間隔 を あける 英語。 ワードの文字間隔の調整方法(そろえる・詰める・均等など)

”社会距離”

間隔 を あける 英語

「書式」「段落」を開くと、配置が「両端揃え」になっていると思います。 日本語の場合、単語の途中で改良するのはありありなので、それで問題ないのです。 1の方が書かれているように、段落の設定を「左揃え」にすれば、上記のような間はあかなくなります。 標準スタイルの段落設定を左揃えに設定すれば、文書全体にその状態が適用されます。 その代わり、行の右端に(ページ設定の余白で設定した所まで)間があきます。 モニタ上では上付きの小さな丸が表示されますが、印刷されない半角スペースになります。 (もしかしたら、このスペース使うと校正などのツール使えないかもしれません。 確認してませんのでご了承ください。 )このスペースは、続けてアルファベットを打っているのと同じ扱いのスペースなので、Wordが自動でする文字間の余白取りの対象外になります。 この回答への補足 左揃えにすると、ご指摘のとおり、行の右端に間が開いてしまいました。 しかし私のモニター上には、上付き小さな丸は表示されませんでした。 でも一応異様なスペースはなくなりました。 しかしまだ問題が残っています。 日本語入力中に、(abcd,1234)のように、括弧記号とアルファベットと数字が混在すると、日本語だけの行よりも文字と文字のスペースが大きくなってしまい、これも見た目が不自然な感じです。 これはどのようにしたら、改善するでしょうか? 再度ご教示いただけると助かります。 よろしくお願いいたします。 2です。 読み返してみたら「単語の途中で改良」じゃなくて「単語の途中で改行」でした。 大変失礼しました。 またモニター上のみの上付き丸が表示される件ですが、私の方では編集記号のを全て表示させて作業しているからでした。 今一つキレイにレイアウト出来ないとの事ですが、これは何処まで妥協するか、という面もあると思います。 英数字を全角括弧で囲むと、括弧と日本語の文字列の間のすき間が私も気になりますが、MSPフォントは使いたくないので我慢。 英数字を半角括弧で囲むと、括弧と日本語の文字列が詰まりすぎますので半角スペースをいれなくてはならなくなる。 でも、英数字のフォントを変えると見え方が全く違ってきたりします(例えばデフォルト設定のCenturyからTimes New Romanに変える)。 あとは全体のフォントサイズを0. 5下げるだけで、1行に入る文字数が増えて次行に送られていた文字がしっくり収まったりもします。 日本語のフォントと違和感をなく整然と文字を配置して見た目を何とかすると考えるのならば、英数字も日本語と同じフォントを使う、という手もあるかもしれません。 でもMS明朝の半角英数字は、あまりキレイではないですね。 根本的な解決にならずスミマセンッ。 A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。 A ベストアンサー おそらくなのですが、 Wordのワードラップの機能のせいだと思います。 html これは英文の時に起こることがあります。 解除すれば、改行されずにすみます。 1.英文ワードラップを設定する段落をクリックします。 2.[書式] メニューの [段落] をクリックし、[体裁] タブをクリックします。 3.[改行時の処理] で、[英単語の途中で改行する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。 もう一つ考えられるのが禁則処理です。 たとえば「ー」や「、」「。 」等の句読点といった物が行頭にくると、それらが行頭にこないよう自動的に改行をいれ、スペースを調整する機能がついています。 Q エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。 両者の違いが良くわかりません。 宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。 (例) セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3. 89444、STDEVPでは3. 741657となります。 また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る 182 、これをデータの個数13で割る 14 、この平方根を取ると3. 741657となります。 では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。 A ベストアンサー データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。 また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。 で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。 公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。 まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。 AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

次の

ワードで英文を作成すると、行間が広すぎる。米版、日本語版の比較につ

間隔 を あける 英語

A ベストアンサー 「書式」「段落」を開くと、配置が「両端揃え」になっていると思います。 日本語の場合、単語の途中で改良するのはありありなので、それで問題ないのです。 1の方が書かれているように、段落の設定を「左揃え」にすれば、上記のような間はあかなくなります。 標準スタイルの段落設定を左揃えに設定すれば、文書全体にその状態が適用されます。 その代わり、行の右端に(ページ設定の余白で設定した所まで)間があきます。 モニタ上では上付きの小さな丸が表示されますが、印刷されない半角スペースになります。 (もしかしたら、このスペース使うと校正などのツール使えないかもしれません。 確認してませんのでご了承ください。 )このスペースは、続けてアルファベットを打っているのと同じ扱いのスペースなので、Wordが自動でする文字間の余白取りの対象外になります。 A ベストアンサー 他の方がほとんどお答えになってますが、一応アメリカで現役の大学生なので参考までに… フォントは10~12ptがいいと思います。 あとダブルスペースはマイクロソフトのwordであればctrl+2のショートカットキーで簡単にできるので、最後にすればいいと思います。 マージンなんかは特に指定がないのであれば、常識的に見ておかしくない程度であればいいと思いますよ。 アメリカではMLA形式というのが一般的ですけど、手元にあるwritingの本を参考にすると、まずタイトルページを最初につけて、ペーパーのタイトル、自分の名前を真ん中部分に書きます。 で、下のほうに教授の名前とクラス名、それと日付。 本文の最後には別ページで参照文献のリストも必要です(もしあれば) あと英文を書く上での常識ですけど、段落の最初はスペース5つですよ(笑) あとは上の部分をホッチキスで止めて(プラスチックファイルはいやがる人もいます)提出かな? 念のために自分の分もプリントアウトしておいたほうがいいかもしれないですね。 ちなみに、wordの文法チェックはあてにならないので、うっとおしいならきっといたほうがいいですね。 スペルチェックは最後に確認程度で使うのがいいかな?自動修正するようにするとこれもうざったいです。 じゃーがんばってくださいね。 他の方がほとんどお答えになってますが、一応アメリカで現役の大学生なので参考までに… フォントは10~12ptがいいと思います。 あとダブルスペースはマイクロソフトのwordであればctrl+2のショートカットキーで簡単にできるので、最後にすればいいと思います。 マージンなんかは特に指定がないのであれば、常識的に見ておかしくない程度であればいいと思いますよ。 アメリカではMLA形式というのが一般的ですけど、手元にあるwritingの本を参考にすると、まずタイトルページを最初につけて、ペーパー... A ベストアンサー 気になったので昔読んだ本でindicationについて調べてみました。 どうやらOne-half inchまたはfive spacesのようです。 -------------------------------------------------- Begin the first line of each note one-half inch or five spaces from the left margin. Do not indent subsequent lines of the same note. -------------------------------------------------- ただ、同じ本のChicago Style Endnotes 巻末 の項目には -------------------------------------------------- Indent the first line of each entry three spaces. -------------------------------------------------- とありますが、本全体ではfive spacesが主流のようです。 この本はHunter College, City University of New York いわゆるCUNY の教授によって書かれています。 これが標準と考えて差し支えないでしょう。 Raimes, Ann. Keys for Writers. 2nd Edition. New York: Houghton Mifflin. 気になったので昔読んだ本でindicationについて調べてみました。 どうやらOne-half inchまたはfive spacesのようです。 -------------------------------------------------- Begin the first line of each note one-half inch or five spaces from the left margin. Do not indent subsequent lines of the same note. -------------------------------------------------- ただ、同じ本のChicago Style Endnotes 巻末 の項目には -------------------------------------------------- Indent...

次の

勉強の間隔/時間をあけてしまった って英語でなんて言うの?

間隔 を あける 英語

She writes a monthly fashion column for the weekly. 彼女は週刊誌に月一度ファッションコラムを寄稿している every や each でも表現できる 定期刊行物は daily、weekly といった語で表現されますが、日や週ごとに行われる・催されるという叙述を行う場合は every day や every week のようにも表現できます。 every day は everyday とは意味が異なるので、書き分けに注意しましょう。 every day 型の表現は every two days(2日ごと)のように応用できます。 「隔週」「隔月」「隔年」を表現する 毎度ではなくひとつ飛ばして(2回に1度のペースで)行われる様子は、日本語では 隔週や 隔月と表現しますが、英語ではこれを 接頭辞の bi- を付けて biweekly 、 bimonthly のように表現します。 bi は数字の「2」を意味する接頭辞です。 「隔週」よりも「 2週間ごと」のように訳してみると腑に落ちやすいかもしれません。 a biweekly bulletin 隔週の会報• a bimonthly publication 隔月の出版 I participate in the volunteer activity biweekly. 私は2週間に1度ボランティアに参加します 「週2回」の意味もあり得る 接頭辞の bi- は、それ自体は「2」の意味合いしかありません。 必ずしも「2回に1回」を意味するとは限らず、逆に「1回に2度」を意味する場合もあり得ます。 つまり、 biweekly は「2週に1回」だけでなく「 週2回の」という意味で用いられる可能性もあるわけです。 biweekly が「隔週」と「週2回」のどちらの意味で用いられているか、これは文脈で判断せざるを得ないということなりますが、通例としては「週2回」は semiweekly の語で表現され、biweekly はもっぱら隔週の意味で用いられます。 semi- は「半分」を意味する接頭辞で、semiweekly は半週ごとといった意味合いです。 twice-weekly とも表現できます。 He started writing his semiweekly column for the newspaper. 彼は新聞で週2回のコラムを連載しはじめた 月単位の表現も、同じく bi- や semi- を加えて表現できます、• bimonthly 隔月(または月2回)• semimonthly 月2回 隔年の表現は週月に対してイレギュラー biweekly は「隔週」と「週2回」のどちらの意味もあり、bimonthly も「隔月」および「月2回」のどちらの意味もあります。 そしてもっぱら隔週・隔月の方の意味で用いられます。 他方、 biannual は「隔年」の意味では用いられず、これはもっぱら「年2回の」という意味で用いられます。 biannual と semiannual は同義語です。 隔年と表現する場合は every two years または every other year のように表現するか、あるいは biennial と表現します。 the biannual conference of the publication committee 出版委員会の年2回の会議 biannual と biennial も読み違えやすい紛らわしい語なので注意が必要でしょう。 「季刊」「四半期」「半世紀」を表現する 出版の分野では、1年に4回のペースで刊行されるものを「季刊」と表現します。 英語では「4分の1(年ごと)」という意味で quarterly と表現されます。 a quarterly magazine 季刊誌• interest is paid quarterly 利子は年4回支払われる 1年を4分割する考え方は、ビジネス分野では会計期間の単位として用いられます。 日本語では四半期と呼ばれます。 英語ではこれを quarter と表現します。 (quarterly の名詞形です) 会計年度における四半期は時系列順に「第1四半期」や「第2四半期」のように呼び分けられます。 これは英語では序数を用いて the first quarter、 the second quarter のように表現します。 単位期間あたりの頻度を表現する言い方 「週2回」「週3回」を表現する 期間内に何度行ったかという「頻度」の表現は、英語では「回数」と「期間」と並べる形をとります。 いわゆる 倍数表現が用いられ、「1回」は once、「2回」は twice 、「3回」およびそれ以降は 数字+times で表現します。 (3回には「thrice」という語がありますがあまり用いられません)• twice a week 週2回• three times a month ひと月に3回 「3週間で2回」を表現する 「回数+期間」のうち期間の部分が2以上の数を取る場合、前置詞の in を伴います。 once in two weeks 2週間に1回• twice in three weeks 3週間に2回 期間が空いた状況を表現する言い方 「2日おき」を表現する 何日 おき(置き)に、という表現は、じつは日本語に曖昧さのある表現です。 たとえば「2日おきに」と言う場合、中2日を置いて「3日に1回」の間隔を指すのか、それとも2日目にまた機会があるという意味で「2日に1回」の間隔を指すのか、判然としません。 どちらの意味でも使われ得ます。 もし「2日おき」を「2日に1回」の意味で用いるなら、 every other day や every second day 、あるいは every two days のように表現できます。 (every two day s には複数形のsが必要です) もし「2日おき」を、中2日おく「3日に1回」の意味で用いるなら、 every third day または every three days のように表現することになります。 週も同様 週単位で「1週間おき」のように表現する場合も、 day を week に置き換えて同様に表現できます。 1週間おきを「週ごと」の意味で用いるなら、 every week 、 weekly と表現できます。 月も年も同様 1月おき = every other month、 every second month、 every two months 1年おきに= every other year、 every second year、 every two years 「2年ぶり」を表現する 「2年 ぶりに」という言い方は、英語では「この2年間で初めて」のように表現します。 具体的には、 for the first time in two years が「2年ぶり」を直接に示す英語表現です。 5年ぶりに両親を訪ねた 「久しぶり」を表現する 「久しぶり」はブリはブリでも「2年ぶり」のような叙述とは別物です。 具体的な数字を示すわけではなく抽象的に「しばらく」と述べるような場合は、a while やa long time といった表現が使えます。 (しばらく経っちゃいましたね)、 Good to see you again! (また会えて何より)といった表現がうまく使えます。 頻度 どのくらいの間隔で?という「頻度」を尋ねる場合は How often ~ ? という質問フレーズが使えます。

次の