マスク 失神。 プロダンサー&キックボクサーの蹴りで満身創痍→太股絞め失神

呼吸制御プレイで人間真空パックしつつエビ反りしながら絶叫&失神

マスク 失神

私はマスクが嫌いです。 息苦しいからだけでなく、それを付けた時に感じる一種の閉そく感、心理的圧迫感は、到底、健康にいいとは思えないから。 それ以前に、私はマスクに対し、次のような見方をしています。 当たり前です。 ウイルスの大きさなナノ(10億分の1メートル)レベル。 どんなに高性能のマスクでも、電子顕微鏡で見なければわからない小さなウイルスを防ぐことなどできません。 これも当たり前です。 特に、身体の各器官が発達中の幼児や、代謝能力が高い若い子どもたちには十分な酸素が必要。 この年齢の子供たちは、よほど必要がない限り、マスクを着用させるべきではありません。 運動中の窒息死とは、子どもたちはよほど長いことマスク生活に慣れてしまって、自分の身体の異変にも気づかなかったのでしょう。 中国教育省は13日までに、感染防御効果が高い医療用マスク「N95」を学校の体育の授業中に着けることを禁止する方針を示した。 再開が進む中国各地の学校では新型コロナウイルス対策の徹底が求められているが、生徒がマスクを着用したまま激しい運動を行って突然死するという事故が相次いでいた。 教育省幹部は12日の記者会見で「N95マスクは通気性が悪いため、事故が起きなくても身体に害を及ぼす」と述べ、運動時の着用には問題があると禁止理由を説明した。 中国メディアによると、4月中に河南省や湖南省などで、体育の授業中にマスクを着けて走った中学生が突然死する事故が相次いで伝えられた。 詳しい死因などについては明らかになっていないが、一部のケースについてはN95マスクを着用していたと報じられている。 医療関係者が「子供がマスクを着けて激しい運動をするのは勧めない」と窒息の危険などを注意していた。 そうした動きを受け、地方政府の一部は体育の授業中についてはマスクの着用は不要とする通知を出していた。 ずっと廃棄物問題をやってきた私には、マスクがごみ焼却炉のフィルターと同じだと断言できます。 焼却炉とは、ごみ焼却によって汚染物質の生成を促進する施設、汚染物質満載のガスを「濾す」フィルターがあるから、煙突排ガスは安全、クリーンと言われていますが、これもウソ。 ナノレベルの有害物質はフィルターでも捉えられず、煙突排ガスには依然、有害物質が残っているのです。 しかもフィルターで補足された有害物質の方は時間と共に蓄積し、フィルターは「特別管理産業廃棄物」として処理するしかありません。 汚染度を減らすには換気が必要です。 日常的にフィルター マスク)をつけていると、その換気もできず、ヒトの代謝能力を弱め、感染の危険を増やします。 ・・・とずっと思っていましたが世の中はマスク信者ばかり。 そこにブレイロック医師の情報が入りました。 マスクの危険性に警鐘を鳴らす、おそらく初めての投稿だと思われるので簡訳しておきます。 N95マスクを数時間着用すると、血液の酸素化が最大20%減少することはよく知られている。 場合によっては意識を失うこともあり、仲間の一人も、N95マスクを着用したまま一人で運転していて失神し、車が衝突して怪我を負った事があった。 高齢者や肺機能が悪化した人では、(マスク着用で)失神して頭を打つ例もあるだろう。 この場合は、死につながりかねない。 さらに、21〜35歳の医療従事者159人を対象にした最近の研究でも、81%がマスク着用により頭痛を起こしていたことがわかった。 全員が(マスクによって起きた)頭痛が仕事のパフォーマンスに影響を与えていると感じていた。 しかし、残念ながら、誰も彼らにこれらの危険性を伝えようとしない。 この研究が重要なのは、 酸素レベルの低下(低酸素症)が免疫力低下と直結していることを示した点だ。 これが起きるのは、低酸素症が、 Tリンパ球を阻害し、強力な免疫抑制細胞(Tregs を刺激する 低酸素誘導因子-1(HIF-1)と呼ばれる化合物を増加させるためだ。 要するに、マスク着用は、あなたの感染のリスクを非常に高め、着用しなかったよりはるかに悪い結果をもたらしかねない。 がん患者、特に癌が転移している患者では、長期にわたる低酸素症により結果がさらに悪化するだろう。 がんは低酸素の狭い環境で最もよく成長するためだ。 低酸素はまた炎症を促進するが、この炎症は癌の成長、浸潤、転移を促進する役目を果たす。 繰り返される低酸素症は、アテローム性動脈硬化症の重要な要素として提示されており、それゆえ、低酸素症はあらゆる心血管(心臓発作)および脳血管(脳卒中)疾患を増加させる。 これらのマスクを日常的に特に数時間も着用すると、別の危険もある。 呼吸器ウイルスに感染した人は呼吸のたびにウイルスの一部を排出しているが、マスク、特にN95マスクなどぴったり合うマスクを着用すると、呼吸のたびにウイルスを再度吸い込み、肺や鼻腔におけるウイルス濃度を高めるのだ。 コロナウイルスに最悪の反応を示した人々は、早い段階でウイルス濃度が非常に高く、それが一部の人々に、死に至る「サイトカイン・ストーム」を引き起こしたことを、我々は知っている。 もっと恐ろしいことに、より 新しい研究は、場合によってはこれらのウイルスは、多くは嗅覚神経(嗅覚神経)を介して脳に侵入することを示唆している。 脳内で新しい記憶と記憶の統合を扱う領域に直接つながっているのが嗅覚神経だ。 マスクを着用することにより、吐き出されたウイルスは(体外に)逃れることができず、鼻腔に集中し、嗅覚神経に入り、脳に移動するのだ。 globalresearch. 山本も、自分の見方に医学的裏付けがあったことを知って、うれしいです(市民運動家の「直観」は頼れるのだ!)。 とにかく、マスクが当たり前になっている人は、ぜひ生活を見直し、この知識を広めて下さい。 2020.

次の

マスクする方注目!肌荒れの原因とマスク選び・スキンケアのコツ

マスク 失神

こまめに深呼吸をしてマスク内の空気を入れ替える マスクの性能にもよりますが、マスクをしていると自分が吐いた空気がマスク内に溜まってしまいます。 それをまた吸い込むことによって二酸化炭素が少し濃い状態の空気を吸い込むことになります。 すると酸欠気味になって頭痛がしたりめまいがしたり、息苦しく感じたりしてしまうことがあります。 そのためマスク内の空気もこまめに入れ替える必要があります。 オススメの方法は深呼吸をすることです。 深呼吸をすることで多くの空気や酸素を肺に送るだけでなく、息を吐くの際に強く息を吐き出すことでマスク内のたまった空気を外に出すことができます。 それによりマスク内に新しい空気を取り入れることができます。 こまめに深呼吸をすることで、マスク内を換気しましょう。 深呼吸が辛い時は、マスクを少しずらしたり外したりして新鮮な空気を取り入れましょう。 ただ、それは飛沫を放出することにもつながるので、人がいない所でやりましょう。 室内の換気をして、新鮮な空気を取り入れる マスク内の換気も大事ですが、そもそも滞在している室内の換気が十分にされていない可能性があります。 人がたくさんいて酸素濃度が薄くなっていると、マスクをしている人は酸欠気味になるリスクがマスクをしていない人以上に高まってしまいます。 ですので、室内でマスクをする場合はこまめに換気をすることを心がけましょう。 特に冷暖房器具を使って温度を調節している時は、窓を開けて換気するのは気が引けますが、できるだけ換気をしましょう。 鉄分を摂取して貧血にならないようにする 貧血になると酸欠になることがありますが、それは血が酸素を体中に運んでいるからです。 よって、貧血状態でマスクをしていると酸欠気味になるリスクが増えてしまいます。 そこで、毎日の生活の中で貧血にならないための体作りや食事を心がけましょう。 貧血の治療でもっともポピュラーなのが「鉄分」を摂取すること。 サプリメントや食材 レバーやリンゴ…etc といった一日に必要な分だけの鉄分を摂取する手段はたくさんあります。 これを機会に貧血対策もしてみることでマスク装着時の酸欠症状が改善していくはずです。 運動を心がけて生活すると肺活量が上がりマスクが苦しくなくなる 普段から運動をすることで腹筋や横隔膜、肺などを鍛えましょう。 目的は肺活量を増やすことです。 肺活量が増えると今よりもさらに空気を、酸素を吸い込み取り込むことができるようになるので、マスクをつけていても酸欠気味になることは少なくなるでしょう。 運動不足で普段の呼吸が浅くなってしまっているままでマスクを長時間装着していると酸欠気味になるリスクが増えてしまいます。 そこでまずは簡単に「腹筋・背筋・腕立てふせ」などのお家でできる運動や休日に一時間散歩に出るなどの運動を行いましょう。 そうして肺活量を増やしながら健康的な生活を送ってみるとマスクをしていても苦しさが抑えられていきます。 マスクの装着法をちゃんと読んで守る 世の中にはたくさんの種類のマスクがあります。 大容量で低価格のマスクにしても3枚入りで高価格のマスクを買うにしても大事なのは、購入したマスクの正しい装着方法です。 マスクは正しく装着しないと本来の目的である病気予防や花粉フィルターが機能しないことと同時に、その通気性も機能しなくなってしまうことがあります。 特に使い捨てタイプのマスクは息苦しさを軽減するための工夫がされているものが多くあります。 そのため正しく装着することで息苦しさや酸欠気味になることを防ぐことができるかもしれません。 まずはマスクの説明書きをきちんと読みましょう。 もし間違った装着をしていたら、これを機会に直しましょう。 自分のサイズにあったマスクを選ぶ・通気性のいいものを選ぶ マスクの装着方法ももちろんのこと、大事なのはサイズです。 大きすぎてもマスクの意味をなさないですし、小さすぎるとマスク内の空間がせまく酸欠気味になるリスクが高まってしまいます。 学校や仕事場で酸欠気味になるのはとてもつらいことです。 そのためにしっかりと自分の顔のサイズにあったマスクを選ぶようにしましょう。 また、マスクにはたくさんの種類があり、少し高価格にはなりますが通気性が他のものに比べて改良されているものなどもあります。 マスクを正しく装着しても酸欠気味になってしまって困っている、すぐに運動して肺活量も増やせない…でも困る…といった方は、通気性を重視したマスクを一度選んでみましょう。 今は中々マスクも売っていないので、どうしてもサイズが合うものがなければ自作をしても良いでしょう。 正しいマスクの装着方法と選び方を知って息苦しさをなくそう インフルエンザをはじめ季節ごとに怖い病気が流行したり、新型コロナウィルスなどおそろしい病気の感染を予防するほかに、花粉症などとアレルギー症状がある方も使用するマスク。 本来は人を守ってくれるものです。 正しいマスクの装着方法とマスク選び、そして少しの換気と生活習慣でうまくマスクと付き合っていきましょう。 「マスクの息苦しさを解消する方法とは。 マスクで酸欠や貧血・めまいが起こる状態を防ごう」への感想コメント一覧•

次の

悲劇のマスクマン「ザ コブラ」〜1983

マスク 失神

私はマスクが嫌いです。 息苦しいからだけでなく、それを付けた時に感じる一種の閉そく感、心理的圧迫感は、到底、健康にいいとは思えないから。 それ以前に、私はマスクに対し、次のような見方をしています。 当たり前です。 ウイルスの大きさなナノ(10億分の1メートル)レベル。 どんなに高性能のマスクでも、電子顕微鏡で見なければわからない小さなウイルスを防ぐことなどできません。 これも当たり前です。 特に、身体の各器官が発達中の幼児や、代謝能力が高い若い子どもたちには十分な酸素が必要。 この年齢の子供たちは、よほど必要がない限り、マスクを着用させるべきではありません。 運動中の窒息死とは、子どもたちはよほど長いことマスク生活に慣れてしまって、自分の身体の異変にも気づかなかったのでしょう。 中国教育省は13日までに、感染防御効果が高い医療用マスク「N95」を学校の体育の授業中に着けることを禁止する方針を示した。 再開が進む中国各地の学校では新型コロナウイルス対策の徹底が求められているが、生徒がマスクを着用したまま激しい運動を行って突然死するという事故が相次いでいた。 教育省幹部は12日の記者会見で「N95マスクは通気性が悪いため、事故が起きなくても身体に害を及ぼす」と述べ、運動時の着用には問題があると禁止理由を説明した。 中国メディアによると、4月中に河南省や湖南省などで、体育の授業中にマスクを着けて走った中学生が突然死する事故が相次いで伝えられた。 詳しい死因などについては明らかになっていないが、一部のケースについてはN95マスクを着用していたと報じられている。 医療関係者が「子供がマスクを着けて激しい運動をするのは勧めない」と窒息の危険などを注意していた。 そうした動きを受け、地方政府の一部は体育の授業中についてはマスクの着用は不要とする通知を出していた。 ずっと廃棄物問題をやってきた私には、マスクがごみ焼却炉のフィルターと同じだと断言できます。 焼却炉とは、ごみ焼却によって汚染物質の生成を促進する施設、汚染物質満載のガスを「濾す」フィルターがあるから、煙突排ガスは安全、クリーンと言われていますが、これもウソ。 ナノレベルの有害物質はフィルターでも捉えられず、煙突排ガスには依然、有害物質が残っているのです。 しかもフィルターで補足された有害物質の方は時間と共に蓄積し、フィルターは「特別管理産業廃棄物」として処理するしかありません。 汚染度を減らすには換気が必要です。 日常的にフィルター マスク)をつけていると、その換気もできず、ヒトの代謝能力を弱め、感染の危険を増やします。 ・・・とずっと思っていましたが世の中はマスク信者ばかり。 そこにブレイロック医師の情報が入りました。 マスクの危険性に警鐘を鳴らす、おそらく初めての投稿だと思われるので簡訳しておきます。 N95マスクを数時間着用すると、血液の酸素化が最大20%減少することはよく知られている。 場合によっては意識を失うこともあり、仲間の一人も、N95マスクを着用したまま一人で運転していて失神し、車が衝突して怪我を負った事があった。 高齢者や肺機能が悪化した人では、(マスク着用で)失神して頭を打つ例もあるだろう。 この場合は、死につながりかねない。 さらに、21〜35歳の医療従事者159人を対象にした最近の研究でも、81%がマスク着用により頭痛を起こしていたことがわかった。 全員が(マスクによって起きた)頭痛が仕事のパフォーマンスに影響を与えていると感じていた。 しかし、残念ながら、誰も彼らにこれらの危険性を伝えようとしない。 この研究が重要なのは、 酸素レベルの低下(低酸素症)が免疫力低下と直結していることを示した点だ。 これが起きるのは、低酸素症が、 Tリンパ球を阻害し、強力な免疫抑制細胞(Tregs を刺激する 低酸素誘導因子-1(HIF-1)と呼ばれる化合物を増加させるためだ。 要するに、マスク着用は、あなたの感染のリスクを非常に高め、着用しなかったよりはるかに悪い結果をもたらしかねない。 がん患者、特に癌が転移している患者では、長期にわたる低酸素症により結果がさらに悪化するだろう。 がんは低酸素の狭い環境で最もよく成長するためだ。 低酸素はまた炎症を促進するが、この炎症は癌の成長、浸潤、転移を促進する役目を果たす。 繰り返される低酸素症は、アテローム性動脈硬化症の重要な要素として提示されており、それゆえ、低酸素症はあらゆる心血管(心臓発作)および脳血管(脳卒中)疾患を増加させる。 これらのマスクを日常的に特に数時間も着用すると、別の危険もある。 呼吸器ウイルスに感染した人は呼吸のたびにウイルスの一部を排出しているが、マスク、特にN95マスクなどぴったり合うマスクを着用すると、呼吸のたびにウイルスを再度吸い込み、肺や鼻腔におけるウイルス濃度を高めるのだ。 コロナウイルスに最悪の反応を示した人々は、早い段階でウイルス濃度が非常に高く、それが一部の人々に、死に至る「サイトカイン・ストーム」を引き起こしたことを、我々は知っている。 もっと恐ろしいことに、より 新しい研究は、場合によってはこれらのウイルスは、多くは嗅覚神経(嗅覚神経)を介して脳に侵入することを示唆している。 脳内で新しい記憶と記憶の統合を扱う領域に直接つながっているのが嗅覚神経だ。 マスクを着用することにより、吐き出されたウイルスは(体外に)逃れることができず、鼻腔に集中し、嗅覚神経に入り、脳に移動するのだ。 globalresearch. 山本も、自分の見方に医学的裏付けがあったことを知って、うれしいです(市民運動家の「直観」は頼れるのだ!)。 とにかく、マスクが当たり前になっている人は、ぜひ生活を見直し、この知識を広めて下さい。 2020.

次の