ウーバーイーツ 時給保証。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は稼げるの?実際に働いて検証しました!|デリバリー配達ナビ

【きつい】ノルマはウーバーイーツにある?配達をやめる理由3選

ウーバーイーツ 時給保証

(例)レストラン〜配達先までの距離が2kmの配達を完了した場合(東京)• つまり配達員の給料は、ここまでの内容を押さえておけばほぼオッケー。 「最新の給料」についてはでまとめているのでこちらも参考にしてください。 「インセンティブ」とは ここまで説明した「配送基本料」に追加ボーナスとして受け取れるのがが「インセンティブ」。 ウーバーイーツには 2つのインセンティブがあります。 1倍に。 基本給が底上げされる感じですね。 このブーストは、配達員用アプリの「プロモーション」から確認できます。 日や時間によって設定されるタイミングが異なり、基本的に自分が働くエリアのブーストを確認しながら配達することになります。 特に週末・忙しい時間帯に設定されることが多いです。 ウーバーとしても 「給料上げるからガンガン働いてくれ〜」という感じなんでしょうね。 配達員としてもこれは逃がすのは損。 だって同じだけ働いても給料に差が出ますからね。 「クエスト」とは 次は「クエスト」について。 「クエスト」は 期間内に定められた数の配達を完了すると、ボーナスがもらえる仕組みです。 この回数をクリアすれば無条件でボーナスがもらえる仕組みです。 「45回とか無理ゲーじゃね?」と思う方もいるかもしれませんが、全然余裕です。 上のクエスト画像は「金曜〜日曜の間に45回の配達クリアしてね」という内容なので、期間的にも余裕があります。 僕の場合「1時間に2. 7回配達」するので、3日間に15時間程稼働すればボーナスがゲットできちゃう計算。 全然いけます。 クエストはすでに説明したように週末に設定されることが多いほか、天気が崩れる日に出現することが多いです。 特に雨の日は「需要が上がる・配達員の数が減る」状態なのでガンガン注文が入ります。 もちろん天気が良くても週末にはクエストが設定されるので、 「休みの日にも収入が欲しいなあ」という人も 稼ぐチャンス大です。 インセンティブについてはをご覧ください。 給料の計算はシンプル ここまで給料の基本的な計算方法・インセンティブについていろいろ説明しましたが、難しく考える必要は全くなし。 他のバイトをするより断然稼げますし、現役配達員の僕としてもおすすめです。 ぜひ僕たち「ウーバーパートナー」の仲間に加わって、楽しく稼げる感覚を味わってみてください! 稼ぐための方法 本記事をここまで読んだ方は、配達員の給料の全体像が把握できたはず。 ですが「どうやれば稼げるようになるか」という点には触れていません。 したがって、 「給料を増やすための方法」もお伝えしておきます。 結論を言うと、稼ぎを効率的に増やすためにすべきことは2つ。 「インセンティブの良い場所」で「スピーディーに」配達する。 これを意識するだけで周りの配達員よりも給料水準を高く保てるはずです。 単純ではありますが、これらのインセンティブが設定されている場所・時間を選んで働いた方が給料が上がります。 同じだけ働いてもインセンティブの有無で給料が変わるからです。 具体的には、 「ブースト」が設定されているエリアで積極的にオーダーを取る、またその中でも倍率が高い場所を選んで配達することが重要です。 上の画像では1. 1倍のエリアが大部分を占めています。 1倍くらいじゃ大したことないだろ?」って感じですが、 1. 従って、数時間配達すると最終的に差が出るもんです。 また「クエスト」についても、設定される時間に合わせて配達をするべきです。 特に 週末(金曜〜月曜)にかけて設定されるクエストはボーナスの金額も大きく、稼ぐチャンスです。 最終的に目的の数を達成してボーナスをゲットすると、 1配達あたりに100円〜200円ほどの追加報酬がもらえる計算になるので、かなりオイシイですよ。 これを逃す手はありません。 さらにブーストとクエストがダブルで設定されているエリアもあります。 この中で「受け取り」「受け渡し」は固定なので、 「走行距離」によって1配達あたりの給料が変動します。 では稼ぐためにはどうすればいいか・・・?ずばり 「時間をかけずにサクサク配達せよ」ということです。 配達の所用時間は給料に反映されないので、短い時間で距離を稼いだ方が次々にオーダーを取れ、さらに距離を稼げます。 Aはこの配達に40分かかった一方、Bは20分で完了させました。 時間が余った配達員Bは、さらにもう1件のオーダー(2km)を20分で完了させました。 40分あたりに配達した距離は、配達員A・Bそれぞれ何kmになるでしょう。 小学生の時に解いた文章題問題みたいですね(笑)。 答えは、 配達員A・・・2km 配達員B・・・4km となります。 これをウーバー配達員の給料に当てはめると、 40分間に配達した距離は配達員Bの方が長いため、結果Bの方が稼げることになります。 僕がカナダで配達員をしていた時は「配達時間」も給料に考慮されていました。 従ってゆっくり配達してもその分の給料がもらえたんです。 しかし日本のウーバーは時間で給料を払わないため、 素早く配達した方がトクなんです。 どちらが優れているかは別として、日本でウーバーイーツの配達員になる皆さんは、「スピーディーに運んで距離を稼ぐ」のが鉄則。 これから配達員になる皆さんは、 「インセンティブ」と「スピーディーさ」を意識して給料をガンガン上げていきましょう!繰り返しますが、もチェックしておいてください。 給料の支払いについて ここまでの内容で、給料の計算方法〜稼ぐための方法をお伝えしましたが、給料についての 事務的な内容についても触れておきます。 給料の支払日について• ウーバーが推奨する銀行口座は三菱UFJ銀行・三井住友銀行、のようです。 そのほかの銀行も登録できるので、オフィス登録の時に聞いてみてください。 ただし、 ゆうちょ銀行・信用金庫・ネット銀行は不可となっています。 これらの銀行口座しかない人は、その他の口座を作ってから登録会に行く必要がありますね。 ウーバーイーツ配達員の給料・稼ぐ方法:まとめ 本記事では、これからウーバーイーツの配達員をする人に向けて、給料計算・稼ぐための方法をお伝えしました。 まとめると、 「稼げるし送金も早いから文句ないなあ」という感じです。 個人的なお金の管理もしやすいです。 これでオンライン登録は完了、あとはパートナーオフィス(ウーバーオフィス)の登録会で本登録を済ませるだけ。 すぐに働き始められます! 当ブログでは、これから配達員になる人のためにできるだけわかりやすく解説していますが、やはりやってみないと伝わらない点はたくさんあります。 もちろん天気に左右されイライラしたり、自転車を漕ぐのに疲れてしまうことはあります。。 ですが全体としては楽しく仕事しています。 配達は運動にもなり、健康にもいいですしね (最初の1ヶ月で体重が3kg落ちました)。 他の記事でも書いてますが、 「フツーのバイトするなら断然ウーバー」です。 給料面・手軽さ・フレキシブルである点・・・多くの側面からそう断言できます。 従って、もしあなたが配達員に興味があるならオススメしておきます。 「稼ぎを増やしたい」「休日も仕事したいなあ」なんて人は是非どうぞ!サクッとに進んでみてください!.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬は時給換算でどのくらい?保証はある?

ウーバーイーツ 時給保証

最後に、ベテランのUber Eats配達パートナーが実際にいくら稼げるかを総括していますのでご紹介します。 UberEATS 結局儲かるの?(1) 始めて2日で5万稼ぎました!時給2000円の高時給バイト!など華々しいことがネットのあちこちに書いてありますが、不可能ではないけど一部のひとの話だと思います。 現実はそんなに甘くない。 雨の日インセンティブも抽選で当落するのですがみんな当たるわけじゃないし。 業務委託契約だから税金類を別途そこから収めたりすることを考えると、そんなにオイシイ仕事ではありません。 Twitterの口コミで書いているとおり、東京のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの収入の相場は、日給だと 自転車10,000円、バイク15,000円、配達の達人20,000円という感じだと思います。 時給でいうと1,100円~1,900円くらいでしょうか。 エリア 日給目安 時給目安 10,000円~20,000円 1,100円~1,900円 10,000円~18,000円 1,000円~1,800円 8,000円~15,000円 850円~1,500円 8,000円~14,000円 850円~1,450円 8,000円~14,000円 750円~1,400円 8,000円~14,000円 850円~1,400円 8,000円~13,000円 800円~1,350円 8,000円~13,000円 800円~1,300円 8,000円~13,000円 800円~1,300円 8,000円~13,000円 800円~1,300円 8,000円~13,000円 800円~1,300円 7,000円~12,000円 750円~1,200円 7,000円~11,000円 750円~1,150円 7,000円~11,000円 750円~1,150円 7,000円~11,000円 700円~1,100円 7,000円~11,000円 700円~1,100円 7,000円~10,000円 700円~1,000円 7,000円~10,000円 700円~1,000円 7,000円~10,000円 700円~1,000円 大阪はかなり需要があって、ほとんど東京並みに稼げます。 基本的に都市の大きさと時給は比例しますね。 また、東京でも配達しているエリアによって時給や日給は変わります。 23区内より東久留米市とか立川市のようなまだUber Eats(ウーバーイーツ)が定着していないエリアでやっても、配達依頼は1時間に1、2件だと思います。

次の

【給料公開】ウーバーイーツの配達員が一番稼げる方法を時給で計算しました。

ウーバーイーツ 時給保証

招待 大前提:配達パートナーは「給料」でなく「報酬」 わかりやすくするために、この記事では 「給料」という言葉で説明していますが・・・実際、配達パートナーがウーバーから受け取るは「給料」ではなく 「報酬」です。 つまり、時給や日給でなく、 働いたぶんだけもらえる仕組み。 従って、 サラリーマンが受け取る給料とは根本的に違うんです。 もう少し詳しく言うと、ウーバーイーツと配達パートナーに 「雇用関係」はありません。 そのため、全く配達しなければ報酬はゼロ。 逆に、たくさん配達すれば 上限なく報酬を受け取れます。 この辺りが「出前館」や「楽天デリバリー」との違い。 両者とも時給なので、最低限の給料は保証される一方、時給以上は稼げないです。 またウーバーイーツの配達パートナーは 「個人事業主」。 つまり 「フリーランス配達員」というイメージです。 したがって、冒頭でも説明したような 「戦略」を立てることで、稼ぎを増やすことができる、というわけです。 ウーバーイーツ配達員の給料(報酬) 早速ですが、僕の給料(報酬)を公開します。 僕の給料(報酬) 時給換算で 1,654円 直近100配達の平均値です。 お伝えしたように、ウーバーイーツ配達員は 報酬制なので時給ではありません。 ですが、これだとわかりにくいので、時給を算出しました。 これに加えて「 インセンティブ」というボーナスが付き、結果的に時給1,600円超えになる計算です(インセンティブについては、このあと説明します)。 1日に5〜6時間働いても6,000円程度・・・という日がある一方、週末・祝日は忙しいので、 時給2,000円になることもあります。 ですがこの給料、実際にどうやって計算されているのでしょうか? 実は配達パートナーに支払われる配送料は、 計算方法があらかじめ決まっています(全国共通です)。 一番近い都市の料金を参考にしてみてください。 ) とにかく、報酬を計算する材料が整いました。 具体的に見てみましょう。 配達回数をこなすごとに、これを積み上げて行くイメージですね。 インセンティブ ウーバーイーツの配達員は、先ほど紹介した配達基本料に加え、「 インセンティブ」という ボーナスも追加でもらえます。 その中でもメインは「ブースト」と「クエスト」の2種類。 インセンティブについては、で詳しく解説していますが、こちらでもざっくり紹介しておきます。 この画像の時は、指定エリア内で配達した分の給料が 1. 1倍になる、ということですね。 特にブーストは ランチタイム(11:00〜14:00頃)とディナータイム(17:00〜20:00頃)に設定されることが多いです。 「たった1. 1倍?」と思わないでくださいね。 数時間働けば最終的な給料に大きな差が出てきます。 さらに1. 3倍、1. 4倍となると相当な違いになります。 この画像の時は、 25回配達で2,500円、45回で7,000円が給料に加算されます。 でも紹介していますが、良いクエストの時に働けば、 時給換算で500円くらいは平気で上がります。 また1つのクエストは、 数日にまたがって設定されるので、計画的に。 例えば、「3日の間に30回の配達」というクエストなら、1日平均10回ペースで配達しないと達成できません。 クエストは 1回でも設定回数に届かないともらえないので、計画性は本当に重要。 「今日は忙しいから多めにやってこう」などと自分なりに先を見据えて働くことで達成しやすいです。 ウーバーイーツの配達員が稼ぐための戦略 さて、ここまで基本的な給料の内容や「インセンティブ」についてみてきましたが、知識だけあってもダメです。 つまり、効率的に稼ぐためには、 ある程度の戦略が必要。 ここでは、僕なりの稼ぐための方法をお伝えしておきます。 戦略1: 稼げる場所で働く 稼ぐためには 「場所選び」が超重要です。 需要が高い場所ほど注文依頼が多いので、暇な時間が減り、給料は上がりやすいです。 東京都内の場合、やはり渋谷・原宿周辺や秋葉原・御茶ノ水等は稼ぎやすいです。 そのほか「穴場スポット」があるのも事実ですが、日によって忙しさに差があるので、あまりオススメしないです。 つまり、 繁華街で働くのが鉄則。 都内で配達パートナーになる方は、で 稼げる配達場所をまとめているので参考にしてください。 戦略2: インセンティブを意識して働く すでに紹介したインセンティブ(ブースト・クエスト等)は、絶対に意識した方がいいです。 理由はすでに述べたように、 給料に大きく影響するから。 その中でもブーストは 圏外に出ないようにすることが大切。 そこから出た途端に適応されないからです。 とは言いつつ、配達先がブーストの外だと、圏外に飛ばされてしまうことはあります。 そうした時は、 少しずつブーストエリアに戻りながら次の注文を取っていくのが理想です。 またクエストも、すでにお伝えしたように 計画性が大切。 「20回のクエストを、2日に分けて達成しようと思ったら、2日目土砂降りで稼働不可」という場合、ボーナスはなしです。 天気予報をチェックしながら、予定を立てましょう。 戦略3: 遠いレストランからの注文は受けない お伝えしたように、報酬はレストラン〜届け先の距離に応じて支払われます。 つまり、 注文を受けてレストランまで向かう時間は報酬ゼロ。 完全にムダです。 そのため、レストランの場所が遠い場合、 キャンセルするのも一つの手です。 近いレストランの注文を取った方が効率的ですから。 僕の場合、 5分が上限。 自転車で6分以上かかるレストランのオーダーは基本取りません。 「キャンセルをすると注文が入りにくくなる」と言う人もいますが、問題ないです。 キャンセルしても注文依頼はしっかり来ます。 戦略4: レストランで待たされそうな時はキャンセルする 戦略3と同様、報酬はレストラン〜届け先までの距離で支払われます。 従って、 レストランでの待ち時間も配達員にとっては完全なムダです。 そのため、長時間待たされそうな時は キャンセルして次の注文を待つのもアリ。 僕の場合は、レストランで 「もうちょっとお待ちくださいね〜」と言われた時、どれくらいかかるか聞いちゃいます。 それで「 5分以上はかかる」と言われた場合、 キャンセルも検討します。 一方、暇な時は5分以上でも待ちたい時はあります。 これは状況に応じて判断してみてください。 戦略5: 忙しいレストランの近くで待機する 注文依頼は、レストランに一番近い配達員に飛ばされます。 そのため、 忙しいレストランの近くにいると、オーダーが入りやすいです。 一方、 レストランの目の前で明らかに待機するのはやめたほうがいいです。 店舗によっては、たくさんの配達員が待っているのを良く思わないこともあるので。 あくまでも自然な感じで待ちましょう。 どれくらい働くといくら稼げる? ウーバーイーツの配達員には シフトがありません。 つまりため、配達員それぞれ働き方が違います。 そのため、配達員間でも 稼いでいる金額(月収)は異なってきます。 従って 「どれくらい働くとこれくらい稼げる」という目安も紹介しておきます。 ご自分に近い稼働スタイルを確認して、具体的に稼ぐイメージをしてみてください! 土日に5〜6時間ずつ稼働した場合 を使って、求められる内容を入力するだけ。 登録時点で確定申告のことまで気にする必要はないですが、頭の片隅に置いておいてください。 何かと世間を騒がせているウーバーイーツ。 ですが今後も 「稼げるシゴト」ということで間違いなさそうです。 これほどフレキシブルな仕事はこの世に存在しないと思います。 配達員に登録してから1年半、合計2,000デリバリーを経験しましたが、割と楽しく働いてます。 学生でも副業でもメインでも・・・サッと稼ぐためにウーバーは かなり効率がいいです。 「配達員やってみるか!」という方はからどうぞ。 現役の配達員(僕)からの招待になっていまして、 スムーズにオンライン登録ができます。 ウーバーイーツの配達員の給料:まとめ 以上、ウーバーイーツの配達員の給料計算方法・インセンティブ・稼ぐための戦略を紹介しました。 この記事を読んでくれた方は、割と稼げるイメージができたはず。 たしかに 「オーダーが入らねえ、」という時はあるんですが、 結果的に稼げているので、その辺の仕事なら断然ウーバーという感じです。

次の