憶測 類語。 思い込みを2語で表す類語はありますか?

憶測の類語・関連語

憶測 類語

「忖度」は「そんたく」と読みます。 意味は「他人の心中をおしはかること」です。 少し前にテレビで連日のように使われていた言葉ですので知っている人も多いでしょう。 現代社会において「忖度する」とは「上司や目上の人の気持ちを察し、配慮する」という意味で捉えられています。 しかし本来の意味は先に書いた通りで「憶測」や「推測」に近い言葉なのです。 【例文】• サッカーの決勝戦で我々は大勝を飾った。 しかし対戦相手に忖度してガッツポーズはほどほどにしておいた。 彼女の気持ちを忖度して声をかけずにいたのだが、余計なお世話だと怒られてしまった。 他人を過度に忖度することは、時に相手を傷つける場合もあるのではないか。

次の

「推測」の意味と使い方とは?予測や推察などの類語との違いも解説

憶測 類語

「推測」の意味 「推測」とは「ある事柄をおしはかり考えること」 「推測」とは「ある事柄や情報について想像して考えること」という意味です。 ある事柄や情報についていろいろと考えをめぐらすことで、その事柄や情報のままからはわからない一面などを導き出すことができます。 たとえば、リンゴが一つあった時、そのりんごの色や形を見て、大事に育てられたりんごだと思うことが推測です。 対象となるリンゴを観察して、自分の想像力で思いを巡らし大事に育てられたという考えにまで達する思考の過程を「推測」と言います。 「推測」の使い方と例文 「推測」を使った例文• 「事故が起きた原因を推測する」• 「犯行の動機を推測する」• 「私の推測では、今回のプロジェクトは数カ月かかるだろう」• 「思った通り、今日の仕事が長引くという推測が当たった」 「推測する」や「推測できる」のように動詞化した使い方もできる 「推測」は名詞ですが、語尾に「する」をつけて動詞化させた「推測する」という表現もよく使われます。 ある物事や情報をおしはかって考える状態を表現するときに使われますが、やや硬い表現ですのでビジネスシーンなどでも使われます。 「推測する」を使った例文• 「私はこのように推測します」• 「今後の売り上げは、次のように推測されます」• 「社員の何人かは、今回のプロジェクトがとん挫することを推測していたようです」• 「水分をろくに摂取しなかったようなので、患者は熱中症にかかったと推測される」• 「彼の服装や持ち物から、年齢は30代から40代だと推測できる」 「推測」の類語とその違い 「推測」の類語は数々ありますので、ここでそれぞれの類語の意味と推測との違いを説明します。 「予測」とは「未来のことを推測する」という意味 「予測」とは「ある事柄についてこれから起こることや成り行き、結果などを推測すること」という意味です。 おしはかって考えるという点で「推測」と共通しているのですが、「推測」する時間的方向性がないのに対して、「予測」は将来に何かが起こることを推測する場合にだけ使われます。 「推察」とは「人の気持ちをおしはかること」 「推察」とは「人の気持ちや事情をおしはかること」という意味です。 「推測」は現在までに分かっている事柄から想像力などを駆使しておしはかって考えることですが、「推察」は目に見ることができない感情や事情などを思いやります。 相手の気持ちがわからないとき、その人の気持ちや事情をおしはかるとき「推察」が使われます。 「推定」とは「おしはかって決めること」 「推定」とは「ある事柄を推測して決めること」という意味です。 「推測」との違いは、ある事柄をいろいろと考えたうえで決めるという確定という意味まで含まれることです。 「予算は推定100万円」と言えば予算が100万円になることが確実なのに対して、「予算が推測100万円」なら予算に100万円必要かもしれないけれど実際のところはわからないという未定の意味合いが含まれます。 「憶測」とは「根拠のないいい加減な推測」 「憶測」とは「根拠のないいい加減な推測」という意味になります。 「推測」は推測した対象には確かな理由が根拠にあり、それに基づいておしはかっていくことですが、「憶測」にはそうした確かな理由や根拠はなく、個人の感覚を頼りに推測していきます。 そのため「憶測」は「推測」よりもより主観的な考え方です。 「推測」を使った用語 「推測航法」や「推測統計学」のように「推測」を使った用語もあります。 「推測航法」の意味 「推測航法」とは自立航法とも呼ばれる航法で、船や飛行機が現在位置を推算しながら進む方法です。 現在位置の確定は、星の位置や地上にあるものを目標にして推算することができますが、「推測航法」では、コンパスなどの測程器を使いて現在地に針路や速度を測算します。 「推測統計学」の意味 「推測統計学」とは「推計学」とも呼ばれる統計学の一種です。 統計分析において部分から全体を推論をするための学問で、対象となる集合「母集団」の特徴を知るために、その一部を標本として取り出し分析します。 その分析結果を確立論で応用して、母集団の本質を掴もうとする学問です。 世論調査や薬品の効用の調査、品質管理など多岐にわたって利用されています。 「推測」の英語表現 「推測」は英語で「speculation」 「推測」は英語で「speculation」が使われ、「起こった出来事や事実から思いを巡らして考えること」という意味です。 公式な文書にも使われる硬い表現になります。 「推測する」なら「speculate」が動詞形で、推測する内容の前に「about」や「on」などの前置詞を付けます。 プライベートの会話でも使えて、憶測の意味に近いような主観として「推測」を英語で表現するならば「guess」や「supposition」のほうがいいでしょう。 「推測」をつかった英語例文• 「推察」などの類語も多いのですが、「推測」は感情や事情ではない根拠ある事柄をおしはかり、将来や過去など時間軸にとらわれない考え方だと理解すれば、類語との違いも分かりやすくなるでしょう。

次の

「推察」の意味とは?「推測」など類語やビジネスでの使い方も紹介

憶測 類語

「拝察いたします」「拝察申し上げます」は二重敬語だが広く使われている 二重敬語とは、 同じ語に対して同じ種類の敬語を2つ以上使用することをいいます。 「拝察いたします」は「拝察」と「する」が別々の語であり二重敬語ではない、といった見解がありますが 「拝察する」の「する」は補助動詞であり「拝察」を修飾するため「いたす」にしてしまうと二重敬語になります。 「拝察申し上げます」も「拝察」と「言う」で別々の語であり二重敬語ではない、といった見解がありますが 「申し上げる」は動作性の名詞につく場合は補助動詞となるため二重敬語となります。 ただ、ビジネスシーンで「拝見いたします」「拝見いたしました」は頻繁に使用されています。 二重敬語は回りくどい印象を与えてしまうため良くないとされていますが、使っても問題ありません。 「拝察」のビジネスでの使い方と例文 相手の状況・気持ちを推し量るときに使う 「拝察」は、相手の状況を推察する場合と相手の気持ちを思いやる場合に使います。 「拝察」はかしこまった場面で使うことが多く、式典の挨拶やお役所関連の文書、お礼状やお悔やみ状などでも用います。 「拝察」の例文 ・立春の候 貴社ますますご清栄のことと拝察します。 ・日頃の疲れが溜まって体調を崩されたのではないかと、拝察します。 ・ご就職おめでとうございます。 ご家族の皆様もお喜びのことと拝察します。 ・花冷えの日が続いておりますが、貴社の皆様におかれましてはご健勝のことと拝察します。 ・ご心痛いかばかりかと拝察します。 ・ご家族の皆様のご傷心を拝察し、衷心よりお悔やみ申し上げます。 「拝察」の尊敬語は「ご賢察(けんさつ)」「ご高察(こうさつ)」 「ご賢察」の意味は「推察」の尊敬語 「ご賢察」は ごけんさつと読みます。 「賢察」は 相手の推察の尊敬語のため「ご賢察」は厳密には二重敬語になります。 しかし「ご賢察」は最上級の敬語表現と捉えるのが自然です。 また「賢察」は尊敬語なので、「賢察する」「賢察いたします」などと自分に対しては使えません。 自分に対しては「拝察」、相手に対しては「賢察」を使うと覚えておきましょう。 「ご高察」は「ご賢察」の同義語 「ご高察」は ごこうさつと読みます。 意味は「高い推察力」つまり、「 すぐれた推察力」という意味があります。 そのため「ご高察」は相手を褒めるニュアンスの強い言葉なので、依頼する場面では「ご賢察」を使用したほうが自然とされています。 「拝察」と「推察」の違い 「推察」の意味は「事情や相手の心中をおしはかること」「おもいやること」 「推察」は 「事情や相手の心中をおしはかること」「おもいやること」を意味します。 「推察」は敬語表現ではないため、自分に対しても相手に対しても使うことができます。 目上の相手に使う場合は「ご推察」と敬語にして用いることができます。 「拝察」と「推察」に意味の違いはないが、「推察」は敬語ではない 「推察」の意味は「拝察」と同じになりますが、敬語ではありません。 そのため目上の相手には「拝察」を使うようにしましょう。 また「推察」は「ご推察」とすることで尊敬語として使うこともできます。 「推察」の例文 例文 ・事情を推察して、なるべく彼女の前ではAさんの話題を出さないようにする。 ・皆様元気に過ごされているだろうとご推察申し上げます。 「拝察」の類語 「恐察」は「察する」の謙譲語で、「拝察」の同義語 「恐察」は きょうさつと読みます。 意味は「拝察」と同じで「推察することの謙譲語」で、漢字の通り「恐れ多くも推察する」ということになります。 ただ一般的にはあまり使われていません。 例文 ・彼女の心情は恐察するに余りあるものだった。 ・A部長とB課長の様子はただごとではないと感じ、新人の私が恐察してしまった。 「推測」の意味は「ある事柄に基づいて推し量ること」で、敬語ではない 「推測」は すいそくと読みます。 そのため人の気持ちを察するといった意味合いはありません。 また「推測」は敬語ではありません。 例文 ・事故が起きた原因を、大雑把ではあるが推測してみる。 ・犯人の関係者や知人から話を聞いて、犯行の動機を推測する。 ・このプロジェクトが終わるまで、どのくらいの時間がかかるかだいたい推測する。 「拝覧」も「見る」の謙譲語 「拝覧」は はいらんと読みます。 意味は「拝見」と同じで「見るの謙譲語」となり「謹んで見ること」です。 ただ、「拝見」は見ること全般に使うことができる言葉ですが 「拝覧」は主として宗教関係の建物や美術品などを観覧・鑑賞する場合に使用します。 例文 ・御本尊様を拝覧する。 ・博物館では最古の写本を拝覧することができました。 「拝読」は「読む」の謙譲語 「拝読」は はいどくと読みます。 「読む」の謙譲語で、自分が読む動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「拝読する」は「メールや書類を読んだ」という意味になります。 また「拝読」はその読み物を書いた本人に対しても敬意を示すことができます。 ・企画書を拝読したところ、お尋ねしたい点があったので連絡いたしました。 「拝謁」は「会う」の謙譲語 「拝謁」は はいえつと読みます。 「拝謁」の意味は、「身分の高い人や目上の人に会うことをへりくだっていう語」です。 「お目にかかる」よりもさらに丁寧にした表現となります。 例文 ・どうか竹輪さんに拝謁することをお許いただけますか? ・まさか天皇陛下に拝謁できるなんて思ってもいませんでした。 「拝啓」は手紙の書き始めの挨拶の言葉 「拝啓」は はいけいと読みます。 主に手紙で用いられ、 「伏して(挨拶して)申し上げます」ということになります。 一般的な手紙でも用いられていますが、ビジネスシーンにおける手紙や文書でも用いられています。 例文 ・拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は何かとご高配をいただき、誠にありがとうございます。 ・拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 五郎丸様にはいつも温かいお心遣いをいただき、大変感謝しております。

次の