電気代 契約。 電気料金プラン(契約種別)を正しく選ぶと電気代を節約できる?

一人暮らしの電気代を節約するならアンペアをまず見直そう

電気代 契約

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら スマート契約・実量制ってどんな料金プランなの? スマート契約(実量制)とは、契約日から1年間のなかで最も多い電気使用量を基準として、電気の基本料金が決まる電気プランの契約です。 一般家庭向けの実量制は、電力自由化がスタートした2016年以降に東京電力エナジーパートナーがスマート契約(実量制)を発表したのが最初です。 電気の使用量はスマートメーターという電力量計によって30分単位で使用量が計算され、電力会社にデータが送信されています。 つまり、過去1年(その月と前の11カ月)のなかで最も電気使用量が多かった30分間(ピーク電力)が基準となり、月々の電気料金が決まるのです。 実量制の電気プランとは、ピーク時に使った容量を基準とし、今まで固定だった基本料金を実際に使った実績値に合わせて毎月見直していく、というものです。 ただし、契約して1年未満の場合、契約日から電気代請求月までのピーク電力が基準となります。 電気の実量制契約の最大の特徴は、基本料金がピーク電力によって増減することです。 もし、ピーク電力を低く抑えられれば、一般家庭のほとんどが契約しているブレーカー契約に比べて電気代の節約ができる場合があります。 同じような実量制契約で一般家庭が契約できる電力会社は、東京電力エナジーパートナーの他に大手電力会社では、北海道電力・東北電力・関西電力・四国電力・九州電力があります。 一般家庭向け大手電力会社の実量制プラン 電力会社 実量制プラン プラン名 北海道電力 〇 エネとくスマートプラン 東北電力 〇 よりそう+シーズンタイム よりそう+ナイト12 よりそう+ナイト8 よりそう+ナイト10 よりそう+ナイトS よりそう+サマーセーブ 東京電力エナジーパートナー 〇 夜トクプラン 北陸電力 - - 中部電力 - - 関西電力 〇 eおとくプラン 中国電力 - - 四国電力 〇 でんかeプラン でんかeマンションプラン 九州電力 〇 電化でナイト・セレクト 沖縄電力 - - 電力小売自由化以降に「使った分だけ電気代を支払う」という料金プランを販売する電力会社が登場しています。 使った分だけの電気代を支払うプランがある電力会社の多くは、「基本料金が0円」などのように広告されています。 この、「使った分だけ電気代を支払う」という電気プランは、実量制の電気プランとどう違うのかというと、これまでのような契約アンペアごとの基本料金がなく、電力量料金単価も一律なため、実質、実量制と同じような仕組みであるという事です。 なお、基本料金0円プランを採用しているのは「Looopでんき」「あしたでんき」「楽天でんき」「ソフトバンクでんき(自然でんきプラン)」などの電力会社で販売されています。 今までのブレーカー契約とスマート契約・実量制は何が違うの? 電力小売全面自由化以前の一般家庭では、ブレーカー契約しか選択肢がありませんでした。 自由化以降にスタートしたスマート契約(実量制)は、変更することで電気代の節約ができる可能性がありますが、それはなぜなのでしょうか。 どのような家庭がスマート契約(実量制)に向いているのかなど確認しておきましょう。 その前に、ブレーカー契約とはどのような仕組みなのかについて触れておきます。 ブレーカー契約とは、使用者が自宅で使う電気使用量を見積もって、最大でこれぐらい使うであろうアンペア(A)数で電力会社と契約をします。 スマート契約(実量制)と比較するうえでのポイントは、契約した時点で基本料金が固定されてしまうことです。 したがって、ブレーカー契約においては、契約アンペア(A)を変更しなければ、基本料金は変わることがありません。 一方、スマート契約(実量制)の場合は、過去1年間(その月と前の11カ月)のピーク電力によって翌月の基本料金が決まります。 毎月の実績値に合わせて電気代の料金単価が変動するため、ピーク電力を上手にコントロールできれば、ブレーカー契約より実績で判断した基本料金で利用するためお得に利用できる可能性があるということです。 今より安く!お得に! 電力会社変更で 電気代の変化を実感してみませんか?• \質問に答えるだけの簡単診断/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/ スマート契約・実量制のメリット・デメリット スマート契約(実量制)に切り替える人のほとんどは、電気料金を節約するためです。 もし、一度に多くの家電を使うことがなく、電気使用量のピークを低くできるなら、スマート契約(実量制)に変更するメリットがあるといえます。 逆に、年間を通じて何度もブレーカーが落ちている人は、ピーク電力が高くなりやすいので注意が必要です。 夜間蓄熱式機器やオフピーク蓄熱式電気温水器などの設備がある人は、ピーク電力が低い水準に収まりやすいので、スマート契約(実量制)に向いています。 また、スマート契約(実量制)で契約を行う場合は、必ずスマートメーターに変更になっています。 ブレーカー契約では最大アンペア数が物理的に決まっているため、それをオーバーするとブレーカーが落ちてしまいます。 しかし、スマート契約(実量制)ではブレーカーが落ちるようなことはありません。 基本料金を抑えるために契約アンペア数を小さくししているため、毎年、冷暖房をフル稼働する時期にブレーカーが落ちやすいなどの悩みがある人にとっては、スマート契約(実量制)はメリットがあるといえます。 スマート契約(実量制)にはデメリットもあります。 もし、一度でもピークを大幅に更新してしまったら、その電気量を基準に基本料金が決まってしまうことです。 たとえば、自宅に友人や親戚が大勢泊まりにきて、その日だけ一時的に電気の使用量のピークが上がった場合などです。 その場合でも、この日のピーク電力が基準となって翌月の基本料金が決まってしまいます。 スマート契約(実量制)は電気の使用量のコントロールが重要ですが、常にピーク電力を気にしなければならないことに、負担を感じる人もいるようです。 また、家族で暮らす場合には、誰がどれだけ電気を使っているかわからず心配になることもあるでしょう。 スマート契約(実量制)契約の場合は、スマートメーターを利用しています。 スマートメーターはHEMSというシステムと連携することにより電気の使い方を自宅で確認することができるため、いつ電気を使いすぎてしまったのか把握することができます。 HEMSは、家庭で使用するエネルギーを一元管理できる仕組みのシステムです。 HEMSの機器を設置し連携することで電気使用量のデータなどがインターネットで確認できるようになります。 また、「デマンドコントロールシステム(デマンド監視制御装置)」を導入すれば、電気使用量のコントロールが簡単になります。 あらかじめ、これ以下にしたいという電力使用量のピークをデマンド監視制御装置に登録しておくと、スマホで警報を受け取ったり(手動制御タイプ)、優先順位に従って自動的に通電を切ったり(自動制御タイプ)できます。 導入コストは必要ですが、今後長くスマート契約・実量制の料金プランを利用していきたい人にとっては便利な設備です。 それぞれの機器の導入には導入コストや工事なども含め検討しましょう。 この記事のまとめ スマート契約(実量制)は、過去1年間のピーク電力で基本料金が決まります。 電気の使い方に気をつければ電気代を節約できる可能性があることやブレーカーが落ちる心配がないのがメリットです。 スマート契約(実量制)は、今まで固定だった基本料金を実際に使った実績値に合わせて毎月見直を行い基本料金が決定する• スマート契約(実量制)は、ピーク電力に気をつけることで電気代を安く利用できる可能性がある• スマート契約(実用性)は、1度ピーク時の使用量が高くなってしまうとその後の基本料金が高くなってしまうリスクがある スマート契約(実量制)は、一度でもピーク電力が多くなってしまうとその後の11カ月の基本料金も割高になってしまうというデメリットがあります。 常にピーク電力を気にしないといけないためスマート契約(実量制)契約を選択する場合には慎重に検討しましょう。 スマート契約(実量制)をお得に利用するには、電気使用量をコントロールするのが鍵です。 賢く電気を使って電気代を節約しましょう。

次の

契約電力とは?電気代を安くしたいなら基本料金の仕組みを理解しよう|新電力|マーケティング|デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

電気代 契約

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら 意外と多い!名義変更を行わなくてはならないケース 仮に、家の世帯主が電気料金の契約をしていたとしましょう。 その場合、世帯主が亡くなった後も名義変更をしていなければ、料金の引き落としができなくなってしまいます。 世帯主が亡くなると世帯主名義の金融機関やクレジットカードからの引き落としができなくなるからです。 したがって、契約者が亡くなり、その親族が相続した場合は名義変更が必要となります。 また、世帯主が健在でも定年などで安定した収入を失う場合があります。 そうした際にも、定職についている子どもや配偶者などに名義変更をしておかなければ、引き落とし料金が不足するということにもなりかねません。 さらに、契約者は同じでも、結婚するなどして名字が変わった場合も名義変更を行わなくてはならないので注意が必要です。 たとえ、同一人物でも名字が変わると引き落としができなくなってしまいます。 その他に、名義変更が必要なのは名前の漢字などが間違って登録されていた場合です。 口座の名前と文字が違っているとやはり、引き落としはできなくなってしまいます。 以上のように、電気料金の名義変更を行わなくてはならないケースは意外に多いのです。 基本的な手段は3つ!名義変更の方法 名義変更する方法は会社によって若干の違いがあります。 ただ、基本的には電話、インターネット、FAXの3つのうちのいずれかの方法で行うことができます。 まず、電話で行う場合は電力会社のホームページなどで手続きを行っている部署の電話番号を調べ、そこに連絡をします。 ただ、休み明けの月曜日や朝方・昼休みの時間帯・夕方などは電話が混み合うおそれがあるので注意が必要です。 また、日曜祝日は受付を行っていません。 その点、インターネットであれば基本的に24時間年中無休でいつでも手続きが可能です。 ただ、少し注意が必要で、状況によっては申し込みができない場合もあります。 それは、電力自由化後の料金プランで契約している場合や名義変更と同時に料金の精算が必要な場合などです。 あとは、インターネットで名義変更する際には、個人情報を正確に入力する必要があります。 入力ミスをすると無効となり、後日やり直さなくてはならなくなってしまいます。 FAXの場合は専用の申し込み用紙を各社のホームページなどからダウンロードし、それをプリントアウトして使うのが一般的です。 要注意!名義変更は電力会社変更と同時には行えない 電力自由化に伴い、電力会社を自由に変更できるようになりました。 もし、現在契約しているところより電気代の安い会社があればそちらを選ぶことができるのです。 従来のシステムだと申し込みは紙によるものが基本となり、変更を行うのにかなりの手間がかかっていました。 それをより円滑に行うために開発されたのがスイッチング支援システムです。 これを用いれば変更の手間は大幅に削減できますし、インターネット上からも手軽に手続きが行えるようになります。 ただ、このシステムを利用するには契約書名義が同一でなくてはなりません。 つまり、電力会社を変更すると同時に名義を変更するということはできないのです。 そのため、名義変更と会社変更を一緒に検討している場合は、それぞれの手続きの時期をずらす必要があります。 たとえば、変更前の電力会社で名義変更を済ましておき、それから会社変更を行うのです。 また、電力会社の変更を急ぎたいという場合はそれを先に済ました後に、あらためて名義変更をするということです。 電気停止の手続きを忘れないように!引越しと同時に名義変更する方法 引越しをする場合、まず現在の使用場所での電気の停止(解約)を申し込む必要があります。 電力会社に連絡し、引越しする日を電気契約の停止日とするのです。 これを忘れると引越した後も電気料金の請求が行われることになります。 手続きを終了すればその名義での契約は白紙に戻るので以後は誰の名義で契約を結んでも自由です。 引越し先で電力会社に連絡して別の契約者名義で電気の使用開始手続きをすれば、名義変更は行われたことになります。 ただ、注意が必要なのは引越しと同時に電力会社も変更する場合です。 なぜなら、自由化後に参入した電力会社の中には引越しと同時での契約を受け付けていない場合もあるからです。 もし、変更しようと思っていた電力会社と契約を結べないとなると困ってしまいます。 そこで、電力会社変更をする際には、引越しをしてすぐに契約を結べるかを確認しておくことが大切になってきます。 いざという時に困らないために!名義変更の仕方を理解しよう 電気料金の名義変更をしなければならないケースは意外と多いものです。 その際に、手続きを忘れていたり、正しい手続きの方法を知らなかったりするとトラブルに繋がりかねません。 正しい名義変更の方法を理解し、いざという時に困らないようにしておきましょう。

次の

電気のスマート契約・実量制って何?電気代は節約できる?

電気代 契約

従来の電気料金メニュー(電気供給約款)については,こちらも参考にしてください。 [PDF:2,191KB] 【電灯契約】 契約種別 電圧 適用範囲 備考 従量電灯 [PDF:140KB] 低圧 またはを使用する需要で,最大需要容量が6kVA未満で,かつ,定額電灯を適用できないこと。 ご家庭など。 [PDF:288KB] 低圧 またはを使用する需要で,が6kVA以上で,かつ総入力について所定の算定値が50kVA未満であること。 例:商店,事務所,飲食店やご家庭等,・を多く使われる場合。 定額電灯 低圧 電灯または小型機器を使用する需要で,その総容量が400VA以下のもの。 例:看板灯,公衆電話ボックス,公衆トイレ,アパートの階段灯等。 公衆街路灯 A 低圧 公衆のため一般道路等に照明用として設置された等で総容量が1kVA未満のもの。 例:道路,公園,橋などの電灯。 B 公衆街路灯を使用する需要で,の総容量が6kVA未満で,かつ,公衆街路灯Aを適用できないもの。 C 公衆街路灯を使用する需要で,が6kVA以上で,かつ,原則として50kVA未満であるもの。 臨時電灯 A 低圧 またはを使用し,契約使用期間が1年未満の需要で,総容量が3kVA以下であるもの。 例:工事現場の照明やなど。 B またはを使用し,契約使用期間が1年未満の需要で,最大需要容量が6kVA未満で臨時電灯Aが適用できないもの。 C またはを使用し,契約使用期間が1年未満の需要で,が6kVA以上であり,かつ,原則として50kVA未満であるもの。 【電力契約】 契約種別 電圧 適用範囲 備考 [PDF:196KB] 低圧 低圧で電気の供給を受けて,を使用する需要で,が原則として50kW未満のもの。 例:揚水ポンプ,エアコン。 臨時電力 低圧 契約使用期間が1年未満の需要で,契約電力が原則として50kW未満のもの。 例:工事現場の。 農事用電力 A 低圧 農事用のかんがい排水のためにを使用する需要で,契約電力が原則として50kW未満のもの。 使用用途を農事用に限定した電気料金メニューです。 B 低圧 農事用の脱穀調整のためにを毎年,一定期間を限り,30日以上継続して使用する需要で,契約電力が原則として50kW未満のもの。 C 低圧 農事用の育苗または栽培のために熱源としてを毎年,一定期間を限り,30日以上継続して使用する需要で,が50kW未満のもの。 [PDF:138KB] 低圧 供給約款の低圧電力の適用範囲に該当し,農事用の育苗または栽培のために冷暖房負荷等のを使用するもの。 使用用途を農事用の育苗または栽培に限定した電気料金メニューです。 [PDF:155KB] 低圧 融雪などのために,を使用する需要で,原則として50kW未満であり,かつ,この制度の適用をお客さまが希望されセールスセンターとの協議が整った場合。 冬期の一定期間に限りロードヒーティングなどを使用されるお客さまに選んでいただけます。 【電灯・電力一括契約】 契約種別 電圧 適用範囲 備考 低圧パックプラン 【低圧高負荷契約】 低圧 低圧で電気の供給を受けて,またはととをあわせて使用される需要で,が30kW以上であり,かつ,50kW未満であり,1年を通じてこの制度の適用を希望されるお客さま。 利用率の高いお客さまにおすすめです。 ただし,島根県隠岐島および山口県見島のお客さまを除きます。 新規契約年月日が平成28年3月31日までのお客さまが,お申込みされる場合は [PDF:153KB]• (見直しの詳細は)• よくあるご質問については,をご覧ください。 【電灯契約】 契約種別 電圧 適用範囲 低圧 供給約款の従量電灯の適用範囲に該当し,昼間時間から夜間時間への負荷移行が可能な需要で,1年を通じてこの制度の適用を希望されるお客さま。 (1)季節区分 夏季 毎年7月1日から9月30日までの期間 その他季 毎年10月1日から翌年の6月30日までの期間 (2)時間帯区分 デイタイム 毎日午前10時から午後5時までの時間 ファミリータイム 毎日午前8時から午前10時までの時間および毎日午後5時から午後11時までの時間 ナイトタイム デイタイムおよびファミリータイム以外の時間 低圧 供給約款の従量電灯の適用範囲に該当し,ピーク時間以外への負荷移行が可能な需要で,1年を通じてこの制度の適用を希望されるお客さま。 (1)季節区分 夏季 毎年7月1日から9月30日までの期間 その他季 毎年10月1日から翌年の6月30日までの期間 (2)時間帯区分 ピーク時間 夏季の午後1時から午後4時までの時間 オフピーク時間 毎日午前8時から午後11時までの時間(ピーク時間を除く) 夜間時間 ピーク時間およびオフピーク時間以外の時間 【深夜契約】 契約種別 電圧 適用範囲 A 低圧 毎日午後11時から翌日の午前7時までの時間を限り,温水のために(小型機器は動力とみなします。 )を使用する需要で,総入力が0. 5kW以下であり,1年を通じてこの制度の適用を希望されるお客さま。 B 低圧 毎日午後11時から翌日の午前8時までの時間を限り(小型機器は動力とみなします。 )を使用する需要で,が原則として50kW未満であり,1年を通じてこの制度の適用を希望されるお客さま。 低圧 毎日午前1時から午前6時までの時間を限り,(小型s機器は動力とみなします。 )を使用する需要で,が原則として50kW未満であり,1年を通じてこの制度の適用を希望されるお客さま。 【その他】 契約種別 電圧 適用範囲 [PDF:85KB] 低圧 供給約款の低圧電力または選択約款の低圧季節別時間帯別電力もしくは低圧高負荷契約の適用範囲に該当し,冷暖房負荷等の蓄熱運転により,午前8時~午後10時からそれ以外の時間への負荷移行が可能な需要で,この制度の適用を希望されるお客さま。

次の