そこに競馬があるから。 距離 (競馬)

競馬 重賞回顧! ~函館記念~

そこに競馬があるから

当面のあいだ、無観客競馬の中央競馬 JRAは新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、当面のあいだ、競馬を開催する競馬場への場2月29日から開催する中央競馬はしばらく観客を入れないこととした。 競馬場以外で馬券を買えるウインズ、パークウインズ、J-PLACEへの入場も馬券の発売・払戻も当面のあいだ、取りやめる。 これにより、JRAの馬券の発売は電話かインターネット投票のみとなる。 これには所定の手続きが必要でかつては日数を要したが、現在は競馬開催日なら即日加入できるサービスも開始されている。 そこで、即日JRAのインターネット投票の会員に加入する方法や、自宅で競馬中継を見る方法をお伝えする。 「PAT」の歴史。 ファミコンで馬券が変えた時代も! JRAの通信を通じた投票は、昭和49年にオペレータを通じて馬券を購入する「電話投票」から始まった。 昭和51年からプッシュ信号をから始まり、平成3年にパソコンやファミコン等から在宅投票で馬券が買える「PAT方式」の運用が開始された。 その後、PATは変化を重ね、平成13年からインターネット接続による「IPAT」がスタートしている。 最近は購入資金の入金方法のバリエーションが増えている。 かつては資金のやりとりのためにJRAの専用口座をつくる必要があったが、今はJRA指定の口座やクレジットカードがあれば、競馬開催日当日に投票のための手続きができて馬券を買えるようになったのだ。 競馬が当たった当日、払戻金を使える「即PAT」 「即PAT」とは、JRAが指定する銀行口座を持っていれば、申し込んだその日に加入が出来て馬券が買えるようになるサービスだ。 「即PAT」に対応している銀行は下記のとおり。 ・ジャパンネット銀行 ・楽天銀行 ・三井住友銀行 ・三菱UFJ銀行 ・住信SBIネット銀行 ・ゆうちょ銀行 ・りそな銀行 ・埼玉りそな銀行 ・auじぶん銀行 これまでは競馬開催中は馬券専用の口座に資金を移動させておき、その週の競馬開催が終わったら資金を普段自分が使っている口座に移動させる必要があったが、 「即PAT」は専用口座に資金を移動させる必要がないため 競馬開催中であっても入出金ができるのも大きな特徴だ。 競馬で資金を増やしたらその晩にそのお金を使うことができるのは実に嬉しい。 クレジットカードで馬券が買える「JRAダイレクト」 「JRAダイレクト」に加入すれば、JRA指定のクレジットカードを通じて各レース発走時刻の5分前まで馬券が買える。 対応するクレジットカードは下記のとおり ・JCBカード ・三井住友カード ・UCカード ・MUFGカード(UFJカードを含む) ・DCカード ・NICOSカード(JAカードを含む) ・楽天カード ただし、上記のカードであってもデビットカードや本人会員カード以外は登録できない。 また、作成したばかりのクレジットカードや、クレジットカードの名義と支払口座の名義が一致しないカードは利用できない等の注意が必要だ。 投票方法は、パソコンによるインターネットでのみ。 携帯からは投票できないし、スマートフォンからは物理的には可能ではあるが操作性の観点からJRAのサポート外となっている。 システム利用料が1回ごとに100円 税込 がかかったり、1日あたりの購入回数が3回、1か月の利用限度が50000円 システム利用料を含む など馬券以外の費用や制限も多い。 2月29日と3月1日、競馬中継のグリーンチャンネルが無料に JRAの全レースを視聴できる競馬中継「グリーンチャンネル」は2月29日、3月1日を無料で視聴できることとなった。 放送日時は2月29日、3月1日ともに午前9時から午後5時までとなっている。 その他、radikoを使えばラジオ日本等での競馬中継を聞くこともできる。 筆者は、競馬は競馬場に足を運んで観戦するのもいいが、場所を問わずに手軽に楽しめるものであって欲しいと考える。 この機会にぜひサービスを体験していただき、競馬をもっと身近なものと感じて欲しい。 詳細は主催者発表の情報をご確認ください。

次の

高知競馬場 その29 ~勝手に高知競馬騎手名鑑 第2弾~ そこに競馬があるから

そこに競馬があるから

混乱気味の読者の方のためにちと情報を整理することにしよう。 日本には「中央競馬」と「地方競馬」というものがあるのは皆さまご存知のことと思う。 それとは別に、馬券を販売しない競馬と言うのも日本には存在していて、それは神事だったり祭事だったりアマチュアの大会だったりするのだけど、いわゆるフツーの競馬と区別するために総じて「草競馬」などと呼ばれているのである。 荷桁は日本の競馬場はすべて踏破してしまっていることもあり、近年はタイミングが合えばこの草競馬にも足を運ぶようになってきているのだ。 草競馬の様子は既出の多度草競馬レポートをご覧いただければ幸いなのだが、各地の競馬愛好家たちが自分たちでブリードした馬を引き連れて参加するという形態が一般的である。 馬の種類も、サラブレッド・中間種・ポニーといろいろだ。 まあ、このあたりの話は見ていけば分かるので、あまり深く考えていただかなくてもよい。 とりあえず、日本には「草競馬」という馬券を売らない競馬大会があって、その中でもこのさがら草競馬大会は、砂浜がコースになっているという珍しい草競馬大会なんだよ、という点だけおさえていただければOKだ。 中央にも地方にも当てはまらない競馬がまだまだ日本にはあるのですよ。 みなさん。 というわけで、話を競馬大会当日に戻そう。 相良営業所から歩いて、砂浜まで到着すると、そこは既に馬房のような状態になっており、この日参加する馬たちがぞろぞろと並んでいるのだった。 この海岸は「相良サンビーチ」と言って、夏には海水浴客でもにぎわう海岸なのだが、この日ばかりは即席の競馬場となるのである。 2013年で第37回と銘打っていた大会なのでかなり歴史のある大会と言える。 にしても、なぜこんなところで競馬が行われているの?という疑問が沸くが、きいたところによると、地元の馬好きが自分の馬を海岸で走らせてこじんまりした大会をやっていたところ、観光客がつくようになったので、行政も巻き込んだそれなりのイベントに育ったようである。 大会ポスターによると、主催は牧之原市観光協会、共催がさがら草競馬愛好会、となっており、後援・協賛には地元マスコミを中心にけっこうな名が連なっている。 会場に掲示してあった看板にも地方競馬も真っ青なくらいの数々の協賛社がついている。 主に地元企業ではあるが。 人口もいなくて、中央競馬の場もない、こんな土地でも長いこと競馬をやっていれば協賛社もつくし、興行として成立しているということが興味深い。 オーストラリアのカイントン競馬場も馬券こそ売っているが、似たような雰囲気であった。 コースはもろに海岸である。 即席の盛り土と簡単な柵でこしらえられている。 直線コースではなく左回りの周回コースというのがポイントである。 実は日本の草競馬で海岸競馬をやっているのは鹿児島の串木野浜競馬など他にもあるのだが、周回コースというのはここだけなのだ。 一応、会場に全体図があったので、載せておこう。 とまあ、前回の多度草競馬に比較したら、けっこう町を挙げて盛り上がっている感があるところまではお分かりいただけたかと思う。 次回以降、この砂浜競馬の様子をご紹介していくことにしよう。 *この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。 *さがら草競馬に関する記事は以下にもあります。

次の

距離 (競馬)

そこに競馬があるから

りゅう吉です。 朝日杯フューチュリティステーク 予想です。 りゅう吉です。 京成杯 予想です。 頭数少ないけど難解 一着だけはわからん。 りゅう吉です。 チャンピオンズカップ 回顧です。 独断と偏見に満ちた考察ですので 的外れ的な面もあるかと思いますが そこはご理解を。 まずはレー... りゅう吉です。 朝日杯フューチュリティステーク 回顧です。 独断と偏見に満ちた考察ですので 的外れ的な面もあるかと思いますが そこはご理解を。 りゅう吉です。 共同通信杯 回顧です。 独断と偏見に満ちた回顧ですので 的外れ的な面もあるかと思いますが そこはご理解を。 まずはレース結果...

次の