モラハラ 意味。 モラハラ(モラルハラスメント)の定義とは?意味や対処法を解説

モラハラとは、どんな行為が該当しますか?

モラハラ 意味

モラハラ(モラルハラスメント)の定義とは モラハラ(モラルハラスメント)とは、モラル、つまり道徳的に問題となる嫌がらせ行為や言葉のことです。 モラハラには、加害者が「相手を傷つけている」という意識が低いという傾向があります。 モラハラを指摘されても「冗談のつもり」「相手のためを思って言ったのに」と、真剣に受け止めないことが多く、繰り返されやすくなります。 また、加害者だけでなく周囲もモラハラに気付きにくいという特徴があります。 そのため、被害者が嫌がっていることや悩んでいることに気付かず、加害者に同調するような言葉や態度を示し、被害者の苦しみを深めてしまうこともあります。 モラハラとパワハラの違い 相手を道徳的に傷つけるモラハラとは異なり、パワハラ(パワーハラスメント)は立場や権力の違いを悪用した嫌がらせ行為や嫌がらせの言葉を指します。 たとえば、仕事でミスをした部下に対して上司が「次、失敗したら会社を辞めてもらうからな」と言うならば、立場を悪用したパワハラだと言えます。 しかし、実際のところ、モラハラとパワハラは共通することも多く、かならずしもどちらか一方に分類できるわけではありません。 たとえば、仕事でミスをした部下に対して上司が「頭が悪いから失敗が多いのか?」と言ったとしましょう。 大勢の前で能力をけなしたという点ではモラハラと言えますが、部下が言い返せない立場であることを知ったうえで中傷したという点ではパワハラとも言えるのです。 モラハラにあたる具体的な言動 モラハラには、具体的な基準はありません。 相手が「人格を否定された」「自分ではどうしようもないことに対してけなされた」と感じるのなら、モラハラだと判断できるのです。 モラハラの加害者にならないためには、あらかじめモラハラとなる言葉や行為を理解しておき、言わないように・おこなわないように注意する必要があります。 以下の例を覚えて、絶対にモラハラ言動をおこなわないように注意してください。 家庭でのモラハラの例 家庭では、以下のような発言や行動はモラハラとなる可能性があります。 「親しき中にも礼儀あり」を心に留め、夫婦間であっても不快な言動を繰り返さないように注意しましょう。 能力や容姿など、本人の努力ではどうしようもないことに対してからかう 「もう少しかわいく生まれたらよかったのに」「頭が悪いと苦労するね」• 親や親族の悪口を言う 「あんなお父さんを持って不幸だね」「親戚にまともな人がいないね」• 暴力行為や暴言、無視、異常な束縛• 妻や夫の経済活動を監視する 「買い物はすべてレシートを受け取って、毎日見せて」 職場でのモラハラの例 職場でもモラハラはよく見られます。 パワハラと被ることもありますが、次の言動はモラハラと分類されることが一般的です。 大勢の前で叱責する、ミスや好ましくない事柄が周囲に分かるようにする• 陰口を言う、仲間外れをする、無視• 明らかに能力よりも低い仕事しか与えない• プライベートに介入する、プライベートな内容を大勢の前で話す• 明確な理由を教えずに何度も同じ作業を命じたり、やり直しを命じたりする モラハラでつらいと感じたらやるべき4つのポイント モラハラを受けたときは、被害者自身が「モラハラを受けている」ということを自覚することが大切です。 「わたしが精神的に弱いから、些細なことで傷つくんだ」 「わたしの能力が低いから、毎日、注意ばかりされるんだ」 という風に被害者本人がモラハラを自覚していないならば、いつまで経ってもモラハラから脱出することができません。 もし、どんなに気持ちが弱く能力が低い人間であっても、他人から執拗に責められる道理はありません。 「道徳的に考えて相手が間違っている」ということに気付き、自分がモラハラを受けている現実を直視するようにしましょう。 現実を直視したら、次の4点を実践してみてください。 モラハラを受けたときに実践すべきこと• モラハラの言動を記録する• 日記や手帳に詳細を記載し続ける• 精神を病まないように病院に行く• 1人で悩まずに弁護士や専門機関へ相談する 1.モラハラの言動を記録する ほとんどのモラハラは言葉でおこなわれます。 そのため、「わたしの能力が劣ると何度も言いましたよね?」と加害者を追及したところで、言った・言わないの水掛け論になってしまうことが多いのです。 加害者が言い逃れできないように、録音機や録画機を使ってモラハラの記録を保存するようにしましょう。 また、メールやLINE、SNSでモラハラをおこなった場合は、スクリーンショットやプリントアウトで残してください。 LINE等では、送信後に消去する機能もありますので、加害者が記録を消去する恐れがあります。 2.日記や手帳に詳細を記載し続ける 録画機や録音機を使って記録することが難しいとき、また、メールやSNS等ではモラハラ発言をおこなわないときは、日記や手帳に詳細を記載しましょう。 日付や時間、どのような状況なのかについても書いておくことが望ましいです。 録画機等を使うことに比べると証拠としては弱いですが、被害を受けている側の心の流れや加害者の言動の変化を残しておくことができます。 3.精神を病まないよう病院に行く モラハラを受けると精神的にダメージを受けますが、病気になってしまうことは避けたいものです。 とりわけうつ病は長引くことが多いため、精神を病む前にカウンセリングや適切な薬剤で気持ちを軽くするようにしましょう。 周囲の信用できる人々に相談するだけでも心が軽くなることもありますし、気分転換を定期的におこなって気持ちを紛らわせることもできます。 また、心療内科やメンタルヘルスクリニックなどに出かけて、専門家に相談することもおすすめです。 4.1人で悩まずに弁護士や専門機関へ相談する モラハラは加害者に問題があるため、被害者がどんなに悩んでも状況を改善することは困難です。 1人で悩むのではなく、友人や親兄弟、クリニックなどで相談するようにしましょう。 転職や離婚などの具体的な解決手段が必要だと感じるときは、衝動的に行動してはいけません。 かならず弁護士や勤務先の従業員相談窓口などに問合せ、適切な行動に踏み切るようにしてください。 モラハラの定義を理解し、悪質な嫌がらせから自分の身を守ろう モラハラは加害者に「相手を苦しめている」という意識が低いことが多いため、放置しているとエスカレートする可能性があります。 精神を病むまで我慢するのではなく、周囲や専門機関に相談し、早期に解決するように努めましょう。 注目されている他のハラスメントについても記事がありますので、あわせてご覧ください。 【】 【】 【】.

次の

モラハラの意味とは?5個の具体例と対処法

モラハラ 意味

夫のことを無視する• 夫の収入にケチをつける• 子供に夫の悪口を吹き込む• 夫が何をしても否定する• 夫の両親や兄弟に対して冷たく当たる など 夫がモラハラの加害者として話を聞くことがありますが、 妻も夫に対してモラハラをすることがあります。 モラハラの加害者には共通する特徴があります。 自己中心的 モラハラの加害者は自己中心的で、世界は自分を中心に回っていると思っています。 自分の欲望に忠実で、 自分の思った通りにならないと癇癪を起こしたり、相手に責任を押し付けることがあります。 他人を下に見る モラハラの加害者は他人を下に見ます。 しかも、自分より立場が弱い人には強い態度になりますが、 自分よりも高い地位の人、上の立場の人には自分を卑下にした態度をみせます。 平気で嘘をつく モラハラ加害者は平気で嘘をつきます。 嘘だとすぐにわかる嘘をつくこともあれば、 巧妙に嘘をつくこともあります。 共通するのは、嘘をつくことに何のためらいもありません。 嘘がバレたとしても反省しません。 他人の気持ちを理解できない モラハラ加害者は自己中心であり、他人の気持ちを理解することができません。 他人が苦しいとき助けを必要としているときも 相手の気持ちを汲み取ることができません。 価値観を共有できない 夫婦といえど価値観が違います。 しかし夫婦生活を送るうえで価値観の違いを認め、夫婦が話し合いをすることで価値観の違いを乗り越えるわけですが、モラハラ加害者は他者の価値観を認めない、 夫婦であっても価値観を共有することができません。 一人で物事を決める 決断力があると言えば聞こえはいいですが、 夫婦に相談することなく、物事を全て一人でしてしまいます。 夫婦にとって重要な物事であっても一人で決めてしまいます。 このようにモラハラ加害者には共通する特徴があり、夫婦どちらでも加害者となる危険があります。 どのような行為がモラハラに該当するか、またモラハラをする人の特徴がわかったところで、次はモラハラ被害に遭ったときの対処方法について解説します。 モラハラ行為に対して言い返す モラハラで一方的に暴言を吐かれ責められて精神的に参ると思います。 モラハラが続くと言い返す気力も失われるかもしれませんが、言い返さないというのは悪手です。 モラハラをする人は、相手が言い返してこないことをいいことに、 自分が相手をコントロールしていると錯覚して悦に入っています。 しかし、モラハラ行為に対して言い返してきたら、相手が自分よりも強いかもしれない、と考えるようになりモラハラ行為を止めることもあります。 まるで子供のいじめ対策のようですが、 モラハラも一種のいじめだと考えれば納得できる対処方法といえます。 モラハラを相手にしない モラハラをしてくる夫婦に対して相手にしないという対処方法があります。 夫婦がモラハラをしてくる理由に、承認欲求があります。 夫婦に認めてもらいたくて、 夫婦に対して強い態度、キツイ態度に出る人もいます。 そのような夫婦に対しては、モラハラに対してまともに取り合わない、モラハラをしてくる夫婦と一言も口を聞かないという対処方法があります。 モラハラの証拠を集める モラハラ行為がエスカレートして、 精神的暴力だけでなく、身体的外傷を伴う暴力に変わることもあります。 そうなる前に、離婚を考える夫婦もいますが、モラハラが原因で離婚する場合、モラハラ行為の証拠が必要となります。 夫婦が日常的に暴言を吐いていることを証明するため、ビデオに録画したり、ボイスレコーダーを使って会話の内容を録音しておきます。 また、どんなモラハラを受けたか、 被害の内容を日記に残すことで、モラハラの証拠を集めます。 モラハラは、夫婦だけでなく、子供に対しても行われることがあります。 子供の将来のこと、自分の未来の事を考えて、どうしたら一番良いのかを考え、モラハラに対する予防と準備を行ってください。

次の

モラルハラスメント(モラハラ)とは何か? その特徴と対策を解説

モラハラ 意味

1、 モラハラ(モラルハラスメント)の意味は? そもそも、モラハラとはどのような意味なのでしょうか? モラハラは、モラルハラスメントの略です。 モラルとは倫理や道徳といった意味であり、 ハラスメントは嫌がらせといった意味ですから、 倫理や道徳に反した嫌がらせ、という意味合いです。 具体的には、相手を無視したり暴言を吐いたり、にらみつけたり、嫌みを言ったり嫌がらせをしたり、馬鹿にしたりして相手を貶めたり不機嫌にふるまったりする言動をとることです。 「大人のいじめ」のようなイメージであると言うと、わかりやすいかもしれません。 モラハラというと、一般的に夫婦間の問題で、モラハラ夫と被害者の妻、というイメージがありますが、実際には、妻がモラハラを行っていて夫が被害を受けているケースもあります。 また、夫婦や家庭内のモラハラだけではなく、職場でモラハラが行われることもかなり多いです。 職場の人間関係で苦しい思いをされている方も、一度モラハラ被害を受けているのではないか、考えてみると良いでしょう。 2、モラハラとパワハラの違いは? モラハラは、職場で行われることも多いのですが、職場で受ける嫌がらせとしては、「パワハラ」もあります。 「モラハラ」と「パワハラ」は何が違うのでしょうか? それぞれの特徴を、確認していきましょう。 (1)そもそもパワハラとは 厚生労働省によると、職場でのパワハラとは、以下のようなものと定義されています。 「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」 パワハラは「職務上の人間関係」を利用しているというところに大きな特徴があります。 多くのケースでは、上司がその立場を利用して、部下にパワハラを行うことになります。 そして、パワハラは、以下の 6つのパターンに分けることができます。 たとえば、胸ぐらをつかんだり、暴行を加えたりケガをさせたりします。 大声で怒鳴りつける行為もパワハラとなります。 たとえば、侮辱的な発言をしたり脅迫したり、名誉毀損的な発言をしたり、ひどい暴言を吐いたりする場合です。 チームから隔離したり、仲間外れにしたり、無視したりするものです。 合理性もないのに、高い能力を持った人に対し、延々とコピーをとるだけの作業をさせたり、資料の整理のみをさせたりすると、パワハラとなります。 たとえば、部下を休日に呼び出したり、業務時間外にメールや電話をかけたり、 SNSで友達申請をしていろいろと意見を言ったり、家庭生活について質問をしたりすると、パワハラになる可能性があります。 (2)モラハラとパワハラの違い 以上のパワハラに対し、モラハラは、倫理を外れた嫌がらせ行為を言いますので、特に職務上の人間関係を利用している必要はありません。 上司から部下に対して行われるものだけではなく、同僚間で発生することもありますし、部下から上司へのモラハラが行われる可能性もあります。 また、パワハラは職場で行われるものですが、モラハラは家庭でも発生します。 夫婦間のモラハラが特に多いですが、ときには親子間のモラハラもあります。 さらに、モラハラの場合、直接的な暴行(身体的な攻撃)は含まないと考えられます。 モラハラは、言葉や態度で相手を追い詰める行為です。 3、モラハラにあたる具体的な行動・態度(家庭編) 家庭で問題となるモラハラ行為には、以下のようなものがあります。 妻(夫)をとことん貶める• 暴力を振るわず、暴言を吐く• 相手を認めない• 平気で嘘をつく• 自分の間違いを認めない• 妻(夫)を異常に束縛する• 子どもに妻(夫)の悪口を吹き込んで、洗脳する• 細かい、欲が深い 4、モラハラにあたる具体的な行動・態度(職場編) 職場でのモラハラ行為の具体的な行動は、以下のようなものです。 無視をする• チームから仲間はずれにする• 陰口を言う• 誹謗中傷する• 馬鹿にしたような視線を送る• 冷笑する• 仕事に必要な情報を与えない• 過小な業務しか与えない• プライベートに介入してくる 5、モラハラに遭ったらまずやっておきたいこととは? 家庭や職場でモラハラを受けたとき、やっておきたいことをご紹介します。 (1)モラハラの言動を録音する モラハラ被害に遭ったとき、まずは証拠を集めることが大切です。 証拠がないと、どこに相談をしても、動いてもらうことができないからです。 モラハラの直接的な証拠としては、録音データが役立ちます。 特に、相手が暴言型のモラハラである場合には、この方法が効果的です。 暴言を吐かれているとき、延々と説教をされているとき、相手がこちらの名誉を毀損するような言動をとっているときなど、 ICレコーダーなどで録音しておきましょう。 (2)メールや LINEのデータをとる 夫婦間のモラハラなどの場合には、メールや LINEの記録が役に立ちます。 モラハラをする人は、外面が良いことは多いのですが、妻(夫)へのメールや LINEでは、暴言や束縛の内容を平気で書いてくることがあるからです。 もちろん、職場の人からのモラハラであっても、メールや LINEの内容が役立つことがあります。 スクリーンショットを撮ったり、バックアップをとったりして、確実に保存しましょう。 (3)相手からわたされた書類やメモを保存する モラハラをする人は、相手に対して高圧的な内容の指示書を渡したり、束縛するためのメモを渡したりすることがあります。 たとえば、びっしりと行動内容を決められた「 1日の予定表」が渡されることもありますし、嫌みな言葉が書かれていたり、明らかに処理出来ないほどの量の仕事の指示書が渡されたりすることもあります。 もし、相手から渡された書類で、相手の非常識な言動を窺わせるものがあれば、捨てずにきっちり保存しましょう。 (4)日記をつける モラハラの証拠を残すには、日記や手帳への記載も行っておくべきです。 こうした証拠は、簡単にねつ造できそうにも思えますが、毎日のように詳細につけている場合、後からねつ造することは困難と考えられるので、有効な証拠となるのです。 (5) SNSの画面を保存する 嫌がらせ行為が SNS上で行われている場合には、そういった画面上の表示も証拠化しておくべきです。 たとえば、相手の SNS画面に名誉毀損的な言葉が書き込まれていたとき、自分の SNSに嫌な言葉を書き込まれたときなどには、その画面を写真で撮影するか、スクリーンショットを撮影しておきましょう。 プリントアウトして紙の形にしておく方法も効果的です。 書き込みがあるうちに証拠化しておかないと、後になって、相手が書き込みを削除してしまうおそれもあるからです。 (6)病院に行く モラハラ行為によって精神的に追い詰められると、うつ状態などの精神症状が出ることがあります。 その場合には、心療内科や精神科などの病院に行き、医師に診断書を書いてもらいましょう。 (7)相談する モラハラ行為の証拠をある程度集めたら、しかるべき機関に相談をしましょう。 酷いモラハラで被害者の気持ちが持たない場合には、弁護士に相談をして、早期に離婚を進めることが有効な解決方法となるケースが多いです。 また、離婚したくない場合でも、弁護士相談は有効です。 相談したからといって、むやみやたらに離婚を進められるわけではなく、ケースに応じた判断を適切に行ってもらえるので、恐れずに一度は相談してみましょう。 社内では相談しづらい場合や、相談しても解決につながらない場合には、都道府県の労働局に相談をしましょう。 それでも解決できない場合には、弁護士に相談しましょう。 弁護士から相手に警告を出すと、モラハラ行為が止まることがありますし、場合によっては慰謝料請求できるケースもあります。 6、モラハラに遭ってしまった場合に相手方に要求できることは? 最後に、モラハラに遭ってしまったときに、相手に要求できることを、確かめておきましょう。 (1)モラハラをやめるよう、請求できる まずは、モラハラ行為をやめることを請求できます。 ただし、自分で直接相手に請求しても、相手は聞く耳を持たないことが普通です。 弁護士に依頼して、弁護士から内容証明郵便で通知書を送ってもらうと良いでしょう。 この方法は、夫婦間のモラハラより、特に職場でのモラハラのケースで威力を発揮します。 (2)慰謝料請求 次に、慰謝料請求ができます。 モラハラ行為は不法行為であり、被害者は、モラハラによって大きな精神的苦痛を受けます。 そこで、その精神的苦痛に対する損害賠償金である慰謝料が発生するのです。 慰謝料請求をするときにも、被害者が自分で請求しても支払いを受けることが難しいでしょうから、弁護士に依頼することをお勧めします。 (3)離婚請求 夫婦間のモラハラの場合、モラハラが離婚原因となるケースがあります。 モラハラの程度が酷く、夫婦関係を継続していくことが困難になり、婚姻関係が破綻してしまったケースでは、モラハラ夫 妻 に対し、離婚請求することができます。 モラハラが法律上の離婚原因となるときには、相手が離婚を拒絶しても、裁判をすることで強制的に離婚が可能となります。 まとめ 今回は、モラハラの意味について、解説しました。 モラハラは、家庭内のものと職場でのものがあります。 どちらのケースでも、放っておくと、被害者がどんどん追い詰められてしまいます。 早めに証拠を集めて、弁護士などの然るべき機関に相談をして、助けを求めましょう。 カテゴリー• 101• 153• 190• 129• 118• 135• 361•

次の