糧 類語。 糧にするの意味・例文・類語!「糧」って何?

食糧の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

糧 類語

「糧にする」の読み方 「糧にする」の読み方は、 「かてにする」です。 「糧」については、「食糧」の「りょう」という読み方に慣れ親しんでいる人もいるかもしれませんが、ここでは「かて」と読みます。 「糧にする」の意味 「糧にする」とは、 経験や出来事をこれからの人生に役立てたり、活力の源泉にしたりしていくという意味です。 「糧」とは何? 「糧」とは、 元々、食べ物や食糧を意味しますが、そこから派生して、精神や生活の活力の源泉という意味が生まれました。 実際、「糧にする」と慣用句として使う場合、「糧」は様々なものを意味する時が多いです。 例えば、スキルや仕事を「生活の糧」と表現する時もあります。 また、知識や経験などを、一般的に自分の成長に役立つにものを糧にする場合もあります。 恩師やメンターの言葉を「生きる糧」にしている人もいますよね。 また、逆境、失敗、失恋、或いは悔しさなど、一見するとネガティブなものを糧にしてしまう人もいます。 「糧」となるものは実に幅広いですが、要は、 結果的に自分が成長したり向上したりすることが出来るのであれば良いとも言えるのです。 もう終わってしまったことだから、もうどうしようも出来ないし、この失敗を 糧にしてがんばるしかないよ。 という感じで「糧にする」は使われたりしますが、他にもこういった使い方があります。 「糧にする」の例文1 「彼女の半生はどん底だったが、そこでの悔しさを 糧にして、ビジネスで大成功を収めた。 」 順風満帆のまま、人生で成功する人は、まずいませんし、必ずどこから失敗や挫折を経験するものです。 しかし、そこでくじけないで、逆に糧にすることが出来る人は、大きな成功を収められる可能性がグッと高くなります。 「糧にする」の例文2 彼は、パソコンに対する豊富な知識を生活の 糧にすることが出来ないか考えていた。 人は、誰しも生きていくための手段を持つ必要がありますよね。 そういったものを「生活の糧」と表現したりしますが、それが自分の特技や趣味であったりしたら、なおさら良いのではないでしょうか。 「糧にする」の例文3 「入院をしている時は精神的にも大変だったが、友達からの励ましを心の 糧にして乗り越えることが出来た。 」 人間という存在は、ちょっとしたことで落ち込んだり、くじけてたりしてしまいやすいものです。 しかし、逆に、どんな大変な時でも、誰からの励ましなどで希望を感じることが出来れば、それを心の糧にして、強く生きていくことも出来ます。 さらに、時にはそれが奇跡を起こしたりするものです。 「糧にする」の例文4 「僕は、落ち込んだ時、本を読みながら、明日の 糧にすることが出来る言葉を探すようにしている。 」 人は、今日一日が辛かったとしても、明日に希望を見つけることが出来れば、生きる力が湧いてくるものです。 そのような明日の糧にするものをしっかり得ることが出来ればいいですよね。 「糧にする」の類語 「糧にする」には以下のような類語があります。

次の

「明日の糧になる」とは?意味や使い方を解説

糧 類語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 44• 研究社 新和英中辞典 14• Weblio Email例文集 18• Weblio英語基本例文集 2• 浜島書店 Catch a Wave 21• 英語ことわざ教訓辞典 1• Eゲイト英和辞典 19• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 69• 日本語WordNet 38• EDR日英対訳辞書 42• Tanaka Corpus 37• 日本法令外国語訳データベースシステム 9• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 288• 官公庁発表資料• 金融庁 1• 財務省 38• 特許庁 8• 特許庁 45• 経済産業省 31• 厚生労働省 3• 書籍・作品• Translation by Robert E. Smith『マルチン・ルターの小信仰問答書』 4• JACK LONDON『影と光』 1• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 1• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 4• Wells『タイムマシン』 1• John Stuart Mill『自由について』 1• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 1• 電網聖書• 使徒行伝 1.

次の

ビジネスにおける「精進します」の意味と使い方、「邁進」との違いを解説!

糧 類語

公開日: 2018. 22 更新日: 2018. 22 ビジネスにおける「精進します」の意味と使い方、「邁進」との違いを解説! 「精進します」という言葉をご存知でしょうか。 多くの人は、ビジネスシーンで「精進します」という言葉を耳にするのではないでしょうか。 ビジネスの場で、相手に対して自分の真剣な気持ちや、頑張りたいと思っていることを伝えるのは非常に大切です。 「精進します」を使えば、自分のそういった気持ちを伝えるのが可能になります。 そこで今回は「精進します」の意味や使い方、「邁進」との違い、類語について解説していきます。 「精進します」の適切な使い方を覚えて、相手に失礼のないように心がけましょう。 「精進します」の意味 「精」は音読みだと「セイ」「ショウ」、訓読みだと「しらげる」と読みます。 「精」は「ひたすら励むこと」を意味します。 「進」は音読みだと「シン」、訓読みだと「すすむ」と読みます。 「進」は「前にすすむ」「高い等級・段階にあがる」を意味します。 「精進(しょうじん)」の意味は、 ・ひたすら仏道修行に励むこと ・心身を清め行いを慎むこと ・肉食せず、菜食すること ・一生懸命に努力すること。 一つのことに精神を集中して励むこと です。 「精進します」の意味は 「一つのことに精神を集中して、一生懸命努力します」となります。 相手に対して、自分の決心や決意を表明する言い回しで、目上の人に使うことができます。 「精進して参ります」は正しい敬語? 「参ります」の意味は、 ・「行く」の謙譲語 ・降参する、負ける となります。 「参ります」を本動詞の後に付けることによって、謙譲のニュアンスを添えることができます。 また、「参る」を補助動詞で使う場合は「まいる」とひらがな表記にするので、正しくは「精進してまいります」とします。 「精進します」よりも丁寧な表現のため、ビジネスシーンではよく使われます。 「精進します」の使い方と例文 「精進します」は、抱負や意気込みを伝えるときに使う言い回しです。 「精進します」は決意表明なので、主に改まった席や状況の中での挨拶であったり、文書でもメールなどで使われます。 ビジネスメール ビジネスメールで「精進します」を使う場合は、 何かを褒められたときや、今後に対する意気込みを述べるときになります。 相手から仕事のことで褒められた際は、「これを機に、より一層精進します」などと伝えることで、今後に対する意気込みなどを表せます。 他に、異動や転任する場合にも「精進します」を使って、新任地へ向けての意気込みを表せます。 また、開店・新規事業開始・イベント開催・記念式典などの案内を送るときにも「精進します」を使います。 例文 ・これからも皆様のご期待に添えるよう、社員一同さらに精進する所存でございます。 ・過分なるお言葉、ありがとく存じます。 これからもより一層精進してまいります。 ・今後も社会への貢献と弊社の事業発展のために日々精進します。 ・今後におきましても、弊社の発展のため、日々精進してまいりますのでよろしくお願いいたします。 皆様には大変お世話になり、深く感謝いたしております。 今後も我が社発展ために日々精進しますので、よろしくお願い申し上げます。 ・先日は当方の不手際により、ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。 今後は同じミスをしないよう、自らを戒め、精進してまいる所存です。 ・これを機に、より一層精進してまいります。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 年賀状 年賀状では基本的に、新年の抱負や目標を述べます。 そのため「精進します」は、年賀状で多く使用すると考えられます。 年賀状では、 今年の抱負や目標などを述べ、「本年も精進します」といった言い回しを加えることで、前向きな印象を与えることができるでしょう。 例文 ・謹んで新春のお慶びを申し上げます。 旧年中は大変お世話になりました。 本年もご期待に添えるよう精進します。 ・昨年は公私にわたり大変お世話になり、深く感謝申し上げます。 本年はより一層精進する所存でございます。 ・新春のお喜びを申し上げます。 おかげさまで弊社は、創業100年目を迎えることができました。 これも皆様のご愛顧の賜物と感謝いたしております。 今後も、ご期待に応えるべく精進してまいりますので、変わらぬご指導をよろしくお願いいたします。 履歴書 履歴書では、経歴欄や志望動機欄などに「精進します」を使って、意気込みを表します。 例文 ・御社のために力の限り精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。 ・自分のスキルを活かし、少しでも早く御社の事業に貢献できるよう精進してまいります。 手紙 「精進します」はお礼状で使うことが多いです。 例えば、研修や実習でお世話になった場合、お礼状には、研修を通して学んだことへのお礼を述べ、今後の抱負や決意を述べるのが一般的です。 決意を述べることで、実習が有意義なものであったということが伝わりやすくなります。 また、入学・就職・転職や起業といった場合に、これまでお世話になった方に宛てる手紙にも使うことができます。 例文 ・先日はお忙しい中、ご指導をいただきありがとうございました。 新天地でも会社の発展のため、日々精進してまいる所存です。 ・おかげさまで無事退院することができました。 入院中は、お見舞いに来てくださり誠にありがとうございました。 今後は体調管理を万全に、より一層精進します。 ・この度は大変お騒がせいたしました。 心を入れ替え、精進いたしますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。 「精進」と「邁進」の違い 「邁進」の <まいしん>と読みます。 「邁進」の意味は 「何事をも恐れることなく前進すること」です。 「邁進」は目的などに向かって突き進む様子を表す言葉です。 前向きな言葉として使われています。 傲慢に突き進む様子ではなく、一生懸命に目的に向かって励んでいる様子です。 「邁進」はビジネスシーンや厳粛な場面でのスピーチや挨拶などでも使うことの出来る言葉です。 「皆様のご期待に添えるよう邁進して参ります」などはスピーチにおける常套句です。 どちらもポジティブな言葉で目標に向かう様子は伝わりますが、 「邁進」は「やる気を出してガツガツ取り組みます」、「精進」は「努力して、集中して取り組みます」というニュアンスになります。 「精進」と「邁進」は非常に似ている言葉ですが、意味は異なるので間違えないようにしましょう。 例文 ・ついに新プロジェクト立ち上げへと邁進することができる。 ・初心に戻り、邁進していきたいと考えております。 ・今後もより多くのお客様にご満足いただけるよう、邁進してまいります。 「尽力します」は簡単に言うと「力を尽くします」ということになります。 「尽力いたします」「尽力します」は丁寧な表現のため、目上の人に使うことができます。 口頭だけでなくビジネスメールでも使え、上司に何か仕事を頼まれたときなどに、「頑張ります」の代わりに「尽力します」を用います。 例文 ・微力ではございますが、尽力させていただく所存でございます。 ・ご期待に添えるよう、より一層尽力いたします。 努力します 「努力」は 「目標実現のために、心身を労してつとめること」を意味します。 「努力します」は「熱心に物事に当たる、物事をやり遂げようと力を尽くすこと」を表します。 ただ、ビジネスシーンで「努力します」と言うと、 少々軽い感じがしてしまうので、あまり使わない方が良いでしょう。 例文 ・問題が少しでも早く解決するよう、努力します。 ・今後とも努力いたしますので、何卒よろしくお願いします。 頑張ります 「頑張る」は 「困難にめげないで我慢してやり抜くこと」を意味します。 ビジネスシーンだけでなく、日常会話でも使うことが多いですが、やや軽々しい印象を与えてしまうため、ビジネスの場ではなるべく使用しない方が良いでしょう。 例文 ・力不足かもしれませんが、精一杯頑張ります。 ・一日でも早く皆様のお役に立てますよう、頑張ります。 「精進します」への返答は? 相手に「精進します」と言われたら、どのように返せば良いか迷いますよね。 「あ、そうですか」「それは頑張ってください」だと、なんだか素っ気ない感じがします。 「精進します」と言われたら、 ・何卒、お励みください ・ご成功をお祈りいたします ・努力が実ることをお祈り申し上げます ・益々のご活躍をお祈りいたします などと返すのが良いでしょう。 これらの表現は、「頑張ってくださいね」ということを表しています。 もし、相手と親しい間柄であったら、 「頑張ってください」「応援しています」と返すのが適切です。 その他の「精進」を使った表現 「精進」を使った言葉は他にも多々あるので、紹介します。 ・精進明け:精進の期間が終わって肉食すること ・精進揚:野菜・植物性食品だけの揚げ物 ・精進固め:盂蘭盆などの精進日に先立って、魚・肉を食べておくこと ・精進潔斎:肉食を絶つなどして身を清めること ・精進根:雑念を交えず堅く正法を信じて行うこと ・精進肴:肉・魚介類を使わず、野菜や雑穀酒で作った酒の肴 ・精進腹:菜食ばかりで力の入らない腹 ・精進物:肉・魚介類を用いない植物性の食べ物 ・精進料理:精進物のみを用いた料理 ・一心精進:一つのことに集中して努力すること ・刻苦精進:心身を苦しめながらも努力すること 「精進します」の英語 「精進します」の英語表現は色々なパターンがあります。

次の