ブラー バジェット m6。 ブラーバジェットのお手入れ方法と収納

ブラーバ ジェットの汚れ落ちに衝撃広がる 【モニターブログまとめ】

ブラー バジェット m6

暑い日が続きますね。 自宅では素足で歩き回りたいところですが、ちょっと気になるのが足裏の汗や皮脂汚れ。 素足で歩いたフローリングには、べったりと足裏の汚れがついているのでは?と思うと、ゾッとしてしまいます。 皮脂汚れは掃除機では吸い取れませんから、水拭きが必須ですが、忙しい毎日の中でフローリングワイパーをかける時間を捻出するのは結構大変。 私が会社に行っている間に、誰かが掃除しておいてくれないかなぁ……。 そんなことを思っていたら見つけてしまいました、アイロボットの「ブラーバ ジェットm6」! 前モデルの「ブラーバ ジェット250」と比べると、サイズも性能もふた回りレベルアップした本機を、1Kの自宅に持ち込んでレビューします! 「ブラーバ ジェットm6」 今までのブラーバとはまったく違う! 新しい「ブラーバ ジェットm6」 ブラーバは、本体に搭載されるタンクに水を入れ、パッドを装着してスタートボタンを押すだけでフローリングの水拭き掃除をしてくれる床拭きロボット。 水拭きだけではなく、クリーニングをするパットを付け替えれば、から拭きにも対応してくれます。 このブラーバ、とっても賢いんです。 「ルンバ」にも搭載される、アイロボット独自のナビゲーションシステム「iAdapt 3. 0 ビジュアルローカリゼーション」を搭載し、「リビング」「キッチン」などといった家全体の間取りをブラーバ本体が学習し、マッピング。 部屋全体をくまなく掃除するだけでなく、どう動いたら効率的なのかまでをブラーバ本体が考えて掃除をしてくれます。 これにより、家全体のより効率的な拭き掃除が可能になったほか、エリア指定をして、特定の部屋だけを掃除する、という使い方もできます。 天面に設置されたカメラ。 壁や、イスの脚などを把握し、自分が今部屋のどこにいるのかを把握しながら掃除をします 「ブラーバ ジェットm6」の進化点は、それだけではありません。 ブラーバシリーズとしては初めて、Wi-Fiを搭載。 今までは、本体に取り付けられたスタートボタンを押すことでしか清掃の開始はできませんでしたが、「ブラーバ ジェットm6」ではスマートフォンアプリ「iRobot HOME」で指示を出せるので、外出先からも清掃を開始できるほか、スケジュール設定をすることで、曜日、時間など決められた時に自動で清掃を開始することもできるようになりました。 スマートフォンアプリ「iRobot HOME」上でスケジュール設定すれば、決まった曜日、時間に掃除を開始できます。 もちろん、掃除してほしい部屋を指定することも可能です。 私が会社に行っている間に、勝手に掃除しておいてくれるという、夢のようなロボットなのです…… まずは準備! でも、ほぼ手間はいりません さて、間取り1Kのそこまで広くない我が家に「ブラーバ ジェットm6」をお迎えし、毎日忙しい私のお手伝いをしてもらうことにしました。 最初に、本体を見て感じたのは「思ったより大きいなぁ」という印象。 0(高さ)cmと、ふた回りほど大きく、そして薄くなりました。 水拭きorから拭きのクリーニングパッドの違いを、パッド裏プレートにある小さな穴をブラーバ本体が認識し、自動的にそのパッドの用途に合わせた動きをしてくれます 前モデル「ブラーバ ジェット250」までは、本体とタンクが一体型になっており、本体を蛇口下に差し出して給水する形だったのですが、「ブラーバ ジェットm6」はタンクが取り外せるように! また、大容量になったので給水頻度も減りました タンクを本体に装着したら準備完了。 クリーンボタンを押せばすぐに掃除を始められます さっそくブラーバにお部屋を磨きあげてもらおう!と息巻いていた私でしたが、ここであるトラップが。 新品のブラーバは、当たり前ですが私の部屋がどんな形をしていて、どんな家具が置いてあるのかを知りません。 ブラーバに私の部屋を学習してもらわなければ、効率的な拭き掃除ができないうえ、特定の部屋だけを掃除する、という「ブラーバ ジェットm6」ならではの使い方ができないのです。 ブラーバには、まず私の部屋を学習してもらうところから始めました。 掃除はせず、ブラーバをただ走らせることによって時間を短縮しながらマッピングができる「トレーニング走行」を3回行い、どのように学習していくのかを「iRobot HOME」で確認。 家のマークがついている場所がホームベース設置位置で、1回あたりのトレーニング走行時間は約20分程度でした。 1回目(左)では、ほぼマッピングができていませんでしたが、2回目(中央)では大体の部屋の間取りを把握。 3回目(右)のトレーニング走行終了時には、ほぼ我が家のマッピングが完成。 アプリ上で部屋の仕切り線を設定し、それぞれに部屋の名称をつけました 水をぴゅっ!と噴き出すのがカワイイ。 お気に入りのカーペットでも安心 ブラーバに、我が家の間取りを学習してもらったところで、さっそく掃除をしてもらいましょう。 クリーンボタンを押してしばらくすると、ホームベースからブラーバが出動。 本体前面の穴から、ぴゅっ!と水を噴射し、その上をブラーバがていねいに拭いていってくれるんです。 でも、水の勢いが結構あるなぁ……、お気に入りの白いカーペットに水でもかけようものなら、タダじゃおかないぞ……と思っていたのですが、こちらも心配ご無用。 ブラーバが前進し、今進んだ場所には障害物がないことを確認したら、1,2歩下がって水を噴射、という動きをしているおかげで、壁紙や家具、カーペットに水をかけられることはありませんでした。 掃除が終わると、自動でホームベースまで戻り、本体の充電を開始します。 レビュー期間中、何度も掃除してもらいましたが、ホームベースまでたどり着けなかったり、障害物に阻まれて力尽きていたり、ということは1度もありませんでした。 もちろん、本体についているクリーンボタンを押してもよいのですが、せっかくWi-Fiに対応した「ブラーバ ジェットm6」ですので、スマートフォンアプリ「iRobot HOME」のクリーンボタンで清掃開始! 我が家のフローリングが少し明るい色だったので、水滴がわかりにくいのですが、フローリングがびしょびしょになるわけでもなく、ちょうどよい量の水を噴射します。 水量調節は、「iRobot HOME」アプリ上でも調整可能です お気に入りの白いカーペットに水を噴射するようなことはなく、カーペットを検知したとたん「ここはフローリングじゃないな」と回避してくれました 掃除が終了すると、自動でホームベースへ。 ホームベースを探しているのか、キョロキョロとあたりを見回すブラーバがかわいく、応援したくなりました。 パッドの取り外しは、本体前面についているボタンを押すだけなので、汚れたパッドを極力触らずにすみます。 使い捨てのクリーンパッドなら、そのままゴミ箱へポイ。 今回使った繰り返し使えるタイプのクリーンパッドは、軽く水洗いして、干しておけば50回ほど繰り返し使えるとのこと 狭いところもしっかり拭きます! あれ、私よりていねいかも……? ブラーバを我が家にお迎えする以前は、「結局は、自分でフローリングワイパーをかけたほうがていねいなんじゃないの?」と思っていました。 四角い部屋を丸く拭いたり、家具の下をスルーしたりするようでは、まだまだ我が家にブラーバは不要だなと。 しかし実際は、家中すみずみまで拭き残しのないようブラーバが走り回り、ソファの下、テーブルの脚周り、トイレ脇の狭い個所までしっかりと拭き上げてくれます。 特に私が驚いたのが、ソファの下。 我が家のソファは、フローリングと座面下の高さが10cm程度しかないローソファで、ブラーバがもぐっても出てこられなかったり、あるいは初めからもぐらないのでは、と思っていたのですが、その狭さを物ともせずもぐりこみ、ソファの脚周りもしっかりフキフキ。 このシーンを見た瞬間、「負けた……。 欲しい!」と思ってしまいました。 「iRobot HOME」上では、清掃履歴を確認でき、ルンバがどこを掃除したかを確認できます(緑に染まった部分が清掃済み個所)。 白く残っている部分は、テーブルの脚や家具を置いている個所です。 ほぼ拭き残しなく、しっかりと掃除してくれていることがわかります 我が家のローソファに果敢に挑んでいくブラーバ。 本体上すれすれの状態でしたが、途中で出られなくなることもなく、しっかりと拭き上げてくれます 家具の脚周りは、脚に沿ってくるくると回転しながらていねいに拭いてくれます。 自分でフローリングワイパーをかける時は、脚周りなんて結構適当だったなぁ、とブラーバを見て反省…… トイレ脇の狭いスペースも、この通り。 本体が方向転換するために回転できないところには入らないのでは、と思っていましたが、器用にバックで突入します 【おまけ】我が家のスマートホーム化がさらに進む? スマートスピーカーとの相性もバッチリ 我が家ではスマートホーム化を進めていまして、「Amazon Alexa」(以下、アレクサ)を使って照明やエアコン、扇風機、コーヒーメーカーといった家電を管理しています。 外出先からエアコンをつけたり、ベッドに入ってからスマートスピーカーに声をかけて照明を消したりと、ずいぶん重宝しておりまして、ぜひWi-Fi対応の「ブラーバ ジェットm6」もアレクサを使って活用してみたい!と思っていました。 Wi-Fi環境があれば、アレクサを介さず「iRobot HOME」上から外出先でもブラーバを動かすことは可能ですが、スマートスピーカーを使用して声でブラーバを操作したり、ひとこえでブラーバも含めた複数の家電を動かせるのは、アレクサならではです。 我が家にある「Amazon Echo」でブラーバを動かしてみます まとめ 2週間ほど、我が家でせっせと働いてもらったブラーバですが、デモ機をお返しする日はお別れが辛くなるくらい、お気に入りになってしまいました。 次のボーナスで、本気で購入を検討しているほどです。 毎日自分がフローリングワイパーをかけることは到底難しいけれど、ブラーバが我が家に1台あれば、自分が意識しないうちに勝手に掃除をしてくれて、疲れて帰宅した時には床がピカピカに磨きあげられているので、「帰ったら床掃除しなきゃ……」という考えからおさらばできること間違いなしです。 また、部屋の整理整頓の意識にも変化が。 ブラーバがしっかり部屋を掃除できるようにと、フローリングにモノを置きっぱなしにすることがなくなりました。 ブラーバが来たおかげで、急な来客にあわてることもなくなり、いいことづくめですね。 あ、でもひとつ気になるのは、クリーニングパッドのコスト。 繰り返し使えるタイプは2枚で3,240円。 50回繰り返し使えるけれど、洗うのはちょっと面倒なんですよね。 使い捨てタイプは7枚で950円なので、1枚あたり135円ほど。 これを安いととるか、高いととるか……。 私はお財布と要相談になりそうです。

次の

【ブラーバジェットのレビュー】個人的にはめちゃめちゃ使えるが、注意点はまあまあある。

ブラー バジェット m6

えっ!なにそれ!知らない! ブラーバは床の拭き掃除ができるお掃除ロボットです。 ブラーバを使えば、床拭きの苦労無しにピカピカの床が手に入りますよ! でもブラーバにもいくつか種類があり、それによって性能も変わるって知ってますか? そこで今回は、でも人気を博している、 ブラーバ ジェット m6と ブラーバジェット250と ブラーバ 390jの3機種を徹底的に比較して どういう人にどの型番がおすすめか結論付けたいと思います。 また旧型のブラーバジェット240とブラーバ380jからどう進化したのかも比較します。 さらに型落ち品のブラーバ371jについても比較しています。 実際に我が家でもブラーバジェットを動かしてみて、メリット・デメリットなんかも理解したうえで記事を書いてますのでぜひ参考にしてください!• 小さい子どもがいる方・アプリを使用したい方・きれい好きな方は ブラーバジェット250!• ブラーバ390jよりも付属品が少なくて良いなら ブラーバジェット240!• リビングやダイニングなどの広い部屋、複数の部屋の拭き掃除、急速充電スタンドでスタイリッシュに使いたい方は ブラーバ390j!• 型落ちで急速充電スタンド不要の方は ブラーバ371j! それでは内容にいきましょう! アイロボット公式サイトのメリット• 対象外のケースもあるので注意。 通販サイトでは海外輸入品を安く売られている場合がありますが、型落ち品にしても保証の手厚い国内正規品を購入されることをおすすめします。 海外品のルンバはアイロボット社の保証対象外となりますし、日本の家電メーカーでも修理対象外となる場合もあります。 AMAZONなどの通販サイトで購入される場合はお気をつけください。 直販なので保証も手厚いですしね。 アウトレット品として旧型番を安く売っていることもありますが、人気なのですぐに在庫がなくなります。 0 ビジュアルローカリゼーション iAdapt2. 0 iAdapt2. ブラーバジェットm6:自動充電モード搭載で、60畳もの広い部屋を掃除可能。 スケジュール機能もあり、いちいち掃除のセットをする必要がなくなりました。 ブラーバ 390j:リビングやダイニングなどの広い部屋、複数の部屋の拭き掃除にも対応。 ブラーバジェット250:キッチンなどの床の汚れに応じて念入りに拭き掃除。 まず、それぞれの最大稼働範囲が異なります。 15畳以上を掃除させたい場合は ブラーバジェットm6か ブラーバ390jです。 中でも ブラーバジェットm6は特別で、スケジュール機能搭載のためルンバと同じように、 曜日や時間を設定しておけば自動で掃除して自動で充電してくれるようになりました。 なので ウェットモードで床を拭きたいときは水を自分で入れないとおかないといけません もちろんボタン押しでもお掃除をスタートできます。 ブラーバ 371jと380jの違い まず、380jの方が371jの上位互換品で、値段も380jの方がで2,000円ほど高いです。 何が違うかというと、 「急速充電スタンド」の有無です。 371jの充電時間が約4時間なのに対して、380jの充電時間は約2時間と早くなりました。 ちなみにブラーバジェット240も約2時間になっています。 個人的には充電時間は2時間でも4時間でもどちらでもいいと思ってます(笑) 連続で使いたい!って思ったときに2時間待つんだったら、もう自分で拭いちゃうので。 これの利点は充電のしやすさにあると思ってます。 急速充電スタンドがあればこれに乗せるだけで充電ができるようになります。 小さい子どもがいる方・アプリを使用したい方・きれい好きな方は ブラーバジェット250!• ブラーバ390jよりも付属品が少なくて良いなら ブラーバジェット240!• リビングやダイニングなどの広い部屋、複数の部屋の拭き掃除、急速充電スタンドでスタイリッシュに使いたい方は ブラーバ390j!• 型落ちで急速充電スタンド不要の方は ブラーバ371j! 値段やレビューは下記通販サイトで確認してみてください。 より自動にお掃除をさせたい方におすすめ! ブラーバジェットm6 【全員お得なキャンペーン】Amazonギフト券のチャージでポイントが付きます!簡単です。 5~2. 5%のポイントが貯まります。 5%になってます。 『現金』とは『コンビニ・ATM・ネットバンキング』のいずれかで支払うといった形で対応できます。 ネットバンキングならラクラクですが、対象銀行が少なすぎなので、ATMかコンビニがほとんどだと思います。 実際私もコンビニでやりました。 コンビニだとLoppiやFamiポートで支払い票を出力してレジで払うというような形です。

次の

ブラーバ ジェットの汚れ落ちに衝撃広がる 【モニターブログまとめ】

ブラー バジェット m6

ブラーバとブラーバジェット、 どちらを買おうか悩んでいる人は多いと思います。 私はブラーバを先に購入して、その後に試しにブラーバジェットを購入しました。 実際に使ってみないとわからないことって結構あるんですね。 両方試してみてよかったです。 どちらを買おうか悩んでいる人のために、 ブラーバとブラーバジェットを使い比べて感じた事を書いていきます。 ブラーバとブラーバジェット徹底比較! ブラーバとブラーバジェットの大きさの違い ブラーバとブラーバジェットを並べて大きさを比較してみました。 やっぱりブラーバジェットのほうが一回り小さいです。 実際に比べてみても高さは確かにほとんど変わりません。 小回りが利くのはブラーバジェットですね。 ブラーバとブラーバジェットの充電方法の違い ブラーバとブラーバジェットでは充電方法が違います。 ブラーバは、急速充電スタンドに乗せるだけで充電することができます。 急速充電スタンドが無いモデル(ブラーバ371j)だと、充電ケーブルを差し込む形になります。 ブラーバジェットの充電方法は、バッテリーを本体から取り外し、充電器に入れて充電します。 ブラーバに比べて少し面倒な感じです。 ブラーバとブラーバジェットの掃除能力の違い 皆さんが気になるのがこの部分だと思います。 ブラーバとブラーバジェットでは、どちらの掃除能力が高いのか、より床を綺麗にしてくれるのか、気になるところですよね。 単純に床を綺麗にする能力としては ブラーバジェットのほうが高いです。 圧倒的に高いといっても過言ではありません。 なぜなら、 ブラーバジェットの専用パッドには洗浄剤が含まれています。 そして 振動するパッドで床を拭いていくため、床を綺麗に掃除する能力としては ブラーバジェットのほうが高いというわけです。 ブラーバは、水を専用クロスに染み込ませる形で拭いていくだけなので、軽く水拭きをしているような感じです。 なので、定期的に掃除をしていない場合に、こびり付いてしまった汚れはブラーバだけでは取りきれません。 実際に実験済みです。 その点、ブラーバジェットはこびり付いた汚れも落としてくれます。 (もちろん限度はありますが) 掃除能力はブラーバジェットのほうが高い ブラーバとブラーバジェットのランニングコストの違い お掃除ロボットを使う上で重要になってくるのがランニングコスト。 定期的に使うとなっては、1回の掃除でどれだけ費用的にかかるかは重要なポイントですよね。 ブラーバは基本的にドライモードは使い捨てのフロアシート、ウェットモードは専用のクロスを使って掃除します。 ウェットクロスは洗濯して使うので0円です。 クイックルワイパー立体吸着マット40枚入り600円を購入して1枚15円と計算すると、毎日ドライモード1回、ウェットモード1回で掃除してもらうと、 1ヶ月のランニングコストは約450円。 なかなかお安いです。 対してブラーバジェット。 ブラーバジェットは基本的に専用使い捨てシートを使うのですが、 これが結構高い。 3つのモード全てに専用使い捨てシートがあり、それぞれ10枚入り950円です。 1回の掃除で95円かかることになります。 これだとブラーバと同じように毎日掃除してもらうとちょっと割高になりすぎます。 1日ドライモード1回とウェットモード1回で掃除してしまうと1ヶ月のランニングコストは5700円もかかってしまいます。 ただし、ブラーバジェットは水拭き掃除の洗浄力が非常に高いので、 普段の水拭きは専用のクロスを使って0円で運用して、1週間に1回は使い捨てシートで掃除するとかいう形を取るとランニングコストも下げることができるかと思います。 ですが、ブラーバジェットの専用クロスは、購入時に同封されていませんので自分で買う必要があります。 (3モード各1枚ずつ入って4320円) 専用クロスと、使い捨てシートを併用すると、ブラーバジェットのランニングコストを下げることができますね。 普段は専用クロスで掃除をして、1週間に1回使い捨てシートを使って水拭き掃除をすると、月に5回使用したとして475円です。 ちょっと無理やりですかね(笑) ですが、これくらいがブラーバジェットのランニングコストを考えると妥当な使いかなと思います。 実際ブラーバジェットのほうがランニングコストはかかってしまいます。 パッド部分が振動するので、専用クロスで水拭きでも十分綺麗にしてくれますが、ブラーバジェットの高い洗浄力を最大限発揮するには、専用シートを使わなければなりません・・・。 ランニングコストの面ではブラーバのほうが安く運用することができます。 ブラーバのほうがランニングコストは安い ブラーバとブラーバジェットの掃除面積の違い ブラーバの圧勝! ドライモード ウェットモード ブラーバ 56畳 20畳 ブラーバジェット 15畳 15畳 バッテリーの差でしょうか、ブラーバのほうがかなりの面積を掃除することができます。 あとは、 ブラーバはノーススターキューブという赤外線でブラーバの掃除面積を広げることができる付属品もあるのが大きいですね。 ウェットモードに大きな差は見られないのですが、 実際に使ってみるとブラーバジェットは途中で水が無くなってしまったりして、実際より狭い範囲になっている印象です。 逆に ブラーバは20畳以上掃除できます。 部屋がLDKで広い場合はブラーバでなければ一度で掃除を終えることができません。 これはブラーバジェットの弱点ですね。 狭い部屋を掃除する分には問題無いと思います。 掃除面積はブラーバが圧勝です。 ブラーバのほうがかなり静か。 ブラーバとブラーバジェットどっちを買えばいい?オススメは? まずは掃除する部屋の大きさを目安に ブラーバとブラーバジェット、どちらを買えばいいかを考えるとき、 部屋の大きさを考えて欲しいと思います。 ブラーバとブラーバジェットでは、 掃除できる面積に大きな差があります。 ブラーバジェットでは、LDKで繋がっているような広い部屋を1度に掃除することができません。 ブラーバであれば20畳以上あるLDKでも掃除することができます。 新築で建てた家などであれば、一間で繋がっているリビングが多いと思います。 そういう部屋の場合はブラーバを購入したほうが良いでしょう。 昔のような8畳で区切られているような家や、アパートなどの比較的狭い部屋であればブラーバジェットが良いでしょう。 部屋の大きさを考慮して選ぶようにしましょう。 部屋が広い家ならブラーバ 部屋がせまい家ならブラーバジェット 部屋が狭く、床が汚れがちな子育て世代はブラーバジェットがオススメ 1LDKなど、比較的狭い部屋で生活している人で、床がよく汚れがちな子育て世代の人にはブラーバジェットがオススメです。 床を綺麗にしてくれる能力はブラーバジェットのほうが高いですし、掃除する面積がそれほど広くなく、物が多い部屋では小回りが利くブラーバジェットのほうが向いていると思います。 デメリットはランニングコストですが、専用クロスを使うようにすればランニングコストを抑えることもできます。 小まめに使用して汚れをこびり付かせないようにするのが重要ですね。 新築でLDKが広い、廊下が長い家にはブラーバがオススメ ブラーバジェットでは掃除しきれないような広さのリビングや廊下がある家であれば、ブラーバを選ぶといいでしょう。 掃除能力はブラーバジェットのほうが高いとは言うものの、ブラーバもしっかりと綺麗にしてくれます。 広い範囲を掃除してくれるのはブラーバの魅力です。 また、バッテリーの持ちもいいので、広い部屋でもドライモード、ウェットモードを連続で掃除することができます。 広い部屋が多い家では、ブラーバがオススメです。 古い家はブラーバジェットが大活躍するかも ブラーバジェットの洗浄力はかなり高いです。 築2、30年経ったような家であれば、床にこびり付いた汚れはなかなか人の手で拭いても落とせなかったりするもの。 ブラーバジェットの使い捨てシートで掃除をしてもらえば、想像以上の掃除効果をもたらしてくれると思います。 新しい家だと、それほど床も汚れていませんよね。 ブラーバジェットの力は、古い家のほうがその本領を発揮してくれるでしょう。 私が選んだのはブラーバ 最終的に私が今現在使っているのはブラーバだけです。 ブラーバジェットは、部屋の大きさ的に一度でLDKを掃除しきれなかったので、自然とブラーバばかり使うようになりました。 床のこびり付いた汚れは気になったときにウェットシートで拭いてからブラーバで掃除するようにしています。 掃除機をかける回数も減りますし、床も水拭きされているので裸足で歩いていても気持ちが良いです。 ブラーバにしても、ブラーバジェットにしても、床に物が無い状態にしておかないと、効率よく掃除をしてくれませんので、結果的に前より掃除をするようになりました。 掃除ロボットを買ったのに、前より掃除をするようになるなんて変な話ですね(笑) 私のブラーバとブラーバジェットのレビュー ブラーバとブラーバジェットを実際に使ってみてのレビューをそれぞれ記事にしています。 よりブラーバとブラーバジェットの違いを詳しく知りたい人はぜひ読んでみてください!.

次の