エヴァンゲリオン 死亡。 なぜエヴァンゲリオンの庵野秀明は自殺しようとしたのか?

アダム(白き月)とリリス(黒き月)とリリン、使徒とエヴァ。知恵の実と生命の実。【エヴァンゲリオンFANさいと】

エヴァンゲリオン 死亡

エヴァンゲリオンに登場する 「惣流・アスカ・ラングレー」は、本作のメインヒロインです。 素直になれない14歳のリアルな姿を、とことん表現しているため、彼女のファンになった読者は少なくありません。 そんなアスカですが、とんでもない裏話があるのをご存知ですか? ここでは、 アスカが経験したヤバすぎる過去や壮絶な結末、今後の予想について紹介していきます。 1.アスカが経験したヤバすぎる過去とは? アスカは、 「幼少期に母親が精神を病んだ」という過去を経験しています。 EVA接触実験の後遺症で、彼女の母親を精神を病み、人形を自分の娘だと思い込むようになりました。 スポンサーリンク 娘をまったく見てくれなくなった母親に、アスカは子供心ながらに大変なショックを受けます。 どうにか自分を見てほしいと、母親を振り向かせるために懸命に努力を重ねました。 ところが、その努力もむなしく、母は娘だと思い込んでいる人形と一緒に自殺したのです。 このように、アスカはヤバすぎる過去を経験しています。 2.アスカに見られる個性的な性格とは? アスカは、 どんな性格をしているのでしょうか?• 自意識過剰• プライドが高い• 負けず嫌い• ツンデレ• 素直になれない• 優しい 彼女の言動を確認してみると、上記の性格が判明しています。 過去のトラウマがある影響で、承認欲求を満たそうとするため、プライドが高く 負けず嫌いな性格をしているんですね。 スポンサーリンク 本来の彼女はとても優しく、他人の痛みに敏感ですがその部分を表に出そうとはしません。 14歳らしく素直ではないという、年齢的な要素も関係しているのではと考えられています。 3.アスカのパイロットとしての能力が規格外だった… 本作はロボットが敵と戦うというもので、アスカ自身に戦闘能力なるものはありません。 アスカはパイロットとしてエヴァンゲリオンを動かし、敵を撃破する能力に優れています。 それは規格外と言っても過言ではなく、進路率において当初は トップの成績を残しました。 物語が進むにつれて、エヴァの稼働すら困難な状況に追い込まれるも、暴走させたことは一度もありません。 戦闘技術においても、格闘や射撃で 他者の追随を許してはいないのです。 アスカがどれほど努力を積み重ねて、パイロット能力を磨いたかが分かります。 4.アスカとシンジの不思議な関係 アスカはシンジを、パイロットとして自分よりも下だと思っていました。 当初はその通りでしたが、物語が進むにつれてシンジが実力で上回るようになり気持ちを乱していきます。 それと同時に、シンジに対して恋愛感情を抱くようになり、素直になれない性格から、シンジに 複雑な感情をぶつけているんですね。 スポンサーリンク 一方のシンジというと、旧劇場版でアスカを「女性」として見ている描写がありました。 しかし、シンジがアスカを好意的な目で見ているのかは、ハッキリしません。 今のところ、アスカの片思いという見方が自然ですが、本当の所は分からないのでかなり 不思議な関係と言えるでしょう。 5.アスカに待ち受けていた壮絶な結末 サードインパクトが始まり、全人類の肉体が液化する中、アスカとシンジは赤い海に囲まれた白い砂浜に横たわっていました。 これでエヴァンゲリオンは完結となった訳ですが、その後どうなったのか 何も分かっていません。 シンジはそれぞれが個人として存在する従来の世界を望み、 人類補完計画から外れます。 そのため砂浜にいるのは分かりますが、どうしてアスカもいたのかは明言されていないんですね。 読者の予想によると、「アスカはシンジと一緒にいたいと願い、シンジの選択に同意した」とのこと。 こうした2人は、「アダムとイブ」のような状態になりました。 6.アスカの今後の予想が衝撃的だった… アスカは今後、 「シンジと新世界の王として君臨する」と予想されています。 2人だけが世界に取り残されてしまったので、ここから2人しかいない人生がスタートしました。 子孫で地に人が満ちたとき、2人は新世界の王として君臨し 絶大な権力を持つようになります。 こうして、今の時代と変わらない、もしかするともっと悪化した世界になるのではと、ファンは考えています。 事実かどうかは不明ですが、もし本当なら衝撃的すぎますね。 7.アスカの声を担当した有名声優とは? アスカの声を担当しているのは、 宮村優子さんです。 声優以外にも様々な分野で活躍しているタレントで、多くのファンを抱えています。 2005年以降は、ほとんど声優活動をしていませんが、アスカの声は引き続き担当しています。 それだけ、アスカといえば宮村優子さんとの認識が、ファンの間で根強いのでしょう。 まとめ アスカは恵まれた環境の中で生活していた訳ではなく、 壮絶な過去を経験していました。 当初は元気だったものの、物語が進むと精神を蝕まれ廃人同然のような状態になるなど、何かとインパクトを残しています。 今後、シンジと2人だけの世界で王として君臨すると予想されており、どうなっていくのか注目したいですね。

次の

知っておきたいエヴァンゲリオンの秘密5選 「気持ち悪い」は実話が元

エヴァンゲリオン 死亡

A post shared by on Apr 25, 2013 at 6:31am PDT エヴァンゲリオンQ(映画)のあらすじをまずネタバレなしでお送りします。 序、主人公の碇シンジは父によって第三新東京という架空の街に呼ばれ、説明もなく半ば無理やりエヴァンゲリオンに乗せられ敵である使徒と戦闘。 シンジはあっさり負けてしまうがエヴァンゲリオンが勝手に暴れ勝利。 そしてなし崩し的にエヴァに乗り続け使徒をさらに撃退。 ヒロインの一人、綾波レイと少しいい感じになって終了します。 内容に関してはアニメ版とほとんど同じですが、序の方が短い時間でしっかりまとめられ見やすく、 映像や演出などもかなり進化しており、特に第5ラミエルの動きのリアル感には感動を覚えます。 破、もうひとりのヒロイン、アスカの登場からスタート。 幸先よくシンジたちは使徒を撃退しますが、新キャラ、マリの登場やシンジの親友トウジのチルドレンリストラなど 原作にはなかった展開が続き、予想のつかないストーリー構成となっています。 そしてストーリーのラストでは、シンジと綾波レイが全ての登場人物が防ごうと奮起していたサードインパクトを起こそうとし、それを渚カヲルが月から持ってきたエヴァとロンギヌスの槍によく似た別の槍で無理やりとめるという結末です。 え、これ続くの?と思った方は私だけではないと思います。 instagram. 始まりは14年後の世界 エヴァンゲリオンQは14年後の世界、渚カヲルによって防がれたサードインパクトは完全ではなく、ニアサードインパクトによってネルフは廃墟となり、シンジは初号機に取り込まれ、地球の衛星軌道上で遊泳しています。 そして眼帯をつけたアスカとピンクのエヴァに乗ったマリによってシンジはサルベージ、助けられますがそこで首に自爆装置をつけられます。 アスカ達はミサトら元ネルフ職員を中心とした反ネルフ組織ヴィレを結成しゲンドウらネルフと対立しており、シンジに対し冷たく接し、シンジは孤独感を感じ始めます。 そこにかつて助けた綾波レイの声が聞こえ、ミサトの静止を振り切りヴィレを脱出、レイと共にネルフへと行きます。 渚カヲルとの再会 レイの呼びかけに応じ向かった先には妙なゼーレがつけていたメガネを装着したゲンドウと、かつてサードインパクトを食い止めたカヲルがおり、シンジはカヲルと二人で新しいエヴァに乗ることになります。 当初、事情もわからず反発していたシンジですが、自分の行った事態の大きさを知り、カヲルと協力して二本の槍を抜くことを決意します。 エヴァVSエヴァ カヲルとシンジの二人乗りのエヴァが目標まで移動している際、アスカの弐号機、マリの七号機が現れ、シンジを止めようと攻撃してきます。 そこにレイがシンジを守る為、アスカに攻撃をはじめ、エヴァVSエヴァの戦いは混沌としていきます。 A post shared by honda1019 on Sep 5, 2014 at 6:08am PDT エヴァンゲリオンQの結末・ラストは意外な形で終わります。 シンジ・レイVSアスカ、マリの戦いはシンジをアスカが抑えようとし、レイがそれを阻み、レイの邪魔をマリがするというものですが、アスカの攻撃も口撃もむなしく、シンジは槍の元にたどりつく。 そして、カヲルの嫌な予感を無視して二本のロンギヌスの槍を抜き、シンジはあれほど後悔したサードインパクトに次ぐ悲劇、フォースインパクトを引き起こしてしまったのです。 そして世界はリリン(人間)が住めない場所にシンジ、アスカ、レイの三人だけを残すという後味の悪い結末を迎えます。 a on Sep 19, 2016 at 3:37am PDT エヴァンゲリオンQのラストシーン「死」の意味について考察、解説していきます。 まず死の意味ですが、エヴァンゲリオンQの場合、幾つかの場合があります。 物語開始時点、ゲンドウとの再会後、そしてラストシーンです。 ストーリー開始の死は不特定多数、ゲンドウとの再会後は同級生、トウジの制服を見て死を意識しますが、シンジにとっての死のトラウマはやはりアニメ版同様、ラストシーンでの渚カヲルの死となります。 あえて言いますが、カヲルはシンジの首輪を奪い、自分につけたから死にました。 つまりシンジから外した後、自分でつけずに捨ててしまえばよかったのです。 しかしそれを行わなかった意味はおそらくフォースインパクトにあります。 ここからはあくまで推測ですが〇〇インパクトは基本、シンジやレイ、そして使徒が核となっているようで、シンジを守るにはもう一つの鍵、使徒をいつでも消滅させる事が可能な状況を作る必要があったのではないかと考えられます。 そしてシンジを守り、インパクトを防ぎたいカヲルは自身の死すら計算に入れる必要があったのではないでしょうか。 さらに自身の死がシンジに慎重さを身に着けさせるきっかけになるとも考えていたと思われます。 つまり、カヲルの死の意味はシンジを守り、成長を促す為の捨て身の策だったのではないかと思います。

次の

エヴァンゲリオンマリは死亡した?メガネの真希波マリの機体はどれ?

エヴァンゲリオン 死亡

新たな公開日が決まり次第公式サイトにて告知。 Sponsored Link 【エヴァンゲリオンシリーズ 動画無料視聴方法】 「エヴァ」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「U-NEXT」です! なぜ、 「U-NEXT」がおすすめなのか?以下にて説明致します。 しかし、U-NEXTでは「31日間無料トライアル」に登録すると加入特典として600ポイントのプレゼントが受け取れるので、このポイントを利用すると1作品は無料で楽しむ事ができます。 31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 <2作目 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破> 2009年6月27日公開 【あらすじ】 エヴァンゲリオン2号機のパイロットとしてアスカが登場。 シンジは、アスカと同居することに。 強気な性格なアスカに、シンジはタジタジに。 パイロットとしても優秀なアスカだったが、アスカが実験目的で搭乗した参号機が使徒に乗っ取られて暴走してしまう。 シンジは父親から、初号機で参号機を破壊するように命令されるもアスカが乗っているため拒否。 結局ダミーシステムに制御され初号機は参号機を破壊。 アスカの生存は確認されたが、意識不明の重体となる。 絶望したシンジがパイロットを辞めた直後にNERVを使徒が襲い、綾波レイが危険な状態に。 シンジはレイを救いますが、それがきっかけで、サードインパクトが起こりそうになる。 誰もが最悪の事態を予測したそのとき、6号機に乗ったカヲルが、槍により大災害発生を食い止めた。 <3作目 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q> 2012年11月17日公開 【あらすじ】 サードインパクトがぎりぎりで発生せずにすんでから、14年後の世界で、シンジは目を覚ます。 反NERV組織ヴィレにより、首輪をつけられ、犯罪者として扱われることに違和感を持つが、誰も状況を説明してくれない。 やっとカヲルから、壊滅的な被害をもたらすサードインパクトは起こらなかったが、それでもそれに近いことは起き世界は著しい被害(ニアサードインパクト)を受けたと知らされ、シンジは強いショックを受ける。 13号機にカヲルを共に乗ることで、ニアサードインパクトが起こる前の状態に世界を戻せると知ったシンジは、13号機搭乗を決意する。 しかし、ここにはNERVのフォースインパクトを引き起こそうとする意図が隠されていることを見抜いたカヲルは、それを防ぐために自殺する。 カヲルの死に衝撃を受け呆然とするシンジを迎えにきたのは、アスカ。 二人の後ろをレイがついていく。 youtube. 予告編として動画が出ていましたので、上記動画を参考にしてください。

次の