めると風邪をひきやすくなったり、喋れなくなったりと良い事がありません。 ましてや練習が出来なくなるのでご注意ください。 以上、『Hikakinの『ブンブンハローYouTube!』のやり方!』でした。 今回紹介した喉ベースはビートボックスでも難易度の高めの難しい技ですが、コツコツと練習をしてマスターしてみて下さいね!最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

「ブンブンハローユーチューブ」とは?意味や使い方を解説!

ブンブン ハロー youtube 意味

喪失 のが失踪したわけだが、かくいう私はといえば、雨の中を疾走している。 「夏の夜に聴きたくなる曲」が好きなのだが、基本的にそういう曲は聴いているとこの世から消えてしまいたくなる。 そんな精神状態になったときは夏の朝に聴きたくなる曲を聴いてごまかすわけだが、にはだいぶお世話になっている。 季節関係なく『涙』『眠れぬ森の君のために』あたりはよく聴くが、夏になると聴きたくなるのは『夏蝉の音』だ。 いつのまにか時が過ぎて いつのまにか僕を忘れ 思い出になるのかな そんなことを言うと君は 笑いながら泣いていたな 短い夜のこと 夏蝉の音、ゆれる心 鼓膜の奥、溶けだす青 巻き戻る、二人の過去から 溢れ返る光の粒 (『夏蝉の音』) なぜか昔から失恋ソングが好きだ。 ノスタルジックな「俗」の気配に、憧憬が垣間見えるあの感じ。 そういう曲には、きまってうだるような暑さや生ぬるい夜の空気がよく似合うのだが、はその声質と弾むようなメロディーラインゆえに、世俗的になり過ぎない。 ポップなイメージを残しつつ、エモい気分を演出してくれるのだ。 その特性ゆえに、「春」を感じさせる別れの歌との相性はとてもいい。 「出会いの春」と言われることが多い中で、「別れの春」に向き合った曲は大体名曲。 センチになりすぎない、でもポップなだけでは終わらせず、聴いた人が必ず過去の何かを思い出してしまう。 『』と『桜の詩』は最高だ。 あれからどれほど月日が経ったろう 二人並んで見た桜の花が舞って 遠く遠く飛んでゆく、思わず追いかけてしまう 国道沿いを走って あなたの声を思い出してしまう (『桜の詩』) ここまで書いてきて、私が「大好きおじさん」の位置を確立しつつあるような気がしてきたが、私が一番好きなバンドはである。 そこは間違えてはならない。 りっきー検定4級のテキストで赤文字になるレベルだ。 ちなみに、私が世界で一番好きな曲は、の『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』だ。 今のところ更新される予定はない。 あれは別に季節を限定していないが、木材の匂いに満ちた、あまり冷房が効いていない、でも人が少ないせいでそこまで暑くもない夏のライブハウスが情景としてすぐ浮かぶ。 MVに引っ張られている気もするが、あれも季節は感じさせないから、そんなことはないと信じたい。 の声質は「エモーショナルな慟哭」にぴったりだ。 叫んだ時、彼の声は鼓膜を引っ掻き、耳に残る。 蜂の毒針のように針に返しがついており、なかなか抜けない。 13歳の私に刺さった針は、今も柔らかい部分から抜けやしない。 いつか、『グのせいにする』の美しさについても語りたい。 殺されるぶんには 死にたくはない。 それだけは確かだ。 でも、この感情をしてみると、「能動的に命を絶つ」勇気がないだけで、「死」という状態に対しての感情とは微妙に違う(気がしている)。 だから、逆にもし命を奪われるとなったら、自分はある意味安心するのかもしれない。 努力してこなかった自分の人生に、言い訳ができる気がするから。 死んでしまったからこんな道半ばでも仕方ない、と。 そもそも歩き出していないくせに、言い訳ばかりを探して地面を這いずり回っている。 おっと、夜特有の自己嫌悪タイムが訪れたので、私はそろそろ寝ようと思う。 飯田が戻ってきたことを祝って、明日は火鍋を食べに行く。 今夜はストロベリームーン。 月は全く赤くなかったが、やけに明るかった。 綺麗ですね、と言うにはあまりにも気味の悪い明るさ。 chainsaw828.

次の

「ばちこり」とは?意味や使い方を解説!

ブンブン ハロー youtube 意味

ブンブンハローユーチューブ 日本一有名なユーチューバー Hikakinの決めフレーズ「ブンブンハローユーチューブ」 独特なパーカッションと低音で、とても印象に残るフレーズですよね。 最近はテレビにもよく出演するようになり、おなじみのフレーズを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 今回はあの印象に残るフレーズ「ブンブンハローユーチューブ」について解説します。 ブンブンハローユーチューブの意味 「ブンブンハローユーチューブ」とはユーチューバー Hikakinの決めフレーズで、動画の冒頭で毎回披露されています。 今でこそ有名なフレーズになりましたが、初期の動画では「ブンブン」だけだったり「ハローユーチューブ」だけだったりと、動画によってバラつきがありました。 また、初期の「ブンブンハローユーチューブ」は早口で言っていたことが原因で、視聴者から「ガルニーチューブって何ですか?」と指摘されたともあると本人は明らかにしています。 その後は初めて動画を見る人にも分かるように、ゆっくりと発音するようになりました。 有名になるにつれ、真似をする人も出てくるようになりました。 あの独特な言い回しは喉ベースというヒューマンビートボックスの技術を使って発音しています。 喉ベースのやり方はHIKAKINチャンネルで本人解説の動画も投稿されています。 HIKAKIN自身も最初のころは「ブンブンハローユーチューブ」をやりずぎて喉が痛くなったと言っているので、やりすぎには注意が必要です。 今現在のHIKAKINは「回数を重ねるごとにだんだんうまくなってきた」と言っており、よっぽどのことが無い限り喉を傷めることなく、一番ベストな「ブンブンハローユーチューブ」を届けることができると言っています。 ブンブンハローユーチューブを使った文章・使い方 1. 「ブンブンハローユーチューブ、どうもHIKAKINです」 2. 「ブンブンハローユーチューブ、シュルルルル(ヒューマンビートボックス)」.

次の