ワン サイド ゲーム。 青春ワンサイドゲーム [Psy(ニシカワ)]

高校野球で、圧倒的ワンサイドゲームになった場合。。。

ワン サイド ゲーム

「この試合はワンサイドゲームになってしまった」「ワンサイドゲームは面白くない」バスケ観戦をしていてたまに聞く用語「ワンサイドゲーム」とは一体どのようなことを指すのでしょうか。 またどのような試合がワンサイドゲームになりやすいのか、なぜワンサイドゲームだと面白くなくなってしまうのか解説します。 ワンサイドゲームの意味 ワンサイドゲームとは英語の直訳だと1つの側に偏った試合ということになります。 つまりはその説明通り、試合を行っているチームのどちらかが圧倒的な強さを見せ、試合終了を待たずに勝敗が決まってしまっているものを指します。 ワンサイドゲームになりやすい試合とは NBAなどプロの試合では戦力がそれほど偏っていることは少ないのでよほどのことがない限りワンサイドゲームになることはありませんが、高校生や中学生などアマチュアの大会では時折起こります。 地区予選大会では、対戦相手が全国大会の常連高校と毎回予選敗退の弱小高校とがぶつかることもあるからです。 ワンサイドゲームになっても高校野球のように点差によってコールドゲームがないのがつらいところですね。 ワンサイドゲームだと試合がつまらないワケ ワンサイドゲームになってしまうと試合展開が一方的になるので、どちらが勝つのかドキドキハラハラがなくなります。 そして応援する意欲も消えてしまうでしょう。 それはコートの中の選手も同じことです。 ワンサイドゲームになった時点でやる気をなくしてしまうので、見ている側だけでなくプレイヤー側も全く面白くなくなってしまうのです。

次の

遊戯王のワンサイドゲームを作ったヤバいデッキの歴史!環境を大幅に変えた結果そう経たずに規制されていく悲しみ……

ワン サイド ゲーム

2019-01-13 21:14 かつてワンサイドゲームを作り上げたデッキ一覧 「エクゾディア」 第 1期で活躍したデッキです。 その名の通り 「封印されしエクゾディア」による特殊勝利を狙います。 この当時は 「強欲な壺」や 「天使の施し」等の強力なハンドアドバンテージカードが使用可能で、次々とドローすることで 「エクゾディア」を手札に引き込めました。 「八汰ロック」 第 2期で猛威を振るったデッキです。 デッキの主軸となる 「八汰烏」スピリットモンスターであり、 戦闘ダメージを与えた場合に次の相手のドローフェイズをスキップする効果を持ちます。 その特性から、一度決まった時点で 相手の手札に逆転する手立てがない場合は一方的なデュエルになります。 ドローできないということはそれだけで強力な相手の行動妨害になるので、場合によっては 「八汰烏」で直接攻撃するだけのターンが相手のライフがなくなるまで続いたりもします。 「レスキューシンクロ」 少し飛んで 第 6期に活躍したデッキです。 シンクロ召喚が本格的に環境で使われるようになり、 「レスキューキャット」等の 1枚でシンクロ召喚へ繋げられるカードに注目が集まりました。 今では エラッタされましたが、当時はエラッタ前の 「レスキューキャット」であったためターン 1制限もなく特殊召喚したモンスターの効果を使えたため簡単にシンクロモンスターを複数体並べることが可能でした。 更に言えばエラッタ前の 「ゴヨウ・ガーディアン」や 「氷結界の龍 ブリューナク」に繋げられることもワンサイドゲームにした原因の一端です。 エラッタに関してはコチラの記事で解説しております! 2018-03-30 23:29 「インフェルニティ」 第 7期に登場したテーマデッキです。 手札 0枚の状態、ハンドレスを駆使することで圧倒的なまでのアドバンテージを稼げるデッキです。 このあたりからソリティアと呼ばれるコンボなどの連続により ターンが長くなるという状況が良く見られるようになりました。 「魔導書」 第 8期に活躍したデッキです。 登場した当初はファンデッキとしての運用がメインでしたが、今では 禁止カードになっている 「魔導書の神判」が登場したことで大量展開した後も手札の損失がほぼないという 恐ろしい回転力のデッキになりました。 「征竜」 第 8期に 世界大会での 優勝記録すら持つデッキです。 登場当初は 「征竜」を主軸としたデッキの構築は難しいと思われていました。 しかし下級 「征竜」 4体が登場したことで評価は大きく見直され、ランク 7エクシーズも併せたレベル 7主軸デッキとして 高い対応力とアドバンテージの獲得能力で環境に名を上げました。 「 EM+ Em」 第 9期に環境で猛威を振るったデッキです。 「 EM」と 「 Em」を組み合わせることでアドバンテージを稼ぎ、当時は使用可能だった 「星守の騎士 プトレマイオス」等を使って制圧力の高いモンスターに繋げることで 相手を簡単に封殺することが出来ました。 「十二獣」 第 9期で環境をほぼ制したデッキです。 登場してすぐに注目されて環境に名乗りを上げました。 モンスター 1体からの連続エクシーズ召喚などによって大量にアドを稼ぐその強力さは当時環境トップであった 「 ABC」デッキですら 太刀打ちできないほどでした。 後に出張性能にも注目が集まり、出張採用するデッキも増えました。 まとめ 環境で大きく活躍したデッキを紹介しましたが、改めて振り返ってみればそのどれもが規制による弱体化を受けたことが分かります。 一時期は強すぎるあまり環境を一色に染めるものの、すぐに 規制されて環境から姿を消すというのは何度見ても悲しいものがあります。 先攻ワンキル同様ワンサイドゲームになりやすいというのはカードゲームとしては避けるべきことだと思うので、 今後はそういったことがないように慎重に新規カードや新規テーマを作って行って欲しいというのが正直な感想です。

次の

ドミニオンの戦略

ワン サイド ゲーム

21年前の夏を振り返る工藤さん 【気になるアノ人を追跡調査!!野球探偵の備忘録】1998年7月18日、青森県営球場。 全国ニュースで取り上げられ、いきなり世間の賛否両論にさらされたみちのくの球児たちは、どんな思いで試合に臨んでいたのか。 「もう20年以上前の出来事で、記憶もだいぶ薄れてきました。 それでも、6回に選手がグラウンドに出て行ったときの大声援は忘れられません」 当時25歳、監督就任1年目だった工藤慶憲は歴史的試合をそう振り返る。 赴任当初、部員は4人。 熱心な勧誘で新入生6人が入部したが、野球経験の不足は明らかだった。 「キャッチボールもままならない感じで、バッテリーを作れるだけの選手がいなかった。 ストライクが入らないし、フライがまったく捕れない。 それでも、さすがにあれは想像してませんでしたが」 迎えた夏の初戦、相手は4度の甲子園出場を誇る私立の古豪・東奥義塾。 深浦は初回から39失点、ようやく3つ目のアウトを取るころには、すでに1時間近くが経過していた。 終わりの見えない猛攻が続くなか、数え切れないほど腕を回した東奥義塾の三塁コーチは熱中症で救護室に。 深浦の選手にも明らかに疲労の色が浮かんでいた。 通常、けがなどで選手がいなくならない限り棄権となることはないが、試合展開は想像を絶していた。 当時の青森県は5回コールドの規定はなく、7回までは戦わなければならない。 5回終了時、工藤はナインを集めて一人ひとりに問うた。 「試合続行か、放棄か、それとも決断を私に委ねるかの3択でね。 ほとんどが私に任せると。 なかには『もうボールが見えません』と言うやつもいた。 そのなかで、エースの佐藤が一人『監督の判断でいいです。 ただ、応援してくれてる人もいるんですよね…』と決めかねていた。 整備が終わっても長いこと出てこなかったので、スタンドがざわつき始めて、審判の方にもせかされて。 じゃあ、出しましょうかと」 ナインが守備位置に駆け出した瞬間、球場は割れんばかりの歓声に包まれた。 部員数の多い東奥義塾のスタンドにはメガホンを持った控え部員がいたが、深浦スタンドは保護者の姿さえまばら。 声援のほとんどは大差でも観戦をやめない、一般の観客によるものだった。 「一瞬、何が起こったかわからなかった。 佐藤に言われるまで、私自身も応援されているということ自体を忘れていた。 その回から、選手は変わりましたね。 動きは変わらずとも、表情がみるみる生き返っていった」 結果は打者5人に計6度のサイクル安打を浴び、打線はノーヒットノーラン。 7回コールドも、149打席で86安打、7本塁打、76盗塁と記録的な数字が並んだ。 全国ニュースでも大々的に取り扱われ、両校には「よく頑張った」という称賛の一方「試合に出る資格がない」「そこまでやるべきではない」という否定的な声もあった。 東奥義塾は次の試合で工藤が前年まで臨時講師をしていた田名部と対戦。 「だいぶ脚色されて、道徳の教材になったりもしました。 みんな美談にしたがりますが、何が何でも試合を続けたいという強い気持ちがあったわけじゃない。 ただ、投げやりになったり、ふてくされたりはしなかったあの子らを、最後まで応援してくれたことがうれしかった。 子供たちの可能性は計り知れない、それに気づかせてくれた大敗です」 深浦は2007年、生徒数の減少による統合で木造高校深浦校舎に名前を変えた。 図南小4年のときに野球を始める。 長者中では軟式野球部所属。 八戸北では外野手として3年夏に県ベスト16。 宇都宮大では軟式野球部でプレーを続ける。 大学卒業後、97年に田名部に臨時講師として赴任。 98年から深浦に移り監督に就任。 その後八戸東、八戸北を経て2017年からは青森県庁学校教育課で業務に携わる。 177センチ、80キロ。 右投げ右打ち。

次の