すみ っ コ ぐらし 映画 感想。 【ネタバレなし】話題すぎる映画『すみっコぐらし』を観に行った正直な感想 → できれば二度と観たくない

映画「すみっコぐらし」が大傑作(名作)と評価される理由や感想は?原田知世の主題歌「冬のこもりうた」の発売日やPVについても│Urban Small Talk

すみ っ コ ぐらし 映画 感想

もくじ• 評価:80点 おはようございます、チェ・ブンブンです。 今、巷を賑わせている作品がある。 それは『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』だ。 《すみっコぐらし》とはサンエックスの人気キャラクターで日本キャラクター大賞2019でグランプリを受賞しています。 ブンブンはサンリオよりもサンエックス派でにゃんにゃんにゃんこや最近だとリラックマが好きだ。 そんなブンブンも最近のキャラクターにはついていけず、《すみっコぐらし》とは今回初対面した。 イオンシネマ海老名20:15の回を観てきたのですが、平日にも拘らず多くのお客さんで賑わっており、驚いたことに大人の観客が圧倒的に多かったです。 というわけで ネタバレありで語っていきます。 『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』あらすじ 「日本キャラクター大賞 2019」でグランプリを受賞したサンエックス株式会社の大人気キャラクター「すみっコぐらし」の劇場版アニメーション。 すみっコを好む個性的なキャラクターたちが、不思議な絵本の中で繰り広げる大冒険を描く。 ある日の午後、お気に入りの喫茶店「喫茶すみっコ」を訪れたすみっコたちが注文した料理を待っていると、地下室から謎の物音が聞こえてくる。 音の正体を確かめに行ったすみっコたちは、そこで1冊の飛び出す絵本を発見する。 絵本はボロボロでページの大事なところがなくなっており、桃太郎のお話のページには背景があるだけでおじいさんもおばあさんもいない。 すると突然、大きな影が現れ、えびふらいのしっぽが絵本の中に吸い込まれてしまう。 「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」のまんきゅうがメガホンをとり、「銀河銭湯パンタくん」の角田貴志が脚本、「がんばれ!ルルロロ」のファンワークスがアニメーション制作を担当。 最近、私は強く思う。 今や、スノビズムの象徴ともなってしまったヌーヴェルヴァーグ映画は元々、アメリカのB級映画や通俗映画の職人の技術を賞賛する動きであった。 それによって アルフレッド・ヒッチコックやハワード・ホークスが神格化された訳だ。 その精神を現代に当てはめるとしたら、まさしく子ども映画がそれに該当するだろう。 子ども映画は、アート映画が必死に演出し、ドヤ顔で強調する演出をいとも簡単にやってのける。 また別の例をみてみよう。 『』は、実に奇妙な作品である。 動物が主役であるアニメであるミッフィーの長編映画なのだが、こともあろうことか動物園に行くというシュールな展開が待ち受ける。 そしてそこには明確なヒエラルキーが存在し、犬のスナッフィーは犬ということで入園を断られたり、茶熊の園長が飼育しているのがホッキョクグマだったりする斜め上を行く展開が所狭しと並んでいるのだ。 こういった自由さは、《常識》という鎧で盲目になってしまった大人がいかにして子どもの柔軟な発想、想像力に近づけるかといった挑戦として捉えることができます。 元々アニメ版のミッフィーは、幼少期故に善悪も常識もないが故に生じるヒリヒリした物語を描いてきた背景がある。 映画版も一貫して、大人になると忘れてしまう、《子どもの空っぽさ》とは何かという視点から面白さを見出そうとした哲学的な作品だったのだ。 どうでしょうか? ヌーヴェルヴァーグが昨今の演出を借用し、異次元の表現を見出すのと同じ匂いがしませんか? さて、その系譜をいく作品が今回サンエックスから出現した。 サンエックスは今年、Netflixオリジナルストップモーションアニメ『』を発表している。 これは、リラックマの持つリラックスという要素を本質から捉えた結果、カオルさんという友だちなし、お金なし、社畜暮らしのOLから滲み出す深淵にリラックマの癒しを浸す驚きの物語が紡がれた。 『すみっコぐらし』の場合、ウォールフラワーとして生きる《すみっコ》たちの友情を、絵本の世界閉じ込められ話という王道エピソードに絡めて演出していた。 今回、観賞して驚いたのは、《すみっコ》の前衛すぎるキャラクター像だ。 とんかつやエビフライの端っこ、タピオカの残り、ホコリに雑草といった日常にある《すみっコ》をキャラクター化しているのだ。 あまりに個性的すぎるキャラクター群を60分で映画にまとめなければならない。 サンエックスは古くから動画を用いたキャラクター宣伝をしているのだが、それでも長編映画化は難しいと思われる。 そこにヨーロッパ企画考案の脚本によって 《絵本の世界閉じ込められ話》という王道エピソードが手を貸した。 《絵本の世界閉じ込められ話》は子ども向けアニメによくあるエピソード。 この手のエピソードは 『カードキャプターさくら』や『おねがいマイメロディ』のように『不思議の国のアリス』が媒体として使われがちだ。 本の中の不思議な世界や、自由なようで自由ではない世界を表現するのにアリスは非常に使いやすいからだろう。 しかし、本作の場合はそれを封印し、桃太郎、マッチ売りの少女、赤ずきん、人魚姫、アラビアンナイトをシャッフルして描いていく。 こうすることで、飛び出す絵本もとい「《本》とは何か? 」という疑問に答えるのだ。 本は、高々紙の積み上げだ。 しかしながら、ページを繰ると別次元の物語が広がっている。 すみっコたちは、飛び出す絵本のギミックや、紙の裂け目から別の話に移動することができる。 そして、ネコが穴を掘れば、積み上げられた紙に断層が生じ、別ページにある物語が侵食しあってくる。 紙とそこに書かれた物語の構造を多層的に描く、その演出はなかなか実写映画ではできないこともあり、アニメーションという表現でできうる本描写の限界点に到達できたと言えよう。 本は、読むと物語が進む。 そして読んだ物語とそれを受け取った人の感情が混じり合って、映画以上に自由に物語が脳裏に広がっていく。 ただ、本は誰かに書かれたもの。 読み手の自由な解釈と矛盾するように書き手のルールにある程度従う必要がある。 すみっコたちは、桃太郎の世界にやってきて、自由気ままに動こうとする。 しかし、天から降ってくるナレーションが強制的に物語の主軸へ軌道修正しようとするのだ。 それが、物語が進んでいくうちに、物語のルールに従いながらも自分たちの意志で、世界を楽しめるようになる。 ニセツムリはEDMらしき音楽に併せて祭を楽しむ。 緑のペンギンは迷子のヒヨコの故郷を探しに縦横無尽に物語を駆け抜けるのだ。 もちろん、キャラクターの魅力を膨らませる描写のキレ味も保証されている。 例えば、あかずきんの話に迷い込んだ、とんかつとエビフライは、狼の家にやってくる。 当然ながら狼は彼らを捕食しようとするわけだが、彼らの夢は「食べられること」。 とんかつの食べ残し、エビフライの食べ残しである彼らは、悪役である狼に食べられることを千載一遇のチャンスだと捉え、「食べて」と迫るのだ。 そしてその圧で狼を撃退する。 童話を捻る手法に、キャラクターの個性を結びつける高度な技を披露しているのです。 そして、本作の肝となるヒヨコの存在が、 「《本》とは何か? 」に答えていった本作に、鋭い一撃を与えた。 ひよこの故郷を探し、旅する一行は、遂に『みにくいアヒルの子』こそが彼の居場所だと断定する。 しかし、そこは彼の居場所ではなかった。 彼は、絵本の最終ページの余白に書かれた落書きなのだ。 なので、彼はどこにも所属していないことが判明する。 そして本作は、安易に熱い友情を描くために、彼を絵本の外へ出すことはしない。 本の中の世界は、本の外に出ることができないのだから。 哀しい別れの後、すみっコたちがその悲劇に対して行うのは、ヒヨコしかいない空白に仲間を描いてあげること。 家を作ってあげることだった。 そしてカフェの奥に眠って死んでいた本を生き返らせることに成功し映画は終わるのだ。 どうでしょう? 単なる子ども映画でしょうか? イロモノでしょうか? 確かに、すみっコ達が飛び回る話がちゃんと物語れていなかったりといった 特に『アラビアン・ナイト』は全く語れていない 問題はあれども、ここまで本の本質に迫れた映画はないでしょう。 それも誰しもが本作を観ると、とんかつやタピオカ、雑草に根暗なネコへ愛着が湧く作りを維持しながら。 これは今年最重要なアニメーションの一本でありました。

次の

映画「すみっコぐらし」が大傑作(名作)と評価される理由や感想は?原田知世の主題歌「冬のこもりうた」の発売日やPVについても│Urban Small Talk

すみ っ コ ぐらし 映画 感想

「これはあかん、泣く!」「娘、大号泣!子供向けと思っちゃいけない。 大人も感動、泣きます!」「暖かくてほっこりする優しいお話!」 上映中【2019年11月8日 金 公開】 「たれぱんだ」「リラックマ」などで知られるサンエックス株式会社から発売され、「日本キャラクター大賞2019」でグランプリを受賞した人気キャラクター「すみっコぐらし」の劇場版アニメーション。 「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」のまんきゅうがメガホンをとり、ナレーションを井ノ原快彦と本上まなみが担当する。 -Movie Walker-  あらすじ<STORY> お気に入りのお店「喫茶すみっコ」の地下室で、1冊のとびだす絵本を見つけたすみっコたち。 ボロボロのその絵本を眺めていると、突然仕掛けが動きだし、彼らは絵本の中に吸い込まれてしまう。 だが、そのうち自分たちも迷子になってしまう。 小さい子ども向けとしてとても良くできていた。 最後泣いちゃったよ。 息子は自分が行きたいと言ったくせに途中ちょっと飽きてた…ふだんアニメ見ないからね…。 ぺんぎん?くんに加えて、ひよこ?さんもひっそり一緒に来てくれていて、 来場時から幸せ気分いっぱい。 すみっコたちが動いている事に、冒頭から既に涙目なのに、 ド王道のストーリーでラストはボロ泣きしました。 ド王道なんだけど、すみっコたちがある意味トンデモな子たちだから 笑 、 何気に先が読めないんですよね。 また、いのっちのナレーションがいい感じに邪魔すぎない邪魔加減なんですよ。 だからこそ、ナレーションの有無でシーンのメリハリがすごくついて、 後半に本当に泣ける。 素敵な映画でした。 ちょっとびっくりするほど泣けるし、感動とかで終わらない作品でした。 娘も小五で、物事の道理を理解し始める年頃、この映画は衝撃だったよう。 こんなに泣けるとか聞いてねえ!!!!!orz 後半ずっと泣きっぱなしで眼球が痛い。 とりあえず大人こそ観に行って欲しい…。 前半はくすくす笑えて後半は号泣であとナレーションと主題歌もいい感じです。 絵本の世界に行く前の序盤と、 原田知世の主題歌(作詞は高橋久美子)が良かったです。 何があっても優しかった。 その優しさに泣いた。 終わり頃横を見たら娘大号泣😭 子供向けと思っちゃいけない。 なんていい子達なんだ。 そして泣くと思わなかった。 めちゃくちゃいい話だった。 みんな愛しい。 すみっコぐらしファンとしてなんの文句もない素晴らしい映画化でした。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ... これで高評価の口コミばかりでサクラどんだけ使ってるのか...

次の

映画すみっコぐらしを見て泣く大人が続出!感想・口コミまとめ

すみ っ コ ぐらし 映画 感想

本日、昨今のtwitterで話題の映画「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」を観に行きました。 「実質Fate」「原作虚淵かと思った」「ジョーカーの方がマシ」と言われているアレです。 それが、 完成度が高い良い映画であり心の余裕がある大人には観て欲しいが、小学校入学前後の子も見る子供向け映画としては最悪というところで、一緒に見に行った恋人と感想が一致したので、観終わってから言い合った感想を新鮮なうちにまとめたいと思います。 なお、この記事は「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」の核心に関わるネタバレを含むため、映画鑑賞後に読むことを強く推奨します あらすじのふりかえり 元々いた所に馴染めなかったり、捨てられたりした生き物=すみっコ達は、それでも皆で集まって仲良く暮らしている。 ある日すみっコ達は、食事に行ったレストランの物置きで飛び出す絵本を見つけ、絵本の世界に吸い込まれてしまう。 彼らはそこで「桃太郎」「アラビアンナイト」「マッチ売りの少女」など絵本の登場人物となって色々な冒険をするのだが、その中で一羽の灰色のひよこ?(以下ひよこ)と出会う。 自分が何者か、どこから来たのかもわからず独りぼっちだというひよこに、すみっコ達(特にぺんぎん)が協力を申し出、一緒に行動するようになる。 「みにくいアヒルの子」の白鳥の子と思ったら違って肩透かしをくらい、落胆するひよこに、すみっコ達は元の世界に帰ったら一緒に暮らすことを申し出、ひよこはそれを喜んで受け入れる。 やがて元の世界に帰るゲートが見つかった時、ひよこの出自に関する事実が判明する。 ひよこは絵本の白紙のページに誰かが書いた落書きであった。 だから仲間のキャラクターもおらず、外の世界に一緒に帰ることもできない。 すみっコ達がひよこや犬・猿・雉など絵本のキャラクター達の協力を得て元の世界に帰ってきた後、絵本の白紙のページにひよこの姿を見つける。 すみっコ達はひよこが寂しくないように、白紙のページに自分たちに似せたキャラクターや周りの世界を書き足してあげた。 ぺんぎんは自分が何者かわからないひよこの境遇を自分に重ねて、ひよこのために奔走します。 そのぺんぎんは元々はみだし者の集まりであるすみっコの中でもとりわけ孤独なキャラクターです。 ねこはふろしき、とんかつはえびふらい、とかげはにせつむり、たぴおかやほこりは同種など大体だれかしら仲間がいる中、ぺんぎんは似た境遇の仲間がおらず、一人で本を読んでいる描写が多いです。 その孤独を強調するかのように、 前半ではとんかつとえびふらいなどの仲良し描写がこれでもかという程出てきます。 そんな中、ひよこはぺんぎんにとって初めて現れた同じ境遇の仲間として描かれるのです。 やがて、ひよこが絵本の世界から外に出られないことが判明します。 他のすみっコ達が早々に外へ出ていく中、最後まで外に出ることを決意できないでいるぺんぎんと、そこから距離を取って見送るひよこ。 感動っていうか辛くて泣く。 そしてエンドロール。 すみっコ達が白紙のページに皆が書いてあげたキャラクターとひよこが楽しく過ごしている絵が落書き調で流れます。 最後に出る落書き調の1枚絵の内容は、それぞれ仲がいいキャラクターと寄り添っているすみっコたち。 ひとりで絵本を抱いているぺんぎん。 ひよこはいない。 ここで恋人が泣き崩れました。 もう整合性取れてなくていいからひよこ載せてくれよ!頼む! ラストシーンをひよこが救われたと解釈したとしても、ぺんぎんは救われていません。 本作は責めるべき悪役も嫌なやつもおらず、ただただ世界に救いがなく、細かい描写やその順番によって救いのなさが意識的に、丁寧に強調されています。 このアイデアからハッピーエンドにする方法はいくらでもあったであろう中、この終わり方が一番設定と整合しており、筋書きとして綺麗なのはわかります。 絵本世界で最初に外へのゲートが開いたシーンで、サブキャラクター(おばけ)が早々に外に出ますが、その時に、絵本世界で身に着けた花だけがはらりと落ちます。 この時点で絵本世界の物やキャラクターは外の世界に出られないという設定が暗示されているのですが、それはそのあとでより丁寧に説明されます。 ゲートを脱出する準備が整い、さぁ脱出するぞというときについてこないひよこ。 ここまでの描写で、ひよこは自分がゲートを通れないことにもう気づいています。 あれ、なんでついてこないのだろうと疑問に思うぺんぎん。 その横をにせつむりが先に通り抜けて、貝殻だけが落ちてくる。 よくもそんなことを(How dare you) これに比べると、子供向けアニメ調の絵だが初めから深夜アニメでやっているまどマギや、ストーリーはヘビーだが子供達は理解できずカッコいいシーンだけが印象に残る仮面ライダー龍騎は、よっぽど良心的であったと判断せざるを得ません。 」では、本作がこんな風に紹介されていました 映画すみっこぐらしの魅力: 「子どものころに戻れる」 「ナレーションはV6の井ノ原快彦」 「終盤、予想外の展開が!」 いや説明責任果たせてねぇだろ!!!! お前ジョーカーを「生きる元気がわいてくる話です」「現代のフォレストガンプ」とだけ説明しちゃうやつか!! 恋人のコメント 一番泣いたところ: 「前の席で一緒に映画を見ていた子が 『行くとこない。。。。 』って泣きながらつぶやいてるのが聞こえて号泣しちゃった……」 感想: 「ダンサーインザダークよりも辛い。 監督はラースフォントリアーより酷い。 鬼畜」 「まどマギを劇場版から逆再生した感じ(ほむらちゃんがどんどん救われなくなる)」 「この話観て良かったねってニコニコ帰っていく子は将来まどかちゃん派になるからほむらちゃん派の私とは仲良くなれない」 「twitterの感想で『感動しました!』とか言ってる人がたくさんいてびっくりする。 道徳の授業受けなかったのか。 感動と辛くて泣くのは違う」 「ZIP! が一番悪い」 「この映画の感想が分かれたら、子育てが不安すぎるので別れてた」 僕「えっマジで」 おわりに 映画すみっコぐらし、大人向けにはいい映画だと思います。 ただし、「どう完成度を高めるか」「どう客を泣かせるか」に全力投球してしまっており、「子供がどう感じるか」は置いてけぼりにされたように思いました。 結果、小学校入学前後の子供には見せたくない話になっていました。 本の落書きから生まれたひよこがあんな辛い目にあうの見たら子供落書きできなくなるわ。 鬱映画に耐性がある人はよければ観てみてください。 子供は3歳未満くらいの子か、12歳以上の子だけ観ることをおすすめします。

次の