わ は は ねこ。 ネコ

ネコ

わ は は ねこ

定義 [ ] イエネコのは、を捕獲させる目的で飼われ始めたのである。 リビアヤマネコは独立種 , とされることもあるが、の , ともされる。 その場合イエネコを含むヨーロッパヤマネコの学名は、記載が古い Felis catus , となるのが命名法上の原則である。 しかしこれを原則通りに運用すると様々な支障が出ることから、2003年にの強権により Felis silvestris , をイエネコを含むヨーロッパヤマネコの学名として使用できることが認められた()。 つまりヨーロッパヤマネコの亜種としてのイエネコの学名は、 Felis silvestris catus , とすることができる。 なおイエネコをヨーロッパヤマネコと別種として扱う場合には、イエネコの学名は Felis catusが正しい。 一方、広義の「ネコ」は、ネコ類(動物)の一部、あるいはその全ての包括的分類を指し、種のイエネコに加えて類を含む。 特に学術用語としては、の「」と同様、やなどといった大型種を含む全てのネコ科動物を指すことがある。 起源 [ ] イエネコの原種とされるリビアヤマネコ 家畜化以前の特徴を維持している。 南アフリカ共和国、。 イエネコは、的分析を主とする伝統的な的知見によって、以前からヨーロッパヤマネコの亜種 Felis silvestris lybicaがとされてきた。 後半から発展した等による新たな知見も、従来説を裏付ける形となった。 米英独等の国際チームによる6月29日の『』誌(電子版)への発表では、世界のイエネコ計979匹をサンプルとしたの解析結果により、イエネコのは約13万1000年前(末期〈 ()〉)にのなどに生息していた亜種リビアヤマネコであることが判明した。 愛玩用家畜として同じく一般的な Canis lupus familiarisに比して、ネコは飼育開始の時期が遅いが、これは家畜化の経緯の相違による。 イヌはにやとして必要とされ、早くから人の社会に組み込まれたが、ネコは、の開始に伴い(ネズミの害)が深刻にならない限り有用性がなく、むしろ狩猟者としては競合相手ですらあった。 その競合的動物が人のパートナーとなり得たのは、という「一定期間の保管を要する食害を受けやすい財産」を人類が保有するようになり、財産の番人としてのネコの役割が登場したことによる。 また、を媒介する鼠を駆除することは、結果的に疫病の予防にもなった。 さらに、記録媒体として紙など食害されやすい材料が現れると、これを守ることも期待された。 日本にはに倉庫の穀物や経典類の番人として輸入されたことにより渡来してきたものと考えられてきた が、近年の研究では移入期が紀元前2世紀の弥生時代までさかのぼる可能性が出てきた。 農耕が開始されが出現した時期の中東周辺で、山野でやを追っていたネコがネズミが数多く集まる穀物の貯蔵場所に現れ、棲みついたのが始まりと考えられている(リビアヤマネコの生息地と農耕文化圏が重なった地域で、複数回起こっていたと考えられる)。 穀物には手を出さず、それを食害する、のみを捕食することから、双方の利益が一致。 穀物を守るネコはとして大切にされるようになり、やがて家畜化に繋がった。 初めて人に飼われたネコから現在のイエネコに直接血統が連続しているかは不明確。 最古の飼育例は、2004年4月に報告されたの約9,500年前の遺跡のものである。 墓は約30歳の高貴な人物のもので、人骨から約40 cm離れて埋葬されていた。 キプロス島にはのネコ科動物は分布せず、人が持ち込んだものと考えられている。 また、今日のイエネコの直接的・系統的起源は明らかではないが、ので固定化されたものといわれている。 紀元前1600年ごろの古代エジプトの王墓に描かれたネコの壁画が確実な証拠である。 なお、ネコ科の祖先はという約6000万年前の中型肉食獣に遡る。 ミアキスの特性に近いままを経て進化した種がネコであり、平原に出て集団狩猟を行う種を経て現在の姿に進化した種がイヌである。 5 - 7. 5kgの範囲に収まるものが多いものの、大型のものでは、(頭胴長)75cm( 比較資料:「」)、尾長40cm、肩高35cmに達する。 非常に優れたに、柔軟性と瞬発力のきわめて高い体の構造、武器である特に前足が鋭い(かぎづめ)やを持ち、足音が非常に小さく、体臭が少ないことも挙げられる。 (眼窩下部から口先もしくは鼻先までの部位)が突出していない丸い頭部を持つ。 年齢と寿命 [ ] ネコは1歳くらいになると可能年齢を迎え、5歳くらいで落ち着いた雰囲気を醸し出し、7歳あたりから高齢期に差し掛かり、20歳超えはかなりの長寿とされる。 屋外で暮らさなければならないと人間に室内で飼われているネコの寿命には、歴然とした差がある。 多くのや事故・怪我・病気やそれに伴うストレスに晒されており、大学機関や自治体関連部門によれば野良ネコの寿命は3年から5年といわれており 、その大半が子ネコの内に死亡する。 ネコの年齢をに換算すると、室内ネコの場合は例として1歳で人間でいう17 - 20歳、2歳で23 - 25歳、以降は1年ごとに4、5歳ずつ比例していく計算となるが、成熟期が短く中年期が長いため単純な比較はできない。 ネコの年齢 オリエンタルを代表するシャム。 四肢は長く、肩幅は狭い。 ネコはやの付きかた、脚の長さなどによっていくつかの種類に分類することができる。 コビーと呼ばれる種類は短いにがっしりとしたや、やや短めのを持ち、この代表とされるのがである。 一方、逆三角形の顔に長い、鞭のような尾をもつオリエンタルというタイプを代表する種はである。 この二種の間を分割し、セミコビー、セミフォーリン、フォーリン、そしてそれらの種類とまた違うロング&サブスタンシャル(長く、がっしりとした、という意味)という種類を加えた6種がネコの体格に関する基本的区分である。 体の柔軟性 [ ] ネコの体は非常に柔軟性が高い。 が緩やかで、やも柔らかいため、頭の周り以外は体のほぼ全ての場所を自分で舐めることができる。 特に肩の関節は可動性が高く、は退化しているが、小さいながらも存在しており(犬や馬など鎖骨がない動物はを内側に曲げ抱きつく所作がとれずができない)、筋肉でつながっている。 これらは高い所から着地した場合の衝撃を吸収することに役立っている。 また、を前後に移動させることができ、これを利用する形で狭い場所を通れるよう身体の幅を自在に調節することが可能となっている。 運動能力 [ ] 型のであるネコは俊敏な運動能力をもっている。 瞬発力が高く、跳躍力にも長けている。 跳躍力は、およそ体高の5倍程度(約1. 5m程度)の所に飛び上がることができる。 走るスピードは最高でおおよそ時速48kmといわれ、瞬間的に最高速に達する代わりに長くは続かない。 その運動能力にもかかわらず、ネコが自動車に轢かれることは多いが、それは運動能力の問題ではなく、想像を超える大きさの物体(自動車)に突然遭遇してしまったとき、判断力を失ってその場で体の動きを止めてしまうからであるとされるが異説もある(「」を参照)。 を司るの能力とは別に、ネコにはの視覚による優れた検出能力が備わっており、これによって、三半規管が失調した状態でも、正向として空中で正しく上下を判断した上で四本の足を使い着地を行う。 で泳げるが、水に入るのを嫌う個体が多い。 被毛 [ ] はにより、さまざまな毛色や毛質のパターンを持つ。 同品種でも多様な色彩や模様を持つ珍しい動物である。 毛色や毛質の決定にはの働きによるところが大きいことが分かっているが、遺伝子がどのように活性化、不活性化するかなど、不明な点も多い。 毛色は内の状態にも影響を受けるともいわれる。 例えば、世界初のネコ「」の毛色は、遺伝子が全く同じにもかかわらず、クローン親のものと異なっていた。 毛色を司る遺伝子は、すでにいくつか解明されており、色を薄めるダイリュート遺伝子や、被毛に縞模様を描くタビー遺伝子などの存在が知られている。 品種によっては、の遺伝子や、子の存在もあることから、生まれてくる仔猫の毛色・毛質等をおおよそ判定することは可能であるが、不明な部分も多い。 シルバー・ブロッチド(クラシック)タビーの。 ブロッチドタビーはアメリカン・ショートヘアの要件ではないが、日本でアメリカン・ショートヘアというとまずシルバー・ブロッチドタビーの個体がイメージされる。 解明されている主要な遺伝子 優性 遺伝子 役割 対立(劣性) 遺伝子 役割 A アグーティ(縞模様) a ノン・アグーティ(単色) B 黒 b 茶色(チョコレート) b l 薄茶(シナモン) C 単色(濃淡なし) c b セピア(バーミーズ) c s ポインテッド(シャム模様) D 濃暗色 d 淡明色(ダイリュート) I 抑圧(銀化) i 基底に及ぶ色素沈着 L 短毛 l 長毛 O オレンジ(または伴性遺伝の赤) o 黒味を帯びた非赤色 S 白の斑 s ソリッドカラー(体全体) T 縞(マッカレルタビー) t a アビシニアン(ティックドタビー) t b ブロッチド(クラシック)タビー W 体全体が白 w 白以外 三毛猫。 ほとんどがメス。 これらの遺伝子の組み合わせによって、複雑な模様を形作る。 これら以外にも毛色を決定する遺伝子もあり、解明されていない遺伝子も多数存在する。 O遺伝子および対立遺伝子o遺伝子は上にあることが分かっており、このため両方の遺伝子を持つネコは通常であり、では(X染色体過剰、でいう相当)またはのネコだけである。 両方の遺伝子を持つネコは トーティシェル(いわゆる〈さびねこ〉)あるいは トーティ・アンド・ホワイト(いわゆる)と呼ばれるが、これらのネコにオスネコが珍しいのは、染色体異常のネコが非常に少ないためである。 ノン・アグーティ遺伝子はタビー遺伝子よりも上位であるため、ノン・アグーティを2つ aa 持つネコ(黒猫など)には通常、縞模様は見られない。 タビー遺伝子を持つネコには、仔猫のときなどにうっすらと縞模様が現れることがあり、ゴースト・マーキングといわれる。 全身が白いは通常において『白色遺伝子』の持ち主である。 c s遺伝子(サイアミーズ)は独特の遺伝子で、本来はの出現を抑える役割を持つが、温度が低いとその働きが抑制される。 そのため、これを持つネコは温度の低い体の末端部(鼻、耳、足先など)のみに色素が出現し、のようなポイント模様が現れる。 温度が低い環境でも色素が出現し、色が濃くなる。 白毛を発現させる遺伝子のうちの『白色遺伝子』は全ての色に対してであるため、これを持つネコは他の遺伝子にかかわらず、になる [ ]。 - 全身の毛が黒色の猫。 - 全身の毛が白色の猫。 の割合が多い。 (タビー) - トラのような縞模様がある猫。 茶トラ猫、キジ猫、サバ猫など。 - 3色(一般的に白・茶色・黒)の猫。 - 黒と茶色の2色の猫。 - 顔面が鼻筋を境にした八の字形の2色になっている猫。 眼・視覚 [ ] ネコの眼。 顔の大きさの割に大きい。 顔の大きさの割に、かなり大きなを持っている。 他の動物における幼獣の眼の大きさの比率に近く、これがネコをと思わせる一因にもなっている。 正対視するのに有利な前面に(がんか)が開いている。 このことはネコとヒトに共通の身体的特徴で、眼による感情表現が豊かであることも意味し、これがヒトがネコに対して抱くの理由ではないかとも考えられている。 については、特に対象の動きを捉えることを得意とする。 8m位の距離ならば人間の顔を識別することが可能である。 20m以内のものであれば、じっと見ることによって距離感をかなり正確に測ることができる。 系のネコの場合、力に問題がある場合があるが、の結果、このようなネコは多くない。 は人間と異なり縦に細長くなっており、これは瞬時に瞳孔の大きさを変えることに有利という説や、野生状態でのような縦長の視界で視覚を働かせるのに有利と考える説がある。 瞳孔は調整の範囲が広く、明るい所では細長く、暗い所では目一杯開いて光の入る量を多くすることが可能なため、暗所での視力はよい。 が一般的でなかった時代、猫の眼の瞳孔の広さは時間帯によって変わり、時間が真昼に近づけば近づくほど瞳孔の広さは狭くなり、逆に真夜中に近づくほど広くなることを利用して時間を知ることが行われていた。 これとは別に、獲物などに狙いを定めてから飛びかかるまでの間も非常に大きく開く。 子猫の瞳。 他の多くのと同様、ネコの眼には(タペタム)と呼ばれる層がの下に備わっている。 この層が光を反射するため、入射光と反射光の両方の光が網膜を通過することになり、わずかな光でも物を見ることができる。 この反射光のため、暗所で観察者側から照明を当てたとき眼が光って見えることがある。 この現象はなどの野生動物でも同様であり、ライトで照らして光って見えた眼の数で個体数を割り出す「ライトセンサス」にも利用されている。 夜でもよく見えるネコの眼は非常に敏感で、撮影をしたりすると嫌がったりストレスを与えることとなり、目を痛めてしまう可能性もあることが指摘されており、プロカメラマンは猫の撮影の際にはフラッシュを控えるか、外付フラッシュで猫ではなく天井に向けて光らせる等の方法を薦めている。 だが、()の識別は困難である [ ]。 のととを一応は認識できるが、赤の場合薄いにしか認識できない [ ]。 が、わりと大きく、体調の悪い時等にの前に出てくることがある()。 目が開いてから期後半頃までの幼猫は、ややである。 眼の色 [ ] オッドアイ。 この個体では、左眼が暗色、右眼が青になっている。 が大きな割合を占めており、人間でいう白目(球結膜)は通常見られない。 ネコの眼の色、といった場合、虹彩の色を指す。 眼の色は、色の濃淡などの違いがあるものの、おおむね以下の4種類に分けられる。 カッパー(銅) - cf. 色名としては、• ヘーゼル(薄茶) - cf. 色としては、に近い。 青 青い眼はと系のネコ(ポイントのあるネコ)に多く、白猫の場合は高い割合でを持っている。 白猫の場合は と言われる、左右の眼の色が違う場合も多い。 この場合、青い眼の側の耳に聴覚障害を抱えることがある。 これらの眼の色の違いは、虹彩におけるの量で決まり、色素が多い順にカッパー、ヘーゼル、緑、青となる。 人間など他のの眼でも同様である。 色素の量の違いは、元々生息していた地域の量の違いに由来するといわれる(日光量が多い地域では色素が多くなる)が、交雑の結果、現在では地域による違いはほとんどなくなっている。 シャムネコの青い眼は北アジア由来といわれ、の原産のシャムネコであるが、先祖の眼の色に由来するという。 生まれて間もない仔猫の場合、品種に関わらず、虹彩に色素が沈着していない場合が多く、青目に見えることが多い。 これを「 キトゥン・ブルー」( Kitten Blue、「仔猫の青」の意)という。 生後7週間くらいから虹彩に色素がつき始め、徐々に本来の眼の色になっていく。 耳・聴覚 [ ] ネコので最も優れているのはである。 可聴は60 - 65kHzとされ 、イヌの40Hz - 47kHz、ヒトの20Hz - 20kHz に比べて高音域に強い。 これはネズミなどが発する高音に反応するよう適応したためといわれている。 はの割合が多い。 は片方ずつ別々に動かすことができ、異なる方向の音を聞き分けることができる。 そのため、が強く、の場所をかなり正確に特定することができる。 音の聞き分けの能力も高く、例えば飼い主が帰ってきた足音を判別することは簡単にできる。 これらの能力は、夜間に型の狩りをするのに適応し発達したものと考えられている。 耳の動きは感情にも左右され、特にネコがおびえているときは耳はうしろ向きに伏せられる。 という折れ耳が特徴のもある。 により不妊済みのには目印として片耳に切り込みが入れられる。 鼻・嗅覚 [ ] ネコの鼻紋 また、ネコの鼻は個体によって異なる紋様を持っており、これはと呼ばれ、人でいうところの指紋と同じものであり、個体の識別に用いることが可能である。 嗅覚の優れた動物の代表であるイヌとは狩りの仕方が異なり、嗅覚を狩りに利用することはほとんどなく、ネコの嗅覚は食物の峻別やの確認に主に使うと考えられている。 ネコはなどから出るやなどによって自分の臭いを付け、縄張り、あるいは仲間同士のコミュニケーションのために臭い付けをする行動を、飼い主やほかのネコに対して行う場合がある。 例えば、ネコが飼い主の足に顔をすり寄せるのは、頬腺などから出る分泌物を付け、「自分の物」というマーキングをしているわけである。 フレーメン反応 [ ] 舌 は薄く締まっており、表の面には多数の状突起があってザラザラしているが、これは骨に付いた肉をしゃぶりとるのに適応したものである。 この突起はや水を飲む際にも役立つ。 この特質と形状を模してパソコンのには猫の舌状のものが製品化されている [ ]。 また、掃除機のゴミ圧縮ブレードにも応用されている。 このと呼ばれる突起の形状は管を半分に割ったような形をしており、そこになどを含むことができることが解明された。 熱い食べ物が苦手な人を「」と俗称するが、ネコのみが特に熱いものを嫌うというわけではない。 野生動物はなどの後に屍肉を漁るくらいしか熱を持った食物を口にする機会がなく、全般的に熱いものに慣れていないためである。 の動物に共通する特徴であるが、が他の哺乳類とは異なっており、を認識することができない。 のMonell Chemical Senses CenterとのWaltham Centre for Pet Nutritionの両所の科学者達が行った研究において、を含んだ水と普通の水を数十匹のネコに与えたところ、どちらの水も同程度飲んだことが確認された。 それ以前の研究で、ネコが砂糖に関心を持たないことは示されていた。 彼らはネコのを調べ、甘味を受容するを構成する二つのの内の一つであるT1R2に対応するの欠陥により、その器官をもはや作ることができないことを見いだした。 一匹のと一匹ののDNAでも同じ結果を確認した。 また極端な肉食性が砂糖に対する味覚を無関係のものとし、甘味の受容器官に変異を生じさせることを許したということを提唱している。 猫のような肉食動物は、の活性が高く、タンパク質から分解されて得られたから糖新生を行って体内で必要なを生成している。 に対する反応が強く、特にを認識する味蕾は多くある。 これはアミノ酸がしたときの苦味を強く感じることによって、を食べることを避ける役割を担っていると考えられている。 ネコの食物に対する嗜好は、これらの味蕾の構成の違いが要因の一つと考えられている。 牙 [ ] 前肢の洞毛 ネコのひげ()はとして重要な役割を果たしており、ネコを象徴する特徴の一つとしてその印象を大きく左右する。 品種や個体によってその数は異なり、少ないもので6-8対、多いもので27対程度と幅広い。 のように口ひげがほとんどあるいはまったくない個体がいる品種もある。 ネコのひげは毛根部分にやが密に分布しており、非常に鋭敏で、先端に何かが少し触れても感じ取れる。 ひげの状態はネコの感情によって変化する。 たとえば目の前にあるものに好奇心を持つとひげは前に向き、おびえているときはぴったり頬にくっつくことが多い。 口の周りだけでなく、眼の上、の横にもあり、それらの先端を結ぶと顔を一周する大きなになり、これで狭い通路を通り抜けられるかどうかを判断できるので、獲物の追跡、敵からの逃走に重要な役割を果たす(ただし、一部に否定説あり)。 ひげは生え変わるが、無理に抜くとひどい場合はで死んでしまうこともある。 ひげ以外の洞毛は、前肢の関節付近の裏側に生えている。 長さは若いほど長く、歳をとったものほど短い。 尾 [ ] 尾はおおむねその胴体ほどの長さであるが、やのように極端に短いものや、のように尾がない個体もある。 尾の役割は、感情を表すほか、走行時や跳躍・着地の際に体のバランスを取る役割がある。 イエネコについては尾がなくても行動にほとんど支障はないと考えられている。 従来の日本産のネコは、世界に現存するほとんどのネコに比べ、ジャパニーズボブテイルのように尾は半分以下もないことが普通であったが、戦後(終了後)以来日本在来のネコに海外のネコの血統が混入し続けた結果、一部地域を除くほとんどの場所で尾の長い個体が大半を占めるようになっている。 を中心とした九州地方全域において、尾が極端に曲がった個体の存在が報告されている。 尾骨が極端に湾曲した個体はの個体に顕著に見られる特徴であり、長崎県を中心とした尾曲がりネコは明治以前の交易時に東南アジアの個体が長崎に持ち込まれ混血した結果であると見られている。 尾はと直結しているため、非常にが強い。 よって、尾を持って引っ張ったりすると大人しい個体でも抵抗する。 また猫の尻尾を強く引っぱると内臓に障害を起こしたり脊髄に損傷を起こし後肢などに障害が発生することもある。 襟首 [ ] 首の裏をくわえ仔猫を移動する親猫。 首(えりくび)と呼ばれるの後ろの皮膜は痛点が鈍化しており、親猫が仔猫を運ぶときここをくわえる。 この特徴は成猫になっても残るため、成猫でもヒトがここをつかんで持ち上げることができる。 持ち上げなくとも襟頸を掴むだけで大人しくなる傾向があるため、気性の荒い猫やを扱う際に有効である。 これは、母猫が危険を感じた時にしか使われない方法のため、猫は緊張して動きを止めていると考えられている。 母猫が仔猫の襟首をくわえて持ち運ぶことがあるが、これはくわえても仔猫に悪影響のない場所を母猫は本能的に知っているからできることであり、人間はその場所を知らないため、むやみに襟首を掴んで持ち上げると猫の頸を絞めてしまうことになりかねない。 また、筋肉に悪い影響を与えるという説もあるので、襟首だけ掴んで成猫を持ち上げることは避けるほうがよい。 指 [ ] 木に登る猫。 爪を自由に出し入れできるので鋭さを常に保持でき、以外のネコ科動物に共通する特徴である。 樹上生の傾向が強く [ ]、をしたり高所も移動するが、頭を下にして降りる時に爪が引っかからない指の向きであり、降りるのは得意でなく飛び降りる事が多い。 ちなみに人に爪を立てることがあるが、動くとさらに食いこむため動かず離すのを待つほうがよい。 肛門嚢 [ ] 不意打ちを食らうと、肛門嚢から臭いにおいを発することがある。 鳴き声 [ ] 日本ではネコの鳴き声は「ニャー」、「ミャー」などのを用いるのが一般的。 「ニャー」とは異なるものとしては、以下のようなものがある。 警戒・のうなり声・威嚇音。 「フーッ」「ウー」「ハーッ」「カー」「シャーッ」など。 えさを食べている時の威嚇。 「ワウワウワウ」「マウマウマウ」「アオアオアオ」など。 における、のような独特の声。 「オアーン」「オギャー」「アーウ」「ナーオ」など。 の鳴き声はしばしばネコのそれに喩えられ、英語では「mew」というネコの鳴き声を表す単語は「カモメ」という意味も持つ。 日本語でもカモメの一種に(海猫)と名付けられた鳥がいる。 この音は、親子間のコミュニケーションにも用いられる。 やなども含むネコ科動物全般はをゴロゴロと鳴らすことで知られているが、これは声帯からではなく、胸腔の一部から発せられる音である。 一般的には飼い主や懐いた人になでられるなどしてリラックスしている時にこの反応が見られるが、体調が悪い時や出産時(陣痛中)、死ぬ直前にも喉を鳴らすという。 これらの行動の意味は未だにはっきり解明されていないが、普段から低周波の音を発生させることで骨格を丈夫にする、苦しいときに痛みを緩和し呼吸を楽にしている、などの説が存在する。 クラッキング(チャタリング) [ ] ネコが「カカカ」のようにような音を出す現象を クラッキング(英語圏などでは チャタリング(chattering))といい、ネコ科の動物でもネコだけが発するものである。 小声を出しながら行う個体もある。 知能 [ ] 知能はの中でも高い部類に属し 、人間とのコミュニケーションもかなりできることが、イヌと並ぶの地位を獲得した要因となっている。 根気よく繰り返して教えれば「ごはん」「おやつ」「遊ぶ?」のような簡単な言葉を聞き分け、意味を理解できるようになる個体も存在する。 人間の簡単なを真似する個体も存在する。 俗に「ネコは頭が良い、イヌは賢い」とよくいわれるが、これは知能というよりも人間の都合からみた従順さである。 またなどに代表される、体長1m前後に達する大型種は、人間に従順で時にイヌのようにふるまう。 これはネコと共通の祖先を持つイヌにも見られる傾向だが、大型種自体が少ないうえにイヌの種別間ほどはっきりした体格差はないことから、一般、特に日本では大型種の存在とその性格についての認知度が低い。 繁殖 [ ] 中のネコ 種類および地域により差はあるが、だいたい春ならびに夏の初めに、を行う。 発情 [ ] メスの発情 [ ] 個体差もあるが、おおむね生後6か月から12か月で性的に成熟し、その後、定期的に発情する。 発情の周期についてはいくつかの説がある。 ネコは長日繁殖動物のため、暖かい時期とが14時間程度になる時期に発情がくる。 日本では2月から4月と、6月から8月に相当する。 人工灯も発情に影響するため、完全室内飼育の場合などは発情期間が長めになることもあり、季節に関わらず年に3回から4回ほどの発情がくることもある。 発情期間は3 - 6日程度であるが、その間にが行われない場合、10日ほどに延びることもある。 発情すると、地面や柱、時には人間の膝等に体をこすり付けるなど行動に変化が現れ、ときには意地でも外に出ようと暴れることもある。 オスの発情 [ ] メスよりやや2、3か月程度遅れてするが、個体差が大きい。 定期的なはなく、メスの発情に誘発されて発情する。 発情すると、スプレー()と呼ばれる特徴的な行動を行うようになり、オス同士のけんかも多くなる。 また、まれにメスでもスプレーをすることがある。 一部には発情期にあっても鳴き声をあげない、あるいは鳴いてもごくわずかである品種もあるが 、として「さかり声」と呼ばれるけたたましい鳴き声を上げる。 この習性は、その声を騒音と感じて迷惑に思う人間も多く、飼い主との間で問題に発展することもある。 交尾 [ ] 中のネコ 通常、交尾はオスがメスの背中に乗り、オスがメスの首筋を噛んでメスが逃げないようにして行う。 ネコの交尾は相手が1匹に限定されるものではなく、機会があればオス・メス共に複数の異性と行う。 そのため、同時に生まれた仔猫の父猫が別のネコであることはよくあることである。 オスのには棘(とげ)状の突起が備わっており、この刺激によってメスのを誘発するため、妊娠率は比較的高い。 去勢したオスではこの突起が消滅する。 の、山根明弘によると30年以上調査が継続しているの野良子猫のDNAを調べた結果、同じ集団で1番メスに近い所にいる強いオスよりも、他の集団から来たオスの子猫の方が多いことが分かった。 妊娠・出産 [ ] 出産直後のネコ。 メスネコは、おおむね2 - 6匹程度の子をする。 は4対8個あるのが一般的(個体により6 - 12個と差がある)。 妊娠期間は65日程度である。 出産は一般的に軽く、人やが手を貸す必要のないケースがほとんどである。 仔猫は出産直後はで濡れているが、母猫がなめて乾かし、数時間でふわっとした毛並みになる。 母猫は出産当日はに専念し、食事はあまり摂らないようである。 代わりに後産で出たを栄養分として食べることが多い。 メスネコは年3 - 4回の出産が可能であり、年2回の出産は珍しくない。 授乳期間中であっても交尾・妊娠する。 生後4週でほぼ確実に判断できるようになる。 一般にオス・メスの区別は、との出口の距離によって判別する。 オスは長く、メスは短い。 また、オスの場合には将来として大きくなる前の小さな膨らみがある。 生後2か月にもなれば明らかにと判断できるほどになる。 メスではこの部分が平坦になっている。 オス・メス双方を比較すると分かりやすいが1匹だけの場合は判別が難しい。 子猫の排泄 [ ] 生後間もない子猫は自らはできず、親ネコがを舐めることで刺激し、やを排泄させ親ネコが食べている。 このため親から離れた子ネコを人間が飼う場合には、排せつの補助をしなければならない。 ぬるま湯を含んだで尻を刺激したりで軽く叩くようにすると排泄を行う。 またはなどでぬるま湯を流しながら濡れた指でお尻を刺激するようにすると清潔に洗浄ができる。 特に人工乳を与えている子ネコは排泄量が多いため、こまめに行う必要がある。 生後1 - 1か月半ででの排泄の練習を始める。 食性 [ ] 猫が他の動物を捕獲、捕食する様子• 猫草を食べる猫 また、ネコはなど背の低いを食べる習性があり、その理由は未だ明らかでないが、毛づくろいのときにどうしても呑み込んでしまって蓄積した体毛を、草のに引っかけて、まとめて排泄するためとする説や、植物性のやを草から直接摂取しているなどの説がある。 どのネコにも共通しているのが、植物を好んで食べるということである。 そのほかやなどのの葉を食べることがある。 ペットショップでは飼い猫用に「」としてエンバクの芽ばえや種や栽培キットなどが売られている。 与えればドッグフードも食べないことはないが、ネコにとっての必須栄養素であるはドッグフードにはあまり多く配合されていない。 ネコはタウリンの生合成能力が極めて低いため、タウリンを摂取しないとタウリン欠乏をおこし、したりを発症することがある。 タウリンの安定的摂取を望めない状況が続く場合には、獣医と相談し、タウリンを含有する猫用栄養補給剤を処方、猫に服用させる必要がある。 他、サプリメントやが好物であり、おやつ代わりに与えている例も多い。 当然、アルコールが入っている通常のビールを猫に与えるのは厳禁である。 乾燥した地域を進化上の故郷とすると思われるネコ科は元来、飲水量が少ない動物で、体内で水を有効に使うためにの濃縮率が高く、濃い尿を出す。 そのため、への負荷が高く、ネコの病気の7- 8割は腎臓の病気である。 特にの摂りすぎには注意が必要である。 また、水は水道水が最も理想的(日本のほとんどの地域では、水道水はミネラル含有量が少ない)である。 一部ミネラルウォーターのに含まれるは猫に対して高濃度に当たるため、腎臓などへの影響からも極力飲ませないようにするべきである。 一日に成猫が必要とする栄養素 [ ] あくまで必要なのはバランスであり、過剰給餌は健康を害する恐れがある。 仔猫の場合はその2倍。 8g 0. 2g 0. 4g 0. 05g 10mg 0. 5mg ビタミンB 1 ビタミンB 2 ビタミンB 6 葉酸 1. 0mg 4. 0mg 0. 1mg 550国際単位 0. 5mg 0. 5mg 0. 4mg 1. 0mg 0. 1mg 4. 5mg ビタミンB 12 タウリン 水分 0. 02mg 200mg 100mg 必要量無し 100国際単位 8. 0mg 必要量無し 1kgあたり50-70ml 一日の食餌必要量 [ ] 妊娠した場合には5週頃から徐々に食餌の量を増やし、場合によっては専用の食餌を与える。 年齢・状態 餌の種類 回数 3週 ・・ 4-6回 4週 粉ミルク・缶詰・母乳 4-6回 5週 缶詰・母乳 4-5回 6-8週 状にした上記の餌 3-4回 8週以上 させる 3-4回 2-4ヶ月 250-425kcal 3-4回 4-5ヶ月 425-500kcal 3-4回 5-6ヶ月 500-600kcal 2-3回 6-12ヶ月 600-700kcal 1-2回 成猫 300-550kcal 1-2回 ドライフード・缶詰 妊娠後期 通常の3割増し 2-4回 哺乳期 通常の3倍 2-4回 老齢猫 吸収力の低下のため若干増やす 1-2回 ネコにとって危険な物質 [ ] 人間が日常において嗜好・摂取する物の中で、ネコに対して有を示す物品や物質や成分。 基本的には市販のキャットフードなどを与えるのが好ましい。 ネコに与えてはいけない食べ物 [ ] ユリ・タマネギ等のヒガンバナ科またはユリ科の植物 詳細は「」を参照ネコやイヌにとってや、、などといったの植物は極めてとされている。 ネギ類に含まれるが、ネコやイヌのを破壊してしまい、・不振・・・を引き起こす。 また、の植物は特に有害であり、全ての部位に毒性があり、体毛に付着したをなめただけで死亡した例やの生花を挿していた花瓶の水を摂取したことで重篤になっての安楽死といった事例も報告されており、の愛猫団体である ()は、これらの植物をネコに近づけないように勧告している。 も同様に危険である。 また、ゆで汁やエキスなどでも有害でありハンバーグなどの練り製品、人間用のビーフジャーキー、すき焼き(の肉)、牛丼や茶碗蒸し、カップ麺などにも含まれることがあり、これらを口にすると中毒を起こすことがある。 アルカロイド類 を含む多くの植物はの原因となる。 また、類・は全て有害と考えられている。 を含む、コーヒーや紅茶等も有害とされている。 イカ、タコ、エビ、カニ、貝等の一部の イカなどに含まれるである(サイアミナーゼ)はを破壊するため、長期にわたって摂取した場合、背骨の変形を引き起こすなどし、寿命も短縮される。 これが「イカを食べると腰を抜かす」といわれる所以である。 チアミナーゼは、イカ・タコ・といったのほか、・などや・などのにも含まれている。 しかし、チアミナーゼは熱によって失活するため加熱すれば問題はなく、イカ・タコなどはネコにとってのであるを豊富に含むため、ネコには好まれ、イカ入りのキャットフードも存在する。 ただし、イカ・タコなどは消化があまりよくないため、多量に摂取すると消化不良を起こす。 また、であるなどは、多くの水分を奪う可能性があるが、パック包装などを施された湿り気のある商品はこれに当たらない。 なお、には基本的にビタミンB1が含まれていないため、肉を与えず魚だけで育てた場合も、寿命が短縮する。 市販のなどはビタミンB1を添加してあるため、魚が主原料であっても気にする必要はない。 アワビ、サザエ、ノリ 死亡する危険はないが、春先ののツノワタ(内臓)を食べさせるとネコの耳が腐れ落ちると東北地方でいわれている。 春先のアワビやは餌としているに含まれるをピロフェオホルバイド a という成分に変質させて、動物の体内に摂り込まれた状態で日光に当たるとを起こすことに基づいている。 アワビなどは春先に 「」という成分を内臓にためこんでいるので、これを食べると成分も体内に入る。 ネコの体は被毛で覆われているため、たとえ日に当たっても光は皮膚までは届かず問題ない。 しかし、耳だけは被毛が薄く、にまで日光が届く。 そのため、光過敏症で炎症を起こして激しいかゆみを生じる。 ネコは耳を激しくかきむしり、取れるまでそれを続けてしまう。 あるいは、毒成分によって耳の組織がしてしまい、取れてしまう。 味付けされないノリは与えても構わないがが多いため量を制限(日量3g程度)する必要がある。 過剰に摂取した場合などに罹る恐れがある。 は過剰摂取の可能性があるので与えない方が良い。 ブドウ、レーズン アメリカの動物毒性コントロールセンターの調査・研究によると、原因物質は解明されていないが、ネコやイヌが摂取すると2-3時間後に・・食欲不振・が引き起こされ、3-5日後にの症状が発現し、最悪の場合は死に至るケースもあるとしている。 塩分・味の濃い食品 分は生体機能を維持するために必要であるが、ヒト向けに味付けされた食品の塩分量では一般に多すぎる。 に伴って多量の塩分を失うヒトに対し、ネコはほとんど汗をかかないことによる。 塩分の摂り過ぎはに大きな負担をかけるので、塩辛い食品を安易に与えてはいけない。 牛乳・乳製品 猫のに含まれるの量はの半分程度といわれており、前の子猫ではその牛乳の半分程度といわれる乳糖の量に対応するだけのを持ち合わせているものの、離乳する2ヶ月齢頃以降になるとラクターゼは分泌されなくなる。 そのため人間も飲用する牛乳は、含有する乳糖の量の多さから、を引き起こす原因となる。 加えて、牛乳と比べて猫の乳はとを多く含んでおり、子猫のうちに母乳ではなく牛乳を与えていると、カロリー不足やタンパク質不足となって健全な成長を妨げかねない。 このため、ミルクを与える場合には猫用(年齢により子猫用か成猫用かを選択)のものを使用すべきである。 カカオ(チョコレート、ココア) に含まれるをする能力がとても低いことから、大量に摂取した場合、、、興奮、、、などの症状が現れ、最悪の場合、突然死することもある。 カフェイン コーヒー、紅茶、緑茶、栄養ドリンクなどに含まれるはと似たような症状を起こす。 かつおぶし にはリンやマグネシウムなどのが多く含まれており、摂取しすぎるとやを引き起こす原因となる。 青酸配糖体を含む食物 、、、、、、等の枝、葉、種に含有される青酸配糖体が体内でに変化し、、虚脱、、症状に陥り、最悪の場合は死に至る場合がある。 ソラニンを含む食物 、、、、等ののほとんどの植物にネコになが含まれている。 個体差があるが、ネコの場合は2-10mgが摂取量の上限であり、それを超えると過流涎、食欲不振、、、の抑制、虚脱、、低下等に陥る場合がある。 最悪の場合は、を起こし死に至る。 アルコール 血液中に吸収されたが許容量を超えると、脳や体の細胞を破壊する。 そのことから、、、神経症状、、、に陥る場合がある。 最悪の場合は死に至る [ ]。 食べ物以外の危険な生活物質 [ ] 精油(エッセンシャルオイル) や芳香性の生活嗜好品に成分使用されているを吸引、皮膚・経口摂取すると、ネコのはその成分をできず、重篤なが残ったり回復不能の致命的な事態に陥ることになる。 ネコはや、に対する感受性が他の動物に比べて特異であるため、一般に出回っているほとんどの精油がになる。 一時期は抗ウィルス作用やノミ取り効果があるとされ、ペット用シャンプーなどにも含まれているの希釈液への曝露による事故も報告されている。 家庭薬等 人が飲用・服用する経口薬をがペットに与えるべきではなく、ネコの体を舐める習性により、頭髪や皮膚に塗布する外用薬にも注意が必要である。 鎮痛剤・解熱剤・感冒剤・サプリメント 抱合能力が低いことなど、ヒトとネコの違いゆえに、鎮痛として用いられるは等を起こすためイヌやネコへの使用は厳禁であり、に代表されるヒト用の家庭薬も同様である。 また、ダイエット目的のとして用いられるも、ネコにとっては肝機能障害を引き起こすなど身近な薬品での事故が起こりうる。 養毛剤 壮年性脱毛に有効な外用薬が付着した頭部をネコがなめるだけでも心機能に問題が起こり得るとされる。 湿布薬 非ステロイド性の一種で、筋肉痛や関節痛を和らげる効果のやに含まれていることがある成分をネコが摂取してしまうと、腸やに中毒症状が現れ、食欲不振、、、などを起こし、死亡に至るケースも複数件あったことに関しての報告と注意が、2015年4月に(FDA)から発表されている。 摂取する経路は、薬剤を使用した飼い主の皮膚や、そこから薬剤が付着した衣服・家具・ネコの身体からの経口であろうとみられている。 自然生態系への影響 [ ] 現代においてほぼ世界中に存在するイエネコであるが、これは人為的に広まったのであり、それぞれの地域の生態系にとってはであるイエネコはがリストアップした「」にもランクインしており 、人間に持ち込まれた猫によって地域のを含むに影響を及ぼしている事例がある。 日本での例としては、に於いてはが地域固有種のを捕食したり、のに於いては同じく外来生物のマングースによって一時は激減し、マングースへの対策ののちに回復傾向にあったが捕食されるケースが存在するほか 、東京都のでは当該地域を繁殖地とするやで当該地域にしか見られないなどを襲っていたが、捕獲し人に慣らしてからペットとして島外に譲渡するという対策を進め島内のネコの排除に成功しアカガシラカラスバトの生息数を回復させた。 しかし一方で天敵のネコがいなくなったことで外来種のネズミが増え、固有種の植物が食害により数を減らしてしまうこととなった。 ニュージーランドでも希少種の保護を目的としてネコのみを排除してしまったことで、同じく固有種に対する驚異として存在していた外来種ネズミの繁殖が拡大し、希少種の減少に歯止めがかからなかった事例などがあることから、対策に関しては個々の環境を精査に上、ネコだけでなく中位捕食種への対策も並行して行うなどの効果的なアプローチを選択する必要がある。 沖縄県西表島ではへのの感染などが、人の活動による交通事故や好適生息地の消失と改変とともに生息を脅かす要因として懸念されていたが 、ノネコを捕獲したのちに里親を探し譲渡するという活動に取り組み、全頭譲渡成功という成果を達成している。 ニュージーランドのにおける事例では、固有種であるの最後の1羽が、灯台守が飼育していた1匹のイエネコに捕食されたことにより絶滅した。 ただし、元々スチーフンイワサザイは先史時代にはニュージーランド全域に生息していたが 、とともニュージーランドに到達していたによる捕食により、19世紀の時点ではスティーブンズ島においてイエネコが駆逐した15羽しか確認されていない。 ネコによる捕食でアメリカでは毎年1億羽の小鳥が死亡しているという研究結果が出ている。 病気・障害 [ ] ネコが罹患する病気やを挙げる。 人獣共通感染症 [ ] 人とネコで同じように感染するには代表的なものとして、、、、、細菌性の、、および、バルトネラ菌の感染症であるがある。 しかし、生来清潔を好む性質ゆえに、ネコに関する限り伝染の危険性は低いといえる。 猫に特有の感染症 [ ] 猫免疫不全ウイルス FIV 感染を原因とする感染症。 特別な治療法は無い。 (猫エイズ)は上記感染症の病態の一つ。 猫白血病ウイルス FeLV を原因とする感染症。 猫伝染性腹膜炎ウイルス FIPV を原因とする感染症。 聴覚障害 [ ] たまに眼を覚ますと母猫の乳を吸う ネコの語源が「寝子」であるという説もあるほどにイエネコの睡眠時間は人間に比べて長い。 一般的に、ネコは一日の大半を過ごすといわれている。 ネコの飼い方の本(獣医師による解説)などでは、一般に14時間程度とか16時間程度と解説されていることが多い。 また「長いネコでは20時間程度眠る」といった解説も多い。 なお、睡眠時間が長い傾向にあるのは、ネコ科の動物、に共通して見られる傾向である。 草食動物に比べて食物を得る機会に乏しい反面、その食物は草食動物の場合と比べて高カロリーであり、一度食物を得るとしばらくは食べる必要が無いため、何もしない時間帯は寝ることでカロリーの消費を抑えていると考えられる。 外からの訪問者が少ない住宅で、家族や近隣にかわいがられ、餌が十分に与えられている安心できる環境だと、ネコは長いものでは1日あたり20時間ほどひたすら眠り続ける。 ペットとして飼われているネコは餌を探しにいく必要がなく、安全な寝場所も確保されており、特に何をする必要もないため安心して眠り続ける。 寝ている時に時折、したり鳴き声を漏らしたりするが、を見ているせいである。 主に仔猫の頃の夢(母猫の乳首を吸っている場面)や、狩りをしているときの夢を見るといわれている。 人によって飼われている仔猫はとくに睡眠時間が長く、ネコの飼い方の本などでは20時間程度と解説されていることが多い。 ほとんど眠っていて、たまに眼を覚ますと母猫のを吸い、その後ちょっと遊んでいたかと思うと、またすぐ眠ってしまう、というような状態である。 また、仔猫ではほとんどがであるといわれている。 そのため、呼びかけたり触れたりすると目を醒ます場合がある。 に限れば、外敵に対する警戒を怠ることができないため、睡眠時間は家ネコよりかなり短めになり、眠っている間も眠りが浅い傾向がある。 のは頭を地面につけず上げているが、その姿の時こそ熟睡していることが、研究により明らかになっている。 腹部を地に付け、四肢をたたみ、尾を身体側に引き付けたうえで、背を丸めてうずくまる、という猫の姿勢を『香箱 (こうばこ)を作る』()と表現する。 香箱の蓋の丸く盛り上がった甲の形に由来している。 香箱座りは、前足を完全に折り畳んでいるため、特にリラックスした状態である。 一方で家ネコの場合は、外敵に対する警戒の必要性も低いため、仰向けないしそれに近い姿勢で、リラックスして寝る場合も見られる。 これは同じネコ科の野生動物においても、生態系の頂点に位置し天敵が存在しないにおいても見られる。 爪とぎ [ ] 爪とぎ 木登りにも鋭い鉤爪は欠かせない。 放し飼いのややの場合は太い木の幹、飼い猫の場合は壁や柱などを引っかいたり、爪を噛んで引っ張って爪とぎをする。 ネコに限らず、狩りをする動物の多くに見られる行動である。 「研ぐ」のではなく「さや」を剥がして鋭くし、いつでも狩りに使えるようにしておく手入れの他、を他のネコに対して示す意味がある。 として行うこともある。 爪がないネコでも同じしぐさをすることがあり、何かを始める際の合図ともいわれている。 飼い猫の場合、調度品や壁紙などの意図せぬ場所での爪とぎを防止するため、爪とぎ台や爪磨きの付属したキャットタワー(ネコタワー)などを用意しておくとよい。 また、爪とぎする場所も教えておく必要がある。 爪を切る場合、ネコのの根元側は肉・神経・血管が通っており、先端部分だけを丁寧に切らなければならない。 ピンクがかった髄の部分を切除すると苦痛を訴えたり、場合によっては出血を伴う恐れがある。 また、外科的に爪を除去してしまう手術があるが、と深く結びついた道具を失うことになり、や問題行動の原因となる可能性があるため、この手術を禁止している国は多い。 攻撃手段 [ ] 猫はが持つ狩りの武器をすべて持っているが、攻撃する際には、前足や後ろ足がよく用いられる。 前足を前に差し出し、スナップを利かせて攻撃対象を招き寄せるかのように足裏で攻撃する攻撃方法は 猫パンチと呼ばれる。 また、前足で攻撃対象をしっかり抱き抱えて倒れこみ、後ろ両足で蹴りを繰り返して入れる攻撃方法は 猫キックと呼ばれる。 いずれの場合も、自由に出し入れできるを出して攻撃することで、より高い攻撃力が得られ急所にとどめをさす。 噛み付きも、仔猫同士の取っ組み合いなどでよく用いられる攻撃方法である。 攻撃対象をしっかり抱き抱えた状態で使われる猫キックと同時に用いることもある。 毛づくろい [ ]• 寝そべりをするの仔猫。 猫はの合成のためにを要するといわれる。 鳥類や毛皮を持つ哺乳類においては、皮膚から毛皮や羽根にを分泌しすることによって口からを摂取しているとの説がある。 なので頭の周り以外をくまなくなめることにより空気層を作り保温、により体温低下、清潔になる。 また、塗れた毛を乾かす。 舌の届かない部位(顔・首・頭など)は前肢に唾液を含ませて拭く。 「猫が顔を洗うと雨が降る」というが、晴天でも顔を拭く。 足をなめる際に爪を噛んで引っ張ってをする。 鳥類や毛皮を持つ哺乳類においては、皮膚から毛皮や羽根にを分泌しすることによって口からを摂取しているとの説もある。 尾と感情との関係 [ ] からうかがえる感情としては以下のようなものが挙げられる。 立てている 比較的機嫌の良いとき。 歩くときは立てていることが多い。 個体によっては立てながらくねくねと動かしている場合もある。 横に振っている 速く大きく振っているときは不快なとき。 から類推して喜んでいるとするのは誤解である。 飼い主に呼ばれると、鳴く代わりに軽く数回振って応えることもある(何らかの形で必ず応えている)。 また、や遊びなどで興奮しているときも横に振ることがある。 リラックスしているときも、ゆっくり大きく振ることがある。 後肢の間に巻き込んでいる おびえているとき。 通常、耳を後ろに伏せていることを伴う。 大きくふくらませている しているとき、または、驚いたとき。 威嚇しているときは全身の毛を逆立てることを伴う。 他のネコや、人間に巻きつける 相手に親愛の情を持っている。 捕食 [ ] 水槽の金魚を狙うネコ 型の典型である [ ] [ ] [ ]ネコの特性は、様々なとして見ることができる。 長く追うことで疲弊させる、あるいは、組織的な罠によって追い詰める追跡型捕食者である動物とは対照的である。 尾でをする。 動く物に興味を示し捕まえようとする傾向が強く、などの玩具がある。 狭い所に入る傾向があるが、餌のネズミなどを探す習性によるとされる。 自動車のエンジンルームに入る事もあり、が提唱されている。 社会性 [ ] は作らないが、地域のの密度が多い場合などは独立したをもつことが困難で、ある程度のが存在する。 そのようなネコ達は同一の場所に定期的に集まり、「猫の」等と呼ばれる。 互いに確認などをしていると考えられている。 複数飼いなどではじゃれ合ったり互いにグルーミングしたりといったをする。 また、初対面のネコ同士が鼻をつけ合う事があるが、相手を確認するとされる。 Kristyn R. Vitaleらの2019年の研究によれば、ネコは自分にとって見覚えのある人間よりも、自分に注意を向けてくる人間とより長く接触する傾向があった。 による2019年の研究によれば、犬ほど熱狂的な反応ではないが、ネコは人のを理解し、自分の名前を聞き分けているという。 威嚇によって敵を排除できない場合には直接攻撃を加える場合がある。 けんか [ ] 長い威嚇行動を経たあとに双方引かない場合には衝突に発展し、威嚇には一方が低音で唸ると他方は高音で返すなどの特徴が窺える。 通常は1対1のけんかであるため、人間がけんかの声に似せて横槍を入れると、気味悪がってけんかを中止することもある。 けんか・格闘は、跳びかかりやすく有利な高所を制した側が優勢で、そのため、戦略的ポジションを探りながらの威嚇が長時間続く。 格闘になるとほんの数秒で決着する。 多くの場合、相手に痛手を負わすまでの闘いになるまでに勝敗が決する。 けんかをしている猫を抱き上げると、猛り立った猫は見さかいもなく主人にでも噛みつき、人がけがをする可能性がある。 けんかをやめさせたければ、水をかけるのが最善の方法である。 暖かい場所 [ ] 排熱で暖かいためノートPCの上を好むネコは多い。 暖かい場所を好む習性があり、室内で日の当たる場所がない場合、やなど排熱が大きい機器の近くに移動することが多い。 この際排尿することもあり、電子機器の破損に繋がることもある。 また、のは『どら猫観察記』の中で「第一に猫の終りというものが、いつの場合にも我々の知解の外に在った」と語っており、 昭和時代には「死ぬ間際の猫を人は知らない。 」という考え方が「我々」という「共通理解」の上にあることを前提としている。 現代における見解 [ ] のであるは、自著にて 「なぜ、死ぬ時に独りになりたがるのか」という事について言及しており、彼はこの現象を「偶然ではなく、猫の行動の典型的な特徴である」と述べ、その理由を「『』の一種ではないか」との推測を示している。 すなわち簡単にまとめれば「ネコは体調不良を抱えた時、その不調の原因を見えない敵からの攻撃と解釈し「闘争・逃走反応」で対応しようと動くものの、肝心の戦う相手がいない為に必然的に残された「逃走」の方に頼るしかなく結果として「身を隠す」行動へ繋がり、具合の悪い状態で見えざる敵から隠れていれば体調が回復しないまま死んでしまうこともあって「人目につかない場所で猫が死ぬ」現象が発生する」ということになる。 [ ]。 1992年、のMcCuneは、「悪い環境に置かれた猫は、積極的に異常行動を示すというよりも、むしろ不活発になる」との調査結果を発表している。 動物博士の山根明弘は、屋外にて事故や襲撃にあったり体調を崩してしまっても動ける余力のある場合は、ネコにとっての安全な場所である人目につかない遮蔽物の多い狭い空間に的に身を隠すので、症状が深刻だと見つけることが出来る前にそのまま死に至るケースが多くなるため、人からは「死期が近づくと姿を消す」に見えてしまうことがあるとしている。 往診専門動物病院の「わんにゃん保健室」院長を務める江本宏平氏によれば「猫は自分の死期を悟ると、飼い主にいつも以上に甘えたり、最後の力を振り絞って元気な姿を見せるなどの行動をとることが多い」という。 また同氏はその行動に対し「死期を悟った猫が飼い主に対し、感謝の気持ちを示しているのではないか」との見解を示している。 習性に関する参考画像 [ ]• 詳細は「」を参照 人類と猫とのの記録は、ネコの家畜化が認められるから始まっており 、関係するや、、あるいは日常生活やにおける関わり合いについては「ネコの文化」で解説する。 では、鳴き声の語呂合わせ(ニャン・ニャン・ニャン)から、の制定によりがとされている。 でもイヌと並びペットとして飼育されている。 国内の予想飼育数は、の調査によると、2016年時点では984. 7万頭。 この値はイヌの987. 8万頭より若干少なかった。 しかし、2017年時点の同調査で、ネコ952. 6万頭、イヌ892. 0万頭となり 、同調査が開始されてから初めて逆転した。 この背景には、によって飼育のしやすさが考慮されたこと や、に入り起こった、と呼ばれるネコブームが挙げられる。 では、が猫を愛したというが残っていることから、非常に尊ばれる生き物となっており、ペットとしても人気がある(「」も参照)。 ペットとして世界で飼育されているネコの数• ギネス認定記録はの38歳3日である。 非公式ながら39歳のネコも確認されている。 「ネコの眼が光を増幅する原理はに活用されている」といわれることがあるが、ではで電気的に増幅しているものであるため、出鱈目である。 ネコの癒し効果を売りにしている店がこの誤解によってしばしば非難されるが、店がネコの餌として販売しているのが湿り気のある燻製イカなどである場合、問題があるとしても与える量だけである。 更に、のオスがソフトクリームやチョコレートコーティングされたアイスを舐めるシーンが映し出され、視聴者から「死ぬぞ」等といった批判が殺到した。 出典 [ ]• Driscoll CA, Macdonald DW, O'Brien SJ, CA June 2009. Proc. Natl. Acad. Sci. 106 S1 : 9971—9978. Bulletin of Zoological Nomenclature. "International Commission on Zoological Nomenclature, Case 3010. Usage of 17 specific names based on wild species which are predated or contemporary with those based on domestic animals Lepidoptera, Osteichthyes, Mammalia : conserved". Bulletin of Zoological Nomenclature, Volume. 60, 2003, pp. 81-84. 2007年6月29日. 2007年7月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年4月19日閲覧。 奈良文化財研究所 読売新聞(2008年06月22日)• 『』 「ネコ」の項目。 [ ]• - 朝日新聞社 WEBRONZA、2019年3月25日• Kahn, Cynthia M. ; Line, Scott 2007. Hollander, Joseph Lee. 2011年1月13日. の2011年1月16日時点におけるアーカイブ。 2014年6月13日閲覧。 Yazawa Saiensu Ofisu. , 矢沢サイエンス・オフィス.. Gakken. 2002. 138• 112• , p. , p. 119. ペットクリニック・ドットコム. 株式会社JPR. 2016年7月22日閲覧。 ペット相談. どうぶつ病院. JP 2012年6月11日. 2016年7月22日閲覧。 産経新聞 2015年8月21日. 2016年7月23日閲覧。 イヌモエコモ. イヌモネコモ 運営委員会. 2016年10月8日時点のよりアーカイブ。 2016年7月23日閲覧。 アイリスペットどっとコム. アイリスオーヤマ. 2016年7月23日閲覧。 参天製薬. 2016年7月23日閲覧。 小項目事典. 2020年6月16日閲覧。 , p. 小林亮. 広島大学大学院理学研究科. 2019年1月4日閲覧。 「」『』。 2018年11月22日閲覧。 2018年12月4日. 2019年6月19日閲覧。 Mestel, Rosie July 25, 2005 , , retrieved November 2, 2010. 松井匠作 2003年11月11日. 栄養学情報,ヒルズ・クリニック通信,vol. 2014年6月22日閲覧。 『ねこのきもち』、2008年7月、12頁。 136• 2009年1月9日. の2009年1月16日時点におけるアーカイブ。 2014年6月23日閲覧。 Far East Research Co. 2002年12月1日. 2011年5月18日時点のよりアーカイブ。 2014年6月23日閲覧。 にゃんこむ. 2018年6月22日閲覧。 今泉忠明『猫脳がわかる!』文藝春秋 、2019年• にゃんペディア. アイペット損害保険株式会社 2015年11月8日. 2019年2月28日閲覧。 山根明弘「第4章 恋と青春」『ねこの秘密』文藝春秋社〈文春新書〉、2014年9月、pp161-165。 147• 猫専門病院の猫ブログ nekopedia ネコペディア. 山本宗伸. 2019年1月4日閲覧。 2019年1月4日閲覧。 臨床ゲノム薬理学研究室. 薬学部 2011年. 2014年6月23日閲覧。 [ ]• 『NRC National Academy of Sciences 1986 Washington,DC. 』 [ ]• 愛猫のハッピーLife百科. 日清ペットフード株式会社. 2016年8月5日閲覧。 [ ]• 愛猫と暮らす生活事典. 2016年8月5日閲覧。 にゃんペディア. アイペット損害保険株式会社 2015年9月26日. 2019年6月19日閲覧。 塩見一雄・長島祐二共著 『海洋動物の毒』 成山堂書店。 2014年6月23日閲覧。 飼い主のためのペットフード・ガイドライン. 5 2009年10月. 2018年5月23日閲覧。 クックパッド編集部 2014年8月13日. クックパッドニュース. 2018年5月23日閲覧. 中岡早苗 2016年10月20日. ペットスマイルニュースforネコちゃん (株)Petsmile. 2018年5月23日閲覧。 2016年1月4日. 2018年5月24日閲覧。 higarina(著者); ねこのきもち相談室獣医師(監修) 2018年2月1日. ねこのきもち WEB MAGAZINE. 2018年5月24日閲覧。 山本宗伸 2016年3月25日. マイナビ. 2018年5月26日閲覧。 トピックス. 動物病院TAC(たばる動物病院). 2019年6月19日閲覧。 クリステン・レイベル『愛しのペットアロマセラピー 』田邉和子・斎藤寛充朗:訳、さんが出版、2004年、• 日本アニマルアロマセラピー協会『猫から飼い主への手紙』ブログハウス、2007年、。 2012年5月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年7月2日閲覧。 2013年5月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年7月2日閲覧。 アイリスペットどっとコム. 2019年5月17日閲覧。 2009年8月22日. 2019年5月17日閲覧。 2008年8月14日. 2019年5月17日閲覧。 あなたの健康百科. 2015年4月24日閲覧。 Food and Drug Administration. 2015年4月24日閲覧。 侵入生物データベース. 2018年6月24日閲覧。 2017年3月. 2018年6月24日閲覧。 Discovery編集部 2017年12月1日. 2018年6月24日閲覧。 外尾誠; 小坪遊 2017年3月24日. 朝日新聞(sippo). 2018年6月24日閲覧。 鹿児島大学 鹿児島環境学研究会. 2019年2月10日閲覧。 アーカイブ. 読売新聞 2013年11月15日. 2019年2月13日閲覧。 猪野元健(朝日小学生新聞・朝日中高生新聞記者) 2017年2月23日. 2018年6月24日閲覧。 政策分野・行政活動「自然環境・生物多様性」. 環境省. 2018年6月24日閲覧。 竹前朝子「 」 『神奈川大学法学研究所ニュースレター』第13号、神奈川大学法学研究所、2009年3月、 13頁、 2018年6月24日閲覧。 Worthy, T. 1994 "Scraps from an owl's table---predator activity as a significant taphonomic process newly recognised from New Zealand Quaternary deposits. " Alcheringa 18: 229—245. Millener, P. 1984 New Zealand theses in Earth Sciences: The Ouaternarv avifauna of the North Island. New Zealand. PhD, 1981. Universitv of Auckland-2 vols. abstract. NZ J. Geol. Geophys. 27: 99—100. Millener, P. 1988 "Contributions to New Zealand's Late Quaternary avifauna I: Pachyplichas, a new genus of wren Aves: Acanthisittidae , with two new species. " J. Roy. Soc. NZ 18 4 : 1x1—An6• Tyrberg, T. 1991 Xenicus lyalli exterminated by Polynesias rats and lighthousekeepers cats. Var Fagelvarld, 505: 15-18. スー・ドナルドソン、ウィル・キムリッカ『人と動物の政治共同体』、2016年、344頁。 124• ネットでも見られる参考情報。 2009年12月22日時点のよりアーカイブ。 2014年6月23日閲覧。 (猫の睡眠時間16時間といわれている、との解説)• , p. 422• 402• ; Agarwal, Sabrina C. ; Stout, Samuel D. 2003. Bone loss and osteoporosis: an anthropological perspective. 2019年4月10日閲覧。 191• 190• 193• Kristyn R. Vitale and Monique A. Udell. www. sciencedirect. com. Elsevier. 2019年4月7日閲覧。 () Volume 158, January 2019, Pages 11-17• natgeo. nikkeibp. 2019年4月8日. 2019年4月11日閲覧。 柳田國男. 青空文庫. 2018年12月5日閲覧。 『キャット・ウォッチング〈Part2〉』1988年3月、平凡社。 改訂版『キャットウォッチング2 猫に超能力はあるか? 』、2009年10月 [ ]• 子猫のへや• 山根明弘『ねこの秘密』文藝春秋社〈文春新書〉、2014年9月、pp203-206。 2018年12月2日. 2018年12月5日閲覧。 「第一章 猫の歴史」『猫の歴史と奇話』、1992年10月。 「」 ITmedia News、2010年2月22日。 2010年2月21日. の2011年9月10日時点におけるアーカイブ。 2014年6月22日閲覧。 2016年1月30日、日本経済新聞• 堀内勝「猫」『岩波イスラーム辞典』(岩波書店, 2002年2月)、732頁• 参考文献 [ ]• アンドリュー・エドニー『エドニー先生の猫と楽しく暮らす本』、1995年。 写真:山崎哲 監修:小島正記『日本と世界の猫のカタログ '95』、1994年。 写真:山崎哲 監修:小島正記『日本と世界の猫のカタログ '96』、1995年。 服部幸『ネコの気持ちがよ〜くわかる本』、2008年。 『ペット用語事典犬・猫編』、2005年。 『日本猫の飼い方』愛犬の友編集部、誠文堂新光社〈キャット・ガイド・シリーズ〉、1990年6月。 『科学・178の大疑問』Quark編集部、講談社〈ブルーバックス〉、1998年7月。 『動物百科 野生ネコの百科』、2004年7月20日、最新版 第3版 、105, 172。 関連項目 [ ] で 「 ネコ」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの ウィキデータの ウィキスピーシーズの•

次の

ネコ

わ は は ねこ

コクがあってミルキーで、しっとりもっちりな口あたり。 小麦も国産にこだわりました。 ひと口食べるとミルクのうまみがじんわり広がるにゃんともおいしい本格派食パン、誕生です。 Not just cute. Every mouthful of the milky soft bread is rich and moist. Nothing but carefully selected Japanese ingredients. The succulent bread explodes with flavour with every bite. Come on in and try it. It's purr-fect. LINE UP ラインナップ.

次の

ねこと分かった途端かわいく見える! 不思議な写真が大きな話題に 「一瞬ドキッとしました」

わ は は ねこ

まるで「生首」 3年かけて美しい黒ねこに成長した「タヌ」くんは病院が苦手 「人の頭抱いてるみたいですが……」というコメントとともに、一瞬ギョッとする写真を投稿したのは、イラストレーターで注染染めの浴衣を手掛ける和装ブランド「ばらいろ」( )のデザイナーでもあるハセガワ・アヤ( )さん。 髪の毛に見え、ツヤツヤまん丸になっているのは「病院へ行くのに絶望しているねこ」です。 話を聞きました。 黒毛のツヤ感が絶妙で、少々大きめな人の頭のように丸まっているタヌくんですが、この後キャリーケースに入れられ、無事病院へ。 到着してしまえば、受け入れて大人しく受診するそうで、おうちに帰ったらご褒美のおやつをケロリとした顔で食べているそうです。 元々、タヌくんはおっとりした甘えん坊で、保護当初から人に慣れており、誰に抱っこされても平気なほど。 これまで1度も「シャー」と声を上げて怒ったことがないのだとか。 そんなタヌくんが病院にちょっぴり苦手意識を持っているのは、保護されてから長い期間をかけて、さまざまな治療をしてきたからなのかもしれません。 タヌくんは保護されるまで、たくさんの野良ねこが暮らす、古い長屋が並ぶ路地にいました。 飼い主さんは、タヌくんと出会う少し前、別の場所で黒ねこの子ねこ「ロク」ちゃんを保護し、懸命に育てていたそう。 しかし、半年で亡くなってしまい、あまりの悲しさに「ねこを飼うのはしばらくやめておこう」と思った時に出会ったのが、月齢も見た目もそっくりのタヌくんでした。 その時のタヌくんは、目ヤニで目元がぐちゃぐちゃ。 そのまま放っておけば失明、また猫風邪になれば数日で亡くなってしまう恐れがあります。 飼い主さんは、タヌくんをその古い長屋町で見かけてからというもの、気になって気になって、様子を毎日見に行くようになりました。 また、長屋のおばちゃんたちに聞き込みをしてみると「4匹生まれたけど、みんな死んでしまってね。 このクロちゃん(仮名)だけ残ってん。 でも私らの家にもねこいるしなぁ……」と、野良ねこから生まれ、このままでは他のきょうだいねこたちと同じ運命をたどる可能性が高いことが分かりました。 とはいえ、タヌくんは母ねこと一緒にいたため、2匹を引き離すのも難しいと当初は思っていたそうです。 しかし、意を決して救出作戦を決行。 キャリーを持って近づいたら思いのほかすぐ、保護に成功しました。 子ねこを抱き上げた時に母ねこが抵抗するのではないかと懸念していましたが、反応することはなかったそうで、きっと母ねこも最後の1匹になったタヌくんをどうか助けてほしいと思っていたのでしょう。 飼い主さんは「お母さん、この子幸せにしますんで、いただきます」と、母ねこに挨拶し、連れ帰りました。 それから半年をかけて、目や鼻のふさがり、耳アカによる詰まり、寄生虫や脱毛……多くの症状を抱えるタヌくんの治療を続けました。 すると、徐々に目は開き、耳は聞こえるようになり、脱毛も完治。 3年経った今では、多くの人から毛ヅヤがきれいと褒められ、まるで人間の頭のように見える艶玉に仕上がりました。 この写真に対し、「一瞬ドキッとしました」「キューティクルバリバリですね」「毛しか見えないのに猫だと分かった途端可愛く見える」など多くのコメントが寄せられました。

次の