ボーナス 使いみち。 【朝礼ネタ】賞与・ボーナス 平均額は? 使い道ランキング第1位は?

ボーナスの使い道ランキング♪ 20代と30代の使い道は?

ボーナス 使いみち

もくじ• 「PayPayボーナス」とは? 「PayPayボーナス」とは、PayPayを支払いに使用して ポイント還元が付与された時、受け取った後のポイントを「PayPayボーナス」と呼びます。 毎月定期的に開催される「ワクワクペイペイ」などのキャンペーン時に高還元率が設定されている店舗などで購入決済を行うと、この「PayPayボーナス」が付与される形になります。 この「PayPayボーナスライト」はかつての「PayPayボーナスミニ」から名称変更したもの。 こちらも「PayPayボーナス」と同様に特典やキャンペーンへの参加によって付与される形態のポイントです。 ただし 「PayPayボーナスライト」の使用期限は付与日から60日とされており、付与されてから使用せずに60日経過してしまうと、 消滅してしまいます。 ただし、複数の種類の残高を所持していたとして支払い時に優先して使用される順番は、• PayPayボーナスライト• PayPayボーナス• PayPayマネーライト• PayPayマネー となりますので、PayPayボーナスライトの付与後、PayPayを定期的に使用していれば残存していたPayPayボーナスライトが消滅してしまう(勿体ないことになってしまう)リスクは低くなります。 とはいえ、そこまで長い期限のものではありませんので、消滅タイミングに気をつけながらできるだけ使い切ってしまうほうがお得ですね! PayPayボーナス・ボーナスライト。 旧仕様からの変更点 PayPayボーナス、新登場のPayPayボーナスライトが旧仕様からどのような変更点があったかまとめてみます。 【PayPayボーナス】有効期限が無期限に 今までキャンペーン後に付与されていた「PayPayボーナス」は2年間の有効期限が設定されていましたが、 7月29日の名称変更のタイミングで有効期限が撤廃されました。 ですので、ポイント還元が行われ蓄積していたPayPayボーナス残高はそのまま使用せず持ち続けることができます。 とはいえ、そもそもPayPayがサービス開始して1年も経たずして有効期限が撤廃されていますので、今思えば、 有効期限を気にする必要が全く無かった、、、という結論になります。 【PayPayボーナスライト】名称変更のみ 「PayPayボーナスライト」ですが、 機能や仕様としてなにか変わったことがあるのかと言うと、「特になし」という現状です。 ただし、7月29日から実装される「PayPayボーナスライト」が実質的にはこのタイミングでの初登場となり、 60日間という短い有効期間という特性を持っていますので、今後キャンペーンなどでPayPay側がどのような使い方を消費者に提案してくるのかが楽しみですね! PayPayボーナス・ボーナスライト。 変更のメリットは? 今回の名称変更でユーザー側にあるメリットを挙げてみます。 PayPayボーナスの有効期限が2年間から無期限に変更。 上記でも言及している通り、7月29日の名称変更のタイミングで「PayPayボーナス・ライト」双方で変わった仕様と言えば、 「PayPayボーナス」の使用期限が撤廃されたこと、のみとなります。 以前の仕様では「2年の有効期限」でそこまで急いで使用する必要がなかったものですが、やはり「期限が撤廃された」というのは心理的な安心感として大きいですね。 PayPayボーナスライト向けキャンペーンに期待 また、PayPayボーナスライトはそれ自体が登場した段階で「有効期限が60日」という猶予の短いポイント付与ははじめての試みになります。 「60日限定!」と言われると、「早めに使わなきゃ!」となるため 実店舗への来店誘導力では他のポイントよりも高くなることが予想されますので、積極的なキャンペーン利用が展開されると予想されています。 今の所「PayPayボーナスライト」を付与する企画は公開されていませんが、今後のプレスリリースに期待ですね! PayPayボーナス・ボーナスライトの貯め方・使い方 特典やキャンペーンなどから付与される 「PayPayボーナス」は従来と変わらず、購入時のポイント還元やキャンペーン企画で一定の条件をクリアした時に付与されます。 こちらをご覧いただくと、 いずれも付与は「PayPayボーナス」であることが明記されています。 今後もおそらく今までのようなキャンペーンでのポイント付与は「PayPayボーナス」である可能性が高いと思われます。 通常のチャージ金額(PayPayマネー・マネーライト)のように買い物に使用可 特典やキャンペーンなどで付与されたPayPayボーナス・ボーナスライトは通常のコンビニなどでの買い物でもポイント消費する形で使用できます。 また、や、ボーナスなどを混在して所持していた場合、消費する優先順位としては、 ボーナスライト>ボーナス>マネーライト>マネー の順番になることが予想されています。 「送る」「わりかん機能」は使用不可 他ユーザーに送金する「送る」機能や飲み会後などに使用できる「わりかん」機能については、PayPayボーナス・ボーナスライトいずれも使用できません。 自分が送金する側に回った時は、 にチャージを行なってから送金処理するようにしましょう。 【PayPayボーナスライト】注意事項 PayPayボーナスライトの注意事項として、2019年8月1日以降、「PayPayボーナスライト」を利用するには、PayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDの連携が必要とのこと。 連携されていない場合でもYahoo! JAPANで付与処理を行った日から有効期限は60日間となります。 連携が行われたタイミングで有効期限が設定されるわけではありませんので、お早めにYahoo! JAPAN IDと連携してください。 かなり名称変更・仕様変更が頻繁に行われているところを見ると、 運営陣はかなり慌ただしく、Yahoo! 内サービスの統廃合を議論していることが分かります。 とはいえ、いち消費者にとってみれば、ようやく覚えたサービス内の名称がコロコロ変わってしまうと、「決済」という繊細なサービスだけあって使用に腰が引けてしまうことも考えられます。 できれば、各部名称はシンプルに「還元率」だけ他社競争を頑張っていただきユーザーメリットを出していただけるとありがたいですね!!.

次の

ボーナスの使い道ランキング!2019年冬最新版 [仕事・給与] All About

ボーナス 使いみち

<ボーナスの使い道 目次>• ボーナス使い道ランキングTOP3:預貯金、旅行、外食 【2019年冬のボーナスの使い道(3つまでの複数回答) 「Pontaリサーチ」調べ】 【1位】貯金・預金 40. 5% 【2位】旅行(宿泊を伴うもの)11. 3% 【3位】外食(食堂・レストラン、和・洋・中ほか専門店)5. 6% 【4位】食品(ふだん食べるもの)4. 2% 【6位】衣服 3. 9% 【7位】ローンや借入の返済 2. 7% 【8位】旅行(日帰り)1. 9% 【9位】子どもの教育 1. 8% 【10位】食品(お取り寄せなど、特別なもの)1. 8% 特にない 6. 2% 支給されない・分からない 41. 9% ボーナスの使い道のトップは「貯金・預金」で40. どの調査結果でも、預貯金は1位となっています。 まとまったお金が入ったらまずは預貯金といったところでしょうか。 支給されない・分からないが41. 9%も占めているため、ボーナスが支給される人の多くは預貯金を考えているようです。 2位は「宿泊を伴う旅行」で11. 1割強の人は旅行を考えているようです。 3位は「外食」5. 6%となっており、2位3位は、ものではなくサービスとなりました。 ボーナス使い道 食品(ふだん食べる)が5位から4位、過去6年で最多 4位は「ふだん食べる食品」で4. 8%となっています。 年に2回の特別な収入に対して食品(ふだん食べる)というのは、すこし寂しいところ。 前年は5位で4. 1%でしたし、過去6年間でも一番高い割合になっています。 消費税増税などで、普段の食費を抑えている影響でしょうか。 ボーナス使い道 財形貯蓄は6位から5位、0. 9ポイント増 5位になったのは「財形貯蓄」で4. 2%でした。 こちらも過去6年間で最高でしたし、昨年の3. 3%より0. 9ポイントも増加しています。 より貯蓄傾向が高くなっていることがわかります。 ボーナスの使い道で贅沢なものは減少傾向 6位は「衣服」3. 9%ですが、前年は4位で4. 6%でした。 少し贅沢な消費に対してボーナスを使う割合は減っています。 同様に「食品(お取り寄せなど、特別なもの)」も8位から10位に後退しています。 「ボーナスが支給されない・分からない」が41. 9%も そして注目したいのが「支給されない・わからない」が41. 9%もあるところ。 ボーナスの使い道をこのように考え予測している一方で、ボーナスをあてにしていない、できない人が4割もいることを忘れてはいけません。 ボーナスの使い道を考えられるだけでも有難いところです。 ボーナスの使い道は、 半分以上を預貯金が53. 9% ボーナスから預貯金したい人は、ボーナス全体のどれくらいを預貯金にまわすのでしょうか? 【ボーナスの支給金額のうち貯金・預金したい額の割合 「Pontaリサーチ」調べ 】• 「25%未満」 15. 「25~50%未満」30. 「50~75%未満」26. 「75%以上」 27. 2% 半分以上を預貯金したい人はあわせて53. 9%と、預貯金したいと思う人の半数強がボーナスの半分以上を貯蓄にまわすようです。 また、27. 2%が75%以上貯金するという結果に。 預貯金をしっかりしようと考えている人は、金額もしっかり貯めているようです。 ボーナスと一言でいっても、支給額の差は大きいものかと思います。 何割かはしっかり貯蓄をしたいものです。 普段の家計不足分を補うことも大切です。 とはいっても、特別なボーナスです。 普段体験できないようなこと、買えないようなものなどに使う等、メリハリのあるボーナス使い道にできたらいいですね。 【関連記事】•

次の

PayPayボーナスライトとは?使い方・使い道まとめ。コンビニでも利用できます。有効期限は60日間

ボーナス 使いみち

賞与 ボーナス の使い道をまとめてみた ポンタリサーチの調査結果は下記のようです。 <> 第1位 貯金・貯蓄 37. 3% 第2位 旅行 9. 9% 第3位 外食 5. 1% 第5位 衣類 4. 6% なんだか捻りのない結果になってしまっているようですが、昨今の賞与の使い道は大体こんな感じなんでしょうね。 欲しい物を買う!、旅行行ってストレス発散!、将来のために貯金! 私は社会人1年目から欲しい物を1つ買って、残った金額を貯金というスタイルで使ってきました。 社会人1~3年目で賞与(ボーナス)で買った物 1年目:腕時計、財布、鞄 一年目の夏ボーナスで買いましたね。 一応あまり高くなく、 30歳まで使えそうな物を選びました。 30歳の記念に3桁万円くらいの現役引退するまで使える腕時計を買おうと考えてるので! PCについては割とがっつりと各パーツ変更したので、よければ下記記事参考にして下さい。 7年間使ってたマシンを作り直しました。 3年目辺りでお金にも余裕が出てきますね。 正直もう使い道が思い当たらないくらいほしい物は買ってきたので、今後の使い道を考えます。 今後の賞与(ボーナス)の使い道 将来へ投資 家、車を買うために貯金するのが今後の主な使い道になると思います。 しかし、ただそのまま貯金しても面白くないので、 投資に回そうと考えています。 実は社会人3年目に仮想通貨ブームがあり、その前に1年ほど『 積立投資』を行っていたので再開しようかなと考えていたのでボーナスも投資に使うか!という具合ですね。 とりあえず1年遅れなんですが『 つみたてNISAが年間40万まで非課税』なので毎月3万はそっちに回して、ボーナスでは大きく投資しようかなーと考えています。 積立投資については近日中にまとめようと思ってます! 引っ越し 4年目になり、 部屋が窮屈に感じるようになりました。 やはり服や物が増えていき、生活スペースが少しずつ狭まっていくからだと思うんですが…汚いわけではないはず… あまり普段からお金使う方ではないので、ちょっと家賃が高くてもいい部屋に引っ越そうかなぁと少し計画してたりします。 ただ、異動もあるのでもう少し辛抱して考えようかなぁと悩み中ですね。 やはり、投資になってしまいそうですねー.

次の