慢性上咽頭炎 ツボ。 鍼灸師の技

上咽頭炎を改善する専門鍼灸院・東京・はりきゅうルーム岳

慢性上咽頭炎 ツボ

慢性上咽頭炎があるときの見分け方 慢性上咽頭炎は多種多様な症状を引き起こすので、本当に単一の疾患なのか、あるいは別々の疾患が組み合わさっただけじゃないのかと考えることも出来ます。 例えば慢性上咽頭炎が引き起こすと考えられている頭頚部周辺の症状・病気だけでもこれほどあります。 鼻炎・後鼻漏 B. 眼痛 C. 耳鳴・耳閉・めまい D. 片頭痛 慢性頭痛・頭重 E. 肩こり・ストレートネック・首こり F. 咽喉頭違和感・ヒステリー球 G. 舌痛・歯痛・顎関節痛 H. 慢性咳嗽・咳喘息 I. 逆流性食道炎 これらのうち三つでも当てはまったら慢性上咽頭炎の可能性は大です。 ではこれらのうちあまり当てはまるものがない場合や、IgA腎症や、アトピー性皮膚炎など「病巣疾患」の原病巣として上咽頭炎が悪さをしている場合自分でどうやって見分ければ良いのでしょうか。 後鼻漏 (「鼻水がのどの奥に流れる」、「鼻水がノドに下がる」、「鼻汁が喉に流れ込む」という症状)• 咽頭痛• 鼻閉 などの症状があればまだ分かりやすいですが、片頭痛とめまい、とかひどい肩こりと眼痛なんて症状で、 鼻の症状がない場合はどのように判断すれば良いのでしょうか。 実は、 そんな時に分かりやすいコツがあるんです。 乳様突起を押す 乳様突起は、耳の後ろにあり胸鎖乳突筋がくっついている出っ張りです。 写真だと赤丸の部分ですね。 分かりにくければ首を左右どちらかに捻って首筋の胸鎖乳突筋を首元から耳の後ろまで追っていけば良いです。 その最後の部分の硬いところが乳様突起です。 実際の写真だと黄色の印の当たりです。 ココを押したときに圧痛がある、何だか左右で違う感じがする、腫れているようだという状態であれば「慢性上咽頭炎」の可能性があります。 おそらく慢性上咽頭炎の炎症がこの辺りにも影響を与えているのだと推察されます。 患者さんの診察でも、ここを押すと「あいたたた」といたがる方が結構います。 そうなると慢性上咽頭炎の可能性が高まります。 口テープ• ミサトールリノローション、ソンバーユなど点鼻(鼻うがい) の三点セットがまず基本ですが、まだ色々とやりたいよと言う方へお勧めなのは、• 完骨(かんこつ)• 翳風(えいふう) のツボ押しです。 このツボはもともと自律神経を整える、頭痛や眩暈に効果のあるツボです。 どこにあるかというと、完骨は乳様突起の後側の圧痛点。 風池というツボを知っている人はその部分から耳の方に指を滑らせると圧痛のあるとことです。 頭を両手で挟んで親指で押すようにすると楽にできます。 翳風 は乳様突起の前面 完骨、翳風 は頭痛や顔のむくみにも効果がありますね。 慢性上咽頭炎の症状にとても似ていますよ。 後は耳全体をマッサージしたり、耳を折りたたむのもよいですね。 耳を揉むといろんな症状が治る、なんて話も聞いたことがありますが、案外慢性上咽頭炎の症状が改善していたのかも知れませんね。 上咽頭のセルフケア、ぜひ試してみて下さい。 ツボ押しは、グリグリと強く押したり、一日に何回も押したり、痛みがなくなるまでと一所懸命押し続けるのは禁物ですよ。 継続することが大切です。 場所がわからない時は、指先で乳様突起当たりをグリグリとマッサージして下さい。 上咽頭から出血が診断根拠 慢性上咽頭炎の診断をしようとすると、 上咽頭を擦過して出血を認めるということが必要です。 正常であれば強く擦っても出血しないのですが、重症の慢性上咽頭炎ではちょっとなでるだけでも出血がひどいことも少なくありません。 こうなるとセルフケアだけでは効果がなく、しっかりと治療を受ける必要があります。 特に内視鏡検査で、粘膜増生がひどい、後鼻漏付着が多量、膿栓などが認められる場合は、セルフケアだけでの対処はなかなか困難です。

次の

慢性上咽頭炎と後鼻漏で悩んでいます。何か良い改善方法など...

慢性上咽頭炎 ツボ

一方Bスポットというのは、上記の本 1984年初版 の出版にあたって著者が考えた造語なんだな 鼻咽腔 Biinkuu のBにちなむ。 だから、一般の医者もこの言葉を知らない。 患者に勧められたことをきっかけにこの本を読み始めたのだけど、衝撃を受けた。 ときどき、こういう名著に出くわす。 「できるだけ多くの人がこの事実を知るべきだ」という使命感のようなものを感じた。 こういう衝動を催させる本は、多くはない。 もっとも、この本は英語ではなく日本語で書かれているから、僕が翻訳を頑張る必要はない。 「いい本だから、買って読んでね!」でおしまい。 そうではあるが、僕の切り口から、この本がなぜ、どのようにすごいのかを紹介しよう。 僕はものごとを系統的に把握するのが好きなんだな。 たとえば英単語を覚えるにしても、一個一個覚えていくよりは、できるだけ語源で覚えたい。 暗記の労力が節約できるのはもちろん、見通しがよくて、記憶の定着もいい。 同様に、病気の原因を考えるときにも、「なぜその病気になるのか なぜその症状が現れるのか 」を、広く説明する理論に魅力を感じる。 一般の内科学では風邪の薬、インフルエンザの薬、結核の薬、破傷風の薬など、個別の対処法をウンヌンするが、オーソモレキュラーでは「感染症にはビタミンC!」と上流で一気に抑える。 簡潔にして明瞭だ。 「病気は外側からのみならず、内側からも生じる」として、カビ 内因性のカビ CWDs も含めて の存在を説く理論を以前のブログで紹介した。 一見別々と思われる病気が、カビ毒という一本の糸でつながっている。 この理屈も僕好みだな。 そういう意味で上記著書『堀口申作のBスポット療法』はすばらしい法則を提示している。 それは、「一般に治癒困難とされている慢性的不調 頭痛、肩こり、めまい、倦怠感、関節リウマチなど は、すべてBスポット 鼻腔ないし上咽頭 の炎症に起因しており、ここにBスポット療法 1%塩化亜鉛をしみこませた綿棒を擦り付ける処置 を行うことで治る」というものである。 堀口氏は30年以上にわたる臨床経験のなかで、無数の難治患者をこの治療法により救ってきた。 症例数の膨大さが、この治療の有効性を何より雄弁に語っている。 堀口氏はすでに故人 1908~1997 である。 東京医科歯科大学耳鼻咽喉科の教授時代には、自身の開発したこの治療法を学会などでも積極的に発表したが、保険点数の低く、かつ侵襲的で患者に強い痛みをもたらすこの治療法は、医師からも患者からも評判が悪かった。 教授を退官してしまえば、後継者に恵まれなかったこともあって、この治療法はすたれてしまった。 ほとんど注目されることなく、不遇の晩年を送った。 確かに、一般受けしにくいだろうと思う。 にわかには信じがたい主張だから。 「鼻の奥、のどの奥に、ちょっとした処置をするだけで万病が治るだって?バカも休み休み言え」という声が、医者だけでなく一般の人からも聞こえてきそうである。 しかし、近年ネットの口コミを中心に、Bスポット療法に興味を持つ人が急激に増えている。 実際、上記著書は2018年に復刻されるまで絶版となっていて、一時はアマゾンで1万5千円以上に高騰していた。 結局のところ、患者は本物を求めている。 多少痛みを伴う治療であっても、それによって真に回復するのであれば、患者はすすんでその治療を受けるものである。 部分と全体、というのは一般に対義語とされている。 しかしこれらの概念を、単純な二項対立ととらえては本質を見誤る。 むしろ、部分の中に全体があり、全体のなかに部分があるという、相補性を見出さなくてはいけない。 たとえば、マッサージ。 「足裏のここのツボは肝臓に、ここは目に効く」「耳のここを押すと腎臓に、ここは消化器に効く」などという表現は、「足裏 あるいは耳 という局所に、全身が照応している」ことを踏まえたものである。 東洋医学の叡智は、大昔から部分と全身の相関を見抜いていた。 同様に、鼻咽腔は、局所でありながら全身に影響を及ぼす。 空気には微細なほこりやゴミ、病原菌などのよからぬものも含まれているから、その関所が重要な免疫機能を担っていることは、むしろ当然である。 このことは、嚥下した食塊から体に取り込むべき栄養素と有害な不要物を弁別する小腸に免疫機能 パイエル板 が集中していることと相似をなしているようだ。 ひとつの体内にありながら位置的に離れた臓器同士が、それぞれに影響を与え合う現象が知られている。 有名どころでは、「腸脳相関」である。 腸と脳が自律神経や液性因子 ホルモンやサイトカイン を介して密接に関連している。 心疾患 特に動脈硬化、心筋梗塞 と腎疾患 特に慢性腎臓病 が互いに影響しながら悪循環に陥るという概念である。 同様に、上咽頭と大脳辺縁系の間に密接な関係があるとする仮説「上咽頭・大脳辺縁系相関 epipharynx-limbic system interaction 」が近年提唱されている。 上咽頭に処置 Bスポット療法 することで、めまい、けいれん、視力障害、睡眠障害など、むしろ大脳辺縁系に起因すると思われる症状が改善する機序が、この仮説によって説明できる。 長くなりそうなのでまた次回に。

次の

慢性上咽頭炎と後鼻漏で悩んでいます。何か良い改善方法など...

慢性上咽頭炎 ツボ

咽頭炎 のどは上咽頭、中咽頭、下咽頭に分けられます。 口を開けて、目で見える部分が中咽頭。 それより上が上咽頭、それより下が下咽頭です。 下咽頭の前方(のどぼとけの部分)に喉頭があります。 ここでは、上咽頭炎を除く咽頭炎について記載します。 急性咽頭炎は、この部位にウイルスや細菌が感染することにより起こります。 急性咽頭炎が治りきらなかった場合や、咽頭粘膜への持続的な刺激(喫煙、などによる)がある場合に、慢性咽頭炎となります。 急性咽頭炎では、のどの痛み、発熱、頭痛、倦怠感、頚部リンパ節の腫れが起こります。 慢性咽頭炎では、咽頭違和感や咳症状が起こることがあります。 治療は、薬物療法(消炎鎮痛剤、抗生物質など)、咽頭への薬剤塗布、ネブライザー(吸入)治療、含嗽薬(アズノールなど)によるうがいを行います。 イソジンを用いてのうがいは、回数が多すぎると咽頭の常在菌(害の無い菌)も殺菌され、逆効果になってしまいます。 イソジンでのうがいは、1日2~3回程度が適切です。 上咽頭炎 鼻とのどの間(鼻の奥の突き当たり)を上咽頭といいます。 この部位への細菌やウイルス感染、体の冷え(とくに首の冷え)、疲労、ストレス、空気の乾燥、口呼吸などにより上咽頭炎が起こります。 また鼻炎や副鼻腔炎による鼻漏が上咽頭に流れ、これが慢性的な刺激になることでも、上咽頭炎が起こります。 上咽頭炎では、 鼻とのどの間の痛み・違和感・乾燥感、後鼻漏(鼻の奥からのどに鼻水が下りる)、痰、咳払い、声が出しにくい、鼻の奥がにおう、首のこり、頭痛、頭重感、倦怠感といった多彩な症状が起こります。 上咽頭炎は、耳の病気(、、)の原因となることもあります。 上咽頭は口を開けても見えない部分にあるため、 上咽頭炎は耳鼻咽喉科で内視鏡(ファイバーカメラ)の検査を行わない限り診断が困難です。 また急性上咽頭炎では上咽頭の赤みがあり内視鏡で診断しやすいのですが、慢性上咽頭炎では内視鏡で一見正常に見えることがあり、耳鼻咽喉科でも「異常ありません」と言われることが多いようです。 慢性上咽頭炎では、内視鏡で一見正常に見えても、上咽頭に綿棒で塩化亜鉛などの塗布()を行ったときに出血をきたし痛みを感じます。 上咽頭炎の予防は、のどの粘膜の乾き、体の冷えを防ぐことが重要です。 これは、上咽頭炎だけでなく、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎の予防にもつながります。 のどの粘膜の乾きにより、ウイルスや細菌が体内に侵入しやすくなります。 また体の冷え(とくに首の冷え)により、自律神経のバランスが悪くなり、免疫力低下にもつながります。 のどの粘膜の乾きを防ぐためには、こまめな水分補給が必要です。 この場合の水分はお茶でもよいですが、カフェインを含むお茶は利尿作用があり、かえって口の乾き感が増すことがあるので、水が最もよいでしょう。 鼻洗浄(鼻うがい)は、水分補給やうがいでは届かない上咽頭粘膜の乾きを防ぐために有効です。 家庭で行える鼻洗浄器が市販されており、これを利用されるのもよいでしょう。 また口呼吸ではなく鼻呼吸を行うことも必要です。 鼻閉を伴う上咽頭炎では、鼻の治療も必須となります。 免疫力を上昇させるには、日々の適度な運動や、1日に睡眠を6~8時間とることも大切です。 上咽頭炎の治療として、当院ではBスポット療法、薬物療法(消炎剤、粘液調整剤、抗生物質など)、ネブライザー(吸入)治療、鼻洗浄を行っています。 家庭での鼻洗浄の注意点 家庭での鼻洗浄の注意点• 9~2%の食塩水を用いること ・水温は、体温よりも少し低い程度• ・1日に2回程度までにする ・洗浄中や洗浄後に鼻をすすらない ・洗浄後は、片方ずつ鼻をかむ 水道水で鼻洗浄は行わないほうが良いでしょう。 水道水に含まれている塩素が鼻やのどの粘膜を刺激するため、とくにアレルギー性鼻炎を持つ人では逆効果になることがあります。 水道水を用いる場合は、浄水器を使うか、5分以上沸騰させて塩素を除去した後に、食塩を加えて鼻洗浄を行うようにしましょう。 Bスポット療法について Bスポット療法は、上咽頭に塩化亜鉛などの消炎剤を直接塗布・擦過する治療法です。 東京医科歯科大学元教授の堀口先生によって考案された方法で、 上咽頭炎の消炎に効果的です。 風邪は上咽頭の炎症から始まることも多いため、風邪の消炎にも有効です。 また、IgA腎症という腎臓病は、扁桃炎や上咽頭炎に続いておこることがあり、Bスポット療法を行うことによりIgA腎症が改善される可能性があります。 塩化亜鉛などは、鼻の中、または口の中から綿棒で上咽頭に塗布・擦過します。 病的な上咽頭炎のある場合は、治療時に綿棒に血液が付着し、ある程度痛みを生じます。 しかし、治療後数時間は痛いものの、その後で症状(上咽頭の痛み、後鼻漏、頭痛など)が改善するケースが多くみられます。 Bスポット療法の副作用として、塩化亜鉛が嗅神経(鼻の上部)にさわり、嗅覚障害が起こったという報告があります。 通常の治療(綿棒の使用)では、鼻の上部はさわらないためまず問題ありません。 一度の治療だけで症状が軽快する場合もあります。 慢性的な上咽頭炎に対しては、週に1~2回のペースで10回程度を目安に治療を行っています。 *上咽頭炎、Bスポット療法について、もう少し詳しい説明はに記載しております。 ぜひご覧ください。

次の