コリンズ 登録。 料金一覧

工事実績情報システム

コリンズ 登録

普段と違う雰囲気の会社の飲み会。 飲み会で盛り上がるゲームと言... コリンズとは? コリンズというのは、国、独立行政法人、都道府県、市区町村などの公共機関や、鉄道、電気、ガス等の公益民間企業が発注を行う場合に、その工事概要に関して、請け負った会社がコリンズ・テクリスセンターへ登録を行うもので、それら情報ををコリンズ・テクリスセンターがデータベース化し管理するものです。 また、そのデータは発注者や受注者へも提供をしており、条件にもよりますが登録をしていれば一部閲覧する事も可能です。 公共工事の発注に際し、地域特性、特殊性、施工条件、請負者の技術力など総合的な観点から評価を行う必要性が発生します。 その為、発注機関は、公平な評価を行い適切に企業を選び、公共工事の入札・契約手続の透明性、公平性、競争性がより一層、向上をさせれるようにコリンズを活用しています。 近年では、入札への参加要件として、コリンズ登録を条件としている発注者も増加していっています。 そのため、発注機関の多くが工事契約時に、請負者に対し、工事実績データをコリンズ登録すること、という明記を特記仕様書や契約書内に記載して義務づけていることが多いです。 コリンズテクリスの種類について コリンズ登録・テクリス登録の種類 工事実績 受注登録・・・工事を請負った場合に登録を行います。 工事実績は企業の実績等を確認できます。 また配置技術者の状況なども確認することが可能です。 初回の登録時には工事内容を発注者と請負者で双方確認し、発注者のサインを頂いてから登録を行います。 変更登録・・・受注している工事に対して工期変更、配置技術者変更、請負額の増減が発生した際に行う変更手続きです。 竣工登録・・・工事完成をした後に行う登録です。 竣工登録を行う事で公の工事実績として認められます。 入札参加条件に工事実績が必要な場合は、条件を満たせば実績ととして利用できます。 業務実績 契約登録・・・業務委託等を受注した場合に登録を行うものです。 変更登録・・・受注した業務で工期変更、技術者変更・請負額変更の事由がある際に変更を行うものです 完了登録・・・業務が完成した後に行う登録です。 完了後は業務実績として認められます。 コリンズ登録について コリンズ・テクリスで工事や業務の実績を登録する場合 企業の代表者として、コリンズ・テクリスセンターとの電話やメールなどのやり取りを行う窓口として、まずは利用責任者を取り決めて頂くようにお願いいたします。 その利用責任者により「新規利用申込み」という申請手続きを行うようにお願いいたします。 新規利用の申し込みについては、同一企業で1度しか行う事が出来ませんので、十分に注意をお願いします。 また、以下の場合は申込みを行わないようにしてください。 過去にコリンズ・テクリスに登録したことがある場合 企業内で別のご担当者が「新規利用申込み」をしている場合 それらの状況になる場合は、企業内部でしっかりと確認を行い十分チェックをしたうえで、手続きを行っていただくようにお願い申し上げます。 もっと詳しく知りたい場合はAMAZONで本を買おう! コリンズに関する200kオススメの書籍はココから検索!.

次の

CORINS(コリンズ)登録

コリンズ 登録

コリンズ・テクリスの目的 指名競争入札において、公共発注機関がより公正で客観的な評価・判断にもとづいて建設業者を選定することができるよう支援することを目的とした、共同利用可能な実績データベースとしてコリンズ・テクリスは開始されました。 入札参加資格として、コリンズ・テクリスに登録していることを条件とする発注機関が年々増加しています。 コリンズとは コリンズ(CORINS)とは、「Construction Records Information System(工事実績情報システム)」の略称です(平成6年3月より開始)。 公共機関(国、独立行政法人、都道府県、政令市、市町村等)や、公益民間企業(鉄道、電気、ガス等)が公共工事・業務を発注。 受注した企業が当該工事・業務について実績データを作成。 受注した企業が作成した実績データをコリンズ・テクリスセンターのシステムへ登録。 コリンズ・テクリスセンターが登録された公共工事・業務の情報をデータベース化。 発注機関が公共工事・業務を発注するに当たりコリンズ・テクリスのデータベースを活用し、建設業者の工事実績・業務実績を確認。 コリンズ登録・テクリス登録の種類 工事実績• 受注登録・・・工事を受注した際に行う登録• 変更登録・・・受注した工事に工期変更、配置技術者変更・請負金額変更等があった場合に行う登録• 竣工登録・・・工事が竣工した後に行う登録(完成した工事の実績として評価される) 業務実績• 契約登録・・・業務を受注した際に行う登録• 変更登録・・・受注した業務に工期変更、配置技術者変更・請負金額変更等があった場合に行う登録• 登録の必要性については発注機関にお問合せください。 1 工事実績• (旧運用では、請負金額500万円以上2500万円未満の工事は受注登録しかできませんでしたが、平成21年8月18日より開始された新運用では、請負金額500万円以上2500万円未満の工事についても請負金額2500万円以上の工事と同様に変更登録・竣工登録が可能(施工中の工事も対象)となりました。 2 業務実績• (旧運用では、請負金額100万円以上500万円未満の業務は登録できませんでしたが、平成21年8月18日より開始された新運用では、請負金額100万円以上500万円未満の業務についても請負金額500万円以上の業務と同様に契約登録・変更登録・完了登録が可能となりました。 また、補償コンサルタント業務についても新運用より登録可能となっております。 ご依頼に必要となる書類• 履歴事項全部証明書の写し(内容に変更がなければ古いものでも結構です)• 御社ご担当者の名刺の写し• 建設業許可通知書の写し• 建設業許可申請書の写し(新規申請書または直近の更新)、並びに別紙一、別紙二(1)、別紙二(2)の写し• 工事契約書及び内訳書の写し• 工事場所の地図の写し• 発注者(役所等)のご担当者の名刺の写し コブリス登録 コブリスの目的 「建設工事に係る資材の再資源化に関する法律(建設リサイクル法)」の公布(平成12年5月31日)を受け、循環型社会の構築を目的として「建設副産物情報交換システム(COBRIS)」の全国運用が平成14年度より開始されました。 コブリスとは コブリス(COBRIS)とは、「Construction Byproducts Resource Information interchange System(建設副産物情報交換システム)」の略称です。 コンクリート塊• アスファルト・コンクリート塊• 建設発生木材• 建設汚泥• コンクリート塊• アスファルト・コンクリート塊• 建設発生木材• 建設汚泥• 建設混合廃棄物 コブリス登録の種類• 新規ユーザー登録• コブリス登録(計画)• コブリス登録(実施)• コブリス変更登録.

次の

工事実績情報公開

コリンズ 登録

概要 [ ] 発注機関は、工事発注に当たってを行う際に、においては入札対象となる建設業者を選定するに当たって類似工事の施工実績や評点を加味することがあるが、従来の手法であれば紙ベースが基本となっている受注記録を一つずつ検索する必要がある上、自らが発注した工事でしか検索ができなかった。 このことから、類似工事の検索を容易にすると共に、工事実績情報の組織横断的な共有化を図る目的で構築された。 登録対象となる発注機関は、の他、、、国土交通省所管の(など)、公共公益施設の整備に関する事業を営む法人(、、など)となっている。 なお、の場合は登録が任意であることが多い。 経緯 [ ]• 1993年(平成5年)12月 - 旧に関するである「中央建設業審議会」において、工事実績情報の整備の必要性を盛り込んだ建議がまとめられる。 1994年(平成6年)2月 - CORINS入力システムをリリース。 旧建設省発注の請負金額5,000万円以上の直轄工事について、工事実績情報のデータベース登録が義務づけられる。 1994年(平成6年)3月 - 竣工時登録受付を開始。 1994年(平成6年)5月 - 発注者向けに、検索システムをリリース。 1994年(平成6年)7月 - ほとんどの・発注の請負金額5,000万円以上の建設工事について、CORINS登録が義務づけられる。 1995年(平成7年)4月 - 受注時・変更時登録受付を開始。 1997年(平成9年)4月 - 登録範囲を請負金額5,000万円以上から2,500万円以上に拡大。 1997年(平成9年)6月 - (電話回線)での登録開始。 2002年(平成14年)10月 - 請負金額500万円以上の工事について受注時登録受付を開始。 (簡易CORINS)• 2004年(平成16年)8月 - での登録開始。 インターネットでの検索サービスを開始。 2009年(平成21年)8月 - システムを一新。 TECRIS と統合し、「コリンズ・テクリス」に名称変更。 インターネットでの直接入力・登録となる。 請負金額が500万円以上2,500万円未満の工事についても、変更・竣工登録を開始。 登録の流れ [ ] 建設業者は、工事受注時に、以下の項目について専用のを使って登録データを作成し、これらのデータを記載した「工事カルテ」を発注機関に提出し、内容の確認を受けた後にに工事カルテとデータを提出する。 請負金額2,500万円以上の工事に於いては、工期・・・の変更時、ならびに竣工時に修正データを提出する必要がある。 以前は専用のソフトウエアをクライアントにインストールする必要があったが、現在はWEBページにログインし行う形になっている。 なお、現状のWEBページでは理解不能な仕組みが顕在しており、煩雑な処理に関して利用者からの不満も多く、それに対応するため随時見直しを行っているが、追いついていないのが実情である。 主な登録項目 [ ]• 契約形態• 工事件名(路線・水系名等、工事名)• 施工場所• 請負金額、工期• 発注機関(コード、名称、担当部署、担当者名)• 受注形態• 対象工事(対象の有無、方式、提案の採否)• 対象工事• 請負会社(名称、建設業許可番号、工事分野)• ・・(の種別、登録番号など)• 技術データ 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の