藤沢 悪魔 払い バラバラ 殺人 事件。 バラバラ殺人事件の犯人とその後・現在!衝撃ランキング25選【2020最新版】

ロック歌手作曲『救世の曲』が招いた悲惨な顛末 藤沢悪魔祓いバラバラ殺人事件

藤沢 悪魔 払い バラバラ 殺人 事件

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件(ふじさわあくまばらいばらばらさつじんじけん)とは、1987年(昭和62年)に起こった猟奇的殺人事件。 1987年2月25日の夜、通報を受けた藤沢北警察署の警察官らが神奈川県藤沢市のアパートの一室に踏み込むと、室内ではカセットテープレコーダーから流れる音楽を聴きながら、2人の男女が男性の遺体を一心不乱に解体していた。 署員らが声をかけても、遺体の解体作業を止めようとせず、「悪魔払いをしている」とうわごとのように繰り返すだけであった。 遺体は頭、胴体、足が切断され、骨から肉を刃物で削ぎ落とされ、細かな肉片が台所の水場から流されていた。 大部分の肉が削ぎ落とされた遺体は、女(当時27歳)の夫であり、男(当時39歳)の従弟であるミュージシャン(当時32歳)だった。 妻と従兄はその場で死体損壊容疑で逮捕。 被害者はミュージシャンA。 真面目なAは不良の従兄とは幼い頃から仲良しで、Aの従兄に対する信頼は絶大なものがあった。 従兄が大山祇命神示教会に入信した際も、「兄貴が入信するなら」と即座にAも入信するほどだった。 その後Aの弟が交通事故で入院、その入院先でAは当時、准看護婦として働いていた女と知り合って結婚。 従兄は埼玉県に転居し、A夫婦はAの実家で仲睦まじく暮らしていた。 既にこの頃には3人とも神示教会から脱会していた。 やがて藤沢市の事件現場となるアパートに部屋を借りた従兄が、A夫婦のところにフラリとやってくる。 「自分に神が降りた。 この世は悪魔だらけ。 悪魔を追い払う救世の曲を作れるのはおまえしかいない」 従兄にこう言われたAは本気で「救世の曲」の作曲に取り掛かる(3人がかつて入信した新興宗教にはこうした教義は一切ない)。 Aのバンド仲間は、従兄が良からぬ人物であるとすぐに察知して、何とかA夫婦を従兄から引き離そうと努力するが、2人はまったく聞き入れなかった。 A夫婦と従兄は、藤沢のアパートに泊まり込んで、「救世の曲」の製作に熱中する。 藤沢のアパートで「救世の曲」の製作が開始されて1週間ほど経過して、Aがこう言い出す。 「魔に憑かれてしまった」 従兄はAとにらめっこのようなことをして自己流の悪魔払いを行うが、効果が得られず、とうとうAを絞殺。 その後、Aの妻と二人で「救世の曲」を聴きながら、Aの遺体を解体していく。 判決までに,従兄につき合計3つ(甲乙丙。 それぞれ鑑定人を表す),妻につき合計2つ(乙丙)という鑑定結果がそれぞれ異なり,鼎立・対立する各鑑定書が提出されていた。 妻につき,乙鑑定は「三人精神病」で責任無能力,丙鑑定は宗教的支配観念にとらわれ,責任能力は多少の(著しくない)低下(責任能力あり)であった。 従兄につき,甲鑑定は,精神分裂病で,「犯行時,理非善悪を弁別し,自らの行為を人倫に照らして冷静に判断できる自我の能力が障害されていた」(責任無能力)としながら,感応精神病(乙鑑定)に近いが厳密には異なる,側頭葉てんかん(丙鑑定)の点は,脳波及びけいれん誘導薬であるメジマイド賦活の結果からは否定できるとした。 乙鑑定は,「三人(感応)精神病の心因反応状態にあり,責任能力に著しい障害がある」(心神耗弱)としながら,精神分裂病の点は,精神分裂病らしさ(プレコックス感)がないこと,症状は心因反応,詐病で理解可能であるとして否定し,側頭葉てんかんの点は,甲鑑定と同様の理由で否定した。 丙鑑定は,側頭葉てんかん患者で宗教的な支配感にとらわれていた,責任能力は存在していたが,その程度は多少の(著しくない)低下であった(責任能力あり)としながら,被害者を含めた3人が共有した「神の曲」を書くという観念は,感応精神病の定義として要請される「妄想」というよりは宗教的な「支配観念」であったとして感応精神病を否定し,精神分裂病の点は,「連想弛緩」もないとして否定した。 1992年5月13日、横浜地裁は,事実関係を詳細に認定するとともに,合計5つの精神鑑定及び各鑑定人証人尋問の結果も踏まえるなどした結果,いずれの鑑定結果も採用できないとした上で2人とも責任能力ありと判断したことから、従兄に懲役14年、妻に懲役13年を言い渡す。 妻は控訴せず確定。 従兄は控訴するが、東京高裁で控訴棄却となり確定。

次の

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件

藤沢 悪魔 払い バラバラ 殺人 事件

リーダーとしてロックバンドを率いメジャーデビューも果たしたミュージシャン、K(享年32歳)。 遺作に『救世の曲』がある。 世の中を救うために作られた曲だそうだ。 その『救世の曲』とKには数奇な運命が待ち受けていた。 Kの最期は従兄に殺害され、Kの妻と従兄によって、からだを切り刻まれ、肉は骨からそぎ落とされるという、むごたらしいものであった。 そんな凄惨な現場に『救世の曲』が鳴り響いていたという……。 ある日、兄貴分として慕う従兄が「オレに神が降りた」と言いはじめ、次第にKとその妻は「生き神」となった従兄の影響下におかれるようになっていった。 従兄に吹き込まれたK夫婦は従兄の家に籠り『救世の曲』作りに没頭していく。 Kが、「自分に悪魔が憑いた、悪魔を祓ってほしい」と従兄に頼んだのは『救世の曲』ができあがってまもなくのこと。 悪魔祓いの儀式はこうして始 まりを告げた。 時は昭和62年2月某日、ところは神奈川県藤沢市内のアパート。 最初の悪魔祓いはなんということもない「儀式」で、Kと従兄が顔と顔を突き合わせ、相手の目を見つめ合い、Kが視線をそらせば悪魔を祓えたことになるというものだった。 だが、Kは視線をそらすことはなかった。 にらめっこにも似た儀式の結果、悪魔はすでにKの内臓にまで取り憑いてしまっていて、Kの肉体がいったん死なない限り悪魔を祓うことができない、そう決め、従兄はKを絞殺してしまう。 「生き神」を自称する従兄の考えでは、いったん死ねば、悪魔を祓うことができ、お祓いが済めばKは生き返るはずであった。 だか、そうはならなかった。 当たり前ではあるが……。 Kが蘇らないのは、悪魔がまだその肉体に取り憑いている証拠であり、悪魔を祓うためにはもはや肉体を消し去るほかなかった。 従兄とKの妻はKを殺害してから3日3晩ものあいだ、肉体の解体作業に没入した。 内臓を取り出し、骨から肉を削りとり、塩で浄めた。 頭部は何より入念に浄めるために脳味噌を取り出して、頭蓋骨に塩を詰め込んだ。 Kを従兄から引き離そうとアパートを訪れたバンド関係者たちが異変に気づき、通報。 だが、知人たちや駆けつけた警察官をも意に介さず、動じる様子もなく、逮捕されるまで2人はカセットテープで『救世の曲』を聴きながら、悪魔祓いの儀式と称する肉体の解体作業の手を休めることなく続けていたという。 ところで、Kが旋律を口ずさんでカセットテープに吹き込んだ『救世の曲』だが、以前に聴かされていたバンド仲間たちには単に暗いという印象しか残さなかったようだ。 『救世の曲』は駄作だったのか? 文字どおりお蔵入りしてしまった今となっては確かめるすべはない。 だが、事件前、Kの従兄は『救世の曲』の出来栄えに「すばらしい」と奇声を発して泣いたそうである……。 (むみょん).

次の

ロック歌手作曲『救世の曲』が招いた悲惨な顛末 藤沢悪魔祓いバラバラ殺人事件

藤沢 悪魔 払い バラバラ 殺人 事件

捕まったのは、その部屋の住人で、不動産業のS(当時39歳)と主婦で元看護婦の茂木M(当時27歳)。 殺されたのはMの夫で、コミックロックバンド「スピッツ・ア・ロコ」のリーダーの茂木政弘(32歳)と分かった。 看護婦・・・保健婦助産婦看護婦の一部を改正する法律(改正保助看法)が2001年(平成13年)12月6日に成立、12月12日に公布、翌2002年(平成14年)3月1日に施行された。 これにより、保健婦・士が「保健師」に、助産婦が「助産師」に、看護婦・士が「看護師」に、准看護婦・士が「准看護師」となり、男女で異なっていた名称が統一された。 「スピッツ・ア・ロコ」は、1983年(昭和58年)6月、『キープ・オン・ラブ』『愛論人(アイロンマン)』のシングル2枚とLP『人情』を出し、デビューしていた。 ロックではあったが、どちらかと言えばニューミュージックに近い路線で、誰でも楽しめるポップスロックを演奏。 ステージでの彼らはそれぞれ祖父母、父母、子どもに扮して、「家族」を演じ、政弘は娘役の女装をした。 このユニークな演奏スタイルが注目され、横須賀をはじめ横浜などのライブハウスに出演するようになった。 物珍しさもあってライブハウスはいつも満杯だった。 政弘のパートはドラムで、作詞や作曲も担当した。 容貌がマイケル・ジャクソンに似ていて、「和製マイケル」と呼ばれ、1987年(昭和62年)1月、神奈川テレビに出演した。 だが、政弘の表情がいまひとつパッとしなかった。 自己紹介も小さな声でボソボソ答えるだけで、あとは笑顔を見せず、一人浮いたような状態だった。 その後はライブハウスの出演が2、3本あるだけで、メンバーの中には「いつまでもライブハウスでもあるまい。 この辺で脱退して他の仕事にでもつく」と言う者も出てきていた。 Sの部屋を訪ねた知人が部屋に入ったとき、SとMの2人が政弘の足、胴体、頭部をバラバラにし、死体を切り刻んでいる最中だった。 死体はノミやノコギリでどれがどこだか分からないほどコマ切れにされ、床には内臓がゴロンと転がっていた。 しかも2人とも一心不乱に頭部の骨についた肉をハサミで削り取っており、この知人の通報を受けて駆けつけた警察、両親にもまったく無関心のまま、ひたすら作業を続けていたという。 殺された政弘とSはいとこ同士で、子どもの頃から仲が良かった。 音楽だけが生きがいの政弘に対し、Sは不動産業と称してはいたが、実際にはほとんど何もせず、戦争の本を読んでいた。 しかも、1979年(昭和54年)に、宝石詐欺の前科があった。 これは執行猶予になったが、その後も横浜市内で地上げした土地をめぐってトラブルを引き起こすなど詐欺まがいの行為を続けた。 どうしてこの2人が気が合うのかが不思議だが、2人は頻繁に行き来した。 1986年(昭和63年)4月、政弘はMと結婚するが、政弘とSとのこうした付き合いはその後も変わらなかった。 3人に共通していたのは、いずれも横浜市にある新興宗教団体の大山祇命(おおやまねずみのみこと)神示教会に入信していたことだった。 この教会は横浜に本部を置き、当時信者数は70万人を超えていた。 中でも殺された政弘は、両親ともに熱心な信者で、1974年(昭和49年)入信、1985年(昭和60年)に脱会している。 妻のMも1979年(昭和54年)入信、1986年(昭和61年)に脱会している。 さらに、Sもこの新興宗教の熱心な信者だった。 そもそも宗教団体を紹介したのはSだった。 一方、Sはミュージシャンである政弘に「世の中は悪魔でいっぱいだ」「悪魔を祓い、救世の曲を作れるのは政弘しかいない」「政弘は音楽でこの世を良くするように神から送られてきた使いだ」などとふきこんでいた。 その言葉を信じていた政弘は、事件前にSの部屋に泊り込んで、「救世の曲」作りに没頭していたという。 その頃、政弘とMとの間に別れ話が出ていたことやロックバンドの解散話が出るなどのトラブルがあった。 Sはこれは「悪魔が取り憑いている」せいだと言い出し、政弘も「悪魔が取り憑いていた。 祓ってくれ」と言い出した。 同年2月22日の午後、Sと向き合うようにして悪魔祓いを行った。 3本のロウソクに火をつけた「祭壇」の前で、にらめっこをしたり、身体に塩をすり込んだりしていた。 そこにMも加わって悪魔祓いをした。 政弘が先に目をそらせば悪魔が去ったことになるというものだったが、政弘はとうとう最後まで目をそらさなかった。 そのため、Sは、「肉体が死ななければ悪魔も死なない」と政弘の殺害を決意した。 MはSの言葉を信じて疑わず、政弘の首を絞めるSを手伝って殺した。 悪魔を追い払えば死体が生き返ると信じたらしいが、その後、2人は悪魔が再び乗り移らないように、3日間ほとんど眠らずに政弘の死体を切り刻み、頭蓋骨などに塩を詰めていたという。 2人は儀式の最中、政弘が作っていた「救世の曲」をカセットで聴き、口ずさみながら死体を解体、ナイフやハサミでそいだ肉や内臓は台所から排水溝に流していた。 アパート脇の下水の側溝には肉片が散乱し、回収できないほど遠くまで流れていた。 SとMは捕まったとき、「悪魔、悪魔」と口走っていた。 3人がかつて所属していた宗教団体では、「悪魔」や「悪魔祓い」の言葉は存在せず、まして死体を切り刻むなどというまじないなどもない。 この事件は犯人のどちらかが発端者になり、もう1人が巻き込まれて2人同時に感応精神病になったものと言われた。 感応精神病とは、精神異常者の宗教的恍惚感や幻覚などが、それを信じる暗示性の強い人に伝わり、同じような症状を起こす病気。 だが、1992年(平成4年)5月13日、横浜地裁は、「精神鑑定の結果、2人とも善悪を判断する能力があった」として、Sに懲役14年、茂木Mに懲役13年(ともに求刑・懲役15年)の刑を言い渡した。 その後、Sは控訴したが、東京高裁で控訴棄却となり、Sの懲役14年が確定した。 この藤沢での事件に続いて、翌3月から5月にかけ、次のような「信仰殺人」事件が続いた。 1987年(昭和62年)3月、千葉県野田市で、新興宗教を信じるA子(当時57歳)が孫で男児のBちゃん(1歳)を絞殺するという事件が起こった。 A子が新興宗教に入ったのは1984年(昭和59年)ころで、毎週の集まりにもほとんど欠かさず参加するほどの熱心な信者だった。 A子は若い頃、息子と娘を出産後、精神状態が悪くなったことがあるが、年月とともに回復した。 ところが、息子のC(当時32歳)のすし店が経営不振になってから、また精神が不安定になった。 Cはすし店を閉店し、自分の妻と3人の子どもを連れて、母親のA子と一緒に暮らすことになった。 しかし、それ以降、A子は夜眠れない状態が続き、「悪霊がいる」と口走るようになった。 一緒に暮らし始めてから数日後の午前6時過ぎ、A子は放心状態で「子どもの悪霊を取り除いた。 Bは血しぶきをあげてあの世へいった。 みんなで拝め」と口走っていた。 驚いたCはBちゃんの布団を上げると、すでに冷たくなっていた。 取り調べに対してもA子は、「孫が可哀相」と言ったかと思うと、「家に帰らなくては」と突然、立ち上がったりするなど、精神が不安定であった。 4月14日、長崎県で、両親が見守る中、長女(当時32歳)と長男(当時47歳)が次男(41歳)を殴る蹴るの暴行を加え、出血多量で死なせている。 調べによると、長女は自称祈祷師で、次男が炭鉱が閉山になったために3日前に帰省、この日未明、首が痛いと訴えたために「これは狐が取り憑いている。 悪霊を祓わなくてはならない」と、長男と2人で次男を押さえつけ、胸や腹などを足で踏みつけたり投げつけたりして肋骨骨折による心臓内出血で死亡させた。 午前4時ごろ、次男の様子がおかしくなったので慌てて病院に運んだものの、約1時間後に死亡した。 5月18日、北九州市で、女祈祷師(当時56歳)が自宅で体の不調を訴えた信者を次々と放置したまま死なせた遺体が発見された。 死後1年半経った女性(74歳)の白骨死体が見つかり、さらに翌日には、なんと「祈祷で生き返る」と信じていた家族がこの祈祷師に預けていた女性(65歳)の遺体が見つかった。 さらに、2日後、白骨化した男の乳児の遺体も見つかった。 この日、祈祷師のマンションを訪ねた人が「部屋の中から異臭がする」と警察に届け出て事件が発覚した。 祈祷師は事情聴取に対し「自分たちは神の子である。 死者を蘇生させる儀式をしていた」「自分は猿田彦の生まれ変わり」と語り、3つの死体と同居し、誰にも知らせずに祈祷を続けていた。 祈祷師は内縁の夫(当時57歳)とともに、1982年(昭和57年)ころ、不動明王、大日如来などの祭壇、仏像などを部屋に備えて信仰生活に入り、信者も約8人いた。 今回、死体で見つかった2人の女性も信者であった。 いずれも病気を抱え、祈祷師宅に熱心に通っていた。 遺体で発見された男の乳児の母親も信者で、祈祷師や信者たちの手伝いのもとに長男を出産したが、その際、生まれた長男を祈祷師が「この子は猿田彦の神の子、私に預けなさい」と自宅のマンションに引き取っていた。 祈祷師は預かったこの乳児を祭壇の前に寝かせ、おしめを取り替えたり、水やリンゴジュース、重湯などを与えていたが、生後1ヶ月ほどで急死。 だが、その死体を祭壇の前に置いたまま、「猿田彦の神が私の体内に入っている。 蘇生させる」と祈祷を続けていた。 この間、乳児の母親は何度も「子どもに会わせて」という電話をしているが、「神のお告げで誰も来てはいけない」と来訪を拒否、子どもが死んだことも知らせていなかった。

次の