梅 シロップ 冷凍。 【梅シロップ】青梅を冷凍して作る方法│初心者におすすめ|なばなブログ

私もようやく!冷凍梅でシロップ作り◎

梅 シロップ 冷凍

梅シロップや梅ジュースを作るとき、皆さんは梅を冷凍してますか? 私は以前はそのままの梅で作っていたのですが、一度カビを生やして失敗してしまってからは梅を冷凍してから漬けるようにしています。 そんな冷凍梅で梅シロップを作るとき、迷うのが梅についた霜をどうするかなんですよね。 しっかりと洗った梅を拭いてから冷凍しても、どうしてもついてしまう霜。 これはそのまま入れたらいけない?もしかしたら一度解凍してから入れたほうがいい?なんて、私も初めて梅を冷凍したときには迷ってしまいました。 今回はそんな冷凍梅で梅シロップを作るときの、霜の処理方法や解凍の必要などについてまとめてみました。 私はこの作り方でここ5年は毎年美味しい梅シロップを作っているので、お墨付きですよ。 ぜひ迷っている方はご覧くださいね。 梅シロップ 冷凍梅についた霜はどうする? 梅を冷凍すると必ずついてしまう霜。 砂糖と一緒に漬ける前に、拭いたほうがいいのか、それとも霜が解けるまで待ったほうがいいのか・・・ 悩んでしまいますよね。 けれど結論から言うと、ずばり 霜はあんまり気にしなくていいです!! そう、霜も梅から出た水分なので、そこまで丁寧にふき取ったり解けるのを待つ必要はありません。 なので最低限氷のような部分を除けば、そのままで漬けてしまって大丈夫なんです。 我が家の今年の梅で状況をお伝えしますね。 我が家は今年は3キロの梅で梅シロップを作ったのですが、横着ものの私は3キロまとめてIKEAで購入した袋に入れて凍らせてみました。 これが冷凍前。 パルシステムで購入したのですが、今年は結構完熟している黄色い梅も多めでした。 これを冷凍庫で丸1日凍らせると・・・ こんな感じで、カチカチに凍りました。 梅ひとつひとつにも、霜がきれいについています。 カチカチに凍っている梅だと、この霜は拭いてもなかなかとれないんですよね。 けれど私はこれくらいの霜だったら、気にせずにそのまま漬けてしまっています。 カチカチの梅をビンに入れて・・・ 氷砂糖と重ねて入れていきます。 基本的には梅は拭いたりはせず、そのまま入れています。 袋の底のほうでは、こんな感じで梅が霜まみれになってました(笑) さすがにこのまま入れるのは気が引けるので、少し布巾で周りの霜はとってから入れました。 梅を全部入れた後の袋の底には、この大量の霜・・・ スポンサーリンク お皿に移すとカキ氷?ってくらいの霜の量でした。 今回は3キロを1袋で凍らせたため、袋の中の空気が多すぎたんだなとちょっと反省・・・ ビンに詰めおわった様子がこちらです。 3キロを2瓶に分け、大体の目分量で砂糖3キロも入れてみました。 この時点でもまだ梅の表面には霜がついているのが見えますね。 左の瓶は梅サワーにするために、リンゴ酢1リットルも入れてみました。 右はそのまま梅シロップにする予定です。 2時間ほどたつと大分梅が溶けてきて、瓶の外側が結露してきます、 瓶の底にタオルなんかを置いておくといいですよ。 そして一晩たった翌朝は、この状態です。 冷凍梅だったら考えられないくらい、水分が出てきていますよね。 ここまでくると梅はもう完全に溶けているので、あとは毎日瓶を揺すって砂糖を溶かし、ジュースになるのを待つだけです。 冷凍梅の霜をとらずに作った梅シロップの味は? 今年はまだ漬けている途中なので、出来上がりの様子はお伝えできないのですが、毎年こんな感じで特に冷凍梅の霜をどうすることもなくそのまま入れて作っています。 けれど出来上がりはしっかりと美味しい梅シロップになりますし。 水っぽかったりすることもありませんよ。 冷凍しない梅で作ったほうが、梅の香りがしっかりとした美味しいシロップになるとよく聞きます。 たしかに以前は冷凍せずに作っていたので、そのときと比べるとそんな気がしないこともありません。 けれど同じ年に冷凍するのとしないのとで比べたわけでもないですし、毎年梅のコンディションも異なったりするので実際のところはよくわからないです。 そう言われてみればそうかもしれない・・・ってくらいの違いで、冷凍した梅を使ってもちゃんと美味しい梅シロップになるので大丈夫ですよ。 私にとってはそれよりも、なるべく早く梅の水分が出てカビが出たり発酵させずに梅シロップを完成させるほうが重要です。 どうしても梅をそのまま漬ける方法だと、梅の水分が出るまでに時間がかかってしまいカビが生えやすくなってしまうんですよね。 カビが生えても煮詰めれば飲めるとは言われていますが、小さい子供に与えるのはどうしても気がひけてしまいます。 その分梅全体がしっかりと梅ジュースに使ってくれるので、カビが生える確率は圧倒的に低くなりますよ。 とにかく失敗したくない!って人には、梅を冷凍してから梅シロップを作る方法がおすすめです。 スポンサーリンク 冷凍梅にはどうして霜がつく? そんなわけで、霜がついていてもそこまで気にせずに梅シロップは作れるのですが、そもそもどうして梅には霜がついてしまうのでしょうか? 冷凍梅に霜の正体は、大きく分けて2つです。 梅が持っていた水分• 袋の中の空気が持っていた水分 霜の原因は温度の変化によるところが大きいです。 冷凍庫を開けたり閉めたりする時に、温かい外気が冷凍庫内に入ると梅の温度が上がり、梅の水分が気体になります。 そして再び冷凍されて低温になった時に、小さな氷の粒となって梅に付着することで霜になります。 なのでもともと梅の温度が低ければ低いほど、霜がつきにくいということになります。 またジップロックなどの中にたくさん空気が入ったままだと、その空気に含まれていた水分が冷凍されることで霜になります。 特に梅シロップを作る梅雨時は湿度が高いため、霜ができやすいんですね。 なるべく冷凍梅に霜がつかないように冷凍するには? 以上の点を踏まえてなるべく梅に霜がつかないように冷凍するには、• 洗った梅の水分はしっかりふき取ってから冷凍する。 なるべく小分けに分けて、袋に空気が入らないようにする。 できれば梅を冷蔵庫で冷やしてから冷凍する。 梅を冷凍庫へ入れてからは、なるべく冷凍庫を開け閉めしない。 これを守れば、ある程度冷凍梅に霜がつくのを防げるとは思います。 けれど100%霜がつかないようにするのは不可能なので、あまり神経質にならずに少し気をつけるくらいでいいと思いますよ。 冷凍梅を解凍してから漬けたほうがいい? もうひとつ、冷凍梅で梅シロップを作るときに悩むのが、 一度冷凍した梅を解凍して周りの水分をふき取ってから漬けたほうがいいのでは?ということ。 もちろん霜をとるために冷凍梅を一度解凍することも可能です。 けれどこの方法は おすすめはできません。 なぜなら、一度冷凍した梅は細胞が壊れているので、解凍すると崩れやすいんです。 特に完熟梅の場合は、解凍してしまうと水分を拭くときに皮が破れてしまったりすることもあります。 それに解凍のときに出る水分は梅の水分なので、それをふき取ってしまうと出来上がりの梅シロップの量が減ってしまいます。 せっかくなので、なるべくたくさんの水分を出して梅シロップをつくりたいところ。 なので冷凍梅は凍ったままつけてしまったほうがいいですよ。 冷凍梅についた霜 まとめ 最近は梅を冷凍してから作る方法が一般的になってきましたよね。 今回私が購入した梅にも、こんな作り方の紙が入っていました。 梅を完全に凍らせるとは書いてあっても、その後の霜はどうするかまでは書かれていませんね。 初めて作る場合は、冷凍した梅をみて初めて霜の処理に困ってしまうかもしれません。 けれど今回ご紹介したとおり、そこまで霜を気にせずに作ってしまって大丈夫です。 梅と砂糖を瓶につめたら、あとは毎日砂糖が溶けるように瓶を揺するだけ。 10日ほどで美味しい梅シロップが出来上がりますよ。 梅を凍らせた後の霜についてお悩みの方の参考になればうれしいです。 あわせて読みたい 梅シロップの砂糖が溶けないときの対処法はこちら.

次の

「冷凍梅」を使えば6日で完成! 初心者も失敗しない梅シロップ・梅ジュースの作り方

梅 シロップ 冷凍

ご自宅でも簡単に作ることができ、しかしながら一度作ってしまうとなかなか使い切れないのが「梅シロップ」です。 時間が経過すると「飲んでも大丈夫なのだろうか?」と心配になってしまいます。 早めに使い切ることを前提としても、やはり鮮度を保つためには適切な保存方法を実践する必要があります。 そこで、梅シロップの正しい保存方法と、賞味期限のおおまかな目安について解説していきます。 スポンサードリンク 常温の際の保存方法と保存できる期間 加熱殺菌した状態の梅シロップであれば、開封しないことを条件として常温保存で長持ちさせることができます。 製造した梅シロップを瓶に入れた状態で蓋を軽く閉めた状態にします(しっかりと蓋をするのは後になります)。 これを水かぬるま湯の状態の鍋の中に入れて、沸騰直前程度の温度で約15分ほど加熱殺菌します。 熱いのでやけどに注意しながら梅シロップの瓶を取り出し、ふたをしっかりと閉めて密閉します。 材料として使った梅を取り除いた状態で、冷暗所で保存すれば半年~1年ほど保存しておくことができます。 ただし、一度蓋を開けてしまうと、この保存期間は維持できなくなってしまいます。 冷蔵庫や冷凍庫に空きがなく、しばらく梅シロップを使用しないことを前提とした保存方法であると理解しておきましょう。 スポンサードリンク 冷蔵した際の保存方法と保存できる期間 梅シロップの容器を密閉した状態で冷蔵庫で保存することで長持ちさせることができますが、常温保存と同様に開封することであまり長持ちしなくなります。 冷蔵庫での保存も常温の保存と同様に、瓶入りの梅シロップを15分ほど加熱殺菌して、冷めてから冷蔵庫に入れて保存しましょう。 問題があるとすれば、梅シロップを作る際に利用する「大容量の容器」は、冷蔵庫には入らないだろうということです。 なので、小さめの瓶やタッパーなどの、小分けして密閉できる容器に移し替えて冷蔵庫に入れることをオススメします。 加熱殺菌の都合を考えると、数リットルクラスの小さめの瓶に移し替えてから加熱殺菌して、冷蔵庫に入れて保存しましょう。 開封しなければ、最長で1年ほど保存しておくことができます。 スポンサードリンク 冷凍した際の保存方法と保存できる期間 梅シロップを長期保存する方法としては「冷凍保存」が適しています。 瓶入りの場合はタッパーに移し替えないと、瓶が割れてしまう可能性があります。 ただし、タッパーも種類によっては冷凍庫に入れることで容器が割れてしまうリスクが高まる可能性があるので、ここは一つテクニックを用いることにしましょう。 その方法は、製氷器に梅シロップを入れて、これを通常の氷と同じように凍らせます。 梅シロップが完全に凍ったら、これを製氷器から取り出し、冷凍用の保存袋に入れて保存しましょう。 容器を破損しなくて済む上に、一般的な製氷器であればキューブ状に小分けした状態で梅シロップを保存することができますので、使用する際に必要な分だけ少量の利用が可能になります。 保存期間は1年~2年が目安となります。 この場合は梅シロップを作った際に使用した容器が余っていると思われるので、すぐにでも使用したい分はその容器や他のタッパー等を使用し、すぐには使い切れない分は冷凍保存することによって、梅シロップを使用する際の利便性を高め、保存性を確保することができます。 スポンサーリンク スポンサードリンク 腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限 傷んでしまった梅シロップは、アルコール臭などのわかりやすい変化を起こすことが多いです。 アルコール臭の他には「変色」「濁り」「カビの発生」などがあります。 どの変化も基本的にわかりやすい変化であるため、傷んでしまった梅シロップを飲んでしまうことは少ないのではないかと思います。 特に、アルコール臭が発生している場合は確実に傷んでしまっているので、手間がかかったものであっても飲まずに処分してしまいましょう。 梅シロップの場合、冷凍保存以外では加熱殺菌の都合上、小分けにして密閉保存することが難しいです。 容器を開けてしまえば密閉状態を維持できないため、すぐに飲みきってしまわないと傷んでしまいます。 1回の使用単位が少なく、大量に製造してしまった場合には、冷凍保存して傷みを抑えるようにしましょう。 まとめ きちんと加熱消毒して密閉しているものであれば常温保存もできますが、できれば冷蔵保存がオススメです。 ですが、あまり長期間の小分け利用の状況を鑑みての保存は難しく、その場合は前述の「製氷器を使った小分け冷凍保存」を実践されることをオススメします。 せっかく手間をかけて作った梅シロップなので、梅シロップを使った料理のレシピをレシピサイト等で調べるなどして、無駄なく使い切れるように工夫しましょう。 余談ですが、梅シロップを作るために使用した梅は、「梅ジャム」「梅酢味噌」「蜂蜜漬け」などに使用することができますので、そちらの方も実践してみてください。

次の

青梅は冷凍保存できる?冷凍青梅を使った梅シロップの作り方

梅 シロップ 冷凍

冷凍梅で作る梅シロップの作り方 【材料】 梅 1kg 氷砂糖 1kg 【作り方】 1.梅はよく洗って水気をしっかりふき取り、つまようじなどでヘタを取りのぞきます。 ツン!とすればぽろりと外れます。 これが面白くてね、次男が「うひゃうひゃ」いいながら手伝ってくれました。 笑 2.ジッパー付きのビニールなどに入れて凍らせます。 1日くらいでカッチンコッチン! 3.消毒した保存容器に、梅と氷砂糖を交互に入れたらおしまい。 めちゃ簡単。 あとは冷暗所(わたしは野菜BOXに入れてます)に保存して、1日2~3回くらい瓶ごと振りましょう。 砂糖が溶けて梅がシワシワになれば完成です。 完全にシワシワー、もう水分出ませんねーってなったら、梅を取り出してシロップだけ冷蔵庫で保存します。 *冷凍しない生梅を使う場合はつまようじでプスプスつついて、何ヶ所か穴を開けてから作ります。 *できた梅シロップを煮立たせると、長持ちするそうです。 冷凍することで、梅の繊維が壊れ、エキスが出やすくなるんですね。 普段なら1ヶ月くらいかかる梅シロップですが、冷凍梅を使うと1週間~10日で完成します。 温かい場所に置いていたり、砂糖がうまく溶けないと発酵してしまうことがあります。 (白い泡が出る) こんな失敗を防ぐのにも、冷凍梅は有効。 やっぱり早くエキスが出て、お砂糖と混ざるからでしょうね。 比較的、発酵しにくいようです。 ま、これも細胞が壊れるからかな。 でも梅を冷凍しておけば、1年中いつでも梅シロップを作ることができます。 全部使い切れなかった 今は忙しくて作れない そんな時でも、梅をとりあえず冷凍しておけば、熟してしまうこともなく安心です。 冷凍梅シロップの効果 「三毒を断つ」と言われる梅。 三毒とは 食べ物・血液・水の毒のこと。 強い抗菌作用で食中毒などを防ぎ、血液をサラサラにし、疲労を回復、デトックス、胃の働きを助けるなどの効果を発揮します。 梅を使った梅シロップに期待できる効果といえば、やはり 疲労回復。 暑い夏、疲れたときに梅ジュースを飲むと「ぷはー!!」 生き返りますね。 夏バテで食欲が落ちている時にもおすすめ。 胃がすっきりしますよ。 サッカーでへとへとになる子供たちも「うめー!うめ飲むー!!」 梅ジュースを飲み、カキ氷に梅シロップをかけ・・・疲れを癒しています。 「もしかして・・・アレか?」 「うめ?」 「やったー!!」 大喜び。 「なー、まだできんのー??」 待ち遠しいようです。 うめちゃんも頑張り中。 笑 もちょっと待ってね。

次の