ぼく たち は 勉強 が できない 感想。 漫画『ぼくたちは勉強ができない』最新刊16巻のネタバレあらすじ!収録話の話数は?感想まとめ|マンガタリーネクスト

「ぼくたちは勉強ができない(2期)」6話感想!桐須大サービス回

ぼく たち は 勉強 が できない 感想

ぼくたちは勉強ができない【161話】最新話ネタバレあらすじ 鏡の前で髪型をどうするか文乃が悩んでいたこの日も、成幸は文乃の身の回りの世話のために文乃の家に来ました。 文乃の父は、間違いを起こさないようにと今日も釘を刺します。 文乃は成幸にそんなつもりはないと父の誤解を解こうとしますが、1時間近く鏡の前で身だしなみを整えていた文乃に説得力はありません。 文乃は巻いた髪を寝ぐせだと言って誤魔化すも、成幸は「いつも通り」だから気にしないと答えます。 オシャレをしていた文乃は鈍感すぎる成幸に少しイラっとします。 何はともあれ成幸が家に来るようになって1週間。 成幸は異常なほどに過保護でした。 文乃が消しゴムを落としただけで全力で拾ったり、食事を口まで運んでくれたり、文乃が照れているとトイレに行きたいのだと勘違いしてお姫様抱っこで連れて行こうとしたり・・・。 流石の文乃もやりすぎだと怒りますが成幸の耳には聞こえていません。 飽きれ半分嬉しさ半分の文乃は、もしも成幸と結婚した場合毎日がこんな調子なのではないかと妄想してしまい、顔を真っ赤にしてしまいます。 しかしうるかや理珠のことを考えると、そんな妄想が現実になることはあり得ません。 さらに言うと、成幸がお世話をしてくれるのも、文乃への好意ではなく怪我をさせた責任を感じているだけなのだと言い聞かせる文乃は、 もしも怪我をしていなければ成幸はそばに居てくれないのだろうかと思ってしまいます。 そんなことを考える文乃は成幸が声をかけていることに気付かず、気づいた途端焦って手を伸ばしてしまいます。 手を滑らせた文乃は、成幸が作ってくれたスムージーを頭からかぶってしまいます。 洗面所に移動して髪を拭いた文乃ですが髪の毛のべたべた感は取れず、洗うことにします。 成幸は文乃が洗い終わるまで外に出て待とうとしまうが、文乃は無意識に成幸の服を掴んでしまいました。 そして、足が痛いと言って成幸に頭を洗ってもらいます。 前かがみになりバスタブに頭を突っ込む形で文乃は成幸に頭を洗ってもらいます。 成幸は照れながらですがちゃんと洗ってくれます。 文乃は怪我が治るまでだと自分に言い訳をして、成幸を独り占めしたいと感じていました。 もどかしい気持ちが膨らんでいきます。 折角髪型を綺麗にしていたのにごめんと成幸が謝ると、文乃はいつも通りと言われたことをいやみっぽく言います。 しかしそれはいつも綺麗という意味だったと成幸は答えました。 毎日髪を綺麗にする大変さを何となくですが理解している成幸に、文乃は大変だと答えますが成幸に綺麗と言ってもらいたいと思うようになってからは苦にはなりませんでした。 頭を洗っていると床屋と客みたいだと言って笑う成幸に、文乃は嘘でも恋人同士だと言って欲しいと言ってしまいました。 はっとした文乃はすぐに否定しようとしますが体勢を崩して成幸にもたれかかってしまいました。 乙女心の練習問題だったと言って誤魔化す文乃は成幸が顔を背けてしまったので謝ります。 しかし成幸が顔を背けた理由は、シャワーで濡れた文乃の下着が透けてしまっていたからでした。 文乃はそのことに気付くと大騒ぎしてしまいました。 なんとか落ち着き、成幸が帰る時間がやってきました。 また明日といって帰る成幸に手を振る文乃は、このまた明日が怪我が治った後も続いて欲しいと願わずにはいられませんでした。

次の

ぼくたちは勉強ができない【最新164話】のネタバレ/感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ぼく たち は 勉強 が できない 感想

ぼくたちは勉強ができない|163話振り返り 理珠やうるかが、成幸にチョコを渡したことを隠れて見届けた文乃。 2人の気持ちを考えた結果、結局自分のチョコは渡せず、河原でチョコをどうしようかと考えることになった。 そんなときにチョコが風で川に落ちてしまう。 そんなとき、たまたま通りかかった成幸が川に入ってチョコを救出した。 そんな必死な成り行きを見た文乃は、チョコが成幸へのものだったと言い、成幸はチョコを受け取った。 そのまま文乃の家に行った2人。 勉強をしながら文乃の足の調子についての話になった。 はじめは理珠やうるかに遠慮していた文乃だったが、文乃は本当はもうすぐ治るはずの足の怪我が、もう少しかかると言い、嘘をついたのだった。 過ぎていく日常と入試結果 一日、一日が刻一刻と進んでいき、ときに父親の冷たく黒く染まった視線を受けつつも、成幸の文乃に勉強を教えつつ、お世話を続ける日々が続いていた。 2月24日。 電車の中で緊張する文乃だったが、隣の席に座る成幸がお揃いの合格祈願のお守りを見せたことで、文乃の緊張は弱まった。 そして受験当日の2月25日。 文乃は志望大学で無事に試験を受けた。 試験を受けたのは理珠や成幸も同じだ。 そして来たる合格発表の日である3月5日。 成幸に文乃、そして理珠の3人は生徒指導室にいた真冬の元を訪れ、無事に合格したことを報告し、それを聞いた真冬は泣いて喜ぶのだった。 合格報告の後・・・ 無事に合格報告を終えた後、成幸と文乃は学校の人のいないドアの前にある小階段に座って話し込んでいた。 まずは2人お互いの合格を称えあうが、すぐに文乃の足の怪我の具合の話になった。 本当のことを言うかどうか迷った文乃だったが、これ以上は・・・と思い、真実を言うことにした。 「ご、ごめん成幸くん。 実は…先週の診察でほぼ治…っ」 文乃がそこまで言うと、成幸は少し残念そうな…怪我の回復が嬉しそうな… そんななんとも言えないような表情をして言った。 「教育係もケガのサポート役も…晴れてそろそろお役御免かな」 そんな成幸の表情と言葉を聞いて何かを思った文乃だったが、成幸の 「あれ?今何か言おうとしてた?」と言う言葉で全て吹き飛んでしまった。 成幸は文乃の言葉を聞いたからではなく、自発的に言っていたのだ。 慌てて何を言おうとしていたのか誤魔化した文乃は、卒業したら今まで一緒にいた仲間たちと別々の道に進まなければならないことに不安を感じていることを口にした。 そんな文乃に成幸がかけた言葉は…… 「好きなんだろ」 それを聞いた文乃はかつてないくらいの慌て方をするが、成幸は文乃の夢である天文学者がみる星のことを言っているだけだった。 成幸は文乃が落ち着くのを見ると、文乃なら『不安』も『できない』も伸びしろだと言う。 そして文乃の全てを肯定し、好きに向かって思い切り進めばいいと言い切った。 文乃は成幸のその言葉に照れつつも感謝の言葉を言っていた。 しかし、心の中ではこう思っていた。 『あなたが好き』『世界中の誰よりも』 成幸の父親について 成幸は文乃が心の中で好きと言えたらいいと思っている中、今の『伸びしろ』という話は父親の受け売りだと言った。 文乃は父親について聞くと、成幸の感想は 『変な親父』というものだった。 コンビニの前に座り込む不良たちにゴミ袋の中にゴミを入れるように言った後に揉めたにも関わらず、自宅に招き入れてご飯を振る舞うような人。 そんな父親は、成幸にとってどんな人にも真っ直ぐ向き合って寄り添う人。 気づけば誰もが親父を慕っている。 そんなことを言った後に、成幸は少し残念そうに言った。 「俺はずっと…あの人になりたかったんだと思う。 でっかすぎて遠過ぎで、いつまでも追いつける気がしないけど」 そんな成幸の言葉を、文乃は一生懸命否定した。 誰かになろうとしなくてもいいと。 そして最後に飛び出した言葉は・・・ 「成幸くん『が』いいんだよ」 成幸の全てを肯定する言葉だった。 2人はそのまま照れてしまいつつも、帰路につくことにした。 分かっていたはずなのに・・・ 帰路に着く成幸と文乃。 文乃はあんなことを言って恥ずかしいと思っていたが、成幸は嬉しいと思っていた。 そして話を続ける途中で成幸が立ち止まった。 「卒業したら、みんな別々の道になるけどさ… もし古橋がよかったら…」 ここまで聞いた文乃は、もしかしてと心臓の動きをだんだんと速めていく。 そして文乃の心臓の鼓動が高まる中、成幸は話を続けた。 「これからも、よかったら色々相談に…」 成幸の言葉に文乃の心臓は限界寸前、そんなときだった。 「文乃っち?」 うるかが現れた。 うるかが現れたことで正気に戻ったつもりでいる文乃は、慌ててこう言って走り去った。 「これからも…別々の道で!それぞれがんばろうね!成幸くんっ!」 まだ完治していないはずの足を使って思い切り走り去る文乃。 成幸はそのことに驚き、うるかは不審に思った。 成幸たちから見えない場所へ移動した文乃は、心の中で自分を納得させるように繰り返した。 『分かってたことじゃない』『がんばって、うるかちゃん』 『時間の問題だった』『こんな形で足のことバレちゃうなんて』 必死に自分に大丈夫と言い聞かせる文乃。 そんな文乃の耳に飛び込んできた言葉は、応援していたからこそ嬉しいはずで、とっくに分かっていたはずの残酷な言葉。 「大好きだよ、成幸」 うるかの告白の言葉を耳にした文乃は、その場に立ちすくんだまま後悔した。 「足のこと…嘘ついちゃった罰、かなぁ…」 だんだんと涙が流れていく文乃。 そしてその涙はやがて滝のようになって止まらなくなった。 そんな文乃の口からは、絶望に近い言葉が出てくるのだった。 「あーあ…全部…終わっちゃった…」 漫画『ぼくたちは勉強ができない』を無料ですぐに読む! 以上、『ぼくたちは勉強ができない』第164話のネタバレあらすじ、感想と考察まとめを紹介しました! でも、やっぱり漫画は絵つきで読んだ方が面白いですよね!! U-NEXTなら 31日間の無料期間があり、期間内の解約なら 一切お金はかかりません!! 無料登録直後に600P貰えて すぐに無料で読むことができます!! 週間少年ジャンプの作品は、 最新刊やお好きな巻を無料で読むことができるのでオススメです! そして、U-NEXTは『ぼくたちは勉強ができない』の アニメも第1期・第2期ともに見放題作品として見ることができます!! 『ぼくたちは勉強ができない』の好きな巻をすぐに無料で読んで、アニメまで見放題! U-NEXTなら、どちらもとってもお得に楽しむことができますね!! 『ぼくたちは勉強ができない』の漫画を無料でお得に読みたい方は、ぜひU-NEXTに無料登録してお楽しみください!! 解約方法は以下のボタンからご覧ください。 それを互いに喜び合い、嬉しい時を過ごした文乃。 そんな文乃がようやく素直になって成幸のことを肯定したのに、待ち受けていたのは親友の告白と嘘をついた後悔でした。 うるかの告白を聞いてしまった文乃は、どんな行動をとるのでしょうか? 素直に告白ができない文乃とずっと過ごしてきた成幸の行動に期待したいです。 まとめ 今回は、 『ぼくたちは勉強ができない』第164話の ネタバレあらすじ、 感想と考察を紹介しました。 『ぼくたちは勉強ができない』は漫画だけでなくアニメも大人気ですね! そんな『ぼくたちは勉強ができない』の最新刊を無料でお得に読むなら、がオススメです!!さらにアニメも見放題なのでどちらも楽しめます!.

次の

ぼくたちは勉強ができない【164話】最新話ネタバレあらすじ・感想と考察まとめ!『[x]=文学の森の眠り姫編⑤』|マンガタリー

ぼく たち は 勉強 が できない 感想

ぼくたちは勉強ができない【最新話】問163の感想 チャイナ服で肉饅をかじりながら、 ンモモッ(食べてないよ)!? と言っている文乃っちの可哀もない姿の扉ページで今週はスタート!! バレンタイン当日 最初の場面は、小美浪診療所。 文乃っちは、足の診察です。 うん 良好だな もう1〜2週間でギブスもとれるじゃろう とあしゅみーパパ。 と、安心の診察後、帰り道で、 たしかに…痛みもだいぶひいてきたかも… さて 少し遅れちゃたけど学校に… と心で呟きながら松葉杖で歩く文乃っち。 そして、歩き続けると、 バレンタイン の文字が踊っています。 女性陣は、キャッキャとチョコを選んでいます。 文乃っちは、昨日作ったチョコを手に取り、 昨日作ったコレ…どうしよう… と悩みます。 続く場面は学校。 リズりんが、 成幸さん!世間では女子がお世話になっている男子にチョコを贈るのが義理だそうで!! と、うどん(?)を差し出しています。 義理でこんな手の込んだチョコを…!?ありがとう緒方!!うんうまい!うどんのだしがきいてて… と感激のリアクション。 出汁の効いたチョコって、うまいのか??? で、お次はうるか姫が、 ぎぎぎ義理!!全力で義理だかんね成幸!!義理だけど!!よかったら受け取ってください! と成幸くんに「義理チョコ」を渡します。 食べてみる成幸くん、 うっわうま…っあれ…でもこの味って… と、その味が毎年贈られていたチョコの味と同じなことに気付きそうになります。 すると、 べっべつにフツーの市販のチョコだってばっ!!ぜんっぜんトクベツとかじゃないかんね!! と慌ててごまかすうるか姫でした。 そして、2人の親友のチョコ贈り現場に居合わし、渡すに渡せない文乃っち。 場面は移って、図書室。 成幸くんは幸せな笑顔でお勉強中。 文乃っちは、 なんだかご機嫌だね 成幸くん と突っ込みますが、 えっ!?そ そう? と返す成幸くん。 そして、気持ちを切り替えて、勉強を再開します。 文乃っちは、 2人とも…無事に渡せてよかったね …あんなに「義理」を強調しなくてもよかったと思うけど… と心で呟き、手作りチョコをカバンにしまおうとします。 そして、 義理でもこんなに喜んでくれるなら 普通にあげちゃっていいかなぁ…あんまりもらっても…迷惑だったりしちゃうかな… とドキドキしながら心で自問自答。 純粋な成幸くん、まんまと騙されます(笑) 入水 結局渡せなかった文乃っち。 川にやってきました。 昨日うるか姫からの この受験が終わったら 告白しようと… との告白に応援という形で答えた文乃っち。 だから、自分を押し殺して、 やっぱり渡せないや 2人のこと 応援したいって気持ちも本当だし… と心で呟き、せっかく作ったチョコを投げ捨てようとします。 けど、川に食べ物捨てるとかありえないでしょ 帰って自分で食べ… と思い留まるも、風が吹き、チョコが手から離れ、川に落ちてしまいます、、、 今のところ、手が届きそうなところだったので、追いかけますが、流されてしまいます。 まぁいいか どうせ 渡すあてもないんだし… と諦めようとしますが、先ほどの成幸くんの笑顔が目に浮かびます。 そして、 わたしが渡しても あんな顔 してくれたのかな…? と心で呟き、涙がこぼれます。 すると、後ろから走ってくる音が。 成幸くんでした。 彼は、真剣な眼差しで、濡れるのお構いなしにチョコまっしぐら。 息を切らしながら、どうにかチョコを掬い上げた成幸くん、 大丈夫…大丈夫だぞ古橋!ビニールでしっかり包装されているから中身は無事だ!!よかった!! と叫びます。 それを聞いて、文乃っちは、どうしてここに…?と聞きます。 それに対し、成幸くんは、 どうしてってそりゃ…約束したろ古橋のケガが治るまでサポートするって ちょうど古橋の家に向かう途中に見かけてさ でもよかったよ 古橋が親父さんのために心を込めて用意した 大事なチョコ 伝わらないまま 諦めて終わるなんて 絶対嫌だもんな といい、チョコを渡します! ヤバイ!男でも惚れる!! すると、文乃っちは、成幸くんの胸に飛び込みます。 焦る成幸くん、 足が痛むのか、と聞くと、 ちがうの…っ 本当はそれ…っ 成幸くんへのチョコ なの… と告白!!! 行ったそばから、 ぎ…義理だけどね!もちろん!!!ほほらいつもお世話になっているからそれで…っ と苦しい言い訳。 そして、 というか!どっちにしろ川に落ちたチョコなんて渡せないし 返し… といいかけると、成幸くん、パクッと食べちゃいます。 それも、物凄い音と、出血を添えて、、、、 けど、成幸くんは、 美味しいよ 一生懸命作ってくれたの伝わってきて 俺は好きだな ありがとう古橋 と笑顔で伝えます。 文乃っちは、恥ずかしながら、 わたしも… といいます 成幸くんは、その言葉を意味を聞こうとしますが、くしゃみをしてしまい、真相は不明に、、、 そして2人は古橋家にシャワー浴びに向かいました(あ、暖を取るためね) そして文乃っちは、 ああわたしは…何度同じ人に恋に落ちれば気が済むのだろう とつぶやくのでした。 炬燵 シャワーを浴びた後、勉強を始める成幸くんと文乃っち。 少しの会話の後、成幸くんは、 そういえばケガの具合ってどうだったんだ?今朝病院行ったんだよな? と聞きます。 確か、順調だったはず。 けど、 えっと実は まだ…しばらくかかるみたい と答えます。 という答えの裏で、 ごめんなさい もう少しだけ ごめんなさい どうか…もう少しだけこのままで… と、心で呟くのでした。 今週はここでおしまい!.

次の